プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三心五観ランチ(家人)


丹波市春日町の自然食農家レストラン「三心五観」
昨日、娘夫婦と3人でランチタイムを楽しんできました。
娘夫婦は、いつもの三心五観ベジコース
私は、鹿担担麺セット&ロースト鹿肉をいただきました。

・農家レストラン店主と長女&次男
三心五観主人

・ベジコースメイン料理&前菜
三心五観メイン料理

・鹿担担麺&トッピング
三心五観鹿担担麺

身体に優しい三心五観ベジコースが大好きな娘と旦那
一気に食べてしまいそうな旦那に「もっとゆっくり」
重ね煮鹿担担麺は、辛みを押さえたまろやか濃厚スープ
今回は、ラー油を適量追加して若干辛味をつけました。

・ロースト鹿肉
三心五観ロースト鹿肉

・デザート
三心五観デザート

・長女&次男
三心五観長女&次男

鹿肉とは思えない、さっぱりした味のロースト鹿肉
担担麺にも付いていたので、ほぼ旦那の口に入りました。
イチゴのデザート、黒豆コーヒーでランチの仕上げ
長女に抱かれた誕生5か月の次男が顔で「美味しいやろ」

*メニュー詳細は三心五観HPをご覧ください
 http://www.3shin5kan.com/

けなげな観葉植物(家人)

持ち物の断舎離第1弾で思い切ったリビングの観葉植物
緑がなくなると殺風景になるので
サニーテラスの隅に一鉢だけ残しました。
茎の先が4本だけになったパキラに葉吹きの季節が到来。

・葉吹いたパキラ
リビング観葉植物全景

・断舎離前のサニーテラス
リビングビフォア

葉吹くことがないと断舎離第2弾の対象になりましたが
気持ちが通じたのか、葉っぱが顔を出すとけなげです。
陽光を受けて成長してくるとそれらしくなり
最後に残った茎から今朝、小さな葉っぱが顔を出しました。

・パキラ
リビング観葉植物アップ

・テーブルセットとパキラ
リビング椅子とテーブル

もともとルーフテラスに置く予定だったテーブルセット
何故か2セットあるため2階洋室とリビングに置いています。
ソファーがあるので、椅子に座ることはありませんが
素っ気なくなったリビングを彩る数少ない家具になりました。

アトリエ「くじらのクー」ワークショップ(家人)

生駒市立公園花のまちづくりセンターふろーらむで開催された
「第5回花・緑まちづくりフェスタinふろーらむ」
アトリエ「くじらのクー」が出店したワークショップ
受付、案内、呼び込み、金銭管理など得意分野で手伝いました。

・セント君と大坂美詠さんと私
アトリエワークヨップセント君と美詠&恒

・竹丸君と大坂夫妻
アトリエワークヨップ竹丸君と夫妻

・ワークショップ満員御礼
アトリエワークヨップ盛況

花と自然のワークショップ(木工教室、寄せ植え、押し花など)
アトリエ「くじらのクー」ワークショップは、紙粘土で動物作り
生き生き作る子供の笑顔が素敵でしたが、紙粘土がなくなり閉店
30名を超える参加者に一時は満員御礼、てんてこ舞いでした。

・アークショップ開店準備
アトリエワークヨップ開店準備

・上空を撮るお母さん
アトリエワークヨップ遠景

・上空の太陽リング
アトリエワークヨップ太陽リング

会場に出現した有名なセント君、思わず記念写真を撮りました。
生駒市のゆるキャラたけまる君は、大坂夫妻と記念写真
快晴の奈良県生駒市、熱中症と戦いながら無事に終えました。
お手伝いした女流画家Iさん、サラリーマンNさん、お疲れさま。

キャノンのデジカメ水中セット(家人)

水中写真を撮るカメラは、オリンパス製オンリーでした。
キャノンの株主になり、mic21梅田店Iさんの勧めもあって
初めてキャノン製のデジカメと水中ハウジングを購入
外付け広角レンズを付けて、来週末、新潟の海で初撮り予定です。

・キャノンコンパクトデジカメ、ハウジング&広角レンズ
キャノンデジカメ&ハウジング

・オリンパスミラーレス、ハウジング、ライト&フラッシュ
オリンパス一眼&ハウジング

オリンパスミラーレスも今まで通り国内ダイビングで使いますが
海外ダイビングに行くときは、荷物がかさ高くなるので
かさばらないコンパクトデジカメにしました。
マクロも焦点が合わせやすいと聞き、小物を撮るのも楽しみです。

・キャノンコンパクトデジカメS120
キャノンデジカメ

・キャノン水中ハウジングセット
キャノンハウジング

この季節まで観察できるダンゴウオ、初めて出会えるでしょうか。
新潟の海に生息するウミウシも観察したい
柏崎近辺のビーチダイビングになるようですが
初めて潜る海、初めて使うキャノン、どちらも期待が膨らみます。

夢から醒めた夢(家人)

友人のお嬢様から借りたブルーレイ「夢から醒めた夢」を観ました。
劇団四季オリジナルミュージカル、舞台を観ていませんが
赤川次郎の原作と知って四季劇場で観たくなりました。
ファンタジーですが社会に対する呼びかけもあるミュージカルです。

・夢から醒めた夢
夢から醒めた夢

・夢から醒めた夢終演
夢から醒めた夢全員

あの世に憧れるピコ(主人公)が一日、あの世に行って繰り広げる
人間よりも人間らしく、自分より他者を思うあの世の霊たち
愛することと生きることが素晴らしいと教えられたピコ
物語の展開は舞台を観てもらうことにして、ここまでにしましょう。

・ピコ(主人公)とマコ
夢から醒めた夢ピコとマコ

・夢から醒めた夢の舞台
夢から醒めた夢サーカス

外見に関わらず心の奥底に秘められている他者を思う気持ち
なにかの刺激や誘発で一気に表に現れることがあるとしたら
夢世界の出来事であっても優しさに目覚めることはあるでしょう。
夢から醒めた夢、その夢から醒めた夢、限りなく続く優しさの世界。

同期会(家人

神戸異人館ラインの館で今年3月開催した絵本原画&海の写真展
偶然立ち寄ったS夫妻から「恒さん」と声をかけられました。
振り向いて一瞬間が空きましたが、直ぐにわかりました。
団塊の世代の会社同期生、Sさんと笑顔で「ひさしぶり」と握手。

・大阪丸ビル3F「豆助」
同期会豆助

Sさんとの会話の中で同期会に参加しないかと誘われました。
57歳で早期退職して9年、懐かしさもあり、昨日参加しました。
大阪マルビル3階にある居酒屋「豆助」に集まったのは8名
容姿は変化しても雰囲気でわかり、会話すると皆さん変わりなし。

・Sさんと私
同期会斉藤、田中

・幹事のSさんとIさん
同期会澤田、石本

・EさんとFさん
同期会榎本、福井

・OさんとNさん
同期会中野、岡田

昔の話をするのは好みませんが、この日ばかりは好みを横に置き
みなさんの会話に積極的についていくことにしました。
近況を聞くと働いているのは3名、団塊の世代はよく働きます。
元気を共有する同期会、楽しいひとときだから次回も参加します。

シティバンク(家人)

シティバンクから銀行口座の利用に関する確認依頼が届いた。
2年間口座取引がないので解約を推奨するとのこと
今年の7月、海外ダイビングを計画中だったので
シティバンクから口座確認依頼は、抜群のタイミングだった。

・ハマクマノミ
20130827ハマパラ ハマクマノミ群

一昨日、シティバンク三宮支店で口座継続手続きをした。
保留口座扱いになっていたのを利用できるように変更
読み取り精度の悪くなったキャッシュカードの交換
毎月かかる口座維持手数料の無料条件を確認して手続き完了。

・被写体を探して
20130526宮古島南岸

郵貯銀行とセブン銀行から入金できることもわかり
郵貯銀行なら三宮支店まで行く必要がなく便利になった。
海外でシティバンクを使ったのは、数年前のシドニー?
余分な現金を持たずに海外ダイビング、何ごとも安全第一で。

ボストン美術館浮世絵名作展「北斎」(家人)

世界の中でも日本美術コレクションで知られる米国ボストン美術館
神戸市立博物館で開催中の浮世絵名作展「北斎」に行ってきました。
ボストン美術館のみ収蔵される作品、日本に初めて出品された作品
代表作など多彩な浮世絵を観ながら、静寂から妖艶まで感じた北斎。

・神戸市立博物館入口付近
ボストン美術館北斎展入口付近

・浮世絵名作展「北斎」
ボストン美術館「北斎」

神戸市立博物館でボストン美術館所蔵の浮世絵を観るのは2回目
前回は、記憶をたどると歌麿や広重の浮世絵もありました。
今回は、新しい表現方法に挑戦し続けた北斎だけの浮世絵展
天国に召されるまで浮世絵を描き続けた北斎に圧倒されました。

・冨嶽三十六景(神戸市立博物館HP)
ボストン美術館冨嶽三十六景

・木曽路(神戸市立博物館HP)
ボストン美術館木曽路

・三曲合奏図(神戸市立博物館HP)
ボストン美術館三曲合奏図

北斎は、生活の多彩さから隠密だったと推測する文化人がいます。
為政者を浮世絵でやんわりとなじった絵師だったのかも知れません。
それとも、自分の思いを全てを浮世絵に表現できた絵師だったのか
観る人の生き方まで考えさせるような浮世絵名作展「北斎」でした。

アクアビクス(家人)

フィットネスコスパ西神中央の筋力トレーニング
ジムでは、バーベルなどで行う「サウンド・オブ・マッスル」
プールは、音楽に合わせて水中で行なう「アクアビクス」
今週は、久しぶりにプールでもエクササイズします。

・アクアビクス
かんたんアクア

アクアビクスは、30分クラスと45分クラスがあり
基礎動作を中心にした水中で全身を動かす楽しいレッスンです。
浮力で身体が軽くなりますが、早く動かすと水圧で重くなり
体調に合わせて鍛えやすく、シェイプアップ効果もあります。

・水中エクササイズ
コスパウォータースプラッシュ

アクアビクスのインストラクターもそれぞれ
気合をかけて、みんなの気持ちを乗せるイントラ
可愛い声と容姿に乗せられて、ついつい動いてしまうイントラ
むつかしい動きについていけると嬉しくなるのも歳かなー?

筋力トレーニング(家人)

とちぎ健康づくりセンターの健康チェックで測定した体組成結果
体脂肪率と筋肉量の体型判定:細身筋肉質、やや細マッチョ型
筋肉総合評価;全身バランス型、筋肉量点数が30歳代レベル
脂肪総合評価:体脂肪率12.8%、平均的に全身の脂肪が少ない

・筋トレ「サウンド・オブ・マッスル」レッスン
コスパサウンドオブマッスル2

基礎代謝1,561cal:運動すれば非常に燃えやすい身体との評価
これもフィットネスコスパで筋トレを続けているお蔭でしょう。
昨日、3週間ぶりにサウンド・オブ・マッスルに参加しました。
45分レッスンでしたが鍛え感もありました。でも今朝は筋肉痛。

・肩の筋力トレーニング
コスパサウンドマッスル3

・ダイビングのために
20110721求めてフィンキック

最大斤量にできるスクワット、MAX30kgに挑戦しましたが
レッスン後、腰が痛くなったので25kgに戻します。
ダイビングの持久力&瞬発力強化のため筋トレを続けていますが
腰を痛めては意味がありません。少し重いなと感じる斤量で継続。

とちぎ健康づくりセンター(家人)

宇都宮市内のとちぎ健康の森にある「とちぎ健康づくりセンター」
スタジオ、筋トレジム、室内周回路、プールのある県立健康施設
一昨日、健康チェックと講習を受けて会員になり
施設利用カードをいただいて、さっそくプールで泳いできました。

・とちぎ健康づくりセンター受付
とちぎ健康受付

・とちぎ健康づくりセンタープール
とちぎ健康プール

・とちぎ健康づくりセンター体育館スタジオ
とちぎ健康スタジオ

25m×6コース、広い1コースは水中ウォークとエクササイズ
5コースの内、1コースは親子専用、1コースは初心者用
昼前のプール、空いていたのでコース独占して1時間泳ぎました。
リバーサイドから車で30分少々、運動できるようになりました。

・とちぎ健康づくりセンター建物
とちぎ健康建物

・とちぎ健康づくりセンタープロムナード
とちぎ健康プロムナード

泳ぎ終わってロッカーでお会いした近くに住む男性Nさん
「平日の昼は、筋トレジム、プールともに比較的空いていますよ」
2時間500円で利用できる「とちぎ健康づくりセンター」
名前入り施設利用カード、プリペイドなら10回分で11回使えます。

栃木パスポート(家人)

本物の出会い”栃木パスポート”ガイドブックに書かれている
『栃木を旅する人の強い味方、観光施設や宿泊施設、飲食店など
 栃木県内のおよそ680施設のお楽しみをさらに盛り上げてくれる
 さまざまな”おもれなし”にあなたも出会ってみませんか?』

・栃木パスポート
栃木パスポート

・ステージアップの仕組み
栃木パスポート内容

旅人ではなく栃木県日光市下今市に不定期に定住する人になり
栃木パスポートを知って、近くの施設で発行してもらいました。
施設入場料金、飲食店、ホテルの割引など特典が受けられ
利用するとスタンプが押され、集めるとステージがアップします。

・スタンプ押印ページ1
栃木パスポートスタンプ1

・森のレストラン近くの「益子焼・陶器の城」
栃木パスポート陶器の城

・スタンプ押印ページ2
栃木パスポートスタンプ2

ステージアップは、ビジター→リピーター→ファンの3段階
スタンプ6個でビジター卒業、スタンプ10個でリピーター卒業
スタンプ14個でファン卒業、とりあえずビジター卒業しました。
栃木県庁内にあるパスポート事務局でリピーターにランクアップ。
ステージクリアで豪華な賞品が当たる特別おもてなしもあります。

ランニング&ランウォーク(家人)

毎日外出して遊んだ今年のゴールデンウィーク
美術館、歴史記念館、ミュージカル、植物園、BBQ、映画
よく歩いた東京、植物園では小高い山に登りましたが
それでも弛んだ身体に喝を入れるランニング&ランウォーク。

・だいやがわ公園に向かう道路
ランニング道路

・大谷川河川敷
ランニングだいやがわ河川敷

リバーサイド今市~だいやがわ公園、片道約3kmを往復
行きはランニング、帰りはランニングとウォーキングを交互
連休明け、人影もまばらで空いていただいやがわ公園
その一角には、八重桜の花絨毯が春の名残を見せていました。

・八重桜の花絨毯
ランニング散り桜

・田植えの終わった田んぼに映る景色
ランニング畑に景色

・街路樹
ランニング街路樹

帰り道のランウォーク、ときどき止まって携帯で景色撮り
田植えの終わった田んぼに川向いが映って美しい
朝の冷え込みが嘘のように暖かくなった午前の日光周辺
街路樹も花を咲かせて、道行く人を心地よくさせてくれます。

映画「ネイチャー」(家人)

昨日、ドキュメンタリー映画「ネイチャー」を見てきました。
曇り空の連休最終日、宇都宮東宝シネマズには人が溢れて
チケット売り場は長蛇の列、前売り券を買っていたので
15分ほど並んで座席指定、なんとか見ることができました。

・滝(ネイチャーHPより)
ネイチャー滝

・有毒ガス噴出
ネイチャ火山帯

アフリカの海、砂漠や滝、火山、有毒バスが噴出するところ
BBCスタッフが命がけで撮影した素晴らしい大自然の映像
それも3D映像、奥行きのあるスクリーンに圧倒されました。
人間の中にも自然がある、自然を守るも壊すも人間次第です。

・ウミガメ
ネイチャーウミガメ

・ハナダイ?
ネイチャー熱帯魚

・ミノカサゴ
ネイチャーミノカサゴ

単色に近い砂漠から海に入るとそこは色とりどりの色彩世界
ここまで鮮やかな赤色のハナダイ?を見たことがなく
映像技術だとしてもウミガメもミノカサゴも色彩が違います。
ドキュメンタリー映画は、大スクリーンで見るのが一番です。

栃木植物園「大柿花山」散策(家人)

連休で賑わう栃木植物園「大柿花山」散策に行ってきました。
小高い山の新緑の中で咲き競う、色とりどりのサツキ
足元に可憐な白い花、少し登と遠くの山が霞んで見える山頂
ハイキング気分で花の道が散策できる趣向を凝らした植物園。

・大柿花山の山頂景色
栃木植物園山頂遠望

・大柿花山の山頂にて
栃木植物園恒明

・花の道景色
栃木植物園佳子

・足元の白い花
栃木植物園道端の花

微妙に色が混ざったサツキ、単色で美しさを主張するサツキ
バラのように花弁が重なったサツキもありました。
カメラを近づけても、かまわず一心に蜜を吸うミツバチ
自然の植物園は、花と草木と小さな生き物が共存しています。

・八重のサツキ
栃木植物園さつきアップ

・サツキにミツバチ
栃木植物園さつきミツバチ

・花の道景色
栃木植物園花の道佳子

桜の季節が通り過ぎた新緑に燃える植物園でしたが
一ヶ月早い季節の山頂には、桃源郷景色が観られる大柿花山
来年は、4月初めに訪れて桃の宴を満喫しようと決め
水栽培青ネギを大量に頂き、夕食はネギ焼きに決まりました。

劇団四季「ソング&ダンス60・感謝の花束」(家人)

劇団四季「ソング&ダンス60・感謝の花束」に行ってきました。
創立60周年を記念するステージは、劇団四季自由劇場
宇都宮駅前に車を停め、新幹線で東京を往復しました。
浜松町に降りると劇団四季の看板、気持ちが盛り上がってきます。

・劇団四季自由劇場
劇団四季自由劇場

・ソング&ダンス60パンフ
劇団四季ソング&ダンス

劇団四季は創立60周年、宝塚歌劇は創立100周年
目指す劇団の方向性は違っても長年続ける歴史の重みは同じです。
ファンあっての劇団、それを強く感じたのは
終演後ロビーで劇団員と言葉を交わし握手できるのは素晴らしい。

・ソング&ダンス60ステージ
劇団四季ソング&ダンスステージ

60年感謝の花束、ソング&ダンスで一番印象に残ったキャッツ
大阪駅のテント小屋で観たキャッツの舞台がよみがえります。
福岡キャナルシティーで公演中のキャッツ、6月に行きます。
ロンドンで観て以来15年ぶりのキャッツステージ、楽しみです。

富弘美術館でやさしさに包まれ(家人)

栃木県日光市から群馬県に入ったすぐの処にある「富弘美術館」
雨上がりの快晴日、新緑の燃える草木湖畔に行ってきました。
星野富弘さんの春と青春をテーマにした作品など89点
やさしさに包まれた絵でやさしく包まれ、想いが深まりました。

・富弘美術館全景
富弘美術館全景

・富弘美術館入口
富弘美術館入口

男タルモノ 
花になど見とれていて よいのか
しかし男タルモノ
花の美しさをわからず 女の美しさを語るな

・作品「男タルモノ(ゆり)」
富弘美術館ゆり

第4展示室の22番作品「男タルモノ(ゆり)」で立ち止まり
なるほど、なるほど、その通り、と想いながら
やさしさの中に強さも秘めた言葉に思わずうなずきました。
美しいものを美しいと感じる感性、これなくして語るなですね。

・富弘美術館遠景
富弘美術館遠景

・草木湖
富弘美術館草木湖

カレンダーで富弘さんの絵に出会い、やっと本物に会いました。
口で描かれた絵も言葉も、やさしさに包まれています。
草木湖と周りの山々、青空と新緑が富弘美術館をやさしく包み
春夏秋冬、テーマが変わるたびに訪れたいと思った美術館です。

足尾銅山観光(家人)

日光中心街を抜けて中禅寺湖に向かういろは坂手前の信号を左折
R122号線をしばらく走ると足尾銅山観光の看板が見えました。
この日は、観光といっても日本の鉱業歴史を学ぶドライブ
坑内に入るトロッコ待合場には、歴史好き年配者が大勢いました。

・足尾銅山モニュメント前で
足尾銅山寛永通宝前明

・トロッコで坑内へ
足尾銅山観光列車坑道へ

・ここから奥に1200kmある坑道
足尾銅山坑道ここまで

・採掘工人形
足尾銅山坑道内部人形

チケットを買う時、横からそっと割引券をくれた見ず知らずの方
お互いニコッと笑ってチケットをいただきました。
兵庫の生野銀山は、何度も訪れていますが、足尾銅山は初めて
江戸時代から近代に至る採掘歴史、名もない人に支えられた発展。

・足尾銅山の満開桜
足尾銅山桜満開

・わたらせ渓谷鉄道の踏切景色
足尾銅山わたらせ渓谷鉄道線路

寛永通宝モニュメント前で親子3人連れから写真を頼まれました。
私もお願いしてシャッターを切ってもらい、お互いにありがとう。
後方には、満開桜が一本、絵になる景色が広がっていました。
わたらせ渓谷鉄道の踏切から見える景色、まだ春が残っています。

トリックアートピア日光(家人)

リバーサイドから鬼怒川温泉に向かって走ると20分ほどで着く
目の錯覚を利用した絵画やオブジェなどのトリックアートを
見て、触って、撮影して、楽しめる「トリックアートピア日光」
ひとりで行っても楽しめるのかと思いつつ、ひとりで行きました。

・サメの口を掴んで
トリックアートサメの口に手

・左右に移動すると絵も動く
トリックアート動く絵

ひとりだと見て、触って楽しめましたが、撮影してはできません。
大勢の来館者の中、やはりひとりで来ていたのは私だけでした。
サメの絵の処にいた案内嬢、見かねて「写真を撮りましょうか」
優しく声をかけられポーズを教えてもらって撮ってもらいました。

・エジプトの部屋
トリックアートエジプトの部屋

・右側から見ると細くて長すぎる足
トリックアート右側から足長い

・左側から見ると体型に見合った足
トリックアート左側から足普通

エジプトの部屋は、壁面に描かれた絵で奥行きを感じるのが錯覚
床にも絵を描くと誤って壁に激突する人があるかも知れません。
下半身を露出した婦人の左足、右側から見ると細くて長すぎる足
左側から見ると体型に見合った太い足に見えるから不思議でした。

下野市(旧国分寺)尼寺のぼたん桜(家人)

小山市ダイビングショップに行く途中、ナビに表示された下野尼寺
益子いちご狩りのときに話をしていたぼたん桜の名所はここでは?
急ぐ買い物ドライブでもなく、駐車場に停めて辺りを見回すと
なんと話をしていた下野市(旧国分寺)尼寺のぼたん桜名所でした。

・下野市尼寺のぼたん桜
ぼたん桜の木

・ぼたん桜
ぼたん桜

八重桜が鞠のように重なった、それは見事な集合体のぼたん桜
景色を演出しているのは、国分寺時代から続いているのでしょうか。
ぼたん桜の下に出番を待つかのようなツツジが咲きだしています。
桜の花絨毯にしゃがむ友人、空飛ぶ絨毯で微笑んでいるようでした。

・ぼたん桜の下で
ぼたん桜よしちゃん

・ぼたん桜絨毯にしゃがんで
ぼたん桜よしちゃんしゃがむ

・海老野菜天もりそば
ぼたん桜天ぷらそば

この日のランチは、関東一のそばの郷を目指している鹿沼へ。
東武の車窓から見えていたお店「そば亭・瀬左衛門」に行きました。
古民家を改装した風情ある店内、注文したのは海老野菜天もりそば
腰の強いそばが美味しい、そば好きに日光周辺は嬉しいところです。

益子でイチゴ狩り&陶芸教室(家人)

栃木の県東エリア、益子焼で有名な益子町に行ってきました。
JAはが野益子でイチゴ狩り、森のレストランでランチ
窯元「よこやま」でろくろ体験教室、帰り路の芝ざくら公園
春うららかな益子の日帰り旅、楽しいを満喫した一日でした。

・JAはが野益子
益子イチゴ狩りJAはが野益子

・JAはが野益子観光いちご農園
益子イチゴ狩り

・益子焼陶器の城
益子焼きよこやま陶器の城

果物の中でも大好きなイチゴ、持ち帰りなしても食べ放題
好きなだけ食べられると勇んで大粒を選んで口の中へ
でも意志に反して料金分も食べられずにギブアップしました。
イチゴの次は、益子巡り「森のレストラン」「窯元よこやま」

・森のレストラン
益子森のレストラン

・森のレストラン前菜
益子森のレストラン前菜

・森のレストランメイン料理
益子森のレストランメイン

益子の街中とは思えない森の中にあった「森のレストラン」
開店前から多くのお客さんが列を作って待っていました。
予約していたので待ち行列を横目に一番に案内されました。
ランチの後、菓子パン工房でブルーベリーパンを買いました。

・益子焼よこやまの店舗
益子焼きよこやまジェラード

・芝ざくら公園
益子芝桜公園景色

・芝ざくら
益子芝桜公園芝桜アップ

森のレストランから徒歩圏内の益子焼窯元「よこやま」へ
てびねり体験は何度かありますが、初めて体験したろくろ
作った6個から大物除外、コップ2個と小鉢1個を窯焼きへ
帰り道、市貝町芝ざくら公園で益子の日帰り旅を終えました。

満開の続くだいやがわ公園の桜(家人)

神戸の桜は、散り染めて新緑の葉桜になってしまいましたが
日光のだいやがわ公園の桜は、未だに満開が続いていました。
10日前に満開だった桜、雨が降らなかったからでしょうか
日光は標高600m、平地とは異なった季節が巡っています。

・満開の桜
だいやがわ公園満開桜

・満開のしだれ桜
だいやがわ公園満開しだれ桜

中禅寺湖に向かう途中、いろは坂手前のソメイヨシノは満開
国道に沿って連なる街路樹がピンクに染まっていました。
標高1200mの中禅寺湖畔にピンク色はなく、これから開花?
平地に比べてかなり遅れるのだと湖畔に立って気付きました。

・薄緑色の桜
だいやがわ公園緑の桜

・チューリップ畑の後方に満開の桜
だいやがわ公園チュウリップ

だいやがわ公園には、初めて見る緑色の桜がありました。
写真では、桜の花弁と葉っぱの緑、区別がつきにくいですが
薄緑色の桜が周りの華やかな雰囲気を落ち着かせていました。
一列に並ぶチューリップの向こうにも満開桜が競っています。

中禅寺湖周辺の散策(家人)

昨日、社山中腹から男体山と中禅寺湖畔を見るため行ってきました。
中禅寺湖をはさんで向かい合う男体山(2466m)と社山(1827m)
標高1200mにある中禅寺湖から男体山を見ると高さを感じませんが
湖畔から見上げる整った形の山容に、いっそうの美しさを感じました。

・歌ヶ浜駐車場から見た男体山
中禅寺湖男体山

・中禅寺湖畔から見た男体山
中禅寺湖景色

・残雪の多い社山(しゃざん)登山口
中禅寺湖残雪

社山登山口から中腹まで歩く予定でしたが、友人の言った通り不可
まだまだ雪が残って危ないのでイタリア大使館別荘記念公園へ
歌ヶ浜駐車場から歩いて約15分のところに和風別荘がありました。
記念公園に向かう道中、山の斜面に相当量の残雪、これは無理です。

・イタリア大使館別荘記念公園
中禅寺湖イタリア大使館別荘

・イタリア大使館別荘前の撮影隊
中禅寺湖撮影隊

・中禅寺湖畔の釣り人
中禅寺湖釣り人

イタリア大使館別荘に着くと撮影機材を運ぶ若者数人、後を追うと
若き乙女がふたり、肌寒い中を夏の装いで撮影が始まる直前でした。
すぐ横の湖畔を見ると何事もないように糸を垂れる釣り人ひとり
対照的な風景に見惚れていると鋭い鳥の鳴き声で沈黙が破れました。

山歩きの季節(家人)

桜の4月がまもなく終わって、新緑の5月が近づいてきました。
春の海のダイビングもありますが、山歩きの季節が到来します。
リバーサード今市の周りには、日光周辺の山が連なり
雪を溶かしてハイキング、トレッキングを招いているようです。

・リバーサードに咲く花
リバーサイド前の花

・姥捨SA
姥捨SA

昨日、高速道路を乗り継ぎ今市に移動、途中休憩した姥捨SA
ここは、仕事人のころ会社の山荘があった聖高原に近い処です。
リバーサイドに昼過ぎ到着すると可愛い花が迎えてくれました。
神戸に戻ると帰ったと思いますが、今市も帰ったと思うように。

・東武鉄道下今市駅
東武下今市駅

・下今市郵便局
今市郵便局

東京に向かうとき東武特急に乗車する駅が徒歩5分の下今市駅
これから何度もお世話になる私鉄、東武鉄道株を買いました。
水道料金の口座引き落とし手続きで下今市郵便局へ
通帳なしでも親切な対応で手続きしてくれた局員様ありがとう。

経験を刻む(家人)

人間の細胞が持つ働きに驚いた「人体・ミクロの大冒険」
約60兆個の細胞が各々綿密に連携して人は生かされている
脳は小宇宙といわれますが、人体が宇宙といえるようです。
山中教授が語った細胞は「経験を刻む」が心に残りました。

・排卵の瞬間
ミクロの大冒険排卵

綿密に連携する情報を高速に伝達する細胞が別にある
10歳ぐらいの子供達に楽器を教えて高速伝達を実験研究
その成果を見ると本当にある細胞の働きに目を見張りました。
細胞が経験を刻んで人をより高度に育てる、すごいことです。

・サンゴのような母体の栄養を運ぶ組織
ミクロの大冒険へその緒

細胞の集合が人、その人の脳細胞も経験を刻んでいます。
経験を生かすも殺すも、その人の選択次第ですから
間違わず正しい選択ができるのは、細胞が経験を刻むから
こう考えると約60兆個の細胞が愛おしくなってきました。

宝塚歌劇月組100周年記念公演「明日への指針」(家人)

昨日、宝塚歌劇月組100周年記念公演に娘と行ってきました。
初めて宝塚歌劇を観たのは、親父が連れて行ってくれた「椿姫」
今から55年前の45周年公演のときだと記憶しています。
100周年記念公演は、チケットを手配した娘との観劇デート。

・宝塚歌劇月組100周年記念公演
宝塚歌劇月組100周年記念公演

月組100周年記念公演は、いつもより一幕多い3部構成
和装「宝塚をどり」~ミュージカル~洋装「花詩集100!!」
更に初舞台生のお披露目公演、第100期生39名のお披露目
夢を実現して初舞台を踏んだ若きタカラジェンヌの初々しさ。

・TAKARAZUKA花詩集100!!
宝塚歌劇月組花詩集100

・宝塚をどり
宝塚をどり

宝塚をどりは「日本の伝統を踏まえ百年にちなむ和物レビュー」
明日への指針は「船の通信士と若き人妻のロマンを描く祝祭劇」
花詩集100は「1933年の花詩集が現代版に発展したレビュー」
初舞台生も加わった100名のロケットダンスは圧巻でした。
何ごとも百年続けることは至難の業、それだけでも素晴らしい。

・宝塚大劇場ロビー開演前
宝塚大劇場ロビー

・宝塚大劇場前の満開八重桜
宝塚大劇場前八重桜

雲り空からときおり小雨が舞い降りてくる生憎の空模様ですが
いつものように一駅前の宝塚南口で降車、宝塚まで歩きました。
前を下級生のタカラジェンヌがふたり仲良く歩いていました。
大劇場前に咲く今が満開の八重桜、華やかさは負けていません。

探し物の不条理(家人)

探し物をしている時、いくら探しても見つからない
いい加減あきらめかけて最後と思ったときに見つかる
こんな経験をしたことが、思いの他ありませんか。
今朝は、思い当たる「探し物の不条理」を考えました。

・不条理のない世界
20120614コーラルに星型UF0

50ヵ所探して50ヵ所目で見つかれば最大の不条理
逆に探せば1ヶ所目で見つかるはずなのに。
不条理は、ものごとのそうあるべき道筋に反すること
そうあるべきことをしないのが人なのかも知れません。

探し物は、ものばかりではありません。
何かにぶち当たったときの解決策も探し物だとしたら
探し物の不条理があることを心に置いて
解決策を考えることが、意外と近道かも知れません。

・条理の世界
20130528宮古島真夏日の陽光

不条理な相手に条理で対応しても解決できない
不条理な相手には、不条理で対応する
あるべき道筋を逸脱してでも対応策を考える
これができると50ヶ所目でなく1ヶ所目で見つかる。

行くぞ、やるぞ(家人)

行きたいでなく、行くぞ!
やりたいでなく、やるぞ!
ここ最近の信念といえば大袈裟ですが
生き生きアクティブに行くぞ、やるぞ

・日本海でダイビング(2012.08)
20120802小魚の群れ

行きたいところは、国内、海外
数えれば切りがないほどありますが
まずはダイビングできるところに
大まかな計画を立てて潜りに行くぞ!

・日本海の美しい洞窟(2012.08)
20120802道中に寄った洞窟

やりたいことも、いろいろあります。
やっていることの延長もありますが
中断していたことを再開します。
まずは易しい処から登ってやるぞ!

・尾瀬の燧ヶ岳山上2356m(2005.07)
尾瀬・燧ヶ岳

行きたいでなく、行くぞ!
やりたいでなく、やるぞ!
人生の折り返しを遥かに過ぎて
限りある残りの人生をアクティブに!

神戸市室内合奏団「海のコンサート」(2014.04.18):家人

神戸市室内合奏団海のコンサート、今年度のテーマ「世界の都市から」
数ある世界の都市から第一回は、東京で「お・も・て・な・し」
クラシック音楽は一曲だけで童謡、唱歌など年配者には親しみ易い
昔から耳馴染みのある曲ばかり、年齢層に合わせたプログラムでした。

・ヴィオラ亀井宏子さん
神戸市室内合奏団亀井宏子さん

・チェロ山本彩子さん
神戸市室内合奏団山本彩子さん

★★★ 神戸市室内合奏団「海のコンサート」 ★★★
      テーマ「世界の都市から」
    ~東京で「お・も・て・な・し」~

日程 2014年4月18日(金)14:00~15:30
会場 舞子ビラ神戸・あじさいホール
出演 神戸市室内合奏団
   第1ヴァイオリン:谷口朋子
   第2ヴァイオリン:奥野敬子
   ヴィオラ:亀井宏子
   チェロ:山本彩子

プログラム

♪ 古賀政男:東京ラプソディ
♪ 中山晋平:東京行進曲
♪ 江戸の春メドレー
  さくらさくら~お江戸日本橋~ずいずいずっころ橋~通りゃんせ
♪ 三善晃:弦楽四重奏曲
♪ 橋本国彦:お菓子と娘
♪ 滝廉太郎:花

 ~休憩~

♪ 小さな四季メドレー
  春が来た~こいのぼり~七夕様~海~虫の声~冬の夜~どこかで春が
♪ 舶来の唱歌メドレー
  ちょうちょ~仰げば尊し~蛍の光~灯台守~むすんでひらいて~故郷の空
♪ 古関裕而:高原列車は行く
♪ いずみたく:見上げてごらん夜の星を
♪ 服部良一:青い山脈

アンコール
♪ パリの空の下(次回の都市「パリ」の予告)

・第1ヴァイオリン谷口朋子さん
神戸市室内合奏団谷口朋子さん

・第2ヴァイオリン奥野敬子さん
神戸市室内合奏団奥野敬子さん

女性メンバーだけで編成した弦楽四重奏、音色に優しさを感じました。
力強さがない訳ではありませんが、視覚から反応しているようで
鼓膜を刺激するだけではないので、こればかりは仕方がありません。
チェロが正面に見える最前列席に座って優雅な午後のひとときでした。

・舞子ビラから明石海峡大橋を望む
舞子ビラから明石大橋

神戸市室内合奏団紹介(神戸市演奏協会HP抜粋)
 1981年、神戸市によって設立された神戸市室内合奏団は、実力派の
 弦楽器奏者たちによって組織され、神戸、大阪、東京などを中心に
 質の高いアンサンブル活動を30数年に亘って展開している。
 弦楽合奏を主体としながらも、管楽器群を加えた室内管弦楽団とし
 ての活動も活発で、バロックから近現代までの幅広い演奏レパート
 リーのほか、埋もれた興味深い作品も意欲的に取り上げてきた。
 また、定期演奏会以外にもクラシック音楽普及のための様々な公演
 活動を精力的に行っている。

栃木県立博物館&小杉放菴記念美術館(家人)

神戸に戻る前日、日光宇都宮道路を花見ドライブしました。
往路は今市ICから宇都宮IC、復路は宇都宮ICから日光IC
友人が教えてくれた桜吹雪を受けながら走りました。
桜の花びらが舞い降りてフロントを駆け上がる美しい光景。

・栃木県立博物館全景
栃木県立博物館全景

・博物館エントランス
栃木県立博物館エントランス

・栃木県にいた恐竜の模型
栃木県立博物館恐竜模型

宇都宮まで来たので県立博物館で栃木の歴史を学びました。
街中の中央公園の一角、ジョギングする人を見かけますが
博物館に入るのは少数派、女の子と年配者ばかりでした。
栃木県になるまでの経緯がわかる歴史ゾーンが面白かった。

・小杉放菴美術館
日光小杉放菴美術館

・小杉放菴「泉・断片」
日光小杉放菴油絵泉断片

・美術館から神橋付近を望む
日光小杉放菴美術館から神橋

宇都宮から日光に戻って小杉放菴記念美術館に行きました。
栃木県が生んだ画家、油絵・水墨画・版画などをてがける
天才的な芸術家であったことがわかりました。
ロビーコンサートもあるので、次回訪れたときは音楽鑑賞。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。