プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MISSION TO MARS

Mission to Mars

『ミッション・トゥ・マーズ』
MISSION TO MARS
2000年 アメリカ映画
監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ゲイリー・シニーズ/ティム・ロビンス
内容:
2020年、初の火星探査に成功したマーズ1号の乗組員たち。
しかし突然彼らからの交信が途絶えた。
仲間を救出するため、火星に向かうマーズ2号。
彼らが火星で見たものとは…? 
荒涼とした火星や宇宙空間で繰り広げられるSFスペクタクル。
(ムービープラス作品情報より)


昨日の皆既日食で味わった神秘や、
宇宙長期滞在の若田宇宙飛行士のこと、
海のダイビングで実体感している異空間のことなど
次々に脳裏に浮かんできた。
NASAが全面協力した映画で
リアルな宇宙を感じることができる。

悪役の出てこないストーリーなので
観ていて心が浄化される気がする。
命の犠牲はあるし、哀しみも存在するが
すべてを包み込む「愛」を感じて心地よい。
そして、なによりわたしの感じている
神的存在の「未知なる力」の
地球生命に対する思いが巧く描かれていた。

説明的描写もなく物語はテンポ良く運び
見事な映像技術でリアルな宇宙を感じさせながら
意図的に真実をはぐらかすように
嘘ぽく仕上げている感じにも刺激された。
そう、真実ってどこか嘘ぽいとこ・・・あるみたいだから。

解る人には解るメッセージのような映画。
スポンサーサイト

<< ダイビンググローブ | ホーム | 日食記念のおやつ(笑) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。