プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誘われて山陰の旅4 多倍神社

同じ日に山や海・・・人間の街を訪れて
人の暮らしが消してしまった大事なことを
思い出せるようにと
水木しげるの精神世界に感応したのか
その夜、強い力に眠りを促され夢をみた。

夢の中で(夢だと自分で理解していた)
疲れきったわたしに
「これを食べれば元気になる」と
介抱してくれた人が口に入れてくれた
丸い飴玉。

遠い昔、夢の中では飲食をしてはいけない
元に戻れないから・・・と
誰かに教わっていたので抵抗したけど
慈愛に満ちた笑顔に
「この人になら騙されてもいいや」と(オイオイ^^;)
飴玉を舐めた。

良薬は口に苦しというけれど・・・とても甘い。
果実の味のする滑らかな飴を口中で溶かしながら
ゆっくりゆっくり・・・

その人は微笑んだまま・・・

夢から覚めた。


トンネルを抜けると神話の世界aPA140378.jpg

今回の旅の目的地
多倍神社tabe07.jpg

所在地:島根県出雲市佐田町反辺字横塚1064  

田舎の細い道tabe01.jpg

駐車場のある森林公園から歩いて神社に向った
tabe02.jpg
案内板にもガイド誌にも記載されていない神社tabe03.jpg
細い道は苦手なので歩いていくtabe04.jpg
tabe05.jpg
坂を上り神社があらわれたtabe06.jpg
tabe07.jpg
鬼の首岩tabe08.jpg
金木犀と銀木犀tabe09.jpg
tabe10.jpg
tabe11.jpg
清浄で静謐
お賽銭箱も置かれていない
集落人に大事に守られ続けてきた
清らかな神社

高野山から導かれ
不思議な神紋オーブに再会a20081014tabe01.jpg
わたしはここへ来るべきだったのだ
感動が身を包み込む
感謝します。



出雲大社へも立ち寄るaPA140490.jpg
観光化で俗物化された印象aPA140489.jpg
本殿aPA140466.jpgaPA140479.jpg

何も・・・感じない・・・かえって不思議・・・

通りかかった若い神官に思い切って訊ねてみた。
高野山からの一連の物語と写真を見せて
その人は頷きながら聞き終わり
「女性に多いようですね・・・こういう写真を撮られる方は・・・」と。
巫女が女性であるのはそのためなのだろうか?


若い神官に本殿よりも奥にある素鵞社(そがのやしろ)
須佐之男尊を訪ねるように勧められた。aPA140515.jpg


高野山から弥勒・・・そしてスサノオに繋がって
新神話の世界は封印を解きはじめているようだ。

満月のパワーも重なり
aubumoon20081014.jpg
興味深い旅を楽しめた♪
スポンサーサイト

<< 満月 | ホーム | 誘われて山陰の旅3 弓ヶ浜 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。