プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場ヶ原ハイキング(家人)

富士山登山練習第一弾、トレッキングシューズと身体の慣らし
重くしたリュックを背負って戦場ヶ原ハイキングコースへ
2リッターペットボトル、非常食、着替え、防寒着など重装備
戦場ヶ原で不要なトレッキングポールを片手に赤沼をいざ出発。

・戦場ヶ原ハイキングコース景色
戦場ヶ原ハイキング景色と二人

・装備はトレッキング
戦場ヶ原ハイキング恒明

・湯滝をバックに
戦場ヶ原ハイキング湯滝佳ちゃん

コースは、赤沼~湯滝往復、復路は小田代原を巡るルートです。
湯滝でおにぎりランチ、4時間かけて約10km歩きました。
雲ひとつない快晴の午前中、木々の間から夏模様の男体山
標高約1,400mの戦場ヶ原、爽快で心地のよいハイキングでした。

・男体山を望む
戦場ヶ原ハイキング男体山遠景

・豪快な湯滝
戦場ヶ原ハイキング湯滝

・ヤマツツジの横で
戦場ヶ原ハイキング山ツツジ佳ちゃん

水量の多い湯滝、想像以上に豪快な日光三名瀑のひとつでした。
若者グループ、ツアーの年配者集団、ひとり旅の西洋人
ハイキング組とドライブ組が合流して大混雑する湯滝観瀑付近
平坦な道のりが多く、行き違いやすいハイキングコースでした。

・枯れ木が2本
戦場ヶ原ハイキング枯れ木2本

・小田代原
戦場ヶ原ハイキング小田代原

・落雷で焼けた樹木
戦場ヶ原ハイキング落雷焼け樹木

枯れ木が2本、真っ青な空を背景に存在を誇っていました。
花の季節に少し早い時期ですが、ヤマツツジが美しく咲き
落雷で根元が焼け、倒壊して横たわる樹木も美しい戦場ヶ原
霧降高原大山コース、男体山の登頂を経て富士山に登ります。

スポンサーサイト

<< シャガール展in宇都宮美術館(家人) | ホーム | 新潟YDFダイビング2日目(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。