プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAUSシンポジウム発表を終えて(家人)

第3回JAUSシンポジウム発表を無事に終えることができました。
多くの方が参加された中、会場の反応を見ながら話ができたので
ダイビング事故当事者の想いがある程度伝えられたと感じましたが
結果として発表が場違いな雰囲気を感じ、心に残ってしまいました。

・開会前の第3回JAUSシンポジウム会場
JAUSシンポジウム会場

☆☆☆ 第3回JAUSシンポジウム ☆☆☆

日時 2014年2月2日(日)PM1:00~17:30
場所 東京海洋大学品川キャンパス楽水会館

1.岩手県種市高校 
  ①教育理念 南部もぐりの伝統
  ②各潜水機の実習の状況
   岩手県立種市高等学校海洋開発科 下川顕太郎
コメンテーター 須賀次郎
2.関東学生潜水連盟 中央大学海洋研究部
   中央大学海洋研究部  藤島監督
3.ダイビング事故防止について
  事故当事者の視点からの発表と提案 
   JAUS会員 田中恒明氏 
   コメンテーター 久保彰良
4.レクリェーショナルダイビングと人工魚礁
   独立行政法人水産総合研究センター
   水産工学研究所 高木儀昌氏 
5.ウエアラブルカメラ研究会の発表
   コメンテーター 斎藤真由美

・東京海洋大学品川キャンパス内
20121209東京海洋大学もり

コメンテーター久保彰良さんが指摘されたバディーシステムの不備。
確かに機能していない現状は、問題だと思っていました。
自己責任もよく解りますが、セルフでないファンダイビングの責任
この事故が立件されたことをダイビング関係者に受け止めてほしい。

スポンサーサイト

<< 幸せを四つの視点から(家人) | ホーム | JAUS(日本水中科学協会)シンポジウム:家人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。