プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を読む(家人)

超能力者でもないかぎり人の心を読むことはできません。
言葉を交わさずに通信できる能力がテレパシー
情報の送り手と受けての話でなく、一方向で心を読む
こんなことができるのか、できないのか、を考えました。

・お互いの心を読む(宮古島池間島)
池間島ふたり

いつも一緒にいる人だったら思考パターンがわかるので
こんなときは、こんなことを考えると読む(推測)こと
これだったら占いの要素でもある確率の問題となるので
親しい友人の心を読むことは、できるような気がします。

同じ屋根の下で生活する夫婦なら友人以上の存在です。
こんなときは、こんなことを考える、と推測できるので
お互いの心を読むのは、以外と簡単なことでしょう。
悪戯な読みはいけませんが、相手を想う読みは「潤滑油」

・相手を想う読み(宮古島ブリーズベイマリーナ)
ブリーズベイふたり

ふたりの意識がひとりの意識になったときの心の読みは
余り深く考えるとややこしくなってしまいますが
そんなに難しいことではないとわかってきました。
心を読むのではなく相手の気持ちになって想うことです。

スポンサーサイト

<< 残酷さの概念(家人) | ホーム | 水のことの葉「波-3」(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。