プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は何者か(家人)

今朝は、このところ難しいことを考えない日が続いていたので
答えの難しい「私は何者か」についえ考えてみました。
姜尚中さんの著書を読むと「私は何者か」が伝わってきますが
日本を考えても祖国と思うことのない私に難解な問いかけです。

・ニセセンニンモドキ
20111116安全停止中恒

私は『水中族・回遊魚科・ニセセンニンモドキ』といいますが
この名前は、まんざらではなく、生き方を冗談っぽく表現して
天国に召されるまでの『目指す生活スタイル』でもあるのです。
その中心となるのがダイビング、海の中のニセセンニンモドキ。

・ツネアキ
30130530宮古島ウェット恒明

横道にそれましたが、日本人を意識することがほとんどない
この意識下で「私は何者か」は、必要ないことかも知れません。
名前は「恒明」、恒に明るく安心感を与える存在で有りたい
パートナーがいなくなった孤独の中でも生き続けられる者です。

・ナオミ
20071022南岸ガオーボート直美

直ちゃんが名前について書いているブログがありました。

『正しい導きに耳を傾けて、
 今の生を感謝の気持ちで過ごしていけたら
 これ以上に幸せなことはない。

 人は個性があるから、それぞれに信じること、
 愛することに違いがあるように
 宗教もそれぞれであろう。
 わたしは、どの神が最も偉大であるかなど
 微塵も考えたことなどない。
 それどころか、どの神も、もともとは「ひとつ」であった
 のではないか、とさえ感じている。

 人の心深くにかかわる微妙な問題だけに
 宗教の話題は慎重に語りたいもの。

 わたしの名前 直美
『ナオミ』 旧約聖書・ルツ記にでてくる。

 両親はクリスチャンではないので、この名前のめぐりあわせに
 驚きと喜びにふるえた日のことを鮮明に覚えている。
 「聖書」を何度も読み返し、
 自分の名前がますます大好きになった。
 両親に感謝している。
 ステキな名前を付けてくれてありがとう!』

結婚する時、洗礼を受けた直ちゃんの名前への想いがわかります。

スポンサーサイト

<< 神戸市室内合奏団「海のコンサート」(2013.09.13):家人 | ホーム | ミュージカル「レ・ミゼラブル」(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。