プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を味わう(家人)

一日24時間、一週間168時間、地球上の何処に存在しても同じです。
神戸と宮古島は、約1500km離れていますが、時間差はありません。
日本の標準時は、明石天文科学館の親時計が元になっているそうですが
物理的な時間は同じでも、身体や心が感じる時間は同じではありません。

・宮古島南岸
20071022南岸ガオーボート直美

・神戸ハーバーランド
ハーバーランド夜景直美1

宮古島に帰ったときに感じる時間は、神戸にいるときより長く感じます。
寝る時間と起きる時間は、どちらにいてもほぼ同じ
起きてから朝食までの時間、夕食後寝るまでの時間もほぼ変わりません。
昼間にダイビングをしているか、他のことをしているかの違いだけです。

宮古島で時間が長く感じられるのは、心に余裕ができるからでしょうか。
神戸にいるときも余裕があるので、余裕が作用するのでもないようです。
では、何が違うのでしょう。ダイビングが大自然の海の中だから
同じ水の中のスポーツでもダイビングとスイミングは、かなり違います。

・宮古島来間港
来間島港バスタオルふたり

ここまで考えて気がついたことは、時間の味わい方に差があることです。
宮古島に3週間いて神戸に戻ったとき、居場所感覚が逆転しました。
海の中では、物理的時間でなく感覚的時間に包まれています。
宮古島での感覚的時間が神戸より長く感じるのは、時間の味わい方です。

スポンサーサイト

<< ねじれ解消の光と闇(家人) | ホーム | メガネ(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。