プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素顔(家人)

一般の男性が化粧をする時代になったのは、いつごろからでしょうか。
化粧品メーカーの販売戦略に乗せられた、もあるような気がしますが
生物の世界は、メスよりオスの方がキレイな動物が多いようですから
生物の一種、人間の男性(オス)も美しくなりたいのがわかる朝です。

・宮古島に帰るときは素顔で(神戸空港)
20071021神戸空港直美

化粧する一般の男性が増えたといっても、若者の話題かも知れません。
タレントでもない限り素顔で日常生活しているのが一般男性でしょう。
女性は、普通の女性でも、そういう訳にはいかないようです。
直ちゃんのWeb日記に「素顔」と題し化粧のことを書いていました。

Web日記:2001年6月29日(金)「素顔」

 顔グロなんかとっくに廃れたんでしょうね?
 奇妙奇天烈な化粧で
 美しさを追求したのではなく
 目立ちたいが為の仮装のような姿だった。
 ホント理解に苦しんだ。

 国や時代・・・個人によっても
 「美」の感じ方には差がある。
 しかしどんな人でも
 若い女性の弾ける肌は素顔で美しいと感じるだろう。
 歳を重ねるとその衰えを巧みに隠す術が
 化粧に求められる。

 鏡に向かって化粧をすると
 勤め人だった頃は戦闘準備のように思えた。
 帰宅すると真っ先に洗顔してくつろぎたかった。
 デートの時はシンデレラの気分だった。
 ひたすら誰よりも美しくありたいと願った。
 いまは・・・自然に近く若々しく在る為の
 化粧テクニックを追求している。

 わたしの素顔を見ることができるのは
 やっぱり限られた人でしょうね(^^;
 素顔で勝負なんて・・・滅相もございません。

・日焼けした顔で(5月の宮古島)
30130530宮古島ウェット恒明

直ちゃんが40歳になった年、素顔で勝負できないと書いていますが
ダイビングを始めてから化粧することが少なくなりました。
宮古島に帰るとき、日焼け止めを丁寧につけますが、化粧はしません。
私は、日焼け止めもつけないので焼け放題です。顔と手だけ焼けます。

スポンサーサイト

<< カラーリング&カット(家人) | ホーム | 小説【蝶々】:家人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。