プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロとピアノ「デュオの午後」:家人

第342回グリーンフェスティバル・チェロとピアノ「デュオの午後」
3日間降り続いた雨が上がり、爽やかな青空の広がった土曜日の午後
いつものように駐車場から坂道を歩いて神戸学院大学に向かいました。
この日は初めて聴く曲ばかりです。日本初演の曲も含まれていました。

・神戸学院大学9号館
神戸学院大学9号館空と建物

フンメルは、8歳から2年モーツアルトにピアノを習った作曲家です。
他の3人は、20世紀の作曲家で難解な現代音楽と思っていましたが
どの曲もロマン派的な美しいメロディーがあり、とてもいい曲でした。
20世紀音楽に対して思い込みがあったのを反省しないといけません。

☆☆☆  第342回グリーンフェスティバル  ☆☆☆
   ~林口眞也・風呂本佳苗「デュオの午後」~

日時 6月22日(土)15:00~17:25
場所 神戸学院大学9号館メモリアルホール
出演 チェロ 林口眞也
   ピアノ 風呂本佳苗

曲目
 ♪フンメル…チェロとピアノのための大ソナタ・イ短調
 ♪ブリッジ…チェロとピアノのためのソナタ

 ~休憩~
 インタビュー

 ♪マルティーヌ…スロヴァキアの主題による変奏曲
 ♪アルファーノ…チェロとピアノのためのソナタ(日本初演?)

・神戸学院大学メモリアルホール
神戸学院大学メモリアルホール

恒例のインタビューで聞いた面白い話、指揮者が台から落ちた話です。
ベートーヴェン第9番「合唱」の演奏中、指揮者が客席に落ちた
信じられないような出来事ですが、実際にあった有名な話だそうです。
指揮者は、何事もなかったかのように舞台に上がり指揮を続けました。

信じられないことと言えば、昨日演奏中に話声が聞こえるハプニング
4曲目の演奏中でした。音響室からマイクを通して聞こえてくるのか
第一楽章が終わると譜めくりしていたU先生が舞台袖に下がりました。
しばらく話声が止まりましたが、また聞こえてきました。
コンサート会場では考えられないこと、U先生の悲しい顔が見えます。

<デュオの午後・解説:神戸学院大学HP>
 大阪フィルの古くからメンバーであり、林泉弦楽四重奏団の一員と
 してベートーヴェンの四重奏全曲演奏を披露して下さった林口さん
 が11回目のグリーン・フェスティバル登場の風呂本さんと組んだ
 デュオの会です。
 曲目がきわめて意欲的なもので、知らない作曲家ばかりだとおっし
 ゃる方が多いでしょう。
 フンメルの曲はフェスティバルでご紹介したことがありますが、他
 の3曲は、初めてご紹介するものですし、チェリストの会でもまず
 登場しない曲です。しかし、これらは決して「難しい」曲ではなく  
 聴きやすく、魅力的なフレーズも持つ曲です。
 こちらから注文したのはアルファーノだけですが「知られざる佳曲」
 をご紹介するのはグリーン・フェスティバルのコンセプトのひとつ
 であることを知っておられる林口さんがそのような作品でまとめて
 下さったプログラムかもしれません。

スポンサーサイト

<< 小説【蝶々】:家人 | ホーム | 2ヶ月ぶりの三心五観(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。