プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きた年数でなく生き方がだいじ(家人)

直ちゃんが創作した童話に「いちばんだいじ」があります。
だいじなものは、何かを童話で伝えようとしています。
直ちゃんが生きた年数は、この世で48年6か月でしたが
生きた年数ではなく生き方がだいじと教えてくれています。

・生き方がだいじ
ブリーズベイふたり

童話「いちばんだいじ」の一節
 だいじなものは、形あるものではないのだ。
 自然の力への思いこそがいちばんだいじなもの。
 それは自然の万物の中でつねに息づいているもの。

「木はだいじ わたしに木の実をあたえてくれる」
「花はだいじ 実を結びわたしの種を作ってくれる」
「風はだいじ わたしの花粉をはこんでくれる」
「小鳥はだいじ わたしにのって遊んでくれる」

阪神淡路大震災を体験して形あるものは壊れると再認識し
自然の力への思いを大切にするのがだいじだと解りました。
海に潜っていると自然に対する畏敬の念に包まれますが
自然の中で息づいているものにじかに接するからでしょう。

・海はだいじ
20100121安全停止ツーショット

絵本の出版、絵本原画展などだいじなイベントが続き
昨年9月から8ヶ月ぶりになった5月の宮古島ダイビング
形あるものがだいじでなく、自然の力への思いがだいじ
海はだいじ、わたし達の想いをコーラルが包んでくれます。

スポンサーサイト

<< 大阪市立美術館「国展」(家人) | ホーム | UNIQLO(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。