プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚歌劇月組公演「ミー・アンド・マイガール」(家人)

ミュージカル「ミー・アンド・マイガール」を観るのは3回目です。
宝塚歌劇公演は、18年前の天海祐希さんから2回目になりました。
今回の月組公演は、男役トップの龍真咲と女役トップの愛希れいか
恋物語を絡めたロマンティックコメディーにピッタリなお二人です。

・開演直前の幕
ミーアンドマイガール幕

龍真咲さんを観たのは、今年1月「ベルサイユのばら」アンドレ役
昨日の龍真咲さん、一味違うコメディーのビル役を演じていました。
アンドレもビルも役柄を演じている龍真咲さんですが
どちらかといえば「ミー・アンド・マイガール」ビル役の方がいい。

・梅田芸術劇場の看板
ミーアンドマイガール看板

今回は、宝塚歌劇月組対談(DVD)で予習してから鑑賞しました。
18年前に観ていましたが、ほとんど内容を覚えていなかったので
娘が送ってくれたDVDの予習が役に立ちました。
今回、気になった男役は、組替えで月組にきた「沙央くらま」さん。

・レビュー「ミー・アンド・マイガール」
ミーアンドマイガール

梅田芸術劇場は、宝塚大劇場と違いフィナーレの大階段ありません。
短いレビューの後、それなりの小階段がありましたが物足りません。
物足りないといえば、新人のラインダイスもありませんでした。
レビューが短いので、仕方がないのかも知れませんが物足りません。

スポンサーサイト

<< 京都開催「抽象絵画と絵本原画展」準備完了(家人) | ホーム | 丹波焼鎮台窯&兵庫陶芸美術館(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。