プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中で(56)実家で母と3人で:家人

今年になってから直ちゃんが夢の中で姿を見せてくれるのは
今のところ月に1回だけになっています。
初夢に姿を見せてくれたので、多くなりそうな予感でしたが
2月、3月に各1回、4月も今朝が初の姿見せとなりました。

・あの世も楽しい
童話経歴写真直美

去年は25回、夢の中に姿を見せてくれ会話もしましたので
きっとあの世が楽しいのだと思うことにします。
今朝の夢は、声だけですが私の母がいた滅多にないパターン
場所は、今は跡形もなくなった大阪の私の実家の2階でした。

私たちが住んでいたのは、実家から3軒隣りでした。
夢の中は、私が寝起きしていた実家の2階の部屋です。
家具のないガランとした部屋、実際とは異なる夢の中の世界
直ちゃんが何かを探しているときのことです。

 お母さんの声がしました。
 「何をしているの」
 「用意ができたから下りてきたら」

 直ちゃんを見ると
 何もない部屋で
 何かを探しています。

 「お母さんが呼んでるよ」と私
 『ちょっと待って』と直ちゃん
 「何を探しているの」
 『……を探しているの』

 探しているものがわかりません。
 何もない部屋で探すもの
 いったい何だろう?

 押し入れの襖が見えます。
 押し入れの中を見たらと思っていると
 直ちゃんも押し入れに気付いたようです。

 押し入れの前にいった直ちゃん
 襖を開けたとき中が見えました。
 真っ暗な暗闇が続く押し入れの中…

何か変だと思って声をかけようとしたとき目が覚めました。

・月にかかる暗闇の雲
月に不気味な雲

真っ暗な押し入れの中は、まるで宇宙の闇が見えたようでした。
声だけのお母さんが登場し、暗闇を見せてくれた直ちゃん
ここに何か暗示があると思いますが、よく解りません。
意識だけの世界に生きる直ちゃんが見せてくれた暗闇の暗示は。

スポンサーサイト

<< 心に残すのは誰(家人) | ホーム | 神戸市室内合奏団「わがまちコンサート」(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。