プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清荒神清澄寺(家人)

宝塚歌劇に続いて昨日は、宝塚からほど近い清荒神に行きました。
お礼参りの友人に同行させてもらい10年ぶりの清荒神散策です。
清荒神清澄寺の駐車場に着いたのは10時、まだ空いていました。
曇り空、早朝の爽やかさを感じる参道を少し歩いて清澄寺境内へ。

・清荒神清澄寺「拝殿」
20130410清荒神拝殿

仕事人のころ清荒神参道に面した処に会社の保養所がありました。
宿泊施設、会議室、テニスコートにプールまでありました。
家族で宿泊した早朝、散歩を兼ねて清荒神清澄寺まで坂道を往復
春は桜、初夏は新緑、秋は紅葉、それぞれ趣のある清荒神清澄寺。

・境内の池に浮かぶ散り桜
20130410清荒神桜と池の花弁

・満開を過ぎた桜の後方に本殿
20130410清荒神桜の広報に本堂

昨日は、満開を過ぎた桜でしたが、花びらに遠慮したような青葉
池に舞い落ち浮かぶ桜の花びらにも遠慮していました。
この遠慮が無くなるのも今しばらく、まもなく迎える新緑の季節
ここぞとばかり陽光を跳ね返して青葉色が映える皐月になります。

・清荒神清澄寺「境内図」
清荒神境内図

子供のころ祖父に連れられてよく清荒神清澄寺にお参りしました。
参拝するのは祖父だけで、私の楽しみは荒神影向の榊ですること。
棒を遣ってお金を引き寄せて、もらって帰ることでした。(写真)
お賽銭をもらったら駄目ですが、祖父はただ笑っていたようです。

・荒神影向(こうじんようごう)の榊
20130410清荒神荒神影向の榊

~~お賽銭のいわれ(清荒神清澄寺HP)~~
いつの頃からかそこに供えられたお賽銭をいただいて帰り、次回
参詣されたとき、そのお賽銭を倍にしてお返しするという風習が
が伝えられています。いただいたお賽銭を紙に包んで財布に入れ
ておくと小遣銭に不自由しない、また次に参詣されるまでそれを
「御守り」として持っていると吉事があるなど言われています。

スポンサーサイト

<< 春日町の三心五観へ(家人) | ホーム | 宝塚歌劇宙組公演「モンテ・クリスト伯」(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。