プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚歌劇「ベルサイユのばら」(家人)

宝塚歌劇「ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編」を観ました。
オスカル:龍真咲、アンドレ:明日海りお、ロザリー:愛希れいか
若さあふれるベルばらの素敵な舞台、夢の世界が素晴らしいです。
2階席最前列、タカラジェンヌが身近に見られて舞台も見渡せます。

・龍真咲さんと明日海りおさん
宝塚歌劇ベルばらロビーアップ

月組の男役トップジェンヌ「龍真咲さん」
初めて観た彼女の舞台、凛々しい立ち振る舞いと歌声が素敵で
しばらく彼女の舞台を見続けたいと思いました。
ハンサムなタカラジェンヌ男役に魅了されるのも悪くありません。

・開演直前舞台
宝塚歌劇ベルばらロビー舞台

・プロローグ舞台
宝塚歌劇ベルばらプロローグ

ベルサイユのばら、公演毎に演出が変わるのも楽しみのひとつです。
今回は、ラスト場面であっと驚く舞台演出がありました。
天国のオスカルとアンドレが馬車に乗り客席上にせり出てきました。
ジャニーズでは観慣れた舞台ですが、宝塚歌劇では初めて観ました。

・ロビー看板
宝塚歌劇ベルばらロビー2

1974年ベルばらの初演を演出したのは、俳優の長谷川一夫さん。
語り口調、独時の台詞の言い回しに特徴のある有名な俳優でした。
舞台の立ち位置、目線の置き所、歌舞伎のノウハウなどの演出効果。
原作が漫画、軽く扱われるのを嫌い彼に演出を頼んだのでしょうか。

スポンサーサイト

<< 納骨式(家人) | ホーム | 素晴らしい笑顔で(4)ダイビングのとき:家人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。