プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汐留ミュージアム『ルオー展』(家人)

来年2開催の絵本原画展の確認で銀座アートポイントに行く前
銀座8丁目からほど近い処にある美術館に行ってきました。
パナソニックビル4階にあるパナソニック汐留ミュージアム
ルオー財団特別企画展「ルオー・アイ・ラブ・サーカス」です。

・洒落たお店のような美術館入口(2012.12.10)
汐留ミュージアム・ルオー展入口

割引券をもらっていましたが、65歳以上割引と同じ料金
運転免許証を見せて高齢者割引で入場しました。
神戸市立博物館で開催中のフェルメール展にも行きますが
ここも「神戸すこやかカード」を見せると入場料金が半額です。

・傷ついた道化師(汐留ミュージアムHP)
汐留ミュージアム・ルオー絵画

ルオー展の話に戻りますが、アイ・ラブ・サーカスの絵の数々
サーカスで活躍する人、ピエロ、軽業師、踊り子、動物使い
ルオーが描くサーカスの世界に見えてきたものがありました。
不思議な感覚でしたが、性別を超えた存在が見えてきたのです。

・晩年のルオー(ロビーのテレビ映像)
汐留ミュージアム・ルオー展テレビ

男性を描いた絵は「キリスト」、女性を描いた絵は「マリア」
道化師は愛と犠牲を体現するキリスト的人物像と一体化していく
後から読んだパンフレットの解説を読んでわかりました。
「われわれは、みな道化師なのです」ルオーの言葉が重いです。

スポンサーサイト

<< フェルメールに再会「マウリッツハイス美術館展」(家人) | ホーム | シンポジウムに出席して(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。