プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング「98ファンダイビング」(家人)

3回目のファンダイビングは、お得な内容の「98ファンダイビング」
毎週日曜日に開催される一泊2食付きの1ボート1ビーチダイビング
この内容で料金は9800円でした。若いダイバーがほとんどですが
年齢の高い初心者を違和感なく受け入れてくれたのが嬉しかったです。

・これからダイビング(2007.03.19)
20070318これからダイビング

直ちゃんの98ファンダイビング感想です。

 日曜日に開催される
 1ボート1ビーチのファンダイブ!
 前泊代・朝食バイキング・昼食お弁当代込みの9800円という
 超破格の値段で若者たちに大人気☆

 この日は運良くインストラクター奈々さんに当たる。
 女性インストラクターは初めてだったけれど
 テキパキと重い器材を運び波で大荒れの海面にも堂々と立ち向かい
 とにかくとってもカッコイイ
 この日は4本立て続けに潜って
 白浜から大阪までバンを運転して帰って行く
 エネルギッシュな女性だ!!!
 ダイビングの間いつも細やかな視線を感じていた。
 周りの20代のグループに溶け込めるよう気遣ってもらった(感謝)

 奈々さんの98ファンダイブ
 天候:晴れ 風:北7~9m 気温:12℃
 海況:中潮 透明度:7~8m

・ボートの上で
20070318ボート

 9名のメンバーは上級組と初級組に分かれた。
 先行した組が波酔いのためフラフラ状態で戻ってきたので緊張する。
 慌てて酔い止めを飲んだ。
 ボートで向ったポイントはダブルアーチ☆ 潜降を始める。
 ボートからいきなり10m潜ったのは初めてだ。
 ロープの先が長く感じる。

 風邪で鼻が詰まり、耳抜きのできないメンバーが苦労していた。
 前回の時にも同じ症状の人がいたが、
 耳が痛いということで2本目を断念した。
 この時期は花粉症や風邪など鼻が詰まりやすいから注意が必要だ!
 無理をして潜ると大変なことになる。(自戒を込めて)

 最大水深14.3mまで潜る。
 スカシテンジクダイなど大群の小魚を掻き分け洞窟を潜リ抜ける。
 壁面には色鮮やかな珊瑚が付着し
 竜宮城の門もこんな感じじゃないかと美しさに夢心地になる。

・ダブルアーチのスカシテンジクダイ
20070318ダブルアーチ魚群

 水中カメラのシリカゲルの効果が切れて
 結露し中に水滴がたまってしまった。
 水没は免れたがあとの写真撮影はできなかった(TT)

 このとき、ちょうど太陽の周りをぐるりと囲む丸い虹が現れた!
 でぐっちゃんのカメラに見事に収まっているので送られてくるのを
 楽しみに待っているわねぇ、でぐっちゃんに個別メッセージ(笑)

 ボートから戻り、お弁当を食べてたっぷり休憩をとり
 2本目のビーチダイビングを円月島前から潜る。

・白浜の名所「円月島」
20070318円月島

 観光客が珍しげにダイバーの我々を見つめている(^o^)
 海の季節は陸より一ヶ月遅れるという。
 今の海は冬だ。水深4.8mの浅瀬をのんびり回遊した。

 このダイビングで貴重な体験をすることになった。
 帰りの車の中で思い返してもつくづく不思議な感覚だった。
 「マスククリアーの怪」とでも称しておこう!

 脳は騙されやすい。
 無いのに有るという感覚を正気の状態で体感した。

 きっかけはイントラの何気ない
 「マスクに水がたまっているよ」という合図。
 自分ではたまっている自覚がなかったので
 「え、そうなの」とすかさずマスククリアーを施した。
 講習の時からこれは難なくできた。
 毎日プールで泳いでいるので目や顔に水がかかることも平気だ。

 クリアーのあと、イントラから
 パチパチと拍手の合図をもらい完了したと思った。
 このあとナントわたしの脳が暴走する。
 意識できなかったマスク内の水の存在。
 脳は訴える!「無いと思っても有るんだよ」

 このあと水が満ちている錯覚に悩まされることになった。
 マスククリアーしても次から次にすぐ水が満ちるという
 冷静に考えれば有り得ない状態を脳が認知してしまうのだ。

 バディーのつねさんに
 「マスクに水たまっている?」と訊いて

 「全然たまってないヨ。OKだよ」と合図を貰っても
 脳は納得しない。
 潜行中ずっとマスククリアーを繰り返すわたしに
 イントラの奈々さんも幾度となく「大丈夫ですか?」と合図。

 うーん。。。。
 さすがに変だと脳の別の箇所で思っている。
 「もういいや。
  マスクが無くても水の中で目を開けてられるから平気やわ」と
 開き直ってみたら呪縛が解けた。水がたまらなくなった。

 不思議なマスククリアーの怪だった。
 あんまり奇妙な感覚だったから記録しておこうと思う(^o^)

・一緒に潜った仲間と記念写真
20070318ダイビング終了記念写真

直ちゃんの感想を読み直してみるとトラブルもどきに陥っています。
マスク内に水が入っていないのに脳が入っていると錯覚する
私も後日、宮古島で経験したことのある脳の錯覚でした。
敏感になり過ぎると初心者に限らす陥りやすい錯覚かも知れません。

スポンサーサイト

<< 再び農家レストラン「三心五観」(家人) | ホーム | 仲道郁代ピアノリサイタル「ベートーヴェン&ドビュッシー」(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。