プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回日本自費出版文化賞表彰式出席(家人)

社団法人「日本グラフィックサービス工業会」が主催し
NPO法人「日本自費出版ネットワーク」が主管する
第15回日本自費出版文化賞表彰式に出席しました。
直ちゃんの童話「くじらのクー」が入選しての表彰です。

・嬉しい受賞
ブリーズベイホテル新館ロビー直美

・会場に展示された入賞作品
日本自費出版文化賞くじらのクー

今回の応募総数は771作品、入選作品は51作品でした。
募集は7部門、童話は「小説」部門です。
1.地域文化
2.個人誌
3.小説
4.エッセイ
5.詩歌
6.研究・評論
7.グラフィック

・中山千夏さん(日本自費出版ネットワーク代表理事)と大坂さん
日本自費出版文化賞中山千夏さんとノグ

日本自費出版ネットワーク代表理事の中山千夏さんが挨拶の中で
「有名な方の言葉(出版)は、商業出版に乗って世の中に出回るが
無名な方の言葉が詰まった自費出版を世の中に伝えたいのです」と。
商業出版と同等作品があるのも最近の傾向だと云われていました。

・日本自費出版文化賞表彰式会場
日本自費出版文化賞表彰式会場

会場に展示された入賞作品を手に取るとそれが本当だと解ります。
商業出版と同等どころか、しのぐ作品があるのも事実でした。
大賞や部門賞を受けられた方の挨拶を聞いていると
本に込める情熱が湧き出る言葉となって伝わり感動の連続でした。

・表彰を受ける大坂さん
日本自費出版文化賞表彰式受賞

表彰式後の懇親会に参加、受賞者や出版業界の方と挨拶を交わし
多くの方とつながりができる予感が実感となったひとときでした。
かつては商業出版できない出版物が自費出版といわれた時代
今は、商業ベースに乗せない価値がベースの出版が自費出版です。

スポンサーサイト

<< 国立新美術館で閃いたこと(家人) | ホーム | 銀座画廊アートポイント(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。