プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才劇作家とモーツアルトの出会い(家人)

今年4月、新神戸オリエンタル劇場で上映されたモーツアルトの映画
第2次大戦中オーストリアで制作された幻の映画「モーツァルトの恋」
70年前の戦争中に制作された映画とは思えない素敵な映画でした。
その記憶から観たケーブルTV「天才劇作家とモーツアルトの出会い」

・天才劇作家とモーツアルトの出会いの場面(映画紹介HP)
天才劇作家とモーツァルトの出会い2人

2年前公開の映画でしたが、記憶に残る内容ではありませんでした。
友人と会話しながら観ていたこともありますが
70年前の幻の映画「モーツァルトの恋」の記憶が鮮明過ぎて
物語とオペラが交差する内容が中途半端に感じて今一つの映画でした。

この種類の映画は「制作する人」と「観る人」の気持ちが寄りそうと
観終わったあとの余韻が、内容以上に膨らむことがありますが
「制作する人」と「観る人」の気持ちが寄りそわないときは
観終わったあとの余韻が何も残らずにしぼんでしまうことがあります。

・天才劇作家とモーツアルトの出会いの場面(映画紹介HP)
天才劇作家とモーツァルトの出会い3人

ここまで書いてから映画の解説を読んで私の勘違いだとわかりました。
この映画の主人公は、モーツアルトでなく劇作家のポンテでした。
解説には「モーツァルトを刺激し続けた、稀代の劇作家ポンテの知ら
れざる姿を描く」とありました。
モーツアルト映画を期待していた私の勘違いで、感想を取り消します。

スポンサーサイト

<< すこやか手帳の良いところ(家人) | ホーム | すこやか手帳(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。