プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異次元と交信できたら(家人)

出雲の海で体験した不思議な天国からの電話の話をしましたが
あの世とこの世の回線がつながって愛しい人と話ができる
イタコやユタの話ではなく、映画の世界ではありそうな夢物語
そんなことが有り得るような不思議な体験から考えたことです。

・異次元と交信できたら
20100120ツーショット水中上から

異次元と交信するのに膨大なエネルギーが必要だと思いますが
雷の電気エネルギーを使って異次元と交信できないでしょうか。
人間の身体が受信機と発信機の役目を担えるとしたら
それなりの訓練をして、時空に穴を開けられるかも知れません。

人間の身体が受発信を担えるとしても、感度の問題があります。
高感度の身体にするには、どのようにしたらいいのでしょう。
「自然界での感性を磨く」「瞑想できる」「無の境地になれる」
考えると日ごろの鍛錬が必要なものばかりのような気がします。

・高感度な身体
来間島港バスタオルふたり

人間からゆっくり仙人に近づいていくと出来るかも知れません。
仙人の具体的なイメージはなく、抽象的なイメージなら
白装束に白いひげを生やし、長い杖を持ったおじいさんです。
そんな他愛もない話でなく、実現できることを考えたい朝です。

スポンサーサイト

<< 夢の中で(46)外国人に囲まれて&火事の現場で:家人 | ホーム | 天国からの電話(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。