プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県立美術館「コレクション展Ⅲ」(家人)

兵庫県立美術館で伊藤清永画伯の絵をもう一度鑑賞したい
亡くなられた年に描かれた裸婦の印象が強烈に残っていて
3月11日までと思い込んで兵庫県立美術館に行きましたが
伊藤清永展は、残念ながら1月22日に終了していました。

・残念でした(兵庫県立美術館で)
兵庫県立美術館フェルメール直美20060105

兵庫県立美術館で開催されていたのは「コレクション展」
2011年度コレクション展Ⅲ「美術の中のわたし」で
小企画「安井仲治の位置」も開催されていました。
いつもは通り過ぎる常設展で小磯良平画伯の絵も観ました。

・伊藤清永「浴后」(伊藤清永画像HP)
伊藤清永展・浴后

・小磯良平「横向きの裸婦」(小磯良平画像HP)
小磯良平横向きの裸婦

2011年度コレクション展Ⅲの中で特に印象に残ったのは
安井仲治さんの自画像でした。
戦前の日本を代表する写真家と解説にある安井仲治の自画像
日本に亡命したユダヤ人難民を撮った彼の強烈な印象でした。

・安井仲治「自画像」(安井仲治画像HP)
安井仲治自画像

期待して観にいった洋画展とまったく違った世界でしたが
人物の写真を見ながら思ったのは、絵と写真の違いでした。
写真は、その人の瞬間と背景をとらえますが、
絵は、瞬間と過去から未来の時空間までとらえる気がします。

スポンサーサイト

<< スピードダウン(家人) | ホーム | 三木山森林公園(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。