プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝過ごすときに見る夢(家人)

昨年から寝室の遮光カーテンを閉めずに眠るようになりました。
夜明けの太陽光を感じて目覚める「自然に生きる」です。
夏場の起床時間は午前4時過ぎ、これが定着してしまったのか
秋から冬になっても太陽光に関係なく同じ時間に目覚めます。

毎日午前5時までに起きるので、午後10時までに寝る毎日。
ひとりになってから2時間~3時間、朝方にシフトしました。
それでも何かの加減で寝過ごすことがあり
昨日も寝過ごしましたが、寝過ごすとき必ず夢を見ています。

・夢は不思議
20070218南部の海をバックに直ちゃん

寝過ごすときに共通するのは、一度目が覚めてまた眠ったとき
ウトウトしながら夢を見ることとその夢の内容です。
昨日も一度目が覚めてまた眠ったときに夢を見ました。
「行きたい処になかなか行き着けない」そんな夢が多いのです。

昨夜見た夢は

 あるところで仕事を終えて
 駅に向かって歩きだしましたが
 なかなか駅に行き着きません。

 行くときは、工事していなかった道路
 帰りは、工事中の道路が続き
 歩道のなくなった側溝を歩いています。

 その横をダンプのような大型車が
 フルスピードで走り抜け
 風圧でなかなか前に歩けません。

 歩く方向がわからなくなり
 駅がどこにあったか見失いました。
(行くときは普通の道だったのになー)

そう思ったとき目が覚め、時計を見たら寝過ごしていました。

・夢を見るような心地
20100513くじら岩直美

寝過ごすとき見る夢に共通しているのは
行きたい場所になかなかいけない、行く方向がわからなくなる、
行こうとしているのに邪魔が入る、あり得ないことに遭遇する。
夢と現実が交じったような焦る夢を見ると、寝過ごすようです。

スポンサーサイト

<< チャイコフスキー「白鳥の湖」(家人) | ホーム | 基礎英語(NHKラジオ第2放送):家人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。