プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・ボーイズ(家人)

帝国劇場でお芝居を観るのは、何年ぶりになるでしょうか。
ダイビングを始めてから東京まで遠征することをやめたので
直ちゃんと観たのは、少なくとも5年以上前になります。
一路真輝さんのエリザベートと王様と私が一番印象的でした。

・王様と私で
王様と私・梅田芸術劇場

KAT-TUNの亀梨さんが主役の「ドリーム・ボーイズ」
元宝ジェンヌ、鳳さんと真琴さんが共演しているので、
宝塚歌劇ファンには、元トップ役の演技が観られますが、
座席は、亀梨さんとKAT-TUNファンで埋め尽くされていました。

観るまで、そんなに期待はしていませんでした。
舞台が始まっても、しばらく距離を置いて観ていましたが、
そのうち若者のひたむきな演技、歌やダンスに見入り、
空中を飛び交い、雑技団顔負けのアクロバットにびっくりです。

・開場前の帝国劇場
亀梨君・ドリームボーイズ

若い女性ばかりでなくお母さん世代の女性まで引きつける、
亀梨さんとKAT-TUNの魅力がわかるような気がしてきました。
観る方も演技する方もこのサービス精神に慣れているとしても、
今どきの若者のお芝居に感動できた喜びが新鮮でもありました。

亀梨さんの立ち振る舞いから見えた宝ジェンヌの立ち振る舞い。
意識されて演技しているのかわかりませんが、
宝塚歌劇トップスターの足捌きや立ち位置を見ているようで、
観客を「夢の世界」に誘っていることは、間違いないでしょう。

スポンサーサイト

<< お台場景色(家人) | ホーム | 半信半疑でない話(2):家人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。