プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビングで出会った方から(家人)

一年前の5月10日、沖縄本島ダイビングに出発した日です。
あの日から間もなく一年になりますが、
先日のこと、ふたりでダイビングした最後の宮古島シーワールドで
お会いしたご夫妻の奥様からメールをいただきました。

そのご夫婦とお会いしたのは、2010年1月です。
私たちが通算150本ダイブしたときにご一緒した方です。
私たちと同じようにご夫婦でダイビングされることに親しみを感じ、
宮古島から帰って何度かメール交換していました。

・宮古島通算150本ダイブ
20100122ツーショット150本記念

メールは「もう一年になるのですね」と始まり
「悲しみの癒える事のない一年だったと思いますが」と続きます。
私のことを恒さんと呼び、ブログも読まれています。
遠く関東の地から私たちのことを気遣っていただき本当に感謝です。

東日本大震災で多くの方が突然の死に見舞われたことを悼み、
また、同年代の芸能人の訃報を聞くにつれ、
死について深く考えるようになられたようです。
童話「くじらのクー」を読みましたと嬉しいお便りもありました。

・ふたり一緒の最後の宮古島ダイビングで
20100124ツーショット中ノ島チャネル

童話を読んでいると直ちゃんの顔が浮かんできたそうです。
「生きた証ですね。
 こんな夢のある文章を書ける直ちゃんって本当にかわいい人です」
直ちゃんにこの話をすると照れたのか可愛い顔で笑っていました。

シニア世代による絵本の読み聞かせ活動が東京都や川崎市にあり、
リプリントと呼ばれる活動で「くじらのクー」を読みますとのこと。 
授業開始前の15分、あるいは幼稚園や保育園で絵本を読み聞かせる、
そんなシニアボランティアに取り上げていただき心から感謝します。

・ありがとう
南岸八重丸ピース直美

スポンサーサイト

<< ふたり最後のダイビング-1(家人) | ホーム | 奥様は魔女(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。