プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独りぼっちを感じるとき-5(家人)

直ちゃんといつも一緒に見ていたテレビ番組があります。
液晶テレビに買い替えてからケーブルTVの映画が多くなり、
ふたりで見る番組以外は見なくなりました。
無理をして見るのでなく、自然とそのようになっていました。

私の父の影響があったのかも知れませんが、
メジャーな映画より、マイナーな映画を見ることが多く、
たまには映画館の大スクリーンで楽しむこともありましたが、
テレビで上映されない映画に魅力を感じるようになりました。

・お父さんの影響
直美肖像画写真(京都三十三間堂)

以前は、退屈して見なかった映画が面白いと感じるのは、
還暦を過ぎる歳を重ねた結果でしょうか。
私より14歳も若かった直ちゃんが退屈せずに見ていたのは、
父の感性に私より直ちゃんの方が近かったからでしょう。

一緒に見た映画は、あのときからまだ見ることができません。
ケーブルTVのプログラムを見て、
一緒に見た映画の題名に目が合うと独りぼっちを感じます。
仕方のないことだと解っていますが、見ることができません。

・一緒に見よう
2010直美・貝殻細工写真

祭壇の前で笑顔の直ちゃんと向き合っていると
『もう一度、一緒に見よう』と意識が語りかけてきました。
同じ映画を見て、そのときの会話を思い出し、
新たな会話ができたら独りぼっちを感じなくなるでしょうか。

スポンサーサイト

<< 童話「くじらのクー」原画展ご案内(家人) | ホーム | 夢の中で(9)浜辺の劇場で(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。