プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北関東大震災(家人)

東北関東地方を襲った大地震の消失した街、被害の状況。
阪神淡路大震災時、日を追って拡大する被害状況を思う。
数十人が数百人になり、数千人となった驚ろきの数字を。
被災地でしかわからない状況が伝わらないもどかしさ。

・「あの日」から
2010直美・何を見ているの

2003年1月17日、妻・直美の日記

『1月17日震災の朝は不思議と未明に目が覚めます。
 「あの日」から毎年ずっとそうです。
 こみあげてくる苦い記憶で胸がいっぱいになります。
 阪神・淡路大震災から8年が経ちました。

 真緋香さん
 20歳を迎えた新成人の皆さんは
 当時小学生でしたよね・・・
 確かな時の流れを感じるのは
 未来を担う子どもたちの成長を
 目の当たりにしたときです。
 大人の時間は時々凍りついて、
 何も動いていないような錯覚に陥ります。
 でも、子どもたちはちゃんと成長して
 「なすべきこと」を見つけてくれている。
 大学サークルでの活動、
 頼もしく思います。ありがとう・・・と言いたいです!

 記憶にとどめなければならない・・・
 地元の人間として・・・
 そう思いながら、
 時とともに風化していくことへの
 罪悪感とも闘っています。
 神戸から遠く離れた地域の人が忘れていくのと、
 地元の人間として
 震災を体感した者が忘れていくのとでは
 罪の深さが違うように感じます。

 皆さま 神戸にお越しになってお時間があれば
 阪神淡路大震災記念
 人と防災未来センターにもお出かけください
 http://www.dri.ne.jp/

 わたしも昨年9月5日に行っています。日記参照↓
 http://www2.justnet.ne.jp/~naomi.t/nikki02.09.htm#5』

津波の恐ろしさが実感できない。
想像できるはずと思うが、想像もできない。
阪神淡路大震災時、火災で消失した街に探しに行ったが、
地震の大津波で消失した街、自分にできることがあるだろう。

スポンサーサイト

<< 東日本巨大地震(家人) | ホーム | 地震(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。