プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震(家人)

東北の三陸沖で観測史上最大の巨大地震が発生しました。
今朝は、2010年1月17日の直美ブログ記事
『阪神・淡路大震災15年』を掲載いたします。
この日、命の意味を考えたいと言っていた妻・直美です。

・命の問題だから
2010直美・何を見ているの

『阪神・淡路大震災15年

 15年
 神戸新聞社は語り継ぐ使命を果たし続けてきた。
 阪神・淡路大震災トップページ→☆こちら
 テレビドラマでも『神戸新聞の7日間』を放送。

 あの日から15年の時が流れる。
 時の流れは全てをくるんで
 いずれ歴史の大河へと静かに融合させてしまう。
 消えるのではない・・・
 すべての想いを抱いた流れになる。

 この節目にあらためて・・・生きるということ
 命の意味を考えたい。

 「希望の灯り」 by naomi

 1995年1月17日午前5時46分

 夜明け前
 暗闇のなかでの畏れが
 我々に灯りを求めさせる

 揺らめく小さな炎は
 熱を放ち
 光りを与えてくれた

 風が強く吹けば
 消えてしまう
 小さな灯火(ともしび)

 それは人の命にも似て

 儚(はかな)いけれど
 煌(きら)めいて

 危うげに揺れながら
 ひとつひとつが集まって

 輝く未来の道標となる

 我々は
 阪神・淡路大震災を
 深く記憶し続けなければならない

 いつでも起こりうる
 命の問題だから』

中継される映像を見ていると身が竦み、言葉がでません。
阪神淡路大震災の恐怖が蘇ってきて、言葉になりません。
津波の恐ろしさを体験していませんが、無言になります。

15年前を想い、何ができるのか、何をすればいいのか。
被災地でボランティア活動するのが一番だと思いますが。

スポンサーサイト

<< 東北関東大震災(家人) | ホーム | 束縛のない不自由(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。