プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、戦争を考える(家人)

沖縄本島に行ったとき空港からホテルまで、送迎バスの中は
運転手さんと私たち三人だけでした。
直ちゃんが運転手さんに声をかけたのがきっかけで、
高速道路に入ると戦争(第二次世界大戦)の話になりました。

沖縄本島の海で天国に召された直ちゃん。
第二次世界大戦、沖縄本島の海で自ら命を絶った沖縄の女性。
このとき直ちゃんは、死を予感していなかったと思いますが、
断崖から海に向かって身を投じた人のことを考えていました。

・戦争の傷跡の地で
2010直美・沖縄慰霊碑

米軍基地の話しから、中国の領海侵犯の話しまで、
高速道路を走り続ける間、話しがつきませんでした。
直ちゃんと運転手さんの話が中心で、
時おり私が話しを展開させる役目を担って話しが続きました。

今朝、戦争を話をしたのは何故でしょう。
岩波書店図書3月号に載っていた座談会「今、戦争を考える」
これを読んだからだと思いますが、
悲しい過去の実話に涙した直ちゃんが今朝も泣いていました。

・戦争は悲しい
2010直美・天橋立船の直美

直ちゃんは、戦争を知りません。
団塊の世代一期生の私も、第二次世界大戦直後の生まれです。
戦争を体験していませんが、話しを聞いて想像はできます。
想像することできたら思うことができ考えることができます。

アフリカで民主化の嵐が巻き起こり、
ニュース映像を見ていると戦争状態であることがわかります。
革命の英雄が民主化で追われる姿を見ていると、
権利欲に目のくらんだかつての英雄が悪あがきをしています。

日本の現状を見ると、独裁も共和制もありかと思いますが、
指導者に哲学がないと同じことだとわかります。
『自然を破壊し続ける人間を何とかしないとね』
直ちゃんとノアの箱舟の話しをして今朝の会話を終えました。

・何ができるの(首里城守礼門にて)
沖縄守禮の門

スポンサーサイト

<< ジャズコンサート(家人) | ホーム | 童話自費出版(11)編集作業も終盤に(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。