プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩・津和野ドライブ旅行-2(家人)

萩市内の海に面した白い可愛いプチホテルに二連泊しました。
撮ったはずの写真が見つからず、ホテルの名前も忘れましたが、
建物と同じ白色系の可愛い部屋だったことは覚えています。
夕食は、肉と魚がメインのフルコース料理に手作りデザート付き。

二日目は、秋吉台カルストロードを走って秋芳洞に行きました。
緑の草原の中に石灰岩の「カルスト台地」が見えてきました。
『車を停めて写真を撮ってほしい』と直ちゃん
カルスト台地をうしろに少し風の吹く中で髪の毛を押さえました。

・秋吉台カルストロードの途中で
2010直美・萩津和野草原直美

鍾乳洞巡りをしている私たち、この旅行のメインの一つが秋芳洞。
たくさんの観光客、映画のシーンで見たような幻想的な秋芳洞。
手をつないで歩けず、立ち止まったときに直ちゃんと話しました。
『入り口でワクワクした通り素敵ね』と言っていた秋芳洞でした。

・秋芳洞にて
2010直美・萩津和野秋芳洞ふたり

でも秋芳洞のあとに行った「景清洞」が自然でもっと素敵でした。
壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武将・平景清が潜んでいたとされる、
その景清洞は、中に入れますが、ほとんど観光化されず、
大きな洞を進むと進入禁止、洞が細くなり暗闇が無限に続きます。

直ちゃんが『景清の怨念が姿になって出てこないかなー』
私は「ほかに観光客がいないから、そんなこと考えると怖いよ」
直ちゃんが『怖くない。それより話しを聞いてあげたいの』
私「・・・・・」景清の怨念が姿になるまえに景清洞を出ました。

秋吉台サファリランドにも行きましたが、写真が見当たりません。
萩市内の戻って訪れた松下村塾の写真がありました。
ここで教鞭をとる吉田松陰、相当魅力的な人物だったと思います。
『幕末の長州藩士を育てたのね』と感慨深そうな直ちゃんでした。

・松下村塾にて
2010直美・萩津和野松蔭史跡ふてり

翌日の天気は下り坂、長門を回って南下し小郡を経由で山口IC。
中国道をひたすら走って帰ってきました。
途中、ワイパーが効かないほどの大雨に見舞われましたが、
これも萩・津和野ドライブ旅行の思い出となり心に残っています。

スポンサーサイト

<< ミトコンドリアで若さを(家人) | ホーム | 萩・津和野ドライブ旅行-1(家人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。