プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄(家人)

5月15日の1本目(今回の7本目)のダイビングで
ボートから入水した直後のほんの短い時間の中で妻・直美が行方不明になりました。
海上保安庁などに捜索を依頼した結果、1時間半ぐらい経過して
航行中のフェリー乗組員によって海面を仰向けに漂う妻・直美が発見されました。
海上保安庁の巡視艇が妻・直美を救助した時には、すでに心肺停止状態で
病院に搬送され蘇生手当てを受けましたが、とき遅く天国に召されてしまいました。


天国に召されてしまった最愛の妻・直美
『なおちゃん』と呼んでも『なに、つんちゃん』と声が返ってきません。
いつも一緒にいて、なんでそんなに話すことがあるの?とよく言われましたが、
お互いに話すことが尽きてしまうことなどまったくありませんでした。



何よりも楽しみだったダイビングで妻・直美の命が奪われてしまいました。
神のみての中の出来事だと言われても受け入れることができません。
いつも貴方のそばにいますと言われても妻・直美の声を聞くことができません。
声を出して『なおちゃん』と呼ぶことはできても、返ってくるのは虚しさだけです。


いずれどちらかが一人になることは、お互いに話し合って理解していましたが
それは、もっともっと先のことで、天国に召される順番は、私が先でした。
歳下の妻・直美も、自分が先になるとは夢にも思っていなかったでしょう。
地元本部町の教会、棺の中で寝ているような妻・直美は、もうこの世にいません。


司法解剖された結果の死因は「溺死」でした。
入水した直後のほんの短い時間の中で妻・直美に何が起こったのかわかりません。
海上保安庁による捜査が始まり、実況見分にも立ち会いましたが
入水前後の安全確認などに過失がなかったのか捜査に委ねるしかありません。


罪を憎んで人を憎まずと言われても、許す心を持つことができないのです。
天国に召されたではなく命を奪われてしまった思いで許すことができません。
今日、我が家に帰る妻・直美は、遺骨になってしまいました。
最愛の妻・直美のいない生活なんてありえません。神様、直美を蘇らせて下さい。
スポンサーサイト

<< 予期していたこと(  | ホーム | 沖縄返還38年 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ファイルが一杯になったのでブログを新設しました。ここにも遊びに来てください。
極彩色日記Ⅱ
http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/
 Y・K

ありがとうございます。

慰めと励ましの言葉をいただき感謝いたします。

空っぽになった現実からなかなか立ち直れませんが
生きていることを考えて一日も早く立ち直りたいと思います。

ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。