プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由人(家人)

サラリーマン時代を仕事人、8年6ヶ月前に早期退職して自由人
仕事を辞めて会社から解放、自由になったからの自由人ではなく
自由の「自」は、自分のこと、「由」は、よりどころ
自分のよりどころを自分の意志で選択できることが「自由」です。

・自由人
20130530上半身ウェット

自由は、心のままであること、何かをすることに障害がないこと
サルトルは「人は存在構造上自由であり、未来の選択を強いられ
それ故に、自由はときには重荷になる」と語っていますが
私が体験しているは、心のままに生きることのできる自由人です。

勝手気ままに生きることのできる人が自由人ではないと思います。
まったく何の束縛もない人に自由は、わからないでしょう。
人との関わりの中で生きると、心のままの中に束縛が芽生えます。
この束縛をよりどころにして初めて自由を感じられると考えます。

・自由な人
20130822ビーチエントリー恒明

任せて全く干渉しない「放任」、これは自由と相反する言葉です。
ほしいままに振る舞う「放蕩」、これも自由と相反する言葉です。
放任された人が放蕩する人になってしまうと、自由はありません。
自分のよりどころを自分の意志で選択して生きる人が自由人です。

スポンサーサイト

大坂一成とアトリエ「くじらのクー」と仲間たち展(家人)

今週末は3連休、11月1日(金)から振替休日の4日(月)まで
けいはんな記念公園の「月の庭ギャラリー」で開催するグループ展
17名の老若男女がそれぞれの持ち味を形にして展示します。
彫刻、絵画、デザイン、写真、工芸、詩、児童画、私は「海の写真」

・グループ展パンフレット(表)
くじらのクーグループ展パンフー1

大坂一成とアトリエ「くじらのクー」と仲間たちのグループ展では
紙粘土工作ワークショップ(5百円)やライブ演奏(無料)も開催
民族楽器とクリスタルボール、ジャズボーカル&ギターのデュオ
アコースティックギターデュオ、カヌーンとシンセサイザーの4組

期間 11月1日(金)~11月4日(月・振替休日)
時間 AM10:00~PM5:00
   (3日はPM6:00まで、最終4日はPM4:00まで)
場所 月の庭ギャラリー(けいはんな記念公園内)
   京都府相楽郡精華町6丁目1番地
   JR祝園駅、近鉄新祝園駅より奈良交通バス、公園東通下車
入園 一般200円、小中学生100円
   (60歳以上証明書提示で無料)
   *3日(祝日)は無料、紅葉のライトアップあり

・グループ展パンフレット(裏)
くじらのクーグループ展パンフー2

今回、発起人のひとりとして海の写真を展示させていただきます。
海の生物「カクレクマノミ、ハマクマノミ、アオウミガメ」の3点
けいはんな記念公園月の庭ギャラリーで秋の一日をお過ごし下さい。
4日間、全ての時間帯、ギャラリーで皆様のお越しをお待ちします。

沖縄本島で想ったこと(家人)

あれから沖縄本島は、海上保安庁や検察庁に行くときでした。
宮古島ダイビングの帰りに立ち寄ったこともありました。
ダイビングしたのは、NHK沖縄の取材のときだけです。
自分の意志で潜った今回、たった3本の区切りのダイビング。

・白く輝く名護湾
白く輝く名護湾

どちらに向かって生きていくかを自分の意志で決められない
見えないものに、何かがあるように考えることで
自分の気持ちを納得させていたのかも知れません。
それが楽だからではありませんが、思い込んでいたようです。

・名護の朝焼け
名護の朝焼け

娘夫婦の記念の年に沖縄本島を案内することで機会が訪れ
前もって計画していたことではないので不思議でしたが
気持ちの変化と沖縄旅行がピッタリ重なってくれました。
限りなく続く青い海の彼方に未来を見定めて帰ってきました。

沖縄本島観光二日目「玉泉洞からひめゆりの塔へ」(家人)

すっきりしない空模様でしたが、風もなく雨も降らず観光日和の沖縄
娘夫婦を乗せて高速道路を飛ばし、一路沖縄南部に向かいました。
観光した処は、おきなわワールドで「玉泉洞」と「ハブのショー」
ひめゆりの塔、琉球ガラスの村、ここでレンタカー返却タイムアップ。

・おきなわワールド
20131027沖縄南部おきなわワールド

玉泉洞を訪れるのは3回目になりましたが、狭い鍾乳洞が魅力的です。
自然の造形が驚異として矢継ぎ早に目に焼き付く玉泉洞
ひとりでいると怖くなるような閉ざされた世界に生物が住んでいます。
何を食べて生きているのだろうと思うくらい澄んだ水の世界の魚です。

・玉泉洞
20131027沖縄南部玉泉洞

・玉泉洞に生きる魚
20131027沖縄南部玉泉洞の魚

・ハブのショー
20131027沖縄南部ハブのショー

ハブのショー、演じる男性の巧みな話術で会場が盛り上がりました。
ハブと対決する冗談を本気と思った女の子が泣き出すハプニング
マングースとハブ対決はなくなりましたが、変わりの水中競争ショー
必死で水をかくマングースの意外な速さ、本人は必至でもユーモラス。

・ひめゆりの塔
20131027沖縄南部ひめゆりの塔

・琉球ガラスの村
20131027沖縄南部琉球ガラス村

ひめゆりの塔は、なんど訪れても戦争の悲惨さから胸が痛くなります。
空気感の変化、そこに居ることができなくなる方の気持ちが解ります。
琉球ガラスの村でカップを探す娘の後ろ姿を見ているだけで幸せです。
一週間の沖縄本島、ダイビングは3本だけですが、気持ちは晴れやか。

沖縄本島ダイビング2日目(2013.10.26):家人

台風27号は、東に去りましたが、未だに影響の残る沖縄の海
陸揚げしたボートが下ろせないためビーチダイビングでした。
この海況で潜れるポイントは、たった一ヶ所の崎本部ビーチ
22日よりショップの車が溢れ、ダイバーも超過密状態でした。

・崎本部ゴリラチョップ
20131026沖縄崎本部ゴリラチョップ

・宇都宮から来られたバディーMさん
20131026沖縄崎本部Mさん

この日のバディーは、栃木県の宇都宮から来られたMさん
一日だけのダイビングでしたが、ご一緒することができました。
アシビーブルーで潜るのは2回目、前回も台風の影響でビーチ
今回も潜れるか心配されていたようですが、潜れたと嬉しそう。

日付 2013年10月26日(火)
天気 曇りのち晴れ、24℃~26℃
海況 北の風:5m、波:3m、水温:26℃、
オーナーガイド:山田さん バディー:Mさん

3本目(通算414本)
 ポイント:崎本部ゴリラチョップ左コース
潜水時間:44分
 最大水深:10.9m、透視:10m

・海シダと熱帯魚
20131026沖縄崎本部シダ熱帯魚

・淡い陽光
20131026沖縄崎本部海面陽光

ウミウシを探しましたが見つけられず、ガイドが見つけたのは
サンゴの窪みにひっそり隠れていたエリザベスウミウシ
引っ張り出して写真が撮れるようにそっと置いてくれましたが
マクロレンズをBCに入れなかったのが何とも悔やまれました。

・エリザベスウミウシ
20131026沖縄崎本部エリザベスウミウシ

・白化したイソギンチャクにハマクマノミ
20131026沖縄崎本部白化ギンチャク

シュノーケルで沖へ移動中、白化したイソギンチャクを見つけ
ハマクマノミが顔を出したところを撮りました。
白いイソギンチャクは綺麗ですが、本来の色彩ではありません。
同ビーチでダイビング3本、区切りダイビングが終了しました。

沖縄本島観光一日目「首里城から今帰仁城跡へ」(家人)

娘夫婦が大阪から11時15分那覇空港着JAL便で来島しました。
台風27号の影響で来島できないことも考えていたのでひと安心
到着日は、沖縄の城を案内しました。「首里城」から「今帰仁城跡」
強風の吹き荒れる中でしたが、雨が降らなかったので良かったです。

・名護バスターミナル
20131025名護バスターミナル

朝早くから名護バスターミナルの高速バスに乗客が並んでいました。
途中の駅から乗る客にも通勤の方が混じって生活バスのようです。
インターチェンジごとに料金ゲートを出たり入ったりで乗降します。
通勤客に旅行客、大学生に高校生、婆ちゃんは病院通いの乗客です。

・守礼の門
20131025首里城守礼の門

・首里城本殿
20131025首里城本殿

・首里城王座の間
20131025首里城王座の間

沖縄の城なら首里城、ここは外せないので観光はここからスタート
本州の城とは違った城郭に魅力を感じたようです。
「首里城と今帰仁城跡、どちらの方が良かった」と聞くと
「今帰仁城跡が良かった」と期待通りの返事は、義理の息子でした。

・今帰仁城跡で
20131025今帰仁荒波バックに恒

・今帰仁城跡の城郭
20131025今帰仁城郭

沖縄北部の今帰仁城跡に立つのは、今回で2回目になりました。
遠くのリーフに打ち寄せる波しぶき、前回は静かなリーフでしたが
今回は荒々しい波のリーフ、でも、気持ちは穏やかな凪のよう
リーフに打ち寄せる波しぶきの彼方に去りゆくものと見えるもの…

2日連続でホテル閉じこもり(家人)

沖縄本島近くでやっと向きを変えても動きのゆっくりな台風27号
一晩中強風雨の音がガラス窓を通して聞こえていたような感じです。
名護湾が望めるホテル7階の部屋から海の状況が見えていますが
木々が激しく揺れ、車もノロノロと運転、風雨の強さがわかります。

・昨日の名護湾
20131024沖縄名護湾の昼

強風圏の中が続いていますが、気温は27℃、夏日の沖縄名護です。
暴風圏がかする程度でしたが、最大瞬間風速が30mを超えました。
部屋を出るのは、食事のときと自動販売機で飲み物を買うときだけ
エアコンの冷房を付けたり消したり、潜ったほうか好調な体調です。

・首里城にて(2011.12)
20111221首里城

大阪空港~那覇空港の飛行機が飛べば、娘夫婦が昼前に到着します。
ホテル近くの名護バスターミナルから早朝の高速バスで那覇に移動
予約したレンタカーで娘夫婦を迎え、観光しながら北上します。
南部観光は最終日に残し、首里城を皮切りに沖縄本島を案内します。

・本部の海に
20131022沖縄本部海底

明日は、ダイビングできる予定ですが、ビーチになるでしょう。
ボートで地形ポイントに潜りたいですが、この風では無理でしょう。
本部の海に潜ることは、もうないかも知れません。
記憶に留めることなく、淡々と潜りながら、海写真を撮ってきます。

ホテルに閉じこもって(家人)

ホテルから名護湾を見た昨日の朝、いくぶん明るく見通せましたが
午前中から風雨が強まって昼には、風雨の影響で遠くが見えません。
台風の中、もちろんダイビングはできないので、中止になりました。
午前の早い時間、ビーチで潜れたかも知れませんが、安全第一です。

・名護湾の朝
20131023名護湾の朝

・名護湾の昼
20131023名護湾の昼

朝食バイキングは、遅めに行っていっぱい食べ、お昼ご飯兼用です。
一日中、ホテルの部屋に閉じこもり、パソコンに向かって内職
Xアプリでエグザエルのバラードを聴きながら資料を作りました。
一瞬、神戸にいるような錯覚に見舞われますが、ここは沖縄名護市。

・本部の海の陽光
20131022海面陽光

・本部の海の陽光に熱帯魚
20131022海面陽光に魚

昨日より今日は、台風27号が近づいて分、風雨が強まっています。
二日続けて今日もダイビング中止、内職の一日になるでしょう。
25日は、娘夫婦と観光、最終日は潜れないので、26日一日だけ
本部の海に潜って海面の陽光を撮りたい。未来に向かう陽光の輝き。

沖縄本島ダイビング初日(2013.10.22):家人

沖縄本島北部、名護市の昨日は、台風前の不穏な曇が行き交う空
強風の中、ときおり雲の切れ間から太陽も顔を見せる一日でした。
ショップの車が向かったポイントは「崎本部ゴリラチョップ」
オーシャンダイバー認定で初めて潜った美ら海のポイントでした。

・崎本部ゴリラチョップ(エントリー前)
20131022沖縄本島本部ビーチ恒

・白砂の海底で
20131022沖縄本部海底

台風27号を避けてボートは陸揚げ、ビーチダイビングでしたが
区切りをつけるダイビングとして意味のあるポイントでした。
白砂の海底、果てしなく続く青い海の彼方を眺めながら
意識を集中して過去に別れを告げ、未来に意識を解き放ちました。

・撮影中
20131022沖縄本島本部海中恒

・オーナーガイド
20131022沖縄本部オーナーガイド

・崎本部ゴリラチョップ
20131022沖縄本部ゴリラチョップ

日付 2013年10月22日(火)
天気 曇り時々晴れ、22℃~26℃
海況 北の風:6m、波:4m、水温:26℃、透視:15m
オーナーガイド 山田さん

1本目(通算412本)
 ポイント:崎本部ゴリラチョップ右コース
潜水時間:50分
 最大水深:9.8m、透視:15m

・魚の群れ
20131022沖縄本部いわし大群

・海面に陽光
20131022沖縄本部陽光

2本目(通算413本)
 ポイント:崎本部ゴリラチョップ左コース
潜水時間:44分
 最大水深:11.9m、透視:15m

・ハナビラクマノミ
20131022沖縄本部ハナミラクマノミ

・ハマクマノミ
20131022沖縄本部ハマクマノミ

・白化したイソギンチャクにクマノミ
20131022沖縄本部クマノミ白化イソギン

・コンペイトウウミウシ
20131022沖縄本部コンペイトウウミウシ

崎本部の海に生息するクマノミたちに出会うことができました。
ハナビラクマノミ、ハマクマノミ、そしてクマノミ
遠くから見ると美しいイソギンチャクに見えたのは、白化現象
初めて見た白化したイソギンチャク、高水温の影響だそうです。

・陽光にバブル
20131022沖縄本部陽光に泡

ときおり陽光が射すと海底が明るくなるのですぐにわかります。
海面を見上げて息を吐き、陽光とバブルを写真に撮りました。
宮古島より淡い輝きと見えるのは、夏と秋の光の違いでしょうか。
今日は、台風27号の影響でダイビングは、中止の可能性大です。

一年ぶりの沖縄本島(家人)

ダイビングで沖縄本島を訪れるのは、2年3ヶ月ぶりになりました。
昨年9月、那覇検察庁名護支部に来たので、名護市は1年ぶりです。
台風27号が近づき、追いかけてくる台風28号も向かってきます。
今年はいったいどうなっているのだろうと思わずにはいられません。

・本部の海
20110721沖縄本島本部水納島

本部の海を見るとどうしても思い出してしまうことがあります。
それと向き合うために来ましたが、台風がそれを阻むのでしょうか。
そんなことはなく今日のダイビングで区切りをつけたいと思います。
NHK沖縄放送局の取材で潜った時に追いかけた想いの区切りです。

・ダイビングの原点
20111115ロープ安全停止

ダイブマスターに認定されてから理解できたことがありました。
自分の限界を知る、この原点に戻って安全に対する心構えをする
2年前には、理解できていなかったダイビングの大切な原点です。
いろいろな想いを心に束ねて今日のダイビングで区切りをつけます。

沖縄本島ダイビングに出発(家人)

今日の昼過ぎ、神戸空港発ANA便で沖縄本島ダイビングに出発
今回は、一週間の予定で沖縄本島本部の海で潜ってきます。
海況が許せば、あのポイントに潜って気持ちに区切りをつけます。
他のポイントでも3年6ヶ月経った区切りのダイビングにします。

・本部の海、遠くに伊江島(2011.07.20)
20110720沖縄遠くに伊江島

・区切りのダイビング
20110720沖縄区切りダイビング

台風27号の影響でビーチダイビングになるかも知れませんが
どこに潜ることになっても本部の海には変わりありません。
NHK沖縄放送局の取材で潜ったのは、2011年7月でした。
あれから2年3ヶ月、アシビーブルーの山田さん、よろしく!
*アシビーブルーHP http://www3.ocn.ne.jp/~ashibee/

・マリンステーション号(2011.07.20)
20110720沖縄アシビーブルー船

・NHK沖縄放送局取材カメラ(2011.07.20)
20110720沖縄NHK取材カメラ

宮古島シーワールド以上に安全管理を徹底していている山田さん
今回も安心してガイドをお任せしますが、私自身が変わりました。
意識の区切り以外に得られるものが何かあるかも知れません。
私自身が変わったことを海の中でも確信できたら笑顔で戻れます。

神戸市室内合奏団「定期演奏会」(2013.10):家人

岡山潔音楽監督就任記念コンサートの「定期演奏会」だった昨日
バッハとモーツアルトの協奏曲の中から4曲の傑作が選曲された
新たな一歩を踏み出した神戸市室内合奏団の演奏でした。
静かで落ち着く室内楽コンサート、午後の豊かなひとときでした。

・ディートヘルム・ヨナス(オーボエ)
ディートヘルム・ヨナス

バッハとモーツアルトの曲は、朝食後のひとときに聴く音楽です。
特にモーツアルトのオーボエ協奏曲ハ長調は、よく聴きます。
植物にモーツアルトを聴かせると成長が早まると云われています。
人間も植物と同じ、モーツアルトを聴くと若返るかも知れません。

・神戸市室内合奏団
神戸市室内合奏団

☆☆☆  神戸市室内合奏団定期演奏会  ☆☆☆
 ~学び合い与え合う音楽家たちの交流の軌跡~

日程 2013年10月19日(土)14:00~16:00
会場 神戸新聞松方ホール
出演 神戸市室内合奏団
   ヴァイオリン独奏:岡山潔、服部芳子
   オーボエ独奏:ディートヘルム・ヨナス

プログラム

♪ 2つのヴァイオリンのための協奏曲:バッハ
♪ オーボエ協奏曲ハ長調:モーツァルト

~休憩~

♪ オーボエとヴァイオリンのための協奏曲:バッハ
♪ 2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ:モーツァルト

・井上隆平(ヴァイオリン)
井上隆平・神戸市室内合奏団

・幸田さと子(ヴァイオリン)
神戸市室内合奏団・幸田さと子

ヴァイオリン副主席の井上隆平さんの魅力はダイナミックな演奏
表情に感情を込める姿にいつも見惚れています。
女性は、幸田さと子さんの演奏スタイル、身体の揺さぶりが魅力
静かに弾くものいいですが、感情のこもる演奏に拍手を送ります。

立ち止まれない(家人)

ものごとに夢中になると立ち止まれない
立ち止まることを忘れてしまう
一瞬、立ち止まることさえできなくなる
それが、夢中になることだとわかるから

・立ち止まれない
20130706ローニンアジ

ものごとに夢中になると立ち止まれない
周りが見えなくなるからではなく
周りが見えてもやり過ごすことができる
それが、夢中になることだとわかるから

ものごとに夢中になると立ち止まれない
ブレーキに足を置くことなく
パワー全開でアクセルを踏み続ける
それが、夢中になることだとわかるから

・海の中で止まる
20130628横一線恒明

ものごとに夢中になると立ち止まれない
ものごとに夢中になって立ち止まると
反動で奈落に沈み込むかも知れない
それが、夢中になることだとわかるから。

水のことの葉「海-1」(家人)

今朝は、海の風景、美しい海の景色の「水のことの葉」
宮古島でダイビングすると南の国の美しい景色に魅せられます。
サンゴ礁の島、エメラルドグリーンの海、マリンブルーの外海
初回は、海神(わだつみ)海原(わだのはら)海庭(うみにわ)

・海神(わだつみ)がお通りする島
20120913来間島

わだつみの語源は、海つ霊(わたつみ)で海の神様をさす言葉
ときの経過ともに海の神がいるところ、海の意味になりました。
宮古島でお世話になっているダイブショップのある島「来間島」
この島は、宮古島に降りる海の神が最初に通る島と聞きました。

・宮古の海原(わだのはら)
シュノーケル

いにしえの人が海のことを「わた」と呼んでいました。
草原のように平らな広々とした海が海原(わだのはら)です。
青海原(あおうなばら)大海原(おおうなばら)とも言います。
宮古島の海原は、魅力的な色で数多くの表情を見せてくれます。

・宮古の海庭(うみにわ)
20130826クリマビーチの朝

凪いで静かな海面のことを海庭(うみにわ)といいます。
小さな光を放ち、愛深く母の笑顔のような海のことをさす言葉
朝の早い時間、べた凪のクリマビーチに立つと感じるのは
海庭を隔てた前浜ビーチに歩いて渡れると思ってしまうこと。

無我夢中(家人)

何かに無我夢中になるのは、若者の特権と思っていましたが
年齢に関係なく無我夢中になれるとわかってきました。
我を忘れるほどあることに熱中するのが無我夢中
身体的に我を忘れるのではなく精神的に我を忘れる無我夢中。

・精神的に我を忘れる
20131014日光霜降の滝

無我夢中を無我と夢中に分けて意味を考えました。
無我は無心ですが、心が無いことを現す無我ではありません。
邪念がない、無我の境地にあることを現しています。
私心のないこと、私欲を図ることがない無我でもあるのです。

次に夢中の意味を考えました。
夢を見ている、夢の中、自覚を失う、などが夢中の意味
でも、無我夢中は、夢を見ているような、夢の中のような
自覚を失っているように見えるほど熱中している状態です。

・幸せな人生
20131014日光霜降高原

このように考えてくると無我夢中になれることは幸せなこと
無我夢中になれる人をみると羨ましいと思えるのは
私欲を図ることなく、なにかに熱中できる姿が美しく見える
それがあるからだと気付きました。無我夢中で幸せな人生を。

彷徨い人から(家人)

3年5か月前、予期せぬことに見舞われたとき
黄泉の人になれず、彷徨い人になっていました。
地上にいるときはもちろん、海に潜っても
彷徨う状態が続き、それに慣れてしまいました。

・彷徨い人
20110721求めてフィンキック2

実体のなくなったものを追いかけるため
意識の中に実像をつくっていました。
意識の中にあるものは、実像ではありませんが
思い込むことで実像化していたのだと思います。

予期せぬことが、なぜ私を襲わなかったのか
この想いが、彷徨う原因にもなっていました。
彷徨う自分を憐れんでいたのかも知れませんが
自分を憐れむほど惨めなことはありません。

・定まり人
20130530上半身ウェット

3年の月日が、そうさせたのかわかりませんが
彷徨い人から定まり人に戻ることができました。
これも予期せぬことから定まれたことですが
海の中で定まり人になるか来週沖縄に行きます。

彷徨いドライブ(家人)

明朝、深夜から彷徨いドライブに出発します。
先月は二泊三日でしたが、今月は一泊二日です。
ひとりぼっちで彷徨い続けるドライブ
心の向くまま、あてのない、ひとりぼっちの旅。

・あてのない、ひとりぼっちの旅
マンションより鳥

三連休最後の日に出発すれば宿はなんとかなる
どこに行ってもその日の予約で大丈夫
もし、とれなかったら道の駅に停めて車の中
もしものときのため毛布を一枚積んでおきます。

尾瀬沼から百名山に登ったときは7月
夜中に到着した大清水小屋の駐車場
車を停めて朝方までそのままの服装で寝ました。
7年前だから50歳台最後の年でした。

・あてのある、ひとりぼっちの旅
サービスエリア車

彷徨いドライブは楽しいです。
目的が無いようでも、定まった目的があります。
その目的に向かって車を走らせます。
心の向くまま、あてのある、ひとりぼっちの旅。

偶然と必然(18)偶然性と運:家人

思いもよらないことやはっきり説明できないことに遭遇したとき
自分にとってそれが悪いことだったら「不運」だったと思い
自分にとってそれが良いことだったら「幸運」だったと思う。
不運も幸運も、それらが偶然性の一言で片づけられるのだろうか。

・幸運なこと
200911海亀近づく中ノ島ホール

道を歩いているとき、落ちていた物につまずいて倒れ骨折したら
偶然に遭遇した「不運」だったと考えるだろう。
道を歩いているとき、何気なく下を見たら一万円札が落ちていた
偶然に遭遇した「幸運」だったと思うのが普通の考え方だろう。

信心深い人だったら「不運」に遭遇すると信心が足りないと思い
一方、「幸運」に遭遇すると日ごろの信心のおかげだと喜ぶ。
目に見えない、自分の知らない、何ものかの意志によるものだと
偶然性を大いなる神の仕業と納得してしまうところがあるようだ。

・幸運なこと
20110915アオウミガメダイアナ

信心とは関係なく自分にとって不都合な偶然が「不運」であって
自分にとって好都合な偶然が「幸運」であると考えるのが一般的
不運や幸運が起こる程度を考えると、そこに確率が見えてくる。
不運が起こる確率、幸運が起こる確率、次回のテーマが決まった。

君がいるだけで(家人)

『たとえば 君がいるだけで 心がつよくなれること
 何より大切なものを 気付かせてくれたね』
米米CLUB「君がいるだけで」で繰り返される歌詞
今朝は、この「詩」に込められた意味を考えました。

・心がつよくなれる
20130822ビーチエントリー恒明

心がつよくなれること、心がつよいの「つよい」は
勇猛である、頑丈である、気丈であるではなく
心がはっきりする、心が定まる、このつよさでしょう。
君がいるだけで、心が定まってブレることありません。

何より大切なもの、この大切なものは
尊重するもの、丁重に扱うもの、貴重なものではなく
愛することが何よりもだいじだということ
君がいるだけで、愛が一番だと気付かせてくれたこと。

・何より大切なもの
20130830恒明陽光と陰影

音楽を聴くとメロディーやハーモニーから伝わる
音符に込めた思いに心が揺さぶられることがあります。
音楽に歌詞がついた歌を聴くと音に言葉が重なって
心が揺さぶられ、踊りが加わると夢世界に誘われます。

音楽と歌と踊り、三拍子揃ったミュージカルは最高!

筋トレの斤量(家人)

フィットネスコスパの筋トレレッスン「サウンド・オブ・マッスル」
他に予定がない限り木曜の30分、金曜の45分、土曜の60分
毎週1回~3回、バーベルを使って筋力を鍛えています。
自重や腹筋などもあり、全身の筋肉を鍛える優れものレッスンです。

・サウンド・オブ・マッスル
コスパサウンドオブマッスル2

乗りのいい音楽に合わせて、ときには気合を声に出して身体に指令
フォームが崩れないように前と横の鏡を見ながら
楽な斤量だと身体が鍛えられない、限界を超えると筋肉を傷める
この辛抱できるギリギリの斤量で筋トレレッスンを受けてきました。

バーベルのMAX斤量は、5kg×3枚×2=30kgです。
スクワットのときに一番重い斤量でやっていますが
今まではMAX斤量のひとつ手前、25kgでやるのが限界でした。
いつかMAXに挑戦しようと思いながらできなかった30kgです。

・サウンド・オブ・マッスル
コスパサウンドマッスル3

昨日、30分サウンド・オブ・マッスルで30kgに挑戦しました。
スクワットは5kg、ランジも5kg、プレスは2.5kgの増量
重さに耐えられないときは途中でバーベルを外そうと思いましたが
何とかやりきることができました。筋肉がプルプル、いい感じです。

土下座(家人)

辞書に土下座が加えられたのは、1974年からだそうです。
1974年は、経済成長率が戦後初のマイナスになった年
卸売物価指数が30%以上上昇、消費者物価が狂乱した年
宝塚歌劇『ベルサイユのばら』が初演された年でもあります。

・謝罪の王様
土下座・謝罪の王様ポスター

高視聴率のテレビドラマで『土下座』が必要以上に強調され
土下座を風刺する映画まで製作されました。
ニュース番組で土下座を見るのが普通の日常になった世の中
謝罪の真実味が薄れて、公開処刑に近い感覚を覚える土下座

そういえば一般道路で土下座したことを思い出しました。
友人が出演するタップダンスを観るため急いでいたときです。
何気なく追い越した車がスピードを上げ割り込んできました。
車から降ろされ、追い越したことを謝れと喧嘩腰の若者たち。

・謝罪の王様
土下座・謝罪の王様

これはヤバいと判断し、即座に両膝をついて土下座しました。
若者たちは、あっけにとられたのか、車に乗って去りました。
身分の違いを現す表現方法だった土下座、これが流行るのは
どちらにしても良い世の中とは思えず、いらぬ心配をします。

まなざし(家人)

心の中の感情が顔に現れるのが表情です。
顔の中でも目に現れる表情が「まなざし」
目つきといえば、よからぬ表現が多いですが
まなざしを表現する言葉は、感情がこもります。

・緩やかに優しく
20130828クリマヒーチミスジリュウグウ乱舞

憂いをふくむ「まなざし」で見つめられると
その想いが緩やかに優しく伝わってきます。
この場を去りがたい気持ちがまなこを潤い
透明な水滴となってまなざしに憂いが漂います。

・幕が降りないように
20120913ハニーホール差し込む光線

求めるような「なまざし」で見つめられると
その想いがやや加速して伝わってきます。
この場の幕が降りないように願うまなこが開き
いざなうようなまなざしに光彩が見えてきます。

・永遠に続くことを
20130825コーラル 陽光

燃えるような「まなざし」で見つめられると
その想いが真正面から伝わってきます。
この場が永遠に続くことを願うまなこが熱く
一点に集中させたまなざしに炎がゆらめきます。

水のことの葉「波-4」(家人)

水のことの葉の「波」4回目は、波の色や形に関わる水のことの葉。
宮古島で出会う波も色や形がいろいろあります。
波に色や形を与えるのは、太陽や風などの自然、そして人の心です。
波の白綿(しらゆう)、黄金の波(こがね)、碧蘭の波(へきらん)

・リーフに砕ける白い波
20130828リーフに砕ける波

神事に用いる白い木綿にたとえたのが「波の白綿(しらゆう)」
白く波立つ海の美しさは、宮古島でいつも魅せられる景色です。
泡立つ白波は、波の花とも呼ばれ、白い花に見えることがあります。
ものごとのちょうどよい潮時の意味にもなる、意味深い白い波です。

・光る海「夕波」
20130628宮古島夕日に光る海

太陽の光をうけてキラキラと黄金に光る波が「黄金の波(こがね)」
まもなく田畑で見られる稲穂が風に揺られて波打つ様も「黄金の波」
黄金にきらめく夕日をうけて映える波が夕波(ゆうなみ)
夕日を浴びた海岸で見る宮古島の光る海、黄金に勝る美しい色です。

・外洋の青い波
20130709マリンブルー&入道雲

青い波でも草木の青の色をした波が「碧蘭の波(へきらん)」
もともと「碧」は、緑がかった深い青色のことです。
だとしたら「碧蘭の波」は、青々としたマリンブルーの波のこと
マリンブルーなら宮古島の外洋の色、外洋の波が「碧蘭の波」です。

神戸市混声合唱団「あなたに贈るコンサート」(2013.10):家人

今年の秋も神戸市西区民センターに神戸市混声合唱団がきました。
会場は、西神中央駅そばにある西区民センターなでしこホール
開演30分前の開場ですが、多くの観客が並んで待っていました。
自由席、いつものように最前列やや右席を確保して楽しみました。

・ソプラノ丸山晃子さん
混声合唱団丸山晃子

・アルト高山景子さん
混声合唱団高山景子

この日のテーマは、昭和の時代「懐かしい歌 時代を超えて」
ユーミン、谷村新司、井上陽水など私たちの青春時代の歌を
混声合唱だけでなく女性合唱、男性合唱、二重唱、独唱など
馬場清孝さんの巧みな話術で満員の聴衆を楽しませてくれました。

・神戸市混声合唱団
神戸市混声合唱団全員

☆☆☆ 神戸市混声合唱団:あなたに贈るコンサート ☆☆☆
       ~懐かしい歌 時代を超えて~

日程 2013年10月6日(日)14:00~15:50
会場 西区民センター なでしこホール
出演 ソプラノ:金岡伶奈、周防彩子、津田佳子、丸山晃子
   アルト:高山景子、西本鑑子、肥田真莉子、福原寿美枝
   テノール:井澤章典、馬場清孝、三木秀信、山本欽也
   バス:五島真澄、嶋本晃、中野嘉章、福嶋勲
   ピアノ:沢田真智子
   おはなし:馬場清孝

プログラム
前半
 ♪ 卒業写真
 ♪ なごり雪
 ♪ 愛燦燦
 ♪ お祭りマンボ
 ♪ 昴:テノール二重唱
 ♪ 少年時代:男性合唱
 ♪ いい日旅立ち:女性合唱
 ♪ 琵琶湖周航の歌:男性合唱
 ♪ ラストワルツ:女性合唱

~休憩~

後半
 ♪ ひこうき雲
 ♪ 時の過ぎゆくままに:テノール独唱
 ♪ 喝采:アルト独唱
 ♪ 高原列車は行く:テノール独唱
 ♪ 庭の千草:ソプラノ独唱
 ♪ みあげてごらん夜の星を
 ♪ 長崎の鐘は鳴る
 ♪ 瑠璃色の地球
 ♪ 憧れのハワイ航路:会場も一緒に合唱

アンコール
 ♪ 世界にひとつだけの花

・テノール&おはなしの馬場清孝さん
混声合唱団馬場清孝

舞台に登場してきた皆さんの服装を見て、何かを感じとりました。
古めかしいのではありませんが、レトロを感じる皆さんの服装
馬場清孝さんの一言でわかりました。皆さんに伝達された指令は
昭和を感じさせる服を着ること。なるほど皆さんお似合いでした。

サプライズ(家人)

サプライズは、誰かを「驚かせること」の意味が含まれています。
遠く離れた友人から誕生日のサプライズプレゼントがありました。
まさにサプライズ、宅急便で予期せぬプレゼントが届きました。
リボンをほどいて赤い和紙袋の中から出てきたものに驚きました。

・赤い和紙袋
サプライズプレゼント袋

相手をはっとさせないとサプライズになりません。
赤い和紙袋の中から取り出したプレゼントを見てはっとしました。
思いもしない手作りの作品が目の前に現れたからです。
はっぴぃばあすでぃのひらがなにも込められたサプライズでした。

相手の関心をひかないとサプライズになりません。
赤い和紙袋の中のプレゼントは、関心をひくのに充分でした。
不思議な絵本を見ているような、幕の降りない舞台が続くような
始まりがあって未来につづく物語に込められたサプライズでした。

・未来につづく物語(宮古島の空に:2013.07.04)
20130704飛行機雲

相手が意外なことで心が騒がないとサプライズになりません。
意外なことではありませんが、心がざわざわと騒ぎました。
思案中だった楽しみを考え直さないといけません。
さぁ、やってごらんないと嬉しいことを告げるサプライズでした。

過去から未来へ(家人)

誕生日を迎えると、歳をひとつ重ねた過去を振り返りますが
これから始まる未来を見つめる区切りの日でもあります。
6年前、60歳の誕生日は、人生の終焉を二人で考えました。
3年前、63歳の誕生日からひとりになり過去を想う日々へ。

・過去を見つめて
20091106中ノ島ホールシルエット

人生の終焉を考えることは、ひとりになっても変わりません。
死を考えることは、生きることを考えること
生きているから死を見つめることができるのです。
過去を想う日々に死は無縁、死ぬことが怖くなくなりました。

今年の誕生日は、過去を想うから未来を想うに変わりました。
未来を想うことで無縁だった死が、身近なことになり
死を身近に感じた二人のときのように死が怖くなりました。
過去を見つめる一人が未来を見つめる二人になったからです。

・未来を見つめて
20130527宮古島ホール恒幻影4

過去に流れる時間と未来に流れる時間、同じ時空間の中では
現在を境目にして、まったく違った時空間が見えます。
過去への流れは異次元時空間、未来への流れは同次元時空間
想いを過去から未来に向けることでこの世の未来が見えます。

66回目の日(家人)

今日、10月4日は、66回目の誕生日です。
昭和22年、戦後直ぐの団塊の世代一期生に生まれ
貧乏でも心豊かな生活だった昭和の時代を生き抜き
早期退職して自由人、8年6か月が経過しました。

・自由人
20110721求めてフィンキック

3年5か月前、事故でパートナーが天国に召され
生きることを止めようと考えたこともありましたが
なにものかが、その選択を許さなかったおかげで
66回目の誕生日を迎えることができました。

その選択を思いとどまってから3年が経過
今、その選択から新しく歩む道に光が見えています。
どこに向かう道なのか、まだわかりませんが
道の先にあるものが、おぼろげに見えてきました。

・おぼろげなもの
20100125宮古島と雲

おぼろげなものは、おぼろげなままでもいい
ゆっくり時間をかけて育むものだとしたら
一年後、67回目の誕生日に向かって
その道を静かに歩み続けて育みたいと思っています。

選択の基準(1)正義感:家人

岡山の友人Mさんとのお話の中で聞いた直ちゃんの正義感
童話や絵本の原画を描いてくれる幼馴染の大坂美詠さん
彼女も直ちゃんの正義感あふれる話をしてくれました。
もちろん私もわかっていた直ちゃんの正義感を考えました。

・正義感あふれる
2010直美・芝居ガラスの動物園終わって

正義を重んじる気持ちが「正義感」です。
正義は、正しい筋みち、人がふみ行うべき正しい道ですが
直ちゃんの正義は、自由と平等の精神が根底にありました。
社会正義(社会全体が幸福になる)にあったのでしょう。

日常生活では、日々刻々何かを選択しながら生きています。
その選択の基準に「正義感」が、あるか、ないかで
その結果は、ずいぶん違ったものになると思います。
何が正しくて、何が正しくないか、その選択で考える正義。

・選択の基準に正義感
20061013三木コスモス畑直美

正しくないと思った出来事に猛然と立ち向かった直ちゃん。
周りの人に気を遣いながら、正義感を引っ込めることなく
時と場合によっては、軋轢を避けずに向かっていきました。
選択の基準に正義感を持つ、直ちゃんが語りかけています。

宝塚歌劇宙組公演「風と共に去りぬ」(家人)

宝塚歌劇宙組公演ミュージカル・グランドロマン「風と共に去りぬ」
永遠の名作を宝塚歌劇版ミュージカルで楽しみました。
一路真輝さんのスカーレット・オハラを観たのは、1994年5月
宝塚大劇場ロビー看板前で写真を撮った直ちゃん、覚えていますか。

・宝塚大劇場ロビー看板前(1994.05)
2010直美・宝塚大劇場

レッド・バトラー役の凰稀かなめさん、髭の似合う容姿端麗の男役
メラニー役の実咲凜音さん、可愛いくて落ち着きのある素敵な女役
スカーレット役の朝夏まなとさん、荒々しい南部娘役を演じる男役
男役が女役を演じる姿を観る楽しさもあります。元々女性ですから。

・レッド・バトラー役の凰稀かなめ
宝塚歌劇レッドバトラー

・風と共に去りぬパンフレット
宝塚宙組風と共に去りぬパンフ

アメリカ南北戦争時代を舞台にしたベストセラー小説ミュージカル
映画で有名になり宝塚歌劇がミュージカル化したのが1977年
公演回数1216回、観客動員272万人、宝塚歌劇の代表作
梅田芸術劇場で月組選抜メンバーと専科の轟悠による上演が楽しみ。

・ロビーの看板
宝塚宙組風と共に去りぬ看板

ヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブルの映画を見たのはいつ頃
日本初公開は1952年ですから、私が5歳のころです。
封切館でない大毎地下劇場で見た記憶があるのは高校生のころ
当時、洋画2本立て55円、バイト時給が100円台の時代でした。

あこがれ(家人)

若いころは、興味を持ったものすべてに憧れていました。
出来そうにないものほど憧れが強くなり
何とかして出来そうになると夢中で取り組んでいました。
その情熱は、年齢と共に萎むことなく今も続いています。

・心地よい憧れ
20081010Wアーチ妻シルエット

ものごとに心が奪われてしまう憧れ
心が奪われてしまうと見えるものが見えなくなりますが
歳を重ねることで奪われ方が緩やかになってきました。
時をかけてゆっくり奪われる憧れで見えなくなりません。

・永遠に彷徨い続ける憧れ
20110720直ちゃんを探して

憧れが強くなると彷徨いでることもあります。
途方もないところに彷徨いでると戻れなくなりますが
見えない糸でつながったところで彷徨っていると
彷徨いそのものが憧れとなり永遠に彷徨い続けられます。

・想いこがれる憧れ
20130530宮古島小判サメ吸着

理想として想いを寄せ、想いこがれる憧れ
熱く膨張する心にとまどいながら、苦しくもありますが
このままここに留まっていられない衝動を抑え込まず
こがれる想いをしたためて、想い寄せる憧れを送る日々。

過去を見るだけでなく、未来を見つめて憧れを育みます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。