プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島ダイビング2013年5月-9日目(最終日):家人

南西→南の風5m、波1m、最終日は宮古島南岸と来間で潜りました。
早朝から快晴、ついに9日間晴れ日が続いた5月の宮古島ダイビング。
1本目は、エントリーする根にサンゴ礁が復活した「11番ホール」
最終2本目は、脳サンゴの「ハマパラダイス」をリクエストしました。

・ウェットスーツ姿で(11番ホール)
30130530宮古島ウェット恒明

・ガイドのマスミさん(ハマパラダイ)
30130530宮古島マスミさん

・コバンザメに好かれて(太ももに吸着)
30130530宮古島小判サメ吸着

ハマパラダイスでコバンザメに好かれたのか付きまとわれました。
最初、ガイドのマスミさんに付きまとわっていたコバンザメ
どこかに行ったと思っていたらスレートで知らせてくれました。
「恒さんの足に吸着していますよ」コバンザメにサメと間違われた足。

*シーワールド宮古島の海日記にコバンザメ写真が載っています。
 http://tomizo.ti-da.net/

日付:2013年5月30日(木)
天気:快晴 気温:31℃ 水温:26℃ 潮廻:中潮
ガイド:マスミさん

18本目(通算360本、シーワールド通算293本)
 ポイント:宮古島南岸「11番ホール」 
潜水時間:43分
 最大水深:17.5m、透視:20m

・カクレクマノミがばんざい
30130530宮古島カクレクマノミ万歳

・カクレクマノミ三態
30130530宮古島カクレクマノミ三態

・11番ホールの陽光
30130530宮古島11番ホール陽光

19本目(通算361本、シーワールド通算294本)
 ポイント:宮古島来間島「ハマパラダイス」
潜水時間:58分
 最大水深:6.6m、透視:20m

・ハマクマノミと面会
30130530宮古島ハマクマノミ正面

・ゾウゲイロウミウシ
30130530宮古島ゾウゲイロウミウシ

・ヤグルマウミウシ
30130530宮古島ヤグルマウミウシ

11番ホールで撮ったカクレクマノミ、何とばんざいしてくれました。
水平飛行するムーミンに見えたり、飛び出そうとするように見えます。
産卵を終えたばかりのようなゾウゲイロウミウシ2匹に出会いました。
マクロレンズで撮っても小さいヤグルマウミウシ、初の出会いでした。

・脳サンゴ全景
30130530宮古島脳サンゴ全景

・惑星のような脳サンゴ
30130530宮古島脳サンゴ惑星

・クリマビーチで講習
30130530宮古島クリマビーチ講習

ハマパラダイスに鎮座する脳サンゴ、遠目は人間の頭蓋骨のようです。
丸みをつけて撮るとまるで宇宙に浮かぶ異様な惑星のように見えます。
クリマビーチでは、ダイブリーダーのレスキュー講習中でした。
一昨年10月、体力の限界まで頑張り認定されたことを思い出します。

スポンサーサイト

宮古島ダイビング2013年5月-8日目(家人)

南の風7m、波1.5m、8日目は、来間の海でゆったりダイビング。
曇りの予報でしたが朝から快晴、気温31℃、少し強い風が心地よい。
1本目は、ハマクマノミの「ハマパラダイス」、のんびり潜り54分。
2本目は、大きなユビエダサンゴを中心にゆったりダイビング49分。

・Hさん、ナリさん(ガイド)と
20130529宮古島平本・成・恒明

・Hさんと(ハマパラダイス)
20130529宮古島平本&恒明

栃木県日光から来られたHさんとは、昨日でお別れとなりました。
長く滞在するとお迎えして先にお送りする、一抹の寂しさを感じます。
「明日、宮古空港を離陸するころダイビングしていますね。いいなー」
それならばと7月にお誘いしました。シーワールド宮古島仲間の誕生。

日付:2013年5月29日(水)
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:27℃ 潮廻:中潮
ガイド:ナリさん、バディー:Hさん

16本目(通算358本、シーワールド通算291本)
 ポイント:宮古島来間島「ハマパラダイス」 
潜水時間:54分
 最大水深:7.1m、透視:20m

・ハマクマノミ
20130529宮古島ハマクマノミ

・エントリーしたHさん
20130529宮古島エントリー後

・脳サンゴの紋様
20130529宮古島脳サンゴ

17本目(通算359本、シーワールド通算292本)
 ポイント:宮古島来間島「コーラルガーデン」
潜水時間:49分
 最大水深:7.2m、透視:20m

・ニセフウライチョウチョウウオ
20130529宮古島ニセフウライ

・Hさん
20130529宮古島平本さん

・ナリさん
20130529宮古島ガイド成さん

・Hさんの影
20130529宮古島影絵

真夏日の陽光が、浅場の白砂にゆらゆらと陽炎を描き出していました。
バディーHさんの後から潜っていると白砂に映る影が見えてきました。
よく観察していると影が揺らめきながら薄くなったり、濃くなったり
しばらく影を撮りながら追っていると直ちゃんに見えてきた影の紋様。

宮古島ダイビング2013年5月-7日目(家人)

南→南西の風、波1.5m、八重丸は建設中の橋を越えて伊良部島へ。
今日も快晴、伊良部方面に波を切る八重丸の上は32℃、めちゃ暑い。
1本目は、密閉されたドームのある「スネークホール&ハナダイの根」
2本目は、深場に行かず中層で小物を探してゆったり潜った「白鳥崎」

・建設中の伊良部大橋をくぐって
20130528宮古島伊良部大橋下

・バディーのHさんとガイドのマスミさん
20130528宮古島平本&マスミ海中

・アシストのナオさん(ハナダイの根)
20130528宮古島ハナダイ&栗原

栃木県の日光から来られたHさん、4月に続き2か月連続の来島です。
雨の多かった4月に比べ、真夏日が続く5月に嬉しい驚きでした。
来間島から伊良部島ポイントまで約50分の八重丸クルージング
心配されていた船酔いもなく2本潜って元気いっぱい、良かったです。

・元気いっぱいバディーのHさん&ガイドのマスミさん

日付:2013年5月28日(火)
天気:快晴 気温:30℃ 水温:27℃ 潮廻:中潮
ガイド:マスミさん、アシスト:ナオさん、バディー:Hさん

14本目(通算356本、シーワールド通算289本)
 ポイント:宮古島伊良部島「スネークホール&ハナダイの根」 
潜水時間:40分
 最大水深:13.7m、透視:20m

・真夏日の陽光に消え入るバブル
20130528宮古島真夏日の陽光

・スネークホールの魚影にマスミさん
20130528宮古島スネークホール

・ハゲブダイの群れ
20130528宮古島ハゲブダイ群れ

15本目(通算357本、シーワールド通算290本)
 ポイント:宮古島伊良部島「白鳥崎」 
潜水時間:45分
 最大水深:18.6m、透視:20m

・オニダルマオコゼ
20130528宮古島 オニダルアオコゼ

・アカククリ
20130528宮古島アカククリ

・ミツボシクロスズメダイとクマノミの幼魚
20130528宮古島ミツボシクマノミ幼魚

伊良部島ポイント「スネークホール&ハナダイの根」群れる熱帯魚は
今まで見たことのないハゲブダイが右に左に流れていました。
存在感をアピールして群れていたのでハナダイを探したぐらいです。
ここで何十本と潜ったマスミさん、初めての景色で戸惑ったそうです。

・ミカドウミウシの卵
20130528宮古島ウミウシ卵

・海底で写真を撮る
20130528宮古島恒明撮影

7日目にして「紋様」を見ないで「もの」を見てダイビングしました。
もちろん気になった紋様を写真に撮ることは忘れません。
ミカドウミウシの卵をじっくり観ると布のような模様がありました。
柔らかい布の端を縛ってリボンにしたような不思議なウミウシ卵です。

宮古島ダイビング2013年5月-6日目(家人)

南の風・微風、波1.5m、美しい朝を迎えた眩しいクリマビーチ
コーラルガーデンを西に向かった八重丸は、下地島に向かいました。
水深40m近くから見上げる美しい地形「アントニオ・ガウディー」
外洋に面したホールの出口、マリンブルーが映える「中ノ島ホール」

・真夏日になったクリマビーチの朝
20130527宮古島朝クリマビーチ

・ゲスト&スタッフみんなで
20130527宮古島全員記念撮影

今日でお別れするSさんご夫妻&スタッフと記念写真を撮りました。
私だけオレンジ色のTシャツで目立っていますが、その理由は
Sさんが名前入りの藍染Tシャツをスタッフ全員にプレゼント
その記念写真に後から私も加わって撮ったからです。素敵な贈り物。

・ガイドのナリさん
20130527宮古島成さん

・海底よりエントリーを望む
20130527宮古島八重丸船底

新インストラクターのナリさん、たくましく成長しています。
スキンダイビングで八重丸をアンカー止めして戻った素敵な笑顔
余裕を感じますが、まだ歩き出した処、今後の成長が楽しみです。
海底からエントリーしたゲストを見上げたとき強い光に眩みました。

日付:2013年5月27日(月)
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:26℃ 潮廻:中潮
ガイド:マスミさん

12本目(通算354本、シーワールド通算287本)
 ポイント:宮古島下地島「アントニオ・ガウディー」 
潜水時間:39分
 最大水深:37.7m、透視:25m

・水深37mの海底
20130527宮古島ガウディー海底

・Sさん、水平飛行
20130527宮古島いざ飛行

13本目(通算355本、シーワールド通算288本)
 ポイント:宮古島下地島「中ノ島ホール」 
潜水時間:39分
 最大水深:28.5m、透視:25m

・マリンブルーの幻影(私)
20130527宮古島ホール恒幻影4

・いざ、ホール入口へ(マスミさん)
20130527宮古島ホール入口マスミ

直ちゃんの幻影を撮ったホール内で私の幻影を撮ってもらいました。
とっさにその姿を思い出せず、へんてこな姿になってしまいました。
模様を撮るは、磯花を重点的に撮影しましたがいまひとつ
撮り方に工夫がいるのでしょう。ライトを当てただけでは駄目です。

・磯花-1
20130527宮古島磯花ー1

・磯花-2
20130527宮古島磯花ー2

宮古島ダイビング2013年5月-5日目(家人)

北東→東の風、波1.5m、今日の八重丸は下地島に向かいました。
来間島から東に向かうと宮古島南岸、西に向かうと下地島です。
ポイントは、ドロップオフの深場に洞窟の入口がある「サンゴホール」
迷宮から抜け出るとなるほどと思わされる「なるほど・ザ・ケーブ」

・快晴の下地島、マリンブルーの海
20130526宮古島下地島風景

・水平になってVサイン(コーラルガーデン)
20130526宮古島恒明水平

今日から参加されたS夫妻、旦那様と会っていますが奥様は初めて
その奥様から「ブログにコメントするPQです。初めまして」
昨年、旦那様とお会いしたとき、すれ違いで会えなかった奥様です。
魚眼レンズ装着の一眼レフでマクロ撮影のNさん、半端でない装備。

・Sさん夫妻とガイドの成田さん
20130526宮古島千野ご夫婦

・マクロ撮影するNさん
20130526宮古島野崎さん

日付:2013年5月26日(日)
天気:晴れ時々曇り 気温:29℃ 水温:25℃ 潮廻:大潮
ガイド:マスミさん(下地島)、ナリさん(来間島)

9本目(通算351本、シーワールド通算284本)
 ポイント:宮古島下地島「サンゴホール」 
潜水時間:39分
 最大水深:33.3m、透視:15m

・ネムリブカ(ホワイトチップ)
20130526宮古島サンゴホールネムリフカ

・伊勢エビ
20130526宮古島サンゴホール伊勢エビ

・アカマツカサの群れ
20130526宮古島サンゴホールアカマツカサ

10本目(通算352本、シーワールド通算285本)
 ポイント:宮古島下地島「なるほど・ザ・ケーブ」
潜水時間:41分
 最大水深:13.2m、透視:20m

・クマノミ後方にガイドのマスミさん
20130526宮古島クマノミ後方マスミさん

・グルクンの群れ
20130526宮古島なるほどグルクン群

・ビーム光線
20130526宮古島なるほどビーム

11本目(通算353本、シーワールド通算286本)
 ポイント:宮古島来間島「コーラルガーデン」 
潜水時間:43分
 最大水深:5.5m、透視:15m

・サンゴ紋様-1
20130526宮古島サンゴ文様

・サンゴ紋様-2
20130526宮古島サンゴ文様2

昨日もサンゴの紋様を集中的に撮影しましたが、結果はいまひとつ。
クマノミ後方にガイドのマスミさんを撮ったのが思い通りでした。
合成写真のようにも見えますが、実際に撮った写真です。
ネムリブカもサンゴホールの淡い光に浮かび上がる写真撮れました。

宮古島ダイビング2013年5月-4日目(家人)

北東の風、波2m、今日も八重丸は来間大橋をくぐり宮古島南岸へ
来間島が遠ざかり、ブリーズベイマリーナホテルが見えてきました。
ひとりになってからの定宿は、ウィークリー広小路に変えましたが
直ちゃんと二人の時の定宿は、ブリーズベイマリーナホテルでした。

・念力一発、吹っ飛ぶ二人
20130525宮古島恒さんパワー

・来間島を遠くに南岸ポイントへ
20130525宮古島八重丸南岸へ

・遠くにブリーズベイマリーナホテル
20130525宮古島遠くにブリーズベイ

一本目が終わった休憩中に遊んだ写真が「念力一発、吹っ飛ぶ二人」
踏ん張って気力を手に集中してふたりを吹っ飛ばしました。
向かって左側に吹っ飛んだ原田さん、スポーツダイバー講習中です。
ガイドはマスミさん、マンツーマンで撮影に協力してもらいました。

日付:2013年5月25日(土)
天気:晴れ時々曇り 気温:27℃ 水温:25℃ 潮廻:大潮

7本目(通算349本、シーワールド通算282本)
 ポイント:宮古島南岸「ムイガー」 
潜水時間:41分
 最大水深:33.3m、透視:20m

・小型イソマグロ3匹
20130525宮古島イソマグロ3匹

・水深33mの箱庭
20130525宮古島ムイガー33m

8本目(通算350本、シーワールド通算283本)
 ポイント:宮古島南岸「ガオー」 
潜水時間:42分
 最大水深:22.8m、透視:20m

・ドロップオフまで見える透明度
20130525宮古島南岸の透明な海

・洞窟に差し込む光線がふたつ
20130525宮古島ガオー光線

宮古島南岸ポイント「ガオー」が大好きだった直ちゃん
LEDライトをつけっぱなして待ちましたが姿を見えませんでした。
洞窟に差し込む光線を撮るときは、ライトを消しました。
何気なく写り込んでいないか期待しましたが、オーブも映りません。

・海シダを光線のように
20130525宮古島海シダ光の流れ

・ソフトコーラル模様
20130525宮古島ソフトコーラル

・コーラル模様
20130525宮古島コーラル点描

ログ付けのとき、どこで何を見たかほとんど覚えていませんでした。
マスミさんいわく「恒さん、ものを見ないで、模様を見ているから」
前回まで「もの」を探しましたが、今回は「模様」を探しています。
地形やサンゴはもちろん、ウミウシまで模様を見ている感覚の違い。

宮古島ダイビング2013年5月-3日目(家人)

北の風7m、波1.5m、八重丸は来間大橋をくぐり宮古島南岸へ
朝の早い時間は曇っていた空が、ショップに向かうころには晴れて
直ちゃんから引き継いだ晴れ男の面目を保ったダイビング日和
八重丸は、海底の白砂紋様を撮りたかったポイントに停泊しました。

・ハマパラダイスでピース
20130524宮古島ハマパラ恒明

・来間大橋をくぐり宮古島南岸へ
20130524宮古島南岸に向かって

・八重丸より宮古島南岸の望む
20130524宮古島南岸景色

1本目は「ダイアナ」、2本目は「スカシテンジクパラダイス」
南から北に風が回った日、いつもの透明度がないのが残念でしたが
太陽光が差し込むおかげで砂山群と砂紋様を撮ることができました。
ガイドは、3日続けてマンツーマンの新インストラクター成田さん。

日付:2013年5月24日(金)
天気:晴れ時々曇り 気温:28℃ 水温:26℃ 潮廻:大潮

4本目(通算346本、シーワールド通算279本)
 ポイント:宮古島南岸「ダイアナ」 
潜水時間:44分
 最大水深:18.9m、透視:15m

・ダイアナの砂山群
20130524宮古島海底の砂山

・ダイアナの砂紋様
20130524宮古島砂紋

5本目(通算347本、シーワールド通算280本)
 ポイント:来間島「スカシテンジクパラダイス」 
潜水時間:44分
 最大水深:17.1m、透視:15m

・スカイテンジクダイの群れ
20130524宮古島スカシテンジクダイ

・セジロクマノミの三態
20130524宮古島セジロクマノミ三態

6本目(通算348本、シーワールド通算281本)
 ポイント:来間島「ハマパラダイス」 
潜水時間:56分
 最大水深:5.5m、透視:15m

・ハマクマノミに無視されて
20130524宮古島ハマクマノミ

・サンゴの模様
20130524宮古島サンゴ模様

ブリーズベイマリーナホテル観光スタッフとそのお友達がゲストに
別チームになりましたが、一昨年娘がお世話になったスタッフです。
1本目が終わった休憩中に八重丸の船縁からバック転でジャンプ
ジャンプ直後と海面入水の瞬間を撮りました。見事にバック転成功。

・バック転でジャンプ
20130524宮古島バック転

・海面に着水
20130524宮古島バック転着水

・一緒に潜ったゲスト
20130524宮古島ブリーズベイスタッフ

宮古島到着日に潜ってから、あっという間に3日間が終わりました。
残り6日間で15本潜ると通算360本を超える予定です。
シーワールド宮古島通算は296本、あと4本で300本
記念の300本通過は、次回宮古島に帰る6月29日の見込みです。

宮古島ダイビング2013年5月-2日目(家人)

ウィークリー広小路のレースカーテン越しに明るくなってきました。
宮古島2日目、気温27℃、夏の太陽が降りそそぐ朝を迎えました。
昨夜も早く寝ましたが、いつもより2時間多い8時間睡眠
昼間の気分爽快が快眠につながり熟睡、一日で宮古時間に切替です。

・クリマビーチの朝
20130523宮古島シーワールド朝

・ウィークリー広小路の朝
20130523宮古島広小路の朝

・クリマの美ら海、遠くに来間大橋
20130523宮古島海面

大阪から来島の男性Kさん、550本以上潜るダイブマスターです。
お互いに撮る被写体が違うので、お互いの動きを見ながらの撮影
そばで見ていた直ちゃん、二人の動きを見て微笑んでいたようです。
ガイドは、昨日と同じNewインストラクターのNさんでした。

2本目(通算344本、シーワールド通算277本)
 ポイント:来間島「ハマパラダイス」 
潜水時間:48分
 最大水深:5.9m、透視:20m

・ハマクマノミ
20130523宮古島ハマクマノミ

3本目(通算345本、シーワールド通算278本)
 ポイント:来間島「トウアカガーデン」 
潜水時間:49分
 最大水深:5.6m、透視:20m

・トウアカクマノミ一家
20130523宮古島トウアカクマノミ

・海底で騒がしいデバスズメダイ
20130523宮古島デバスズメダイ集団

2日目の被写体は、サンゴの幾何学的模様を探すことにしました。
これだと思い撮ったサンゴ、パソコンで見るとそれほどでもない
逆もあります。とりあえず撮っておいたサンゴ、なかなか面白い
間違いないと撮ったサンゴ、思い通りの幾何学的模様で満足です。

・脳サンゴの模様
20130523宮古島ノウ珊瑚アップ

・ねじれたサンゴの模様
20130523宮古島サンゴアップ

1本目と2本目の休憩が終わるころ、トイレに行きました。
ショップを出た処で出会った思いもしない馬に跨ったおじさん。
話しかけると宮古馬でなく石垣馬、昔は軍用馬だったそうです。
ディサービスセンターの車が横に止まると「きゃー、馬がおるで」

・石垣馬とディサービスセンターの車
20130523宮古島石垣馬

宮古島ダイビング2013年5月初日(家人)

搭乗手続きを終えるといつのもように送迎デッキに上がりました。
遠くは靄って見えませんが、離陸するANA便が視界に入りました。
宮古島から迎えに来ていないか、辺りを見渡しましたがいません。
那覇空港経由、予定より10分遅れで宮古空港に降り立ちました。

・神戸空港ANA便離陸
20130522神戸空港ANA離陸

・那覇空港ANAロビー
20130522那覇空港ANAロビー

予報は雨でしたが青空のある宮古島、蒸し暑さが身体を包みますが
空港建屋から外に出ると一気に空気感が変わり身体が軽くなります。
神社で感じる張り詰めた空気感と真逆の張り詰めない解放的空気感
どちらも心地よく感じる空気感「真逆も真なり」と言えるでしょう。

・新インストラクターNさん
20130522宮古島オントラ成くん

到着日に1本潜ることができました。ガイドは、新人のNさん
直ちゃんをそばに感じながら空白の8ヶ月が一気になくなりました。

1本目(通算343本、シーワールド通算276本)
 ポイント:来間島「コーラルガーデン」 
潜水時間:44分
 最大水深:6.9m、透視:20m

・ナマコ-1
20130522宮古島ナマコアップ1

・ナマコ-2
20130522宮古島ナマコアップ2

・海底の砂漠の嵐
20130522宮古島海底の砂嵐

コーラルガーデンで被写体を見つけるのは、困難と思っていましたが
これまでと感覚を変えて探してみると見つかるものです。
大きなナマコをズームで撮ると探していた被写体に近づきました。
何気ない海底の靄が感覚を変えると砂漠の嵐に見えたのが不思議です。

今日から宮古島(家人)

絵本「カレーばんざい」出版、東京、神戸、京都の絵本原画展開催
イベントが続き、しばらくダイビングから遠ざかっていました。
直ちゃんから『そろそろ宮古島に帰ってきて』と通信が入りました。
コーラルガーデンで痺れを切らして待っているような感じがします。

・コーラルガーデン
20090409ハマパラダイス直

神戸空港8:15分発ANA便、那覇空港経由で宮古島に帰ります。
ダイビングするのは、昨年9月14日以来、8ヶ月ぶりです。
宮古空港12:45着予定、荷物をウィークリー広小路に置いて
そのままシーワールド宮古島に直行、1本潜ってブランク解消です。

・シーワールド宮古島
20110915来間シーワールド

これまでのダイビング本数342本(シーワールド宮古島275本)
今回は、到着日に1本、2日目から8日間毎日3本潜ると25本
区切りのシーワールド宮古島300本に到達しますが
無理はしないで次回(6/27~7/17)に回したいと思います。

・コーラルガーデンにエントリー
20120614バックロールエントリー恒

直ちゃんの想いを引き継いで海底や洞窟の写真を中心に撮ります。
被写体を決めているのでガイドとマンツーマンになったらチャンス
海況にもよりますが、潜るポイントをお願いしたいと考えています。
もちろん安全第一、船長とガイドの指示に従ってダイビングします。

ハーバーランドUMIE(家人)

新装オープンした神戸ハーバーランドUMIEに行ってきました。
三宮で所用を済ませ、元町商店街を歩いてウォーターフロントへ
休み明けの月曜日でしたが、以前では考えられない人の混みよう
この状態が続くことを願いながら南と北のモールを散策しました。

・SOUTH-MALL
20130520ハーバーランドUMIE

南と北のモールが空中の渡り廊下でつながって便利になりました。
かつての神戸阪急は、エスカレーターや通路の狭さを除いて
すっかり景色が変わったのは、店の品揃えと客層にありましたが
店舗から流れてくる音楽が騒がしくなったことに気が付きました。

・夜のハーバーランドで
ハーバーランド夜景直美1

静かな神戸阪急でお買い物、モザイクでランチ、そのあとは映画
ハーバーランドの夜景まで楽しむと一日ゆっくり遊べる処でした。
最初の言葉と矛盾しますが、人の混みようと若い客層に圧倒され
ウォーターフロントハーバーランドを楽しむ余裕はないようです。

・昼のハーバーランドで
神戸ハーバーランドタワー直美

直ちゃんだったらUMIEを見てどう思うだろうかと考えました。
『たくさんの人が集まる、活気のあるハーバーランド
 未来につながる神戸、この状態がいつまでも続いて欲しいね』
同じ思いですが、静かに楽しめたころが懐かしいのは、歳だから。

「抽象絵画と絵本原画展」最終日(家人)

京阪奈記念公園ギャラリー月の庭「抽象絵画と絵本原画展」最終日
昼前から雨が降ってきましたが70名以上の来場者がありました。
数日前、京都新聞朝刊に紹介記事が掲載(写真)されたこともあり
絵本、童話、絵葉書ともにたくさん買っていただき感謝しています。

・京都新聞朝刊の記事
20130519月の庭京都新聞記事

・雨にぬれる看板
20130519月の庭雨にぬれる看板

2月東京銀座アートポイント、3月神戸ラインの館、5月京都月の庭
冬から春に開催した絵本原画展も昨日で一段落いたしました。
その間、多くの方に絵本の原画を観ていただき心から感謝しています。
今年の秋、来年、絵本原画展は、まだまだ続けますのでご期待下さい。

・同級生と美詠さん
20130519月の庭同級生

・子とも達と語る美詠さん
20130519月の庭子供達と語る

・写生会の一行に説明する美詠さん
20130519月の庭写生会一行

・この絵、素敵ね
20130519月の庭この絵素敵

・教室の紹介をする美詠さん
20130519月の庭教室の紹介

最終日も美詠さんの同級生が奥様と一緒に雨の中を来てくれました。
子供たちに童話の原画のことを語る美詠さん、とても嬉しそうです。
京都の名士の写生会一行、抽象絵画のことを語る頼もしい美詠さん。
この絵、素敵ねと年配の女性、若い母親には教室の紹介もしました。

・Tさんご夫妻
20130519月の庭田上夫妻

・Nさん
20130519月の庭野田さん

案内絵葉書やポスター制作などでお世話になっているTさんご夫妻
木津八木亭の彫刻展で4日間一緒にスタッフをしたNさん
撤収まで手伝っていただきありがとう。そのとき突如に浮上した話
今年11月1日~4日、ギャラリー月の庭でグループ展をするかも。

Cカード協議会「ダイバー自身の安全対策セミナー」(家人)

Cカード協議会主催の「第2回ダイバー自身の安全対策セミナー」
開催地が東京なので参加を迷いましたが、迷ったら行くしかない
安全ダイビングを脅かすものは何か、それを少しでも探るため
期待が外れてもそれはそれとして現状把握できると参加しました。

・Cカード協議会セミナー会場
20130518Cカード協議会セミナー

日時:2013年5月18日(土)13:30~16:15
会場:ヒューマックス恵比寿ビル7階701室
テーマ
 2012年事故報告・海上保安庁報告
 世界の事故傾向・DANジャパン発表
 過去の事故事例検証・裁判判例から
 バディシステムの再検証・互いのバックアップ
主催:Cカード協議会/実行委員:PADIジャパン
協力:海上保安庁警備救難部救難課マリンレジャー安全推進室

・Cカード協議会セミナー会場
20130518Cカード協議会セミナー人

海上保安庁の事故報告は、統計数値の紹介で予想通りでした。
DANジャパンの世界の事故傾向は、日本の現状との比較でした。
気になることもあったので詳細は、別の日に書きたいと思います。
過去の事故事例は、参加者が発言できたのでその内容も別の日に。

ダイビングの安全対策をガイド任せにしては駄目だと思いますが
レジャーサービスを提供して料金をいただくファンダイビング
インストラクターがゲストの安全を確認するのは必須です。
その前提は、ダイビングサービス会社の安全管理運営にあります。

午前中、日本水中科学協会理事長の須賀さんとお会いしました。
木場駅近くのスタバで2時間、ゆっくりお話をお伺いできました。

「レオナルドダビンチ展」&「夏目漱石美術世界展」(家人)

一泊二日の東京旅行の目的は、昨日でなく今日の予定にあります。
午前は、JAUS研究会発表レジメ打ち合わせ、午後から
Cカード協議会「第2回ダイバー自身の安全対策セミナー」参加
昨日は、上野の東京都美術館と東京芸術大学美術館に行きました。

・2002年シャガール展(2002.06.01)
上野シャガール展20020601

上野の美術館は、観たい展覧会があると東京出張を週末に合わせ
土曜日から直ちゃんが東京に来て美術館巡りしました。
フェルメール展、シャガール展(写真)、ルノアール展などなど
直ちゃんも一泊して東京や横浜で遊び、日曜日神戸に帰りました。

・上野公園を美術館に向かう人
20130517上野美術館に向かう人

・東京都美術館「レオナルドダビンチ展」
20130517上野東京都美術館

まずは、東京都美術館「レオナルドダビンチ展」に行きました。
フェルメール展やシャガール展ほどの人出はありませんでしたが
館内は、ゆっくり観れないほどの人が来場していました。
絵画が少なくスケッチやメモの多い展示品、そうそうに出ました。

・東京芸術大学美術館
20130517上野東京芸術大学美術館

・東京芸術大学美術館「夏目漱石美術世界展」看板
20130517上野東京芸術大学美術館看板

レオナルドダビンチ展に比べ、じっくり観た夏目漱石美術世界展
姜尚中さんの本を読んで夏目漱石を読み返していたのもあります。
小説の中の文章に関連する絵画の展示、しばしば足が止まります。
黒田清輝氏「赤い衣を着たる女」直ちゃんに似てはっとしました。

・赤い衣を着たる女
黒田清輝「赤き衣を着たる女」

・旧東京音楽学校の建物
20130517上野旧東京音楽学校

生きていてほしい(家人)

昇天3周年記念日に思ったことを今朝は、書きつづりました。

直ちゃんに「生きていてほしい」となんども呼びかけました。
直ちゃんが「生きていてほしい」と私に呼びかけてくれます。
生きている目的がお互いの存在だったら
生きている目的がこの世からなくなってしまった3年間です。

・いただいた生花
2013生花祭壇

直ちゃんは、異次元の意識の世界で生きているのでしょう。
私の意識の世界は、暗黒の暗闇になりましたが
直ちゃんの意識が異次元から一筋の光を差し伸べ、
生きていてほしいといつでも呼びかけていると感じています。

・一筋の光
20120913ハニーホール差し込む光線

宇宙が好きで興味を持っていた私たち
新しい星は、暗黒星雲の中で誕生していると知りました。
暗闇の世界から一筋の光が生まれていることに不思議を感じ
ますます宇宙のことが好きになっていった私たちでした。

・暗黒星雲
暗黒星雲

私の意識の暗闇の世界にも「星」が誕生するのでしょうか。
「星」が何かは、まだ、わかっていません。
直ちゃんが差し伸べている一筋の光が星になるとしたら
このまま生き続けて星の誕生を見ないことにはわかりません。

・生きていてほしい
20091109直美後姿

直ちゃんのいない世界で生きていても意味がない
いまだにそう思うときがあります。
生きていてほしいと呼びかける直ちゃんの意識を感じないと
直ちゃんと同じ異次元の意識の世界に存在したくなるのです。

「抽象絵画と絵本原画展」4日目(家人)

京阪奈記念公園ギャラリー月の庭「抽象絵画と絵本原画展」4日目
女子会、介護施設、敬老会などグループの方も大勢来場されました。
暑さは、前日より少し和らぎましたが、それでも日中は暑いです。
お出しする飲み物、熱いコーヒーより冷たいお茶が喜ばれる2日間。

・中学1年生女子会
20130515月の庭中学1年5名

中学一年生の仲良し女子会5人組が来てくれました。
進級したてのピカピカの中学一年生、まだ小学生っぽさが残ります。
入部したグラブを聞くと吹奏楽部でパーカッションの子がいました。
もうひとりトロンボーンの子も、吹奏楽部と聞くだけで嬉しいです。

・女性ひとり
20130515月の庭絵本2冊購入

・ご家族連れ
20130515月の庭家族4人

・ご夫婦
20130515月の庭ご夫婦

立ち止まり原画を熱心に観ていた女性が絵本2冊買ってくれました。
ご家族連れのお婆ちゃんが孫のために絵本を買ってくれました。
老人会で来られたお爺ちゃんが孫に送ると絵本を買ってくれました。
介護施設の方が付き添いの方と一緒に来てくれました。嬉しいです。

・敬老会女子部
20130515月の庭敬老会女子部

・介護施設グループ
20130515月の庭福祉施設

今日は、ダイビング機材を宮古島に発送、明日から2日間東京です。
抽象絵画と絵本原画展の接客は、3日間お休みし最終日になります。

大坂美詠・抽象絵画と絵本原画展『CONTINUE BOND』
 日程 5月19日(日)まで開催中
 時間 AM10:00~PM5:00(最終日PM4:00まで)
 会場 ギャラリー月の庭(けいはんな記念公園内)
    京都府相楽郡精華町精華台6-1
    最寄駅(JR祝園、近鉄新祝園)より奈良交通バス約8分
 入場 ギャラリー無料(庭園入園料200円、60歳以上無料)

昇天3周年記念日・「抽象絵画と絵本原画展」3日目(家人)

直ちゃんが天国に召されて3年、今日は『昇天3周年記念日』です。
直ちゃんへ
 あの日から3年、元気にしていますか。
 僕も元気にこの世で暮らしています。
 来週、宮古島に帰るので
 また、コーラルで姿を見せてください。
 夢の中だけで会えるのは、寂しいです。

・宮古島ダイビング
20090412かすみツーショット

京阪奈記念公園ギャラリー月の庭「抽象絵画と絵本原画展」3日目
太陽が照りつける真夏日、校外学習の小学生でしょうか
午前の早い時間からギャラリー横を通って芝生公園に向かいました。
暑さなんかへのかっぱ、先生の方がまいっているような気がします。

・小学生の集団
20130514月の庭小学生

・京都新聞記者のインタビューを受ける
20130514月の庭京都新聞記者

・受付のアジサイ
20130514月の庭受付の花

京都新聞社の記者から大坂美詠さんがインタビューを受けました。
今朝の京都新聞に「抽象絵画と絵本原画展」が紹介されます。
美詠さん絵を教える障害者施設から生徒さんがふたり来られました。
直ちゃんのことを聞いていたのか慰められたのがとても嬉しいです。

・たんぽぽの生徒さんふたりと付き添いの方
20130514月の庭タンポポの生徒

・お友達と二人で
20130514月の庭絵を観て語る

美詠さんが仕事に行かれたあと、国画会の先生が来られました。
記念公園の散策でなく抽象絵画と絵本原画展を観に来られた方々も
その中の一組のお友達「優しい絵やねー」「そう、優しい色使いや」
童話の原画スライドショーを熱心に見ていただいた方、ありがとう。

・スライドショーに見入る方
20130514月の庭スライドショー

大坂美詠・抽象絵画と絵本原画展『CONTINUE BOND』
 日程 5月19日(日)まで開催中
 時間 AM10:00~PM5:00(最終日PM4:00まで)
 会場 ギャラリー月の庭(けいはんな記念公園内)
    京都府相楽郡精華町精華台6-1
    最寄駅(JR祝園、近鉄新祝園)より奈良交通バス約8分
 入場 ギャラリー無料(庭園入園料200円、60歳以上無料)

「抽象絵画と絵本原画展」2日目(家人)

京阪奈記念公園ギャラリー月の庭「抽象絵画と絵本原画展」2日目
休み明けの平日、渋滞を見越し早く家を出たら早く着き過ぎました。
ギャラリー月の庭の開場10時まで1時間、公園内を散策しました。
池の飛び石を渡り水の流れ音を感じながら周囲の写真を撮りました。

・池の向かいから見たギャラリー棟
20130513月の庭ギャラリー棟

・観月橋を下から見上げる
20130513月の庭観月橋

五月晴れ、暑い夏日の月曜にも関わらず35名の来場がありました。
大坂美詠さんに厳しく、優しい助言をしていただいた国画会の先生
大坂一成さんが連休中お世話になった木津八木亭のご夫妻
奈良でギャラリーを営む方に童話と絵本3冊買っていただきました。

・国画会先生からの助言
20130513月の庭国画会先生

・木津八木亭のご夫妻
20130513月の庭西嶋夫妻

大和西大寺でお店を営む直ちゃんの同級生(大坂美詠さんの同級生)
美詠さんの絵に刺激され、やめていた絵を再開したいと嬉しい一言
刺激を与えた人からまた自分も刺激を受ける、嬉しいつながりです。
童話の原画スライドと絵本の動画、座って見られるようにしました。

・同級生と一緒に
20130513月の庭同級生

・絵本原画展スペースでスライドショー
20130513月の庭パソコン

大坂美詠・抽象絵画と絵本原画展『CONTINUE BOND』
 日程 5月19日(日)まで開催中
 時間 AM10:00~PM5:00(最終日PM4:00まで)
 会場 ギャラリー月の庭(けいはんな記念公園内)
    京都府相楽郡精華町精華台6-1
    最寄駅(JR祝園、近鉄新祝園)より奈良交通バス約8分
 入場 ギャラリー無料(庭園入園料200円、60歳以上無料)

「抽象絵画と絵本原画展」初日(家人)

京阪奈記念公園ギャラリー月の庭「抽象絵画と絵本原画展」初日
五月晴れの好天に恵まれた日曜、172名の来場者がありました。
午後から開催した母の日ワークショップ「指人形の手作り教室」
予約+当日参加=13名、大坂夫妻はてんてこ舞いの嬉しい悲鳴。

・ワークショップ指人形手作り教室
20130512月の庭指人形手作教室

・姉妹の絵作り指人形
20130512月の庭指人形完成姉妹

・向かって右から美詠さん・妹・従妹
20130512月の庭のぐの妹&従妹

美詠さんの妹さんがお昼前、お祝いの花を持って来てくれました。
午後のヴァイオリン練習会を断念してもらい臨時スタッフを依頼
忙しい大坂夫妻に変わって接客(飲み物など)をお願いしました。
妹さんが来なかったら私一人で接客&受付、てんてこ舞いでした。

・同級生と一緒に
20130512月の庭美詠同級生

・彫刻展で一緒にスタッフしたHさんと
20130512月の庭東野さんと恒明

美詠さんの同級生(男性)が朝一番奥様と一緒に来てくれました。
直ちゃんも小学3年生からの同級生、しばらくお話が弾みました。
大坂一成彫刻展で一緒にスタッフしたHさんも来てくれました。
あのとき買った藍染を着用、私も掛けていたので仲良く記念写真。

・月の庭賞「最優秀作品」(向かって左)
20130512月の庭最優秀作品

・ギャラリー月の庭受付
20130512月の庭受付付近

大坂美詠・抽象絵画と絵本原画展『CONTINUE BOND』
 日程 5月19日(日)まで開催中
 時間 AM10:00~PM5:00(最終日PM4:00まで)
 会場 ギャラリー月の庭(けいはんな記念公園内)
    京都府相楽郡精華町精華台6-1
    最寄駅(JR祝園、近鉄新祝園)より奈良交通バス約8分
 入場 ギャラリー無料(庭園入園料200円、60歳以上無料)

・ギャラリー月の庭「抽象絵画・童話原画」展示室
20130512月の庭ギャラリー内

・ギャラリー月の庭「絵本原画」展示室
20130512月の庭絵本原画展示

京都開催「抽象絵画と絵本原画展」準備完了(家人)

母の日の今日から京阪奈記念公園内「ギャラリー月の庭」で開催する
大坂美詠「抽象絵画と絵本原画展」の搬入展示作業を昨日行いました。
雨の中、大作の抽象絵画を濡らさないよう運搬してギャラリーに搬入
4時間ほどかけた展示作業、すべての準備を終えることができました。

・大坂美詠「抽象絵画と絵本原画展」案内葉書
月の庭ギャラリー絵本原画展葉書

・絵本「カレーばんざい」
絵本カレーばんざい3冊正面と縦

大坂美詠・抽象絵画と絵本原画展『CONTINUE BOND』

日程 5月12日(日)~5月19日(日)
時間 AM10:00~PM5:00(最終日PM4:00まで)
会場 ギャラリー月の庭(けいはんな記念公園内)
   京都府相楽郡精華町精華台6-1
   最寄駅(JR・祝園、近鉄・新祝園)より奈良交通バス約8分
入場 ギャラリー無料(庭園入園料200円、60歳以上無料)

・ギャラリー月の庭に向かう観月橋(京阪奈記念公園)
20130425京阪奈観月橋

初日(今日)は、ワークショップ「指人形手作り教室」を開催します。
子どもたちとお母さんが一緒に指人形を手作りする母の日
初めて体験する指人形ワークショップ、お手伝いする予定です。
五月晴れ、気温も上がる一日、みなさまのご来場をお待ちしています。

宝塚歌劇月組公演「ミー・アンド・マイガール」(家人)

ミュージカル「ミー・アンド・マイガール」を観るのは3回目です。
宝塚歌劇公演は、18年前の天海祐希さんから2回目になりました。
今回の月組公演は、男役トップの龍真咲と女役トップの愛希れいか
恋物語を絡めたロマンティックコメディーにピッタリなお二人です。

・開演直前の幕
ミーアンドマイガール幕

龍真咲さんを観たのは、今年1月「ベルサイユのばら」アンドレ役
昨日の龍真咲さん、一味違うコメディーのビル役を演じていました。
アンドレもビルも役柄を演じている龍真咲さんですが
どちらかといえば「ミー・アンド・マイガール」ビル役の方がいい。

・梅田芸術劇場の看板
ミーアンドマイガール看板

今回は、宝塚歌劇月組対談(DVD)で予習してから鑑賞しました。
18年前に観ていましたが、ほとんど内容を覚えていなかったので
娘が送ってくれたDVDの予習が役に立ちました。
今回、気になった男役は、組替えで月組にきた「沙央くらま」さん。

・レビュー「ミー・アンド・マイガール」
ミーアンドマイガール

梅田芸術劇場は、宝塚大劇場と違いフィナーレの大階段ありません。
短いレビューの後、それなりの小階段がありましたが物足りません。
物足りないといえば、新人のラインダイスもありませんでした。
レビューが短いので、仕方がないのかも知れませんが物足りません。

丹波焼鎮台窯&兵庫陶芸美術館(家人)

丹波市春日町「上畑木工」の帰り道、丹波焼窯元に向かいました。
向かった先は立杭地区、上畑さんの友人が営む「鎮台窯」です。
『産地には名産が生まれ、そこに本物が引き継がれる』
上畑木工、鎮台窯、それぞれご夫婦とお話しするとよく解ります。

・丹波焼「鎮台窯」
20130508鎮台窯全景

・丹波焼「鎮台窯」店内
20130508鎮台窯店内

鎮台窯には、陶芸教室と陶芸絵付教室がありました。
丹波産粘土を使って作る陶芸教室、湯飲やお皿に絵を付ける教室
この日は予定外の訪問、陶芸教室は次回に廻し店内の作品を物色
目に止まったお皿の形と色合、迷わず手に取りこれに決めました。

・迷わず手に取ったお皿(直径23cm)
20130508鎮台窯お皿

・兵庫陶芸美術館特別展入口
20130508陶芸美術館特別展恒明

鎮台窯店主から兵庫陶芸美術館特別展チケットをいただきました。
自分の窯を生涯持たずに作品を焼成した「尾形周平」特別展
精巧な作り、絵付けも精巧な煎茶器が数多く展示されていました。
小さな湯飲、これで飲んで美味しいのかと思うのは凡人でしょう。

・兵庫陶芸美術館中庭
20130508陶芸美術館中庭

・兵庫陶芸美術館上空に飛行機雲
20130508陶芸美術館飛行機雲

尾形周平特別展をじっくり観てから陶芸美術館の中庭に出ました。
新緑が燃える山から目を上げ、雲ひとつない青空を見たとき
うっすら湧き出る飛行機雲が目に映りました。『今日も運がいい』
湧き出るように引かれた線が尾っぽから消えゆく刹那の飛行機雲。

スツール&イーゼル(家人)

丹波市春日町で木製ガーデニング用品などを製作する「上畑木工」
完成した玄関腰かけ用「丸太スツール」を受け取りに行きました。
地元木材のヒノキを加工してもらった味わいのある丸太スツール
靴を履くときの腰かけ用でしたが、花を飾る台にも使えそうです。

・丸太スツール
20130508上畑木工・丸太スツール

・上畑木工ギャラリー
20130508上畑木工・ギャラリー

*上畑木工HP http://uht-gardening.jp/

丸太スツールの受け取り以外にもうひとつ目的がありました。
大坂一成さんの作品を飾る「イーゼル」を見つけることです。
上畑木工ギャラリー展示品の中に見つけた思い通りのイーゼル
作品と色合わせしてアイボリーイエローのイーゼルに決めました。

・作品をかけて確認
20130508上畑木工・イーゼル

・我が家のリビングで
20130508上畑木工・イーゼルリビング

丸太スツールを置く玄関、大坂一成さんの作品を飾るリビング
とりあえず置いて見ましたが、思い通りの景色になりません。
観葉植物、ソファーなどリビングを大きく模様替え
そのなかでイーゼルのポジショニングを決めることにしました。

・ぼたんの白花
20130508上畑木工・白ぼたん

・上畑木工母屋の玄関先花壇
20130508上畑木工・玄関の花

木製ガーデニング用品の上畑木工、美しい花に囲まれています。
快晴の青空の下、満開のぼたん、白い花が咲き誇っていました。
道に面した生垣の花も色彩を考えて植えられているのでしょう。
美しいものを素直に美しいと感じられる感性があふれていました。

新しい出会い(家人)

木津・八木亭の彫刻展で新しい演奏家との出会いがありました。
アコースティックギター・デュオ奏者&藍染の「藤本ご夫妻」
水晶の音楽・クリスタルボウル奏者の「瑠音(りね)さん」
民族楽器アラブのお琴・カヌーン奏者の「増田真吾さん」

・アコースティックギター「藤本ご夫妻」
20130504八木亭ギター歌

熊野町で藍染工房を営む藤本ご夫妻のアコースティックギター
役割は、奥様がオーケストラ(伴奏)旦那様がソロだそうです。
初心者の奥様にギターを教えたのは旦那様でした。
夫婦だから息はピッタリ、熊野の山中の工房でも聴きたい音楽。

・クリスタルボウル奏者「瑠音さん」
20130506八木亭クリスタルボール

不思議な音を奏でるクリスタルボウル、初めて聴く音色でした。
音楽というより「癒しの」が相応しい音色が身体に響きます。
身体で感じる音楽、目を閉じて聴くと音の世界に引き込まれて
夢の中で聴いているようでした。夢を見ていた気もしています。

・カヌーン奏者の「増田真吾さん」
20130506八木亭カヌーン&シンセサイザー

以前は、アラビアのロレンス風の姿でカヌーンを弾いていた彼
この日は、白いシャツに黒いスーツパンツ姿でした。
シンセサイザーに絡んだり離れたり、自由自在に音が廻ります。
爪弾く音の繊細さ、民族楽器に打ち込む若者に圧倒されました。

大坂一成彫刻展最終日(家人)

木津川市・八木亭の大坂一成彫刻展「音楽とコラボレーション」
晴天に恵まれた4日間、最終日もたくさんの方が来られました。
水晶の音楽・クリスタルボールは、身体で感じる癒しの音でした。
アラブのお琴・カヌーン&シンセサイザーは、民族音楽ユニット。

・クリスタルボール演奏
20130506八木亭クリスタルボール

・アラブのお琴とシンセサイザー演奏
20130506八木亭カヌーン&シンセサイザー

2部のアンコールで予定になかった2組の即興演奏がありました。
初めて出会った3人が違和感なく即興演奏できる素晴らしさ
クリスタルボールとカヌーン&シンセサイザーの相性は抜群
どちらともなく寄り添って溶け込む音、音楽の持つ不思議でした。

・即興で水晶と民族楽器のコラボ演奏
20130506八木亭3人即興コラボ

5月6日(月)第一部13:00~15:00、第二部15:10~16:40
♪水晶の音楽・クリスタルボール
 瑠音(りね)
♪カヌーン&シンセサイザーユニット
 Yumeho Ensemble
 カヌーン:増田真吾
♪2部アンコール
 クリスタルボール&カヌーン&シンセサイザー即興コラボ演奏

・満員の観衆
20130506八木亭コンサート満員

第二部のクリスタルボール演奏のとき、横になって聴きました。
瑠音さんに眠たくなると言われ、眠るものかと思っていましたが
ほんとうに眠ってしまって、何と夢まで見てしまいました。
それもダイビングしている夢でした。水晶の音楽の不思議さです。

・談笑する大坂一成さん
20130506八木亭大坂さん談笑

・喜ぶ彫刻たち
20130506八木亭彫刻

彫刻展と音楽のコラボレーション、あっという間の4日間
土蔵の中で観る彫刻、土蔵の中で聴く音楽、感性にピッタリです。
「彫刻たちがとても喜んでいる」大坂一成さんが言葉
息づく彫刻を感じた4日間だったので、その通りだと思いました。

大坂一成彫刻展3日目(家人)

木津川市・八木亭の大坂一成彫刻展「音楽とコラボレーション」
3日目は、ピアノとヴァイオリン・音楽の花束~風薫る5月に~
土蔵空間にピアノとヴァイオリンの音色が響きわたりました。
優しく、繊細に、力強く、大胆に、素晴らしい土蔵コンサート。

・ピアノソロ
20130505八木亭ピアノ演奏

・ヴァイオリン
20130505八木亭ヴァイオリン

・ピアノ連弾
20130505八木亭ピアノ連弾

5月5日(日)14:10~15:10
音楽の花束~風薫る5月に~
 ピアノ:吉田はるみ、宇治尚子
 ヴァイオリン:小林遥
曲目
♪ソナタ「春」より:ベートーヴェン
♪水の戯れ:ラベル
♪前奏曲とアレグロ:クライスラー
♪花のワルツ:チャイコフスキー
♪荒城の月:滝廉太郎 他
アンコール:オーバー・ザ・レインボウ

・彫刻の穴から会場を覗く
20130505八木亭彫刻穴より

コンサートに来られて彫刻展会場でゆっくりするお客さん
壁際に並べたソファーに座って、お茶とお菓子でくつろげます。
一般の美術館ではお目にかかれない空間、土蔵彫刻展です。
彫刻を観ながら、ソファーに座って、話の尽きない皐月晴れ日。

・裏門にて
20130505八木亭受付前恒明

・木津亭の横を走るJR
20130505八木亭木津線電車

昨日は、熊野の藤本夫妻が作られた藍染のポンチョを着ました。
今日もこのスタイルで接客しますが、初めて衣装に慣れません。
木津亭の横をJRが走っています。車内から土蔵が見えますが
200年の歴史ある日本庭園が見えないのがちょっと残念です。

大坂一成彫刻展2日目(家人)

木津川市・八木亭の大坂一成彫刻展「音楽とコラボレーション」
2日目も地元の方、友人知人、生徒さんなどが来てくれました。
ライブ鑑賞を兼ねて時間に合わせて2回来られる方もいます。
彫刻と音楽のコラボレーション、皆さん楽しまれているようです。

・八木亭正面玄関
20130504八木亭正面玄関

・開始前のスタッフミーティング
20130504八木亭ミーティング

・NANAIRO♪ギター演奏
20130504八木亭ギターふたり

♪アコースティックギターデュオライブ
 出演:NANAIRO
 第1部 14:20~15:10
 第2分 15:50~16:30
♪ピアノ演奏、オカリナ演奏が飛び入りでありました。

・NANAIRO♪歌
20130504八木亭ギター歌

前半2日間が終わって一番の出会いは、NANAIRのご夫婦
スタッフを兼ねた藤本夫妻といろんなお話ができたことです。
熊野の山間の藍染工房から和歌山南紀の海まで車で30分
ダイビング機材を積込んでお伺いしたいですとお願いしました。

・彫刻を鑑賞
20130504八木亭彫刻展鑑賞

・屋根裏から彫刻を観る
20130504八木亭屋根裏から

土蔵の屋根裏に上がって階下の彫刻を眺めてみました。
土蔵の木組みを眺めながら視線を落とすと木彫が見えてきます。
温かい光を放つ裸電球に木彫が浮かび上がり
何とも不思議な感覚、今にも動き出すような気配を感じました。

大坂一成「彫刻展」初日(家人)

木津川市・八木亭の大坂一成彫刻展「音楽とコラボレーション」
初日は、地元の方や友人知人、生徒さんなど盛況な一日でした。
土蔵(米蔵)の雰囲気とユーモラスな木彫が自然と調和して
庭に置かれた大型木彫も違和感なく景色に溶け込んでいました。

・八木亭土蔵「彫刻展」
20130503八木亭彫刻展土蔵

・八木亭庭の彫刻
20130503八木亭庭の彫刻

・八木亭土蔵
20130503八木亭土蔵米蔵

彫刻展と音楽のコラボ、初日はアコースティックギターデュオ
熊野の山の中で藍染工房を営むご夫婦のギターデュオ
土蔵の中でコンサートするのは、初めてとのことでしたが
息の合ったお二人の演奏と歌、満員の客席、息づく土蔵音楽会。

・NANAIRO生ライブ
20130503八木亭アコースティックギター

♪アコースティックギターデュオライブ
 出演:NANAIRO
 第1部 14:00~15:00
 第2分 15:50~16:30
★今日も同じプログラムでギターデュオライブがあります。

・彫刻展受付(童話&絵本販売)
20130503八木亭受付販売

初日は、ほとんど受付で八木亭のご案内と童話&絵本のご紹介
お孫さんと一緒の方、手に取ってご覧になる方、お買い上げ!
八木亭は、手入れの行き届いた素敵な日本庭園がありました。
一般公開されていない日本庭園を特別に見せていただきました。

・八木亭日本庭園の一角
20130503八木亭日本庭園

普通の健康体(家人)

普通の健康体をありがたいと思うことがありました。
身体の異常を感じた家族が念のために病院に行くと即入院
直ちに検査して、処置をされ、病人の姿になっていました。
初の入院で意気消沈と思ったら以外と元気で安心しました。

・仕事をしていたころ
2010直美・謙三さん結婚式二人

仕事をしていたころ入院した体験があります。それも3回。
3回とも胃潰瘍でしたが、3回目は十二指腸潰瘍を併発
手術を勧められましたが、薬でなんとか治りました。
心配した直ちゃんが、毎日、会社の帰りに寄ってくました。

3回目の入院から解放され、胃潰瘍からも解放されました。
それまで常に意識していた胃がまったく気にならなくなり
年一回の胃カメラ検査で完治していることがわかりました。
完治した要因がわかりませんが、気にしないことかもです。

・普通の健康体
20110924ハマパラダイス恒

この歳になると病気にならないための健康体を意識します。
食べ物を気遣い、フィットネスで水泳&筋力トレーニング
死を恐れなくなっても病気を意識する。矛盾していません。
普通の健康体がありがたい、この意識から事が始まります。

第87回「国展」-美術の春-(家人)

童話・くじらのクー、絵本・カレーばんざいの絵を描いた大坂美詠さん
所属する国画会の「国展」が東京六本木・国立新美術館で始まりました。
入選を続けて会友となっていた彼女、今年は念願の『入賞』です。
入賞者の作品は、全国の巡回展(下記の日程)でも観ることができます。

・第87回「国展」ポスター
第87回国展パンフレット

・直ちゃんと大坂美詠さん
2010直美・ノグと直美すまして

~~~ 第87回国展-美術の春- ~~~

会場:国立新美術館(東京・六本木)
日程:5月1日(水)~5月13日(月)(5月7日(火)は休館日)
時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで 最終日14:00閉会
   入場は1時間前まで
入場料:一般¥1000 学生以下:無料
    身体障害者とその付き添いの方2名様まで無料

巡回展

☆名古屋展
会場:愛知県美術館ギャラリー
日程:5月28日(火)~6月2日(日)
時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで 最終日16:00閉館
   入場は閉館30分前まで

☆大阪展
会場:大阪市立美術館
日程:6月11日(火)~6月16日(日)
時間:9:30~17:00
   入場は閉館30分前まで

☆福岡展
会場:福岡市美術館
日程:6月25日(火)~6月30日(日)
時間:9:30~17:30
   入場は閉館30分前まで

・大坂美詠さんの抽象絵画(銀座で開催した個展で)
20130211原画展抽象画スペース

公募展と言えばやっぱり国展、と言われる日本最大級の公募展「国展」
東京に始まり名古屋、大阪、福岡と巡回展が南下します。
「絵画」だけでなく「彫刻」「版画」「工芸」「写真」もあります。
お住まいに近い会場で素晴らしい作品と出会って下さい。私は大阪展へ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。