プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しく去る(家人)

この世から美しく去るには、この世を美しくしないと去れません。
この世を美しくするには、自分の心が美しくないとできません。
心を美しくするには、豊かな心を持ち続けないといけません。
豊かな心で物事を考える人たちが増えれば世の中が美しくなります。

・美しく去る
20100514美ら海水族館イルカ

昭和22年、第二次世界大戦が終わった2年後に生まれました。
世の中の景色は、戦後の混乱期で美しくなかったと思いますが
子供から見た大人の心は、今より豊かだったような気がします。
ものはなくても豊かな心があるだけでこの世は今より美しかった。

阪神淡路大震災で価値観が物から心に戻ったような気がしました。
直ちゃんも同じような思いをして、いっそう物に拘らなくなり
日常は最低限の生活、非日常のダイビングライフはちょっと贅沢
この世に還元できることを考えながら美しくこの世を去りました。

・ダイビングライフ(ホテルで)
ブリーズベイホテル新館ロビーふたり

この世を美しくして去ることを直ちゃんから託されたと思います。
自分だけ美しく去って、美しい想い出だけを残して
あとに残された私の気持ちを考えたことはあるのかと思いますが
託されたからには、今より美しくして去るしかないと思う今朝です。

スポンサーサイト

見たいものだけ見ようとする(家人)

あの日の出来事を忘れることは、なにがあってもありえません。
絶対にありませんが、時間の経過により記憶が曖昧になったり
これまでの記憶がクロスして置き換えてしまったり
思い込みから記憶が変わってしまうこともないとも限りません。

・忘れない(最後の写真)
20100515最後の写真

これらのことは、人間が生き続けるための防御反応と考えられ
結果的に「見たいものだけ見ようとする」になり
起こったことを間違いなく記憶し続ける妨げになって
見たくないものを見なくなり、見えるものが見えなくなります。

見えるものが見えなくならないように始めたことが
ダイビングの原点からこれまでの記憶を呼び覚ますことです。
プール体験ダイビングから始まったふたりのダイビングライフ
2010年5月15日、このダイビングライフが終了しました。

・二人のダイビングライフ
20090412かすみツーショット

2006年5月から2010年5月までの5年間
ふたりが撮影した写真を見ながら記憶を呼び覚ましています。
呼び覚ました記憶を文章にして脳に再び書き込む作業です。
この作業であの日に至った何ものかが見つかるかも知れません。

文楽「御所桜堀川夜討」(家人)

源平時代を扱う文楽の時代物傑作「御所桜堀川夜討」を観てきました。
西宮の県立芸術文化センター中ホールで行われた文楽in Hyogo
講談師と国際日本文化研究センター教授との座談会もあり
講談師と歴史専門家の座談会、話が面白く弾んで知識が深まりました。

・文楽in Hyogoパンフレット
文楽・御所桜堀川夜討弁慶上使の段

大阪道頓堀の文楽座で文楽を観たのは、何年前だったでしょうか。
2列目真ん中の席、人形師と人形の動き、太夫の語り、太三味線の音
太夫の語り言葉が理解できない部分もありますが雰囲気でわかります。
細やかな人形と同じ動きをする人形師、表情も同じに見える不思議観。

・県立芸術文化センター中ホール
西宮県立芸術文化センター中ホール客席

☆☆ 文楽 御所桜堀川夜討 弁慶上使の段 ☆☆

出演
 座談 旭堂南陵(講談師・学術博士)
    笠谷和比古(国際日本文化研究センター教授)
    河内厚郎(兵庫県立芸術文化センター特別参与)
 文楽 太夫:竹本津駒大夫
    三味線:竹澤宗助
    人形:吉田和生・吉田玉女ほか人形浄瑠璃文楽座技芸員

演目
 第1部 座談「国民的物語としての“源平”時代」
 第2部 文楽「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」

・弁慶
文楽・御所桜堀川夜討の弁慶

司会の巧みな振で旭堂南陵さんと笠谷和比古さんの話が弾みました。
平将門が極悪人にされた経緯、家康が平将門の失敗を学んでいたこと
フィクションの講談師、ノンフィクションの日文研教授
おふたりのわかりやすい話で文楽を楽しむ気持ちが盛り上がりました。

ダイビング「2回目のファンダイビング」(家人)

初めてのファンダイビングから1ヶ月が経過していました。
話していると潜りたくなってきた直ちゃんの気持ちがわかり
2回目のファンダイビングは、3泊4日でダイビングと観光
三段壁、千畳敷、アドベンチャーワールドで遊ぶ計画でした。

・ポイント「沖ノ島」で(2007.03.18)
20070316直美

3月17日、ふたり分の機材を車に積み込み白浜に出発です。
夕方までに到着するゆっくりドライブで向かいました。
和歌山に入ると国道の景色が変わってきます。
海岸線の景色を眺めながらのドライブが好きな直ちゃんです。

・ボートの上で
20070316ボートみんなと

直ちゃんの「2回目ファンダイビング」感想です。

『今回は白浜3連泊。
 3連泊すれば10本は潜れるとベテランさんは仰るけど
 初心者なもので4本だけ潜る。

 北島インストラクターとのファンダイブ
 天候:晴れ 風:北東2~3m 気温14℃
 海況:中潮 透明度7~8m

 ダイビングの一週間前くらいから
 スポーツジムで腰を痛めていたわたし。
 北島さんはずっと気遣ってくださって
 わたしの分も重い器材を運んでくださった(感謝)。

 お蔭様で白浜に滞在中、温泉にじ~~っくり浸かり
 後半は嘘のように楽になっていた

 ビーチからボートに乗り沖の島ポイントへ向う。
 ボート上のメンバー
 健太さん・雄一さん、みかっち・北島イントラ
 つねさん・直美(モジモジ君の格好は温かいヨ)

 ボートから潜降し着底
 白浜の冬の海は澄んでいて美しい景色だ。

・海中集合写真
20070316海中みんなで記念写真

 休憩して2本目はビーチから潜る。
 いきなりエイリアンに遭遇
 大きな大きなクラゲが不気味に漂っている。
 すかさずイントラから「気をつけて」の書込み指示。
 写真で見てもかなり気持ち悪いわぁ。

 美味しそうな鯛(だよね?)も
 わたしの側を着かず離れず一緒に泳いでくれる。
 カメラに気がついたので身体をくるり
 楽しい海中散歩!

・美味しそうな鯛
2007031ドラムス前真鯛

 この日はイントラの判断で海が荒れる前に
 お昼過ぎにはダイビングを終えることができた。
 キレイな白浜を知ることができたダイビング☆
 北島さん、メンバーの皆さまありがとうございました』

2回目のファンダイビングを終えました。
ドライスーツの操作にまだまだ慣れていない私たちでしたが
スキル未熟の不安はあっても潜るだけで楽しいダイビングです。
13本目と14本目のダイビング、まだ始まったばかりでした。

芋ほりのお手伝い(家人)

友人の畑に行って「芋ほり」のお手伝いをしてきました。
芋ほりを体験するのは、何年ぶりのことでしょう。
有料の芋ほりでなく個人の畑で芋ほりをするのは、
直ちゃんの実家以来ですから25年以上も前になります。

・直ちゃんの実家で芋ほり
2010直美・芋ほり実家

茎を少し残してツルを切る作業からしたのは初めてです。
長く伸びて絡まったツルを切り取って
ツルから少し離れたところにスコップで入れます。
両側に入れて掘り起すとサツマイモが頭を見せました。

畑の作業をほんのちょっと手伝っただけですが
直ぐに腰が痛くなるなど農業の大変さを実感します。
友人のご主人「趣味で作るから出来不出来はいいとして
生計を立てる農業はそうはいかない」と実感のある言葉。

・農業に向かないね
高原のコスモス畑直美

直ちゃんが『私たちは、農業より素潜りの漁業向き』
そういって笑っていたのを想い出しました。
フィットネスの筋トレで身体を鍛えているはずでしたが
畑にスコップを入れるだけでも苦労しました。柔いです。

枯葉と紅葉の有馬富士公園(家人)

丹波市春日町「三心五観」の帰りに寄った三田市の「有馬富士公園」
今年の2月、公園の池に氷が張る晴れた日に訪れていました。
寒さの一番厳しい時期でしたが、晴れた日に公園内を散歩するのは
気持ちが良くて、ゆっくり歩くだけでも温まったのを思い出します。

・氷の張った公園内の池(2012.02.04)
有馬富士公園2月池

陽光にきらめく池に集まってきたカモの群れ
茶店のような茅葺家屋でお茶をご馳走してくれた管理人から聞いた
福島大池を水源とした三田の殿様の話も思い出しました。
昔の殿様は偉い、それに比べて今は、9カ月たっても同じ想いです。

・カモの群れ(2012.02.04)
有馬富士公園2月かも

・モニュメントの処で(2012.11.23)
有馬富士公園11月恒明

勤労感謝の日、雨上がりの祝日の公園は、人もまばらでした。
駐車場に停まっている車の数と園内の人の数が比例していません。
イベントらしき看板を探してもなく不思議でしたが
雨に濡れた紅葉の園内、足元から冷えたので早めに切り上げました。

・紅葉の有馬富士公園(2012.11.23)
有馬富士公園紅葉の木々

標高374m有馬富士の麓に広がる有馬富士公園が開園したころ
直ちゃんと訪れたことがありましたが、余り記憶に残っていません。
電子アルバムの写真を探しましたが見つかりません。
写真を撮らなかったとはないのでカメラを忘れたのかも知れません。

農家レストラン「三心五観」(家人)

今月2回目の農家レストラン「三心五観」でランチしてきました。
丹波市春日町の自然の中にある無農薬栽培野菜のレストランです。
前回はR175号で、昨日は宝塚で若夫婦を乗せR176号から
あいにくの雨の降る中でしたが、ホカホカの店内でランチタイム。

・藤本ご夫妻と一緒に(2012.11.23)
三心五観藤本夫妻と私

ご夫婦で栽培されている無農薬野菜だけを使ったお料理が出ます。
優しくて穏やかな味、前菜、メイン、デザート、すべてに満足
野菜大好きな若夫婦も「また連れてきてほしい」と大満足です。
今回も謙虚な力強さと穏やかな食の拘りを味わったお食事でした。

・前菜
三心五観前菜

・メイン料理、玄米ご飯、味噌汁
三心五観メイン

・デザート、黒豆コーヒー
三心五観デザート

三心は、喜びと思いやりと大きな心を持って料理すること
「喜心:作る喜びもてなす喜びを持って作る」
「老心:相手を思いやり親切丁寧に作る」
「大心:囚われず深く大きな心で作る」
五観の偈は、仏の徳や教えをたたえていただくことで
「感謝し、反省し、心を整え、心身の成長の為に食事をして
 道の成就を目指そう」

詳しくは三心五観HPで http://www.3shin5kan.com/

・店内で販売されている玄米と7分米
三心五観玄米・7分米

・有馬富士公園の紅葉
有馬富士公園紅葉

帰り道、R176号の三田付近から少し入ったところにある公園
雨が止んでいたので「有馬富士公園」に立ち寄りました。
雨に濡れた木々の紅葉が曇り空にもかかわらず映えています。
足元が冷えるので散策はあきらめましたが、紅葉狩りのひととき。

ダイビング「初ファンダイビング」(家人)

宮古島でスポーツダイバー認定を受けて2007年を迎えました。
オーダーメイドしたドライスーツも手元に届き
早くファンダイビングしたい直ちゃんの気持ちを察していたので
ショップガイドが主催の南部ファンダイビングに申し込みました。

・初ファンダイビングにワクワク
20070218南部初ファン二人

担当インストラクターは、見るからに真面目そうな若者のKさん。
ショップは、南部の海岸沿いにある「インディコブルー」でした。
そのころのインディコブルーは、施設の増設&改修中でしたが
ショップ前に広がる南部の海が何とも美しい素敵なところでした。

・これから潜ります
20070218南部初ファン直美フード

前夜の大雨が嘘のように晴れて絶好のダイビング日和と思いきや
ポイント「ソコヒズメ」に着くと雨の影響で海が濁っていました。
2007年2月18日 11本目のダイビング
天候:晴れ 風:北北西 気温:12℃ 水温:16℃
波:2~3m 最大水深:11.4m 透明度:2~3m

・初ファンダイビングのログ付け
20070218南部初ファンログ付け

初ファンダイビングの海は、味噌汁の中を潜っているようでした。
それでもKさんは、私たちを楽しみませてくれるパフォーマンス
直ちゃんのログブックにそのことが書いてありました。
『初めてのファンダイビング!
 波が荒く少し気持ち悪くなった。次から薬を飲むようにしよう。
 視界が悪く、ついていくのが精いっぱいだった。
 おやつタイムでインストラクターのKさんが
 プリンやスナック菓子を食べるショーを見せてくれた。
 海中ではプリンが形をくずさず固くなっていたのが面白かった』

・一緒に潜った仲間と記念写真
20070218南部初ファンみんな

2本目で直ちゃんのことを気にかけ過ぎて浮上してしまった私に
一緒に潜っていたクロちゃんが助けに来てくれました。
視界が悪い中、潜り直して合流できたので良かったのですが
バディーへの気配りはだいじでもトラブルを起こすのは駄目です。

初ファンダイビングで体験したことを忘れていたかも知れません。
バディーへの気配り、私が先にエントリーしていたら防げた事故。

ランニング始動(家人)

来年2月24日開催のフィットネスコスパ・ランニングイベント
大阪の長居競技場周回道路で行なわれるリレーマラソン大会
水泳仲間に誘われて気軽に「出場します」といったものの
このところまったく走っていなかったので、昨日走ってみました。

・ランニングロードのある三木防災公園
三木防災公園吉田さん遠景

走るといっても、いつもは脳を活性化させるスローランニング
スローランニングだとリレーマラソンに参加するだけになります。
家から西体育館まで往復約7kmの後半、スピードを出しました。
これがいけません。いきなり走ったので膝痛と太もも筋肉痛です。

・コスパ西神中央ランニング会(高塚公園)
コスパランニング会恒明

昨年の夏、左足脹脛のヒラメ筋を痛めたことを思い出しました。
走って、痛みを感じてから思い出すのは遅きに至りですが
今日から外出予定のない日は走って足をならすことにしました。
スローランニングから初めて、徐々にスピードを上げていきます。

・コスパ西神中央ランニング会(高塚公園)
コスパランニング会ゴール

リレーマラソンですから途中で走るのを止める訳にはいきません。
短い距離でも棄権することなく走り切れる自信をつけましょう。
そのためには練習あるのみです。走り込んで自信をつけます。
参加するなら速く走りたいと思うのは、団塊の世代の悪い癖です。

ダイビング「ホテルでリラックス」(家人)

ダイビングのスポーツダイバー講習で初めて訪れた南国「宮古島」
那覇空港から更に300km南下、那覇から約40分の距離です。
ホテルは、ビーチもある宮古島南岸沿いのブリーズベイマリーナ
リゾートホテルのたたずまいに直ちゃんはとても喜んでいました。

・ブリーズベイマリーナホテルの室内で
スポーツダイバー講習ホテル室内

ホテルにチェックイン、広い室内でリラックスする直ちゃんです。
夕食まで時間があったので近所をサイクリングしました。
エメラルドグリーンの海の見える展望台に上がって美しさに感動
スポーツダイバー講習を宮古島にして良かったと思う瞬間でした。

・講習の朝、ホテルの庭で
スポーツダイバー講習ホテル講習の朝

ブリーズベイマリーナホテルにはシーワールドカウンターがあり
到着したとき、毎朝の出発、ショップから帰って来たときの迎え
ひょろっと背の高い細身のノンタンがカウンター担当でした。
南国の花が咲き誇るホテルの庭で送迎バスを待つひとときの表情。

・ホテル横のレストラン
スポーツダイバー講習レストラン

・ホテル横、ドイツのお城
スポーツダイバー講習ドイツの城

ホテルに隣接したレストラン・ビィアパスは、毎晩ライブがあり
その隣には、友好記念で建てられたドイツのお城がありました。
ダイビングする日の朝食は、お腹半分で控えめです。
神戸に戻る日の朝食は、今までの分を取り返そうと沢山食べます。

・神戸に戻る日の朝食
スポーツダイバー講習ホテル朝食

三木山森林公園レストラン(家人)

今年の秋、初めて三木山森林公園に行ってきました。
若き乙女と連れ立って園内旬彩レストランでのランチタイム。
紅葉した葉っぱが風に煽られて乱れ飛ぶ景色に見とれながら
はやりのお惣菜バイキング、昼のひとときが優雅に流れます。

・旬彩レストランからの景色(2012.11.19)
三木山森林公園レストラン紅葉

家から車で30分、近場でも山深い雰囲気の三木山森林公園
直ちゃんが思い立つとよく散歩を兼ねて向かいました。
小春日和の紅葉の秋、うららかな春眠のころ、程よい汗の夏
寒風の冬に訪れたことはありませんが木枯らし吹く初冬にも。

・森の文化館の前で
2010直美・三木山かみいけばし

・森の音楽ホール
20120408三木山森のホール

森の文化館の中にある音楽ホールも素敵な空間です。
舞台後方のカーテンが開かれるとまばゆい森林公園が広がる
普通の室内ホールと雰囲気の違う開放的な音楽ホールです。
定員280名の小さなホールですが広く感じる空間です。

・紅葉した木々
20091126三木山池に映る紅葉1

北側の山道を歩きながら途中にある展望台によく登りました。
三木市、小野市、遠くにはトレッキングした山々が見えます。
中央の芝生公園、池に映る木々が美しく紅葉しています。
短い秋が終わって冬の近づきを感じる三木山森林公園の昼時。


作曲家当てクイズ(家人)

グリーンフェスティバル「トリオの午後」で行われた作曲家当てクイズ
コンサート開演前にピアニストが弾いた曲の作曲家を所定の用紙に書き
休憩時に提出すると終演後、正解者にプレゼントがもらえる催しでした。
普段からよく耳にする有名な曲でないことは予想しましたが予感が的中。

・正解者にプレゼント「音楽家カレンダー」
音楽家カレンダー

ピアニストが弾いた曲の作曲家は「ブルックナー」
クラシック音楽ファンでなければ馴染みの少ない音楽家かも知れません。
予感が的中して正解しました。13名の正解者から抽選5名に入って
イラスト画の可愛い2013年「音楽家カレンダー」をいただきました。

・U先生から音楽家カレンダーをいただく
音楽家カレンダー受け取る

表紙は、音楽家の誕生日とイラスト画がちりばめられ
一年365日の毎日、クラシック音楽に関するイラストと一言が載った
クラシックファンには、とても嬉しいカレンダーでした。
U先生の発案でしょうか。シャイでお茶目なところもある素敵な方です。

・神学大メモリアルホールのある9号館
神戸学院大学9号館全景

コンサート後半が始まる前、いつものようにインタビューがありました。
チェロ・金子鈴太郎さんのおしゃべりが楽しく心地よいです。
ベートーヴェンがお茶目で面白い人物だった話。「音楽室の絵が問題で
気難しいイメージと違って友達になりたい人」の話に会場が和みました。

グリーンフェスティバル「トリオの午後」(家人)

直ちゃんの51回目の誕生日は、クラシックコンサートで祝いました。
グリーンフェスティバル「トリオの午後」
ベートーヴェン・ピアノ三重奏連続演奏の第4回です。
雨風のなかをベートーヴェンファンがメモリアルホールを埋めました。

・51回目の誕生日
20071220ハーバーランド直美

4回目のピアノ三重奏、普段から余り馴染みのないプログラムでした。
前半は、ベートーヴェンの曲でもゆっくり聴ける三重奏でした。
後半の七重奏曲作品20からの編曲、演奏時間が42分もありました。
長丁場演奏で奏者も力を出し切りアンコールはなし。これも良しです。

・メモリアルホール
神戸学院大学メモリアルホール

☆☆ 鈴木華重子・田中美奈・金子鈴太郎「トリオの午後」☆☆
   ~ベートーヴェン・ピアノ三重奏連続演奏第4回

演奏 鈴木華重子:ピアノ
   田中美奈:ヴァイオリン
   金子鈴太郎:チェロ

プログラム

開演前に『作曲家当てクイズ』ピアノ演奏

前半
♪ ピアノ三重奏曲第8番変ロ長調 
♪ ピアノ三重奏曲第11番ト長調 (仕立屋カカドゥによる変奏曲)
 ~休憩~

後半
  インタビュー、作曲家当てクイズの正解
♪ ピアノ三重奏曲変ホ長調 (七重奏曲作品20からの編曲)

終演後、クイズ正解者に音楽家カレンダー贈呈

(解説)
 連続演奏の4回目。中期の作品ながら10歳の少女のために書かれた
 ため、ごく簡潔にまとめた短い作品と、作曲者が得意とした変奏曲、
 それに作曲者の生前では最も人気があった作品のひとつで、お馴染
 みのメロディが出てくる七重奏曲からの編曲をお楽しみください。

・チェロ金子鈴太郎
金子鈴太郎チェロ

今回は、開演前に作曲家当てクイズがありました。
鈴木華重さんがピアノで演奏する曲の作曲者を当てるクイズです。
クイズに正解して抽選でも当たり「作曲家カレンダー」を頂きました。
クイズとインタビューの模様は、明日のブログに掲載いたします。

神戸市・仁川市「友情のコンサート」(家人)

昨日、神戸市混声合唱団の美しい神戸ハーモニを聴いてきました。
神戸市混声合唱団と出会って合唱や歌曲が好きになりました。
独唱もいいです。女性合唱もいいです。男性合唱もいいです。
でも一番は混声合唱です。密度の高い深みのある合唱に痺れます。

・舞子ビラ神戸あじさいホール
あじさいホール

昨日のコンサートは、神戸市と韓国仁川市の姉妹都市締結2周年
日本と韓国が合唱で結ばれた友情の記念コンサートでした。
昨年は、神戸市混声合唱団が仁川市を訪れてコンサート出演
今年は、仁川市立合唱団が神戸市を訪れて友情のコンサートです。

☆☆☆ 舞子ビラ神戸「海のコンサート」 ☆☆☆
  ~神戸市・仁川市「友情のコンサート」~

会場:舞子ビラ神戸・あじさいホール

指揮 :ユン・ハグォン、藤井宏樹
出演 :仁川市立合唱団、神戸市混声合唱団

プログラム

仁川市立合唱団
 ♪ Me-Na-Ri
 ♪ Alleluia
 ♪ Agnus Dei
 ♪ Pal-So-Seong

神戸市混声合唱団
 ♪ モテット集:ブルックナー
   アベマリア
   この場所をつくりたもうたのは神である
   正しき者に口は
 ♪ 水のいのち:高田三郎
   雨
   水たまり
   川
   海
   海よ

仁川市・神戸市の合同合唱
 ♪ 赤とんぼ
 ♪ アリラン 

・あじさいホールに向かう階段
舞子ビラホール階段

仁川市立合唱団は、民族楽器の太鼓やドラの入った混声合唱でした。
ダイナミックで統制のとれたリズミカルで楽しい歌声
神戸市混声合唱団は、清らかで自由度のあるいつもの歌声
韓国と日本、共通する部分が多いですが歌声には違いがありました。

・仁川市立合唱団
仁川市立合唱団

・神戸市混声合唱団
神戸市混声合唱団

夢の中で(50)家に帰れない:家人

昨日の朝、起きる直前に見た夢の中で直ちゃんが姿を見せました。
あのときから2年6か月、その間、50回目の登場です。
覚えていない夢もありますから、覚えている夢の50回目でした。
たった50回と思わず50回も姿を見せてくれたと思っています。

・最高の笑顔
20070415直ちゃん笑顔ドライスーツ

夢ですが、何とももどかしい内容の夢でした。
帰りたくても家に帰れない夢はときどき見ますがいつも独りです。
直ちゃんが一緒にいて家に帰れない夢を初めて見ました。
帰れないどころか、どんどん離れていくのがわかる変な夢でした。

どのあたりから、どの家に帰ろうとしているのかわかりません。
大阪でも神戸でもない景色でしたが、都会の中でした。
わたしが方角を見失ったところからふたりの会話が始まりました。

 直ちゃん『そっちじゃないような気がする』
 私「あの建物に見覚えがあるから」

 直ちゃん『でも、方向が違うような気がする』
 私「間違っていたら引き返したらいいから行ってみよう」

 長い橋を渡って見覚えのある建物に向かいました。
 しばらく歩いていると建物がどんどん遠くに離れていきます。
 ふたりとも立ち止まりました。

 直ちゃん『やっぱり間違っているよ』
 私「そうかも知れない、戻って道を変えよう」

 また、長い橋を渡って見覚えのある建物に向かいました。
 しばらく歩いていると建物が見えなくなりました。
 また、ふたりとも立ち止まりました。

 直ちゃん『何かが変よ』
 私「タヌキに化かされているのかなー」

 それでも、また、歩こうとしたら私の足が動きません。
 直ちゃんは、歩けるようです。
 
「ちょっと待って」と声をかけたとき目が覚めてしまいました。

・後ろ姿
20080914神戸空港直美後姿

現実世界の直ちゃんは、地理が得意ではありませんでした。
方向音痴ではありませんが、方向を決めるのは、いつも私でした。
ナビがない車で一週間東北ドライブ旅行したときも迷わずでした。
家に帰れない夢は何を暗示しているのか、あのときを考えるから…。

生きていてほしい(家人)

あの日から今日11月15日で2年6か月が過ぎ去りました。

直ちゃんに「生きていてほしい」となんども呼びかけました。
直ちゃんが「生きていてほしい」と私に呼びかけてくれます。
生きている目的がお互いの存在だったら
私の生きている目的がこの世からなくなった2年6か月です。

・一筋の光
20120913ハニーホール差し込む光線

直ちゃんは、異次元の意識の世界で生きているのでしょうか。
生きている私の意識の世界は暗闇になりましたが、
直ちゃんの意識が異次元から一筋の光を差し伸べ、
生きていてほしいといつでも呼びかけているように感じます。

宇宙が大好きだった私たち
新しい星は、暗黒星雲の中で誕生していることを知りました。
暗闇の世界から一筋の光が生まれていることに不思議を感じ
ますます宇宙のことが大好きになっていった私たちでした。

・暗黒星雲
暗黒星雲

私の意識の暗闇の世界にも「星」が誕生するのでしょうか。
星が何なのか、まだわかっていません。
直ちゃんが差し伸べてくれる一筋の光が星になるとしたら
このまま生き続け星の誕生を見ることが目的になるでしょう。

・生きていてほしい
オーシャンダイバー講習海に祈る

それでも、直ちゃんのいない世界で生きていても目的がない
未だにそう思うときがあります。
生きていてほしいと呼びかける直ちゃんの意識を感じないと
直ちゃんと同じ異次元の意識の世界に存在したくなるのです。

トランペットコンサート「虹色の輝き」(家人)

「お茶にする」「コンサートにする」ちょっとそこ(芸文)まで
気軽に楽しむひととき、県立芸術文化センターワンコインコンサート
満席になったKOBELOC大ホールは、開演前の熱気がありました。
芸文を「そこ」と書くパンフレットをデザインした人のセンスがいい。

・若きトランペット奏者:稲垣路子さん
稲垣路子2

秋色に染まった木々の向こうに兵庫県立芸術文化センターが見えます。
若きトランペット奏者・稲垣路子さんの演奏に期待が高まりました。
やわらかい哀愁のある音から弾けるような力強い音まで
金管楽器の魅力を聴衆に聴かせてくれた若者4人の素敵なコンサート。

・秋色に染まった景色の中の県立芸術文化センター
西宮芸術文化センター秋色

☆☆ トランペットコンサート「虹色の輝き」 ☆☆

稲垣 路子 トランペット
佐竹 裕介 ピアノ
水無瀬一成 ホルン
戸澤 淳  トロンボーン

プログラム
♪シャルリエ
 トランペットのための36の超絶技巧練習曲より

♪ヘンデル
 組曲ニ長調

♪トマジ
 序奏、変奏曲Ⅰ~Ⅳ、ロマンス、ファランドール 

♪ガベーユ:
 トランペット、ホルン、トロンボーン、ピアノのための
 レクリエーション  

♪ユポー
 トランペットとピアノのためのソナタ第3楽章「スピリチュアル」

♪アンコール イン・ザ・ダーク

・開演前の大ホール
西宮芸術文化センター大ホール内部

金管楽器コンサート、トランペット中心のコンサートを聴ける機会が
いつでも身近にあるわけではありません。
それもワンコインで聴ける機会なんて滅多にないことです。
満員になった大ホールの聴衆に感激された稲垣路子さんが印象的です。

武井武雄記念「日本童画大賞」(家人)

大坂さんから絵本「月夜の不思議」の絵が完成した連絡がありました。
武井武雄記念「日本童画大賞」に応募する作品の絵です。
絵に文を入れたダミー絵本の添付が応募する条件でしたので
完成した絵を写真撮りして、パワーポイントでダミー絵本を作ります。

・絵本「月夜の不思議」表紙絵
絵本「月夜の不思議」表紙絵

直ちゃんの童話「月夜の不思議」から13枚の絵を描いた大坂さん
童話の挿絵とまた違った背景に抽象画を感じる絵が完成していました。
日本童画大賞出品を意識して描かれたと思いましたが
抽象画家・大坂さんの感性がますます広がっているようで嬉しいです。

・武井武雄作品「クロネコのタンゴ」(日本童画大賞HP)
武井武雄記念「日本童画大賞」

日本童画大賞の解説文
「童画」を生み出した武井武雄(岡谷市出身)は、
 大正から昭和の児童文化興隆期の優れたリーダーでした。
 武井は、子どものために生涯にわたって
 素晴らしい作品を創り続けました。

 岡谷市及び武井作品を所蔵する日本童画美術館では、
 武井の「童画」の精神を継承発展させ、さらに21世紀に
 おける新しい児童文化の創造を目指して
「武井武雄記念 日本童画大賞」を実施しています。

 この大賞展を通じて、第二、第三の武井武雄が生まれることを
 おおいに期待しております。

・大坂さんと直ちゃん
2010直美・ノグと直美すまして

自分の作品を世に送りだす喜びを感じられる作家や画家は幸せです。
文を創作する作家と絵を描く画家が揃うと童話や絵本が誕生します。
新たに文を創作する直ちゃんは、天国に召されましたが
幼馴染の大坂さんが絵を描いて編集作業する私も幸せを感じられます。

ダイビング「スポーツダイバー講習」(家人)

2006年7月、沖縄本島でオーシャンダイバー認定を受けました。
日を置かずスポーツダイバー講習を受ける予定でしたが
行き先を沖縄本島から宮古島に変更したため11月になりました。
このスポーツダイバー講習で出会ったのがシーワールド宮古島です。

・出発の朝の神戸空港(2006.11.05)
スポーツダイバー講習神戸空港

シーワールド宮古島と出会ってダイビングライフが定まりましたが
宮古島がふたりのダイビングのホームグラウンドになったのは
スポーツダイバー講習を受けてから約1年後の10月からで
2007年2月~9月は神戸から近い南紀和歌山で潜っていました。

・これから講習開始(2006.11.06)
スポーツダイバー講習これから

宮古島は、沖縄本島と違って山も川もないサンゴ礁でできた島です。
雨が降っても土砂が流れて海を濁すことがありません。
一年を通し透明度の高い美ら海がいつもふたりを迎えてくれました。
初めて訪れた宮古島4泊5日、3日間でスポーツダイバー認定です。

・ナイトダイビング終了(2006.11.07)
スポーツダイバー講習ナイトダイブ終了

シーワールド宮古島を切り盛りする幸男さんとクミさんご夫婦
スタッフは7名、株式会社で社員にも優しいダイブショップでした。
ダイビングは安全第一、シーワールド宮古島で教えてもらいました。
初の水深27mまで潜ったデープダイブ、小さな洞窟も抜けました。

・スポーツダイバー海洋講習(2006.11.07)
スポーツダイバー講習クリマビーチ

ダイビング8本目のデープダイブ、直ちゃんのログ
2006年11月7日 ポイント:宮古島南岸スモールケイブ
天候:くもり 風:北東 気温:25℃ 水温:26.4℃
水深:27.1m 透視度:30m 潜水時間:28分

絵本の自費出版(14)童話が絵本になって:家人

直ちゃんの創作童話「カレー、ばんざい」が絵本になりました。
絵が完成し、編集を始めて10ケ月、綺麗な絵本になりました。
出版日は、直ちゃんの誕生日「11月17日」です。
一般書店に並ぶのは、新聞広告に載ってからでもう少し後です。

・絵本「カレー、ばんざい」
絵本カレーばんざい3冊正面と縦

絵本は、段ケースの中にクラフト紙で大事に包まれていました。
取り出してみると想像以上に綺麗で素晴らしい仕上がりです。
カバー、表紙、本文、全て色調と紙質にこだわって作った絵本
英語訳も入れた幼い子供から大人まで読んでいただける本です。

・よろしくお願いします
ブリーズベイホテル新館ロビー直美

自費出版ですが制作発売元:神戸新聞総合出版センターとして
一般書店でも販売されます。一般書店に在庫がないときは
神戸新聞総合出版センター発の絵本「カレーばんざい」と
ご注文いただけたら取寄せできます。一冊1,200円(本体価格)

・絵本「カレー、ばんざい」
絵本カレーばんざい3冊やや横

直ちゃんが童話から絵本を作りたかったのかよくわかりません。
でも、直ちゃんの想いが幼馴染の画家・大坂さんに伝わって
童話集だけでなく絵本の自費出版ができたと思っています。
二か国語版の絵本、夢は大きく世界に向けて発信していきます。

ダイビング「オーシャンダイバー講習」(家人)

プール講習を終え、オーシャンダイバー講習日程も決まりました。
7月17日~19日の2泊3日。場所は、沖縄本島本部の海。
白浜でなく沖縄を選択したのは、美ら海を夢見た直ちゃんでした。
このときの選択が、4年後の事故につながるとは思いもしません。

・これからオーシャンダイバー講習(2006.07.17)
オーシャンダイバー講習ウェット二人

オーシャンダイバー講習で潜った初海は、崎本部ゴリラチョップ
数ある中でも沖縄北部の有名なポイントでした。
浜辺から、ボートから、どちらもでもダイビングできるポイント。
オーシャンダイバー講習ですから、浜辺からのエントリーでした。

・沖縄本島本部ゴリラチョップの海で(2006.07.18)
オーシャンダイバー講習海中

初めて書き込んだログブック
ロクセンスズメダイをイラストで描き、一言添えられています。
『砂をふりまくと餌と間違え寄ってきた食いしん坊の熱帯魚』

直ちゃんのログブック1ページ目に書かれていた内容
天候:晴れ 風:南 気温:32℃ 海況:良好 水温:26℃
透視度:12m 最大水深:5.2m 潜水時間:27分

『生まれてはじめてのダイビング
 波のあることがプールと違うこと
 波打ちぎわでフィンをつけるとき、少々とまどう。
 恒さんに身体を支えてもらい、両手を使ってとりつける。
 半分までのマスククリアーも一発OK
 耳ぬきも違和感なくOK』

『浜辺から100mほどの場所、最大水深5.2mで
 海の中には明るい日差しが届いて美しい世界
 色とりどりの熱帯魚が目の前を泳いでいるのを見て
 この星での共存者なのだと思えた』

『浜辺にある岩がゴリラがチェップ(空手)に似ているので
 崎本部ゴリラチョップと呼ばれている』

・海に祈る(2006.07.17)
オーシャンダイバー講習海に祈る

ログブックに書かれた言葉「この星での共存者なのだと思えた」
水族館でなく海の中で初めて見た熱帯魚に感動した言葉でしょう。
熱帯魚をこの星の共存者と思える感性をもって
講習を受けながら周りの世界を見る余裕もあった直ちゃんでした。

・浜で戯れる(2006.07.17)
オーシャンダイバー講習浜辺で遊ぶ

・ゴリラチョップのふたり(2006.07.17)
オーシャンダイバー講習ゴリラチョップ二人

一日目の講習を終えてショップ前のホテルから散歩にでました。
浜辺で海に祈る直ちゃん、どんなことを祈っていたのでしょう。
波打ち際で無邪気に戯れる子供のような仕草もしました。
浜辺を掃除する近所のおばあちゃんが写真を撮ってくれました。

ダイビング「原点に戻って」(家人)

2週間の日程で宮古島に帰る予定がしばらく組めないので
非日常の中心になったダイビングを振り返ることにします。
予期できない事故で最愛のバディーが天国に召され
一人ダイビングになりましたが非日常に変わりありません。

・機材の扱い方を習う(2006.05.30)
ダイビングこれからプール講習

ダイビングの出会いは2006年、コスパのプールでした。
体験ダイビングの案内板を見て迷わず申し込みました。
水着姿でタンクを背負い25mプールを何度か往復して
体験終了後、互いに思ったことは『海で潜りたい』でした。

・BCの扱い方を習う(2006.05.30)
ダイビングBCの扱い方

体験ダイビングの翌日、さっそく講習を申し込みました。
海洋で講習を受ける前にプール講習がありました。
同じプールでも体験したフィットネスの浅いプールでなく
水深が4m以上あるダイビング講習専用のプールでした。

・浅いプールに浮かぶ(2006.05.30)
ダイビングプールに浮かぶ

ウェットスーツ、フィン、マスクなどの軽器材は購入
レギュレーターなどの重器材は、お店のものを借りました。
器材の説明を受け、ウェットスーツで浅いプールに浮かび
深いプールで講習が始まりました。ダイビングの原点です。

・レギュレーターを加えて深いプールへ(2006.05.30)
ダイビングレギュレータを加えて

オーシャンダイバー講習の日程と場所(沖縄)が決まると
安全を考えてプール講習をもう一度お願いしました。
ダイビングは、空気のない世界のスポーツ、安全第一です。
ダイビングの原点から考えていた『安全第一』でしたが…。

次回は、沖縄本島本部の海での「オーシャンダイバー講習」

丹波市春日町から柏原町へ(家人)

農家レストラン「三心五観」で無農薬栽培野菜の料理をいただき
近くにお住いの「上畑木工」に向かいました。
手作り木製ガーデニング雑貨、オリジナル商品も扱う木工屋さん
母屋横の木工所から出て来られて上畑さん、にこやかな方でした。

・上畑木工の母屋
丹波市春日町木工店民家

上畑木工の案内です。
「ひとつひとつが材料も国産の檜や杉を使ってつくっています。
 きっと素敵なプランターや花フレーム(花額)など、
 ガーデニング雑貨用品が見つかると思います。
 お店用のオリジナル商品も開発します」

 上畑木工HP http://uht-gardening.jp/

・上畑木工前の景色

丹波市春日町木工店前景色1
ご夫婦との会話で町おこしに取り組む気持ちが伝わってきました。
近いうちに若い方が集まって会合を持つそうです。
都会から移住の農家レストランの藤本さんも参加されるでしょう。
皆さんの知恵を結集させて盛り上がる春日町、今から楽しみです。

・上畑木工前の景色-2
丹波市春日町木工店前景色2

上畑木工を後にして隣町、柏原町のミツワ梅垣薬局に行きました。
この日、初めてお会いする3人目の方です。
調剤も兼ねた薬局、漢方医療も学ばれている勉強熱心な方でした。
漢方を含む処方の難しさをお聞きして無知の危険性を再認識です。

農家レストラン「三心五観」・生きている証明(家人)

丹波市春日町の農家レストラン「三心五観」に行ってきました。
自宅から高速道路を走らなくても1時間半ほどで着きます。
店名「三心五観」の由来は、食事を提供する側の心得の「三心」
食事をいただく側の心得の「五観の偈」を合わせた造語でした。

・農家レストラン「三心五観」
丹波市春日町三心五観

・農家レストラン周りの景色
丹波市春日町三心五観前風景

三心は、喜びと思いやりと大きな心を持って料理することで
「喜心:作る喜びもてなす喜びを持って作る」
「老心:相手を思いやり親切丁寧に作る」
「大心:囚われず深く大きな心で作る」

五観の偈は、仏の徳や教えをたたえていただくことで
「感謝し、反省し、心を整え、心身の成長の為に食事をして
 道の成就を目指そう」
パンフレットの言葉から「三心五観」が目指す志が伝わります。

・店内に溶け込む柱時計(近所の木工職人手作り)
丹波市春日町三心五観店内時計

心の豊かさ、自然と調和した暮らしに憧れ、都会から移住した
ご夫婦のお話を聞いていると、努力されているとわかっても
伝わってくるのは、謙虚な力強さとおだやかな食の拘りでした。
農作業体験や料理教室もある丹波の素敵な農家レストランです。
 
三心五観HPアドレス http://www.3shin5kan.com/

夢の中で(49)和服でお出かけ前:家人

前回、直ちゃんが夢で姿を見せたのは、10月11日の朝でした。
あれから約1ケ月、今朝の夢の中で姿を見せてくれた直ちゃん
場面は、どこかに出かける前、家の中で準備をしていました。
マンションでなく私の子供時代の家、その様な雰囲気の室内です。

・和服を着た直ちゃん
2010直美・着物姿

子供時代の家と思うのは、襖と天井の間に欄間が見えたからです。
欄間の彫り物模様まで見えませんでしたが
住んでいた昔風の家には、漆塗りの欄間がありました。
欄間越しに声をかけて、返事が返ったときから夢が始まりました。

和服でお出かけ前の夢

 和服を着る独特の擦れる音が
 欄間越しに隣の部屋から聞こえてきました。

(ひとりで和服が着られるのかなー)
 ふと、そんなことを思いながら
 襖の欄間を見上げました。

 欄間越しに
 「直ちゃん、準備できた」
 と声をかけると
 『もうすぐよ』
 『こっちに来て締めてくれる』
 直ちゃんの声が聞こえました。

 襖を開けると
 直ちゃんがひとりで和服を着ていました。
 後姿だったので顔が見えません。

 『ここを締めてくれる』
 直ちゃんの声が聞こえて
 そばに行こうとして……

・振袖を着た直ちゃん
2010直美・振袖姿

そこで目が覚めてしまいました。
今朝も後姿の直ちゃん、顔を見せてくれません。
宮古島のコーラルガーデンで姿を見せてくれたときも後姿でした。
夢の中であっても顔を見て話をしたいのになぜか出来ません。

兵庫県立歴史博物館特別展「赤松円心・則祐」(家人)

先日、姫路城の堀端にある兵庫県立歴史博物館に行ってきました。
鑑賞したのは、特別展「赤松円心・則祐」です。
兵庫県に住むようになり、地元の歴史に関心を持つのも良いこと
県民モニター無料券を使って播磨守護赤松氏の実像に迫りました。

・兵庫県立歴史博物館(2012.10.31)
兵庫県立歴史博物館特別展

播磨守護赤松氏は、西播佐用から身を起こし、南北朝の内乱の中
活躍によって播磨守護の地位を確立し、お家断絶を挟みながらも
戦国時代まで播磨の支配者として君臨したそうです。
知略と行動力で生き抜いた親子、知略も行動もない今の世の議員。

・兵庫県立歴史博物館特別展「赤松円心・則祐」
歴史博物館特別展「赤松円心・則祐」

親子がそろって知略と行動力のある人物だったことを考えると
今の世に知略も行動力のない親子そろっての国会議員が多いです。
世襲の弊害ばかりが目に付く今の世を考えると
国政を司る教育を受けない人が国会議員になっているのでしょう。

・姫路城の堀
姫路城堀

・兵庫県立歴史博物館内にあったお殿様の馬に乗って
模型の馬に乗って

考えても阿保らしいことは、考えないことにしました。
兵庫県立歴史博物館内にあったお殿様の馬に乗って考えたこと
南北朝や戦国時代の世に生まれ、戦乱を生き抜いた人たちの想い
支配者でなく戦場に駆り出された人たちの想いが見えてきません。

但馬焼き「楽々浦窯」創作陶芸教室(家人)

城崎の但馬焼き創作陶芸教室・楽々浦窯に行ってきました。
昨年12月8日以来、約一年ぶりの陶芸教室です。
神戸から宝塚経由で城崎まで440kmの日帰りドライブ。
西高東低の気圧配置で冬模様になった城崎を楽しみました。

・一心に大皿を作る(2012.11.02)
城崎但馬焼き陶芸教室製作中

昨年の作品は、もみじの葉っぱを模様にした底の浅い大皿。
今年も同じものを作って2枚にする予定でしたが
見本を見て気が変わり底の深い大皿を作ることにしました。
もみじの葉っぱ枚数を増やして華やかさを強調した模様に。

・完成した大皿
城崎但馬焼き陶芸教室大皿

・陶芸教室・楽々浦窯
城崎但馬焼き陶芸教室楽々裏窯

窯で焼かれると葉っぱが燃えてなくなって模様になります。
押さえるときに当てた布目が模様になって浮き上がります。
全体に網目模様が入っているのが写真でもわかりますか。
もみじに合わせ全体に網目を入れた出来栄えが楽しみです。

・城崎温泉街
城崎温泉街

・プリンとかりんとうの円山菓寮
城崎温泉街円山菓寮

陶芸教室の帰り、城崎温泉街にある有名なお菓子屋さんへ。
濃厚プリンといろんな味付かりんとうが名物の「円山菓寮」
7年前、直ちゃんとツアーで訪れたときを思い出しながら
外湯や足湯で賑わう城崎温泉街を歩き、帰途につきました。

・足湯する直ちゃん(2005.12.01)
20051201城崎足湯直美

明日11月4日(日)オータムコンサート開催:家人

地域音楽くらぶFRIENDS「オータムコンサート」ご案内です。
今年もプレンティ―のご厚意で明日11月4日(日)に開催します。
近くにお住いの皆様、お買い物のついでにでもお立ち寄りください。
会場は、西神中央プレンティー1番館1階の「なでしこ広場」です。

・なでしこ広場で演奏(2011.11.06)
20111106オータムコンサート演奏

☆☆青少協地域音楽くらぶFRIENDSオータムコンサート☆☆

日程 2012年11月4日(日)

時間 第1回演奏 11時00時~
    第2回演奏 13時00時~

場所 西神中央プレンティー1番館1階「なでしこ広場」
   (大きな時計のある吹き抜けの処です)   

曲目 ①ディズニーマーチメドレー
    ②Sing・Sing・Sing
    ③宇宙戦艦ヤマト
    ④君の瞳に恋してる:サックスアンサンブル
    ⑤愛は勝つ
    ⑥365歩のマーチ
    ⑦勇気100%

・なでしこ広場で演奏(2011.11.06)
20111106オータムコンサートまるもり

音楽くらぶFRIENDSは、創設11年の少編成吹奏楽団です。
経験・未経験を問わず、くらぶ員を募集しています。
是非一度、毎週日曜日午前中の合奏練習会に遊びに来てください。
音楽くらぶFRIENDSのホームページアドレス 
 http://www.hi-net.zaq.ne.jp/budcz705/

神戸市演奏協会「財団設立記念演奏会」(家人)

神戸市演奏協会「財団設立記念演奏会」に行ってきました。
会場は、神戸地下鉄山手線大倉山駅近くの神戸文化ホール
いつもは神戸市混声合唱と神戸市室内合奏団が別々ですが
記念演奏会ですから混声合唱と室内合奏が一緒に聴けます。

・素晴らしいコンサート
20081220ハーバーランド夜景直美

いつもと違ってフルメンバーの神戸市混声合唱団
混声合唱の厚みが一層増して震えるような感動を覚えました。
弦楽四重奏を聴く機会が多い神戸市室内合奏団
合奏メンバーのモーツァルト&メンデルスゾーンに痺れます。

・神戸市混声合唱団
神戸市混声合唱団

☆☆ 神戸市演奏協会「財団設立記念演奏会」 ☆☆

会場:神戸文化ホール・中ホール

出演:神戸市混声合唱団 指揮:藤井宏樹
   神戸市室内合奏団 コンサートマスター:岡山潔

プログラム
♪神戸市混声合唱団
 ブルックナー モテット集
  アヴェ・マリア
  この場所をつくりたもうたのは神である
  われらがためキリストは死んだ
  エサイの枝は芽を出し
 三善 晃 
  三つの抒情
 高田 三郎
  水のいのち

♪神戸市室内合奏団
 モーツァルト ディヴェルティメント変ロ長調
 メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲第12番ト短調

♪アンコール 
 モーツァルト アヴェ・ヴェルム・コルプスより

・神戸市室内合奏団
神戸市室内合奏団

グリーフェスティバルでお世話になっているU先生
先生の一番好きな作曲家ブルックナーのモテット集を聴き
好きになった理由を考えましたがわかりません。
オーケストラ曲が好きな理由だったらわからないわけです。

注)モテット
  ルネサンス時代の多声教会音楽で聖歌や聖書中の詞句

第9回全国公募西脇市サムホール大賞展(家人)

童話集「くじらのクー」、絵本「カレーばんざい」の絵を描いた
大坂さんの作品と彫刻家の旦那様の作品、夫婦が揃って入選した
第9回全国公募西脇市サムホール大賞展に行ってきました。
西脇市のJR加古川線日本へそ公園駅前の岡乃山美術館で開催中。

・JR加古川線日本へそ公園駅にて(2012.10.31)
岡乃山美術館日本へそ公園駅ベンチで

大坂美詠子さんの作品は「ベジタブルⅢ」
絵本「カレーバンザイ」の玉ねぎをモチーフに描かれていました。
大坂一成さんの作品は「Human ERORR(粋)」
一成さん独特の世界観が、小さな作品から大きく感じられました。

・大坂美詠子さんの作品
岡乃山美術館大坂美詠さん作品

・大坂一成さんの作品
岡乃山美術館大坂一成さん作品

第9回全国公募西脇市サムホール大賞展
【会  場】岡乃山美術館
【開催期間】2012年10月14日(日)~11月11日(日)入館無料
【開館時間】10:00~17:00(入館16:30まで)
【休 館 日】月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日(11/5)

・岡乃山美術館(2012.10.31)
岡乃山美術館全景

・JR加古川線日本へそ公園駅より望む
岡乃山美術館日本へそ公園駅

JR加古川線「日本へそ公園駅」は、出はいり自由の無人駅です。
美術館に到着してから帰るまで、停車する列車の音が聞こえない
晴れた日のお昼前、のどかな駅のプラットホーム景色が素敵です。
素朴な駅前に作られた岡乃山美術館、外観が景色に溶け込みます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。