プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯ストラップ(家人)

お祝いの食事会でプレゼントされた「携帯ストラップ」
今まで付けていたビート板と水中メガネは外し
その場で携帯に付けてもらいました。
立派なケースに入っていた「石のいわれ」を読みました。

・ありがとう
ブリーズベイホテル新館ロビー直美

3種類の大小の「石」が順番につながっています。
魔除けの「オニキス」
幸運を呼ぶ「ラピスラズリ」
負のエネルギーからの守護石「スモーキークオーツ」

~石のいわれ~

「オニキス」
元々は魔除けとして重宝され、迷いのない信念を象徴する
黒色から、安定・目標実現を導く石と言われています。
周囲に影響されることなく、持つ者の軸をぶれさせない力を
秘めており、忍耐力を高める力があります。

「ラピスラズリ」
深い青が美しく、幸運を呼び寄せる石としても知られています。
その幸運は表面的なものでなく、潜在的に抱える問題を顕在化させ
それを乗り越えることにより、本当の意味での心の成長を伴う
本質的な幸運へと導くものです。

「スモーキークオーツ」
外からの悪想念や霊的・環境的な負のエネルギーからの守護石
恐怖や不安を解消します。
失敗の多い人の集中力と忍耐力を高め、潜在能力を引き出します。

・プレゼントされた「携帯ストラップ」
守護石ストラップ

石に「力」があるか、ないかは、わかりませんが
信じるか、信じないか、と云われたら、信じると答えます。
科学を超越した「力」があると「信じる」からです。
ただ単に信じるのでなくアシストとして「石」を信じます。

スポンサーサイト

BSACアドバンス認定を祝って(家人)

2010年6月13日付けでBSACアドバンスダイバー認定
インストラクターの卵になった認定を友人が祝ってくれました。
昨年5月一周年記念会で宣言したダイビングインストラクター
真面目に取り組み、頑張った結果だったので素直に喜びました。

・ありがとうございます
花壇でよろしく

Wさん、Yさん、お気遣いいただきありがとうございます。
車が向かった先は、加古川のフランス料理店「エルミタージュ」
サーロインステーキランチ、とても美味しくいただきました。
前菜、かぼちゃスープ、パン3種、紅茶、ケーキも絶品でした。

・フランス料理店「エルミタージュ」
エルミタージュ加古川フランス料理

お二人に「宮古島で体験ダイビングしましょう」と誘いました。
「後方から私がアシストしますので、安心して潜れますよ」
まずはシュノーケリングで海に慣れてもらってからダイビング
このパターンは、今月すでに実施済みですから問題ありません。

・いただいた守護石の携帯ストラップ
携帯ストラップ石3点セット

お祝いを兼ねて「守護石の携帯ストラップ」もいただきました。
魔除けの「オニキス」、幸運を呼ぶ「ラピスラズリ」
そして、負のエネルギーからの守護石「スモーキークオーツ」
初めて身に付ける「石のいわれ」を信じ強力なお守りにします。

絵本の自費出版(9)迷いから抜け出て:家人

直ちゃんの絵本『カレー・ばんざい』を二ヶ国語版にすると決め
神戸新聞総合出版センターから英語訳をもらって1ヶ月半が経過。
英語訳を見たとき思った「難しい」「日本語を易しくしないと」
本文を削るだけでは易しくならず、文章を変えることにしました。

・大切なことは
母の家でよろしく

文章を変えてみて思った「絵本制作の目的、何のため絵本を作る」
筋書きを変えなければ、直ちゃんの文章でなくてもいい
直ちゃんとの共著にすれば問題ない、と自分を納得させましたが
文章を変えながらいつも止まっていた手、その理由が解りました。

絵本を作る目的を見失っていた私を気付かすサインだったのです。
やりだすと没頭できるのに「なにか変だ」と思い通りにならず
それでも直ちゃんとの共著にすれば大丈夫と進めていましたが
宮古島の海に潜って気付かされた「何のため絵本を作る」でした。

・サインを出して
20100513くじら岩直美

迷いから抜け出られ、次のステージに進めることができます。
まずは、絵の中に二ヶ国語を割り付けるデザイン原稿を作ります。
絵の邪魔にならない二ヶ国語文の位置決めと字体の大きさ案
原稿が完成したらプロのデザイナーの手を借りることも考えます。

記憶とエネルギー(家人)

歳を重ねると意識する、しないに関わらず記憶力の減退を感じます。
吹奏楽部で活動していた高校生のころ暗譜は得意でした。
定期コンサートなどで演奏するすべての曲を暗譜できていたのに
今は音楽くらぶのコンサートで演奏する曲を一曲も暗譜できません。

・記憶は技術
2010直美・何を見ているの

高校時代と現在では、練習量に比較できないほど開きがありますが
暗譜は、単なる練習量の違いだけではないような気がします。
暗譜できるちから「エネルギー」の違いがあるように思えるのです。
更に考えると早く正確に記憶する記憶術に関係するように思います。

野外で演奏するとき、風で譜面台が倒れないよう足で押さえますが
ドラムは、譜面台を押さえられず、暗譜するしかありません。
野外の地域イベントに出演したとき、一曲だったので暗譜しました。
ひたすら練習して覚えるのでなくイメージトレーニングで覚えました。

・その気になれば
2010直美・なるほどね

音楽の世界だけではなく、意識の世界にも記憶力があります。
常に意識していないと「意識の中の映像」がぼやけてきますが
映像がぼやけても再び意識することで映像が蘇れば問題ありません。
蘇らなくなったときのことを考え記憶術を学ぶ必要を感じる朝です。

夢の中で(41)沈船ならぬ沈電車:家人

二日続けて直ちゃんが夢の中に姿を見せてくれました。
毎朝夢の中で直ちゃんに出会うと生きていると錯覚しそうです。
まして今朝ようにふたりでダイビングしている夢だと
目が覚めて現実でないことがわかると少し放心状態になります。

・バディーダイビング(宮古島:中ノ島チャネル)
20100124ツーショット中ノ島チャネル

陸の上でも、いつも寄り添っていましたが
海の中に入ると、陸の上より一層、寄り添っていました。
ひとりでダイビングしたことがなかったので
陸の上でも、海の中でも、いつでもバディーは直ちゃんでした。

今朝見たダイビングしている夢は
南紀白浜ポイント「沈船」に関連するような関連しないような
夢の中の海底に沈んでいたのは「電車」でした。
沈船ならぬ沈電車ポイントが現実にあるのか定かでありません。

沈船ならぬ沈電車の夢

 いきなりふたりで潜っていました
 ガイドは、見当たりません
 ふたりっきりで
 限りなく透明な海に潜っていました

 遠くに何かを見つけました
 直ちゃんがこちらを見て
 人さし指を向けて回しています
 身振りで行こうと誘いました

 見えてきたのは
 沈んだばかりのような電車でした
 新しいので模様もわかりますが
 見覚えのない電車でした

 ドアが開いていて、中に入れます
 電車の中に何かが動きました
 直ちゃんが私を見ましたが
 見る目が真剣だと感じました

 マスク越しに見えた直ちゃんの目
 何か言いたいようでした
 (見えたのかなー)
 私には、動いたものが見えません

電車に入ろうとして目が覚め、中に何がいたのかわかりません。

・ジンベイサメに遭遇して(宮古島:アントニオガウディー)
20100124ツーショットジンベエ出たよ

沈んだ電車は不思議でしたが、夢の内容はリアルでした。
ふたりっきりでダイビングしたことは、まったくありません。
今ならポイントを選んでセルフダイビングできますが
直ちゃんが元気だったころ思いもしないふたりダイビングです。 

夢の中で(40)テレビから湯気が(家人)

今朝の夢に姿を見せてくれて直ちゃん、今日は内容を覚えていました。
覚えていますが、いつもと同じようにまったく不思議な内容です。
テレビは、ブラウン管でなく液晶だったので、昔の話ではありません。
一層のこと立体テレビだったらおもしろかったのにただの液晶でした。

・夢は不思議なもの
よろしくね

3Dテレビが普通になって、匂いのするテレビも開発されているとか。
映像データさえあれば、ドラえもんの「どこでもドア」が実現できる
そんな「夢のような研究」をしている大学教授がいます。
過去の映像データですから、ドアから行けるのは、未来ではなく過去。

さて、今朝の夢です。

 テレビのある部屋に
 直ちゃんとふたりでいました。

 直ちゃんが
 『このテレビ、普通のテレビと違うの』
 私が
 「なにが違うの、見たところ普通のテレビだけど」

 直ちゃんが
 『ちょっと見ていてね』とリモコンに触りました
 すると画面から湯気が立ちのぼり
 甘ーい香りが部屋中に充満してきました。

 (夢の中で匂いを感じるのは、滅多にありません)

 直ちゃんが
 『どう、驚いた』と笑いました。
 私が
 「えっ、このテレビ………」
 直ちゃんは
 『いつものテレビだけどね』笑ったので
 
 そんなことはないと思い、何かしゃべろうとして目が覚めました。

・夢は不思議なもの
良かったね

テレビから湯気が立ちのぼるのも不思議でしたが
甘ーい香りが部屋中に充満してくるのが、なんとも不思議な感じです。
夢の中で感じた香りを起きても覚えているのがもっと不思議でした。
お香を焚くのが好きだった直ちゃんでした。でもお香ではありません。

偶然と必然(10)アニミズム(家人)

昨日に続いて今朝も少し難しいことを考えてみました。「アニミズム」
自らの難しい選択に迷っていますので、難しいことを考えるようです。

広大な宇宙の中の、ひとつの銀河系の中の、太陽系の中の惑星「地球」
宇宙が偶然のビックバンにより生まれ、偶然の構成で銀河系が生まれ
太陽が偶然生まれ、また偶然の構成で地球が生まれましたとしたら
今の地球に存在するものは、すべて偶然によって生まれたと云えます。

・偶然でなく(2010.05.14)
20100514最後の写真ふたり

しかし、わたしたちは、偶然によって生まれたとは、思っていません。
思っていないではなく「思いたくない」が正しいのかも知れません。
偶然の存在でなく、必然の存在である、それがわたしたちの思いです。
では、わたしたちの心の中の思い「霊魂」は、どちらの存在でしょう。

さまざまな霊的存在への信仰を「アニミズム」といいます。
霊的存在(霊魂、精霊、妖精など)の典型が霊魂だと思いますが
身体が死滅しても、異次元で存在し続けられる超自然的存在
その霊魂の存在の想いは、信仰のあるなしで決まるような気がします。

・存在を探して
20110721求めてフィンキック2

霊魂をエネルギーと考えると信仰とはまったく違った存在になります。
信仰は心の中に存在しますが、エネルギーは宇宙に存在するものです。
身体が死滅してもエネルギーとして宇宙に存在し続ける
それは、偶然でも、必然でもない、超存在として永遠に生き続けます。

超存在として永遠に生き続けると思うことが信仰なら偶然の存在です。
宮古島でゆったりダイビングしながら意識を交わした存在は必然です。

究極の選択(家人)

幸福の選択に続いて今日は、究極の選択について考えてみました。
裁判員制度が始まって3年が経過し、4年目に入りました。
裁判員を経験した一般市民が、全国で2万6千人を超えましたが
考えていた以上の数で、究極の選択を迫られた方も多いでしょう。

・究極の選択を…
2010直美・琉球衣装直美

裁判員に選ばれると死刑に関わる判断を迫られることがあります。
人が人を裁く中で究極の選択を迫られるのが「死刑の判断」です。
人の命を奪う死刑判決に関わると心がどうなるかわかりませんが
少し前、状況証拠だけで究極の選択を迫られた裁判員がいました。

この裁判に裁判員として加わっていたら究極の選択をどうしたか
考えながら報道をご覧になった方もいたと思います。
罪を憎んで人を憎まず、疑わしくは罰せず、これらを考え合わせ
限りなく状況証拠群が証明しているかに見えても困難な選択です。

・信条を貫く
2010直美・琉球衣装二人

裁判員を体験していないので、具体的なことは云えませんが
その立場に置かれると強い責任感も生まれてくると思っています。
死刑か無罪か究極の選択、この究極の選択は裁判官に任せるよう
現行裁判員制度を見直し、評決から量刑判断削除が望ましいです。

記憶の引き出し(家人)

わたしたちの脳には、物心がついた過去から現在まで多くの記憶が
ひとつひとつだいじに分けて脳の引き出しの中に入っています。
なにかのきっかけで引き出しを開けたときに記憶が戻ってきますが
きっかけなしに引き出しが開いたら、それこそ混乱してしまいます。

・ペンフレンドの孫ボブと姉の家で
2010直美・ペンフレンド姉の家で

直ちゃんが引き出しを開けたときのことをブログに書いていました。
親父のペンフレンド、アメリカ人の孫が日本に来たときのことです。
まったく日本語を話さない彼、ボブと英語で話していた直ちゃん。
『単語を並べても意味が通じるよ』と楽しそうに話をしていました。

☆直ちゃんのブログ「記憶の引き出し」☆

 オットの両親が健在だった頃、
 大阪の家に義父のペンフレンドの孫という
 ニューヨーク在住の青年が一週間ホームステイした。
 日本語を全く解さないアメリカ人が、
 英語をカタコトしか理解しない日本人一家の中で
 よく頑張ったなぁー(^o^)とつくづく思う。
 近所の銭湯に連れて行かれたり、畳に布団で寝たり、
 卓袱台に正坐・・・とことん日本の庶民生活を味わったと思う。
 白人ってほんとうに白かったな。
 当時はわたしもまだ若く、
 色白で肌もすべすべ透きとおる感じだったけど
 日本人は黄色人種なんだと初めて見比べたりしたことを覚えてる。
 ドライブの時わたしたちがビリー・ジョエルの曲が好きで
 聴いていたのをなんか嬉しそうにして、「僕も好きです♪」と。
(彼との会話は全部英語だった・・・うーん、信じられない)
 マイケルジャクソンの曲をかけたら、
「彼は好きじゃない」と言っていた。
 真面目なニューヨーク青年ボブのことを
 マイケルの訃報とともに思い出した。

 記憶の引き出しには様々な思い出が詰まっていて
 脈絡なく開け放たれたらホント混乱する。
 ああ、今夜はどんな夢見をすることやら
 スリラ~♪

・高槻の喫茶店「菩提樹」で
2010直美・ペンフレンド喫茶店

姉が住んでいた高槻の喫茶店「菩提樹」で甥っ子も一緒だったとき
学生だった甥っ子と一緒に楽しそうにボブと話していたのは
英会話のできる親父と直ちゃんでした。
私は、まったく話せず、そばでニコニコしているあかんたれでした。

ダイビングの楽しみ方(家人)

2009年6月、8日~15日まで8日間、宮古島ダイビングでした。
このときが宮古島ダイビング9回目、6日間で14本潜り
神戸に帰った直ちゃんがブログでダイビングの楽しみ方を書きました。
ダイビングはいろんな角度から楽しめる♪から始まるブログ記事です。

・楽しいダイビング
20100120ツーショット水中上から

☆ダイビングはいろんな角度から楽しめる♪☆

 例えば、ダイビング技術を磨く向上心もいい。
 あと、まったりと中性浮力を感じ癒される・・・とか
 大型生物やマクロ生物の観察・・・とか
 海中地図を楽しむ・・・とか
 洞窟地形を冒険する・・・とか
 陸では撮れない景色を撮影する・・・とか
 とても奥が深く飽きることはない。
 余裕が生まれ動画撮影も自在にできるようになったので
 撮影方法も変化しますます面白くなってきた♪

 そんな中で何が好きかというと
 やっぱり・・・洞窟をくぐり抜けて見る世界かな。
 差し込む蒼い光の世界に神々しさを感じ惹きこまれる。
 あの美しさをとらえることができたら嬉しい。

・洞窟をくぐり抜けて見る世界
20091106中ノ島ホールシルエット

わたしたちが宮古島の海に魅力を感じていたのは
ゆったり時間を満喫して潜れる来間島のコーラルガーデンがあれば
狭い洞窟、広いホール、入り組むケーブなど変化に飛んだ海底地形
冒険心をくすぐる魅力満載のポイントが多い美ら海だったからです。

・差し込む光の世界
201009魔王の宮殿

広がる白砂に点在するサンゴ礁、戯れ遊ぶ色とりどりの熱帯魚の群れ
アオウミガメ、ロウニンアジ、マンタやジンベイサメにも遭遇し
ホールに差し込む光の筋、ホールから見えてくる外洋のマリンブルー
エメラルドグリーンとマリンブルー、海の深さで変る宮古の海色です。

ラフマニノフの恋(家人)

ケーブルTVのシネフィルイマジカで録画した映画「ラフマニノフの恋」
2008年4月公開映画、その時の題名は「ラフマニノフ・ある愛の調べ」
「恋」と「ある愛の調べ」にどれだけ違いがあるのかわかりませんが
音楽に結びつく表現「愛の調べ」の方が映画に相応しいような気がします。

・ラフマニノフの恋の一場面(映画紹介サイト)
ラフマニノフある愛の調べ1

ラフマニノフは、ピアノの魔術師と云われている天才的な作曲家です。
「恋をしたらラフマニノフのピアノ協奏曲を聴くようになる」
「グリーグのピアノ協奏曲を聴くようになったら失恋したに違いない」
青春時代、クラシック音楽好きの話題になったピアノ協奏曲談義です。

・わかります
童話経歴写真直美

ラフマニノフの生涯、その人生を変えた3人の女性を描いた映画でしたが
映画が終わって出た字幕「創作も含まれます」に「えっ、創作もあるの?」
実話にもとづく映画と思って観ていましたから「ちょっとねー」でした。
でもハッピーエンドだったので悲惨なチャイコフスキーの映画と違います。

・ラフマニノフの恋の一場面(映画紹介サイト)
ラフマニノフある愛の調べ2

メロディーやハーモニーに感性が反応するのは、ひとそれぞれ違いますが
民族や国を超えて人々の心に共通して何かを感じさせる音楽があります。
人々を奮い立たせたり、人々を何かに突き進ませたり、人々を癒したり
クラシック音楽だけに限りませんが、音楽のもつ「力」を信じる所以です。

レトロな列車で旅の夢(家人)

久しぶりですが、今朝の夢に直ちゃんが姿を見せてくれました。
いつもは夢の内容を覚えていますが、今朝はよく覚えていません。
海の監視団の一員になって潜っていたようなストーリーでしたが
内容や会話が浮かばず、過去の直ちゃんブログをひもときました。

・覚えていないの
来間島港バスタオル直美

宮古島ダイビングに向かう数日前、直ちゃんが見た夢の話しです。
パン食ですが、朝ごはんを食べながら夢の話しをよくしました。
早く話さないとストーリーを忘れてしまうのが夢です。
ふたりが夢を見た朝は、先に話しだすかメモに書いて置くかです。

・夢の話しを
ブリーズベイホテル2新館ロビーふたり

直ちゃんのこの夢の話しは、おぼろげながら覚えていました。
レトロな列車の連結部で作業する非現実な話しが印象的で
宇宙が舞台のスタートレックシリーズを何度も見た影響からか
『宇宙船に乗り込みたい!』と言ったのが印象的だったからです。

レトロな列車で旅の夢、の物語です。

『夢はレトロな列車での旅だった。
 後部車輌との連結部に異常が見つかり
 それを繋げる難しい作業をするはめに。
 あと、車内で起きたトラブルを解決したり
 相談を受ける忙しい夢見。

 列車内は広く船内のような設備で充実。
 うーん、あれは銀河鉄道? UFOかな?
 宇宙船に乗り込みたい~
 中性浮力の海中遊泳で宇宙気分を味わおう』

・何か見つけた直ちゃん
20090409ガウディー直

海の中で中性浮力を保つと宇宙遊泳気分を味わうことができます。
ダイビングの大切なスキル「どんな水深でも中性浮力を保つ」
回数を重ねると水深に関わらず中性浮力が保てるようになります。
一般人が宇宙に行ける時代になりましたが、海でも味わえる宇宙。

6月の宮古島ダイビングを終えて(家人)

2012年6月の宮古島ダイビング、8日間で潜った本数は16本です。
昨年6月、ほぼ同じ時期に8日間で23本潜った実績がありましたが
今回は、BSACアドバンス講習と評価、体験ダイビング付き添いなど
ファンダイビングは、4日間だけだったので16本潜れて良しとします。

・クミさんとマスミさんと3人で(2012.06.10)
20120610クミさんマスミさんと3人

BSACアドバンスダイバーのトレーニング、ガイド評価、筆記テスト
すべてをクリアーして認定され、昨年来の目標を達成しました。
昨年9月、ダイブリーダー講習から始めたインストラクターへの道のり
ひとまずBSACアドバンスダイバーまで、次のステップへは未定です。

・ガイド評価、ビーチで説明(2012.06.12)
20120611ガイド評価ビーチ

・ガイド評価、スタート前の残圧確認(2012.06.12)
20120611ガイド評価残圧確認

前半4日間、2日目に初めてシュノーケルツアーを体験し
海面からサンゴや熱帯魚を眺めているだけでも癒されると解りました。
シュノーケルのあと、体験ダイビング4本にすべて付き添いました。
一足先に帰った友人から「宮古貯金を始めました」と嬉しい便りです。

・シュノーケルツアー(2012.06.08)
20120607シュノーケル

・体験ダイビング(2012.06.08)
20120608体験ダイビング3人

今回は、風の影響とうねりや流れなど海況が今ひとつで外洋に出られず
来間島のコーラルダイビングになりました。
それなら一眼レフの撮影練習をしようと中性浮力を保って撮りました。
マクロレンズで小物撮影、離れてズーム撮影、じっくり練習できました。

・中性浮力を保って撮影(2012.06.14)
20120614中性浮力を保ち撮影

・宮古島の海に潜りたい
20100513くじら岩直美

時間が経つほど募る想いがあります。宮古島の海に潜ると一層募ります。
ガイドトレーニングとガイド評価で潜っているとき意識を感じました。
なにも聞こえませんが、いつもそばに寄り添っている感じがありました。
もし元気でいたら一眼レフカメラを持って撮っていたのは直ちゃんです。

★朝からネットにつながらずイオネットサポートセンターに連絡して
 ルーターに問題ありと判明しました。
 本ブログは、モデム直結で掲載しましたが、セキュリティーもあり
 ルーターを交換するまで、しばらくブログ掲載は休止します。

6月の宮古島ダイビング8日目(家人)

10日間は、またたく間に過ぎ去り、今日の夜には神戸に戻ります。
6月の宮古島ダイビング最終日も南の風が強くて外洋に行けず
ショップ近くのコーラルガーデンで2ボートダイビングしました。
宝塚のSさんとバディーダイビング、ナリ君の研修兼アシスト付き。

・コーラルガーデンにヒトデ型UFO出現(2012.06.14)
20120614コーラルに星型UF0

コーラルガーデンにヒトデ型UFOが出現したのは、一昨日でした。
水面に照り返す太陽光に浮かびあがるヒトデは、まるでUFOです。
水中では、こんな写真を撮ることもできる面白さがあります。
潜らないと見られない生物、偶然出会う生物、ダイビングの醍醐味。

私のファンダイビング3態です(撮影:マスミさん)
八重丸からエントリー、被写体を物色して、カメラを構えてカシャ。

・両手でマスクを押さえてエントリー直前
20120614バックロールエントリー恒

・被写体を物色しながら遊泳
20120614被写体物色中恒

・身体を固定してカクレクマノミを撮影
20120614カクレクマノミ撮影中恒

2ボートとも一緒に潜った宝塚のSさんとアシストのナリ君です。
BSACアドバンス講習では、ナリ君がゲスト役に、ありがとう!

・宝塚のSさん
20120615宝塚の杉田さん

・アシストのナリ君
20120615アシスト成田さん

宮古島ダイビング8日目
天候:晴れ時々曇り 、気温27℃~30℃、水温28℃
海況:南の風やや強く、波2m→2.5m、若潮
ガイド:クミさん

1本目(通算318本、シーワールド通算260本)
 ポイント:コーラルガーデン(来間島)
 潜水時間:53分
 最大水深:6.1m、透視:15m

・トウアカクマノミ一家
20120615トウアカクマノミ一家

・脳みそのようなノウサンゴ
20120615ノウサンゴ

2本目(通算319本、シーワールド通算261本)
 ポイント:ハマパラダイス(来間島)
 潜水時間:55分
 最大水深:5.7m、透視:20m

・ゾウゲイロウミウシと卵2個
20120615ゾウゲイロウミウシと卵

・チョウチョウコショウダイ
20120615チョウチョウコショウダイ

風まわりの波、海中のうねりと流れ、外洋に出られませんでしたが
来間島のコーラルでゆったりダイビングができました。
ウミウシ探し、珍しい生物探し、一眼レフカメラの練習もしました。
そして何と云ってもBSACアドバンスダイアー認定が嬉しいです。

6月の宮古島ダイビング7日目(家人)

曇り時々雨の予報がはずれ、宮古島(来間島)上空に青空が広がり
エメラルド色のコーラルガーデンが、より鮮やかに見えてきました。
北東から南に風がまわり、今日も外洋で行くことがでませんが
美しいコーラルガーデンでゆったりダイビングを3本楽しみました。

・晴れの日の美しいコーラルガーデン(2012.06.14)
20120614晴れのコーラルガーデン

いつもと違うコースでコーラルガーデンを回遊していると
いつもと違う動きを見せてくれたカクレクマノミに出会いました。
しばらく身体を固定してカメラを向け、シャッターを切り続けると
カクレクマノミの3態「立てたー、仲良し、ケンカ」が撮れました。

・踏ん張ったら立てたー(2012.06.14)
20120614カクレクマノミ立つ

・仲良し(2012.06.14)
20120614カクレクマノミデート

・けんか(2012.06.14)
20120614カクレクマノミケンカ

天気が良くなり仲間と分かれてダイビングに来られた千葉のAさん。
石垣島で潜ったことがあっても、宮古島で潜るのは初めてとのこと。
熱帯魚と戯れる姿を見ていると、直ちゃんの姿と重なって見えます。
記念写真を撮ったとき、うしろで微笑んでいたような気がしました。

・バディーのAさんと(2012.06.14)
20120614私と阿部さん

宮古島ダイビング7日目
天候:晴れ時々曇り 、気温25℃~28℃、水温28℃
海況:北東→南の風、波1.5、長潮
ガイド:マスミさん

1本目(通算315本、シーワールド通算257本)
 ポイント:コーラルガーデン(来間島)
 潜水時間:56分
 最大水深:6.5m、透視:20m

・シライトウミウシ(2012.06.14)
20120614シライトウミウシ

・ニセフウライチョウチョウウオ(2012.06.14)
20120614ニセフウライチョウチョウウオ

・ハナミノカサゴ幼魚(2012.06.14)
20120614ハナミノカサゴ幼魚

2本目(通算316本、シーワールド通算258本)
 ポイント:ハマパラダイス(来間島)
 潜水時間:55分
 最大水深:6.2m、透視:20m

・コールマンウミウシ(2012.06.14)
20120614コールマンウミウシ

・ハマクマノミ(2012.06.14)
20120614ハマクマノミ

3本目(通算317本、シーワールド通算259本)
 ポイント:トウアカガーデン(来間島)
 潜水時間:51分
 最大水深:7.0m、透視:20m

・ガイドのますみさんとAさん(2012.06.14)
20120614マスミさんと安倍さん

・Aさん(2012.06.14)
20120614阿部さん

今日は、6月の宮古島大ダイビング最終日、2ボートの予定です。
天気予報は曇り一時雨、南の風6m、外洋は無理かも知れません。
近場のコーラルで熱帯魚を撮る練習を兼ねてゆったりダイイング。
珍しいウミウシに遭遇、アオウミガメにも遭遇、になればいいね。

6月の宮古島ダイビング6日目(家人)

風が北東から南東にまわり、外洋は、少し荒れているようです。
風がまわるとき、海面は穏やかでも海中にうねりが発生します。
来間周辺の海は凪状態でしたが、コーラルに潜ると流れがあり
水中写真が撮りにくいほどのうねりに煽られ停止が困難でした。

・ハマパラダイスでWピース(2012.06.13)
20120613ハマパラダイス恒

それでもガイドのマスミさんとマンツーマンダイビング
1本目54分、2本目60分、今日のテーマは「ウミウシ探し」
同じ種類も含めてウミウシ20固体以上を見つけてくれました。
ゴミのような固体も含め、さすがに探しの名人マスミさんです。

・デバスズメダイの幼魚乱舞(2012.06.13)
20120613デバスズメダイ幼魚群れ

幼魚も数固体見つけてくれました。可愛い幼魚に比べて成魚は?
ナリ君が大好きな黄色が眩しいミナミハコフグの幼魚
白色が鮮やかで背びれに特徴のあるイロブダイの幼魚
お馴染みのデバスズメダイ幼魚の乱舞は、見飽きない景色です。

宮古島ダイビング6日目
天候:曇り時々雨 、気温25℃~28℃、水温27~28℃
海況:北東→南東の風、波2.5→2m、小潮
ガイド:マスミさん

1本目(通算313本、シーワールド通算255本)
 ポイント:ハマパラダイス(来間島)
 潜水時間:54分
 最大水深:6.3m、透視:15m

・コールマンウミウシ(2012.06.13)
20120613コールマンウミウシ

・カクレクマノミのカップル(2012.06.13)
20120613カクレクマノミ

・ミナミハコフグの幼魚(2012.06.13)
20120613ミナミハコフグ幼魚

2本目(通算314本、シーワールド通算256本)
 ポイント:タートルガーデン(来間島)
 潜水時間:60分
 最大水深:7.0m、透視:15m

・タテヒダイボウミウシ(2012.06.13)
20120613タテヒダイボウミウシ

・イロブダイ幼魚(2012.06.13)
20120613イロブダイ幼魚

・キリンミノカサゴ(2012.06.13)
20120613キリンミノカサゴ

今日は、なにがなんでも3ボートダイビングします。
最終日の明日、器材を洗って干すため2ボートダイビングです。
あっという間の10日間、台風に見舞われない幸運は続きます。
フィリピン沖で発生した台風4号、宮古島から逸れてください。

6月の宮古島ダイビング5日目(家人)

やりました。BSACアドバンスダイバー実技評価と筆記試験合格
昨年から持ち越したBSACアドバンスダイバーに認定されました。
レスキューや海洋能力評価など体力的に厳しい講習もありましたが
酒井講師やショップスタッフのご協力のお陰で目標達成できました。

・酒井講師と記念撮影(2012.06.12)
20120612アドバンスダイバー認定

昨年9月から始めたダイブリーダー講習、アドバンスダイアー講習
これらの講習を通じて実感したことは、安全第一と自己限界を知る
スポーツダイビングを楽しむ前提として当然のことだと思いますが
ゲストダイバーのとき真剣に意識しなかった大切なことの自覚です。

・安全第一で
20111116安全停止中恒

今日から残り3日間、毎日3ボートダイビングを楽しみますが
ダイブリーダーとまた違った目線も意識しながらダイビングします。
インストラクターに求められる能力の幅の広さを実感しました。
安全に楽しむダイビングを支えるインストラクターは、素晴らしい!

認定をいちばん喜んでくれているのは、天国にいる直ちゃんかなー。
でも、ほんとうは、バディーダイビングをいつまでも続けたかった。

・バディーダイビング
来間島港バスタオルふたり

実技評価の模様は、シーワールドのブログをご覧下さい。
 http://tomizo.ti-da.net/

宮古島ダイビング5日目

天候:雨 、気温27℃~29℃、水温28℃
海況:南西の風、波3m、小潮
講師:酒井さん、ゲスト役:成田さん

1本目(講習:通算311本、シーワールド通算253本)
アドバンス・ダイブマーシャルガイドトレーニングNo4
 ポイント:クリマビーチ(来間島)
 潜水時間:44分
 最大水深:6.0m、透視:15m

2本目(講習:通算312本、シーワールド通算254本)
アドバンス・ダイブマーシャルガイド評価
 ポイント:クリマビーチ(来間島)
 潜水時間:38分
 最大水深:6.0m、透視:15m

ダイブマーシャルガイド評価ダイビング終了後に筆記テスト実施。

6月の宮古島ダイビング4日目(家人)

宮古島ダイビング4日目、今日から2日間アドバンスダイバー講習です。
昨年11月から持ち越したガイドトレーニングと実技評価&学科テスト。
昨日は、ダイブマーシャルガイドトレーニングのNo2とNo3でした。
ショップにゲストを迎えたところから始まるガイドトレーニングでした。

・頑張って
20071022宮古島コーラルガーデン直美

ゲストをショップに迎えて挨拶から始まります。大まかな内容は
①施設の案内
②ブリーフィング
③器材の装着
④エントリー
⑤潜水
⑥エキジット
⑦器材の片付け
⑧ログ付け
いつもはゲストとして受けることをガイドになって行なう講習です。

・曇り空のクリマビーチ
20110921クリマビーチ

南西の風がやや強く、外洋は荒れ模様ですが、クリマビーチは穏やかで
曇り空がときおり明るくなる講習日和の一日でした。
クリマビーチを案内してエントリー地点に戻って来なければなりません。
ゲストの安全を常に確認しながら案内するガイドの責任がよく解ります。

講習の模様は、シーワールドのブログをご覧下さい。
 http://tomizo.ti-da.net/

直ちゃんが応援している意識を感じながら講習を受けていました。
天国に召されなかったら受けていなかったアドバンスダイバー講習です。
今日は、ガイドトレーニングNo4、実技評価&学科テスト、頑張ります。

・シーワールドショップ下で
20080917来間ショップ直美

宮古島ダイビング4日目

天候:曇り 、気温26℃~30℃、水温28℃
海況:南西の風やや強く、波2.5m、小潮
講師:酒井さん、ゲスト役:成田さん

1本目(講習:通算309本、シーワールド通算251本)
アドバンス・ダイブマーシャルガイドトレーニングNo2
 ポイント:クリマビーチ(来間島)
 潜水時間:26分
 最大水深:3.7m、透視:15m

2本目(講習:通算310本、シーワールド通算252本)
アドバンス・ダイブマーシャルガイドトレーニングNo3
 ポイント:クリマビーチ(来間島)
 潜水時間:30分
 最大水深:6.0m、透視:15m

6月の宮古島ダイビング3日目(家人)

朝から雨の宮古島、雷鳴が聞こえてときおり激しい雨が降っています。
梅雨の終わりを感じるような雨に予定を変更しました。
島めぐりを後に回し、到着日に通り過ぎた東平安名崎の手前にあった
海宝館で貝殻細工を楽しみました。作ったのは写真立てとネックレス。

・貝殻細工の写真立て(2012.06.10)
20120610海宝館貝殻細工

海宝館の屋根に響く雨音が静かになったので島めぐりに向かいました。
向かった先は、宮古島を横断する「西平安名崎と池間大橋」
ここだけ上空に晴れ間が見えた幸運、西の外れの乳白色の海も美しい。
今日で帰るふたりを宮古空港に見送ってシーワールドに向かいました。

・西平安名崎から伊良部島を望む(2012.06.10)
20120610西平安名崎から伊良部島

来間島は雨が降っていました。近場ならボートでとここでも運がいい。
さっそくウェットスーツに着替えてコーラルに向かいました。
今日のテーマは「ウミウシ探し」、クミさんとマスミさんが探します。
ここでも運良くゾウゲイロウミウシの産卵に遭遇しました。ラッキー。

・ゾウゲイロウミウシ産卵(2012.06.10)
20120610ゾウゲイロウミウシ産卵

宮古島ダイビング3日目
天候:雨ときどき止む 、気温27℃~31℃、水温28℃
海況:南西の風、波2.5m、中潮
ガイド:クミさん(アシスト:マスミさん)

1本目(体験ダイビング同行:通算308本、シーワールド通算250本)
 ポイント:タートルガーデン(来間島)
 潜水時間:63分
 最大水深:6.5m、透視:10m

・コウボウミウシ(2012.06.10)
20120610コイボウミウシ

・キリンミノカサゴ(2012.06.10)
20120610キリンミノカサゴ

・ミナミハコフグ幼魚(2012.06.10)
20120610ミナミハコフグ幼魚

コーラルでは、初めて60分を超えて潜り、ウミウシ探しをしました。
それでもエアーは半分以上残っていたので、呼吸も安定していました。
今日は、アドバンス(ダイブマスター)講習のガイドトレーニング
講師の酒井さんからイメージトレーニングをするよう云われましたが…。

6月の宮古島ダイビング2日目(家人)

体験ダイビング付き添いの2日目は、ボートでショップ近くの浅場へ。
1本目は、ハマクマノミがいっぱい住み着く「ハマパラダイス」
2本目は、トウアカクマノミ親子が住み着く「トウアカガーデン」
宮古島の来間島周辺に広がる浅場、白砂に点在するコーラルガーデン。

・まもなく浮上(2010.01.21)
20100121安全停止ツーショット

体験ダイビング2日目、潜ることにも慣れてきたのかスムーズでした。
海底に止まって熱帯魚を観察したり、周りを眺める余裕もあり
宮古島の美ら海ダイビングの楽しさを満喫してもらったようです。
あっという間の4日間、二人を空港に見送ってから1本潜る予定です。

宮古島ダイビング2日目
天候:曇りのち晴れ 、気温27℃~31℃、水温28.5℃
海況:南西の風、波2.0m、中潮
ガイド:クミさん(アシスト:成田さん)

1本目(体験ダイビング同行:通算306本、シーワールド通算248本)
 ポイント:ハマパラダイス(来間島)
 潜水時間:44分
 最大水深:7.0m、透視:20m

・ハマクマノミ(2012.06.09)
20110621ハマクマノミ

・マダラトビエイ(2012.06.09)
20120609マダラタビエイ

・ハマパラダイス記念(2012.06.09)
20120609ハマパラダイス3人

2本目(体験ダイビング同行:通算307本、シーワールド通算249本)
 ポイント:トウアカガーデン(来間島)
 潜水時間:42分
 最大水深:7.2m、透視:25m

・トウアカクマノミ(2012.06.09)
20110923トウアカクマノミ

・ゾウゲイロウミウシと卵(2012.06.09)
20120609ゾウゲイロウミウシと卵

・トウアカガーデン記念(2012.06.09)
20120609トウアカガーデン3人

宮古空港に二人を見送ってからファンファンダイビング1本できたら
シーワールド宮古島で潜る250本目の区切りを通過します。
ダイビングを始めて潜った本数の80%は、宮古島シーワールドです。
同じポイントに何回潜っても出逢いがあり、飽きることがありません。

6月の宮古島ダイビング1日目(家人)

雲の流れが早い宮古島の朝、晴れ間が広がりショップに着いたころには
穏やかな海、絶好のマリンスポーツ日和になっていました。
太陽に照らされてエメラルド色に輝くクリマビーチ&コーラルガーデン
来間大橋両側に広がる美ら海を見ただけでテンションが上がるようです。

・一緒に(来間大橋をバックに)
来間大橋バックにピース直美

まずは、海に慣れてもらうためにシュノーケルしてもらいました。
手の届きそうなところを泳ぐ熱帯魚やサンゴを見るシュノーケルから
そばに近づき目の前を泳ぐ熱帯魚やサンゴを見られる体験ダイビング
本日の締め括りは、ボートからバックエントリーでコーラルガーデンへ。

宮古島ダイビング1日目
天候:晴れ 、気温26℃~29℃、水温28℃
海況:南→南南西の風、波2.0m→1.5m
ガイド:成田さん(シュノーケル)、酒井さん2本(体験ダイビング)

1本目(シュノーケル)
 ポイント:クリマビーチ(来間島)
 時間:40分

・クリマビーチでシュノーケル(2012.06.08)
20120608シュノーケル3人

2本目(体験ダイビング同行:通算304本、シーワールド通算246本)
 ポイント:クリマビーチ(来間島)
 潜水時間:40分
 最大水深:2.8m、透視:15m

・クリマビーチでいざ体験ダイビング(2012.06.08)
20120608体験ダイビング3人

3本目(体験ダイビング同行:通算305本、シーワールド通算237本)
 ポイント:コーラルガーデン(来間島)
 潜水時間:45分
 最大水深:5.9m、透視:20m

・コーラルガーデンに向かう八重丸で(2012.06.08)
20120608体験ダイビングボート

今日も体験ダイビング2本の予定、楽しい想い出を作ってもらいます。

宮古島めぐり(家人)

すっかり夏模様の宮古島に降り立ったのは、定刻12:50でした。
いつもより長い那覇空港の乗り継ぎ時間も、友人が一緒で退屈せず
飛行機の窓から見えてきた穏やかなエメラルドグリーンの海
初めての沖縄、宮古島の美ら海を見て感嘆詞付きの「キレイ」連発。

・宮古島南岸を望む(2012.06.07)
20120607シギラカントリー南岸

宮古空港でレンターを借り、荷物はシーワールド送迎車にお願いし
遅めのランチを食べて、さっそく宮古島めぐりに出発しました。
来間大橋を渡って来間島へ、南岸沿いを走って「東平安名崎」へ。
強い日差しに照り返す海も一段と夏模様を発揮して「キレイ」です。

・東平安名崎周辺の岩礁(2012.06.07)
20120607東平安名崎岩礁波

・東平安名崎灯台(2012.06.07)
20120607東平安名崎灯台

今日から2日間、友人には、体験ダイビングを楽しんでもらいます。
まずは、シュノーケリングで海に慣れてもらってからです。
南西の風、クリマビーチもコーラルガーデンも穏やかそのものです。
青空に映える南国の可憐な花、透明度抜群の宮古の海に似合います。

・可憐な花から空を望む(2012.06.07)
20120607可憐な花と青空

今日から宮古島(家人)

初春の3月に潜って以来、今年2回目の宮古島に今日帰ります。
前半は、ふたりの体験ダイビングに付き添います。
初めて沖縄を訪れる友人も一緒で、ダイビングだけでなく
レンタカーで宮古島を案内し南の島を好きになってもらいます。

・ダイビングショップ「宮古島シーワールド」
20110914シーワールド階段恒

後半は、持ち越したアドバンス(ダイブマスター)講習の続き
ガイドトレーニングを3本潜り、ガイド評価を受ける予定です。
昨年9月から始めたダイビングインストラクター挑戦
アドバンスダイバー認定が受けられたらひとまず終了とします。

・講師の酒井ナショナルインストラクターと
20111115酒井さんと私

安全をなによりも優先してスポーツダイビングを存分に楽しむ
すべてのダイビングショップができていることではありません。
ダイバーにも問題があるようで、安全より価格優先の風潮です。
宮古島シーワールドは、安全第一のショップですから安心です。

・大好きなポイント「コーラルガーデン」で
20100120ツーショット水中上から

では、今年2回目の宮古島ダイビングを存分に楽しんできます。

駐車場での出来事(家人)

舞子ビラで合唱コンサートに行ったときのことです。
平日の昼過ぎでしたが、駐車場が混み合っていました。
一階に一箇所空スペースを見つけてほっとしましたが
出口に向かうとき2台分の真ん中に停める車が…えっ!

・愚かな人
2010直美・車の中で

駐車していた車は、BMWの新車でした。
思うに、隣に駐車する車に傷つけられないよう
境界線をまたいて停め、隣車との空間を最大限に取る
自己中心的な愚かな人の行為だとすぐにわかりました。

車をだいじにしたい小心な気持ちからだと思いますが
だいじに扱う気持ちが行き過ぎて周りが見えなくなり
自分さえ良ければの気持ちになってしまうと
無様な行ないが平気で出来てしまうのだと思いました。

・悲しいこと
ブリーズベイホテルプール前ふたり

これも大袈裟に考えれば「価値観」の問題になります。
周りのことより自分のことだけに価値観を置くと
自己中心的で無様で愚かな行為をやってしまう
悪いと思っても気持ちを納得させてしまう価値観です。

豆ご飯(家人)

友人の旦那様が作られた皮付きの豆をたくさんいただきました。
ご自身の畑で収穫された摘み立ての新鮮なえんどう豆です。
えんどう豆のいちばん美味しいいただき方は「豆ご飯」
遠い記憶、かすかに残る母の味、旬に味わった母親の味でした。

・炊き込む前の豆ご飯
豆ご飯炊く前

最近はどうでしょうか。昔の運動会は春と秋に2回ありました。
秋が本番の「大運動会」、春は秋の前哨戦「小運動会」でした。
春の小運動会、我が家のお弁当定番メニューは「豆ご飯」
炊飯器の蓋を開けると匂ってきたのは懐かしい母親の味でした。

・炊き上がった豆ご飯
豆ご飯炊き上がり

豆ご飯は、直ちゃんも新婚時代からよく作ってくれました。
彩りよりも味がだいじと、豆を蒸してご飯に混ぜる方法でなく
お米と豆を一緒に炊く、母と同じ方法で作ってくれました。
もしかしたら母に教えてもらい作っていたのかも知れません。

・新婚時代から(1984年、京都にて)
2010直美・銀閣寺にて

教わった通り塩加減し、初めてにしては美味しく炊けた豆ご飯
豆ご飯に似合うおかずは、シンプルな玉子焼きとシャケ塩焼き
そして、豆と高野豆腐に卵を絡ませた煮物です。
これも作ってみることにしました。味付けは私好みの薄味です。

ヒアアフター(家人)

霊能者や臨死体験をテーマにした映画「ヒアアフター」を観ました。
日本では、2011年2月に公開されたアメリカ映画ですが
津波シーンが直後の3月発生した東日本大震災の津波を連想させる
その配慮に基づく判断でしょうか、直ぐ上映が中止されたそうです。

・臨死体験したジャーナリストのマリーと霊能者のジョージ
ヒア アフター

霊能者でもなく臨死体験もしていないので死後の世界は解りません。
解りませんが、死後の世界があると信じています。
この世の時空と異なる時空があの世で、上から下につながっている
つながっているから交信できると考え、映画の内容が理解できます。

・予感のあった直ちゃん
ブリーズベイホテル新館ロビー直美

直ちゃんが天国に召されて死後の世界を考えるようになりました。
愛する人を突然亡くした人は、誰もが考えることだと思いますが
何か伝えたいことがあったはず、何か言い残したことがあったはず
その切なる思いを適えてくれたのが、霊能をある友人の言葉でした。

・映画の最後の場面
ヒア アフター最終場面

見えないものは見えない普通の人、見えないものが見える霊能の人。
見えないものが見えると云われても、本当のことは解りませんが
あのとき『青い海が美しい』と感じた直ちゃんの想いを信じると
映画の最終場面で握手したマリーとジョージの想いが伝わりました。

神戸異人館めぐり(家人)

ボランティアガイドの説明を聞きながら異人館をめぐりました。
遠くの友人が神戸に来ると、異人館界隈を案内していましたが
案内されるほうになったのは初めてです。異人館が新鮮でした。
案内されると知っていたようで知らないところが沢山あります。

・神戸北野美術館で(2005.10.03)
20051003神戸北野美術館直美

地下鉄三宮駅で待ち合わせ、ジャズストリートから異人館街へ。
出発して直ぐ、今まで気付かなかった石柱と地蔵を説明され
「こんなところに、こんなものがあったの、気付かなかった!」
この感嘆詞が続きます。何度歩いても見ていない処の多いこと。

・風見鶏の館
20120602異人館めぐり風見鶏の館

・萌黄の館
20120602異人館めぐり萌黄の館

三宮界隈のボランティアガイドを始めて2年半、紳士のTさん。
歴史を絡ませた興味深い案内、説明が詳しく覚えきれませんが
うなずきながら質問すると、即座に答えが返ってきます。
何度も入場した風見鶏の館や萌黄の館でも新知識が増えました。

・生田神社
20120602異人館めぐり湊川神社

急な坂を登ったり下ったり、シーズンは週に何度もガイドする
足腰が鍛えられても、ボランティア精神に頭が下がります。
この日は、倒壊してはよみがえる「生田神社」で終了しました。
次回は三宮の海側、旧居留地界隈を案内していただく予定です。

神戸市混声合唱団「海のコンサート」:家人

舞子ビラホールで開催された神戸市混声合唱団「海のコンサート」
ソプラノ、アルト、テノール、バリトン、各パート3名の12名
ピアノ伴奏で歌う小編成合唱でしたが、迫力を感じたのは
メンバー構成がホールの大きさに合ってベストマッチだったから。

・神戸市混声合唱団
神戸市混声合唱団

座席は、前から3列目の真ん中やや左がわを確保しました。
12名、それぞれの声が聴き分けられるほどの距離間です。
女性に近く座っていたので、ソプラノの声は特に聴こえました。
中でもモーツアルトのレクイエムが良かったです。感動しました。

・階段を上がると舞子ビラホール
舞子ビラホール階段

私の斜め前に座られた年配のご夫婦が熱心に聴かれています。
口が動いていたので歌われていたようです。もちろん声を出さず。
ソプラノの方が年配ご夫婦と目が合うと歌いながら微笑みました。
お嬢さんを見守るご両親、涙を見せた彼女に心が温まりました。

~海のコンサートProgram「い・の・ち」~

♪組曲「ZAKURO」 星野冨弘:作詞、ドブロゴス:作曲
 日日草
 秋のあじさい
 ZAKURO
 いのち
 コスモス

♪レクイエムより モーツアルト:作曲
 Introtsu
 Kyrie
 Tuba Mirum
 Domine Jesu
 Benedictus
 Lux Aeternal

♪混声合唱組曲「水のいのち」 高野喜久雄:作詞 高田三郎:作曲
 雨
 水たまり
 川
 海
 海よ

♪アンコール
 コスモス

・これから始まる(2008.01.14宝塚大劇場にて)
20080114宝塚大劇場ふたり

神戸市混声合唱団は、1989年に神戸市が設立したプロ合唱団です。
今年から神戸市演奏協会「神戸音楽友の会」会員になりました。
これから混声合唱団の歌声を思い存分楽しめる機会が増えます。
『一番の楽器は人間の声』といった直ちゃんも一緒に聴いています。

古式豊かな色名(家人)

いつごろのことだったでしょうか。その時期を覚えていませんが
色の組み合わせに興味ももった直ちゃんが一冊の本を買いました。
色の組み合わせで、暗い色が明るくなり、明るい色が暗くなる
楽しい色調、悲しみの色調、食欲を増進させる色調もありました。

・楽しい色調が好き(宮古島コーラルガーデン)
20071022宮古島コーラルガーデン直美

今のマンションに移ったとき、設備をすべて新しくしました。
内装は、ウォシュレットを交換したトイレ2ヶ所だけ行いました。
床は、濃い茶系のフローリング模様、壁は細かい模様の明るい色
淡いピンクのウォシュレットに合せた直ちゃんの色彩感覚でした。

そんな直ちゃんの色彩に関わるWeb日記からです。

『「絵手紙入門セット」をもらった。
 絵手紙顔彩という12色の絵の具と筆が付いている。

 古式豊かな色名
  臙脂 (えんじ)     
  花白緑(はなびゃくろく)
  紅  (べに)      
  黄土 (おうど)     
  緑青 (ろくしょう)
  岱赭 (たいしゃ)
  鮮光黄(せんこうき)
  群青 (ぐんじょう)
  黒  (くろ)
  朱  (しゅ)
  本藍 (ほんあい)
  胡粉 (ごふん)

 美しい色名を見ているだけで心が潤う。
 日本人で良かったと思える瞬間。

 植物のこと・日本の文化のこと・・・etc.
 わたしには知りたいこと・学びたいことが
 溢れるようにあって時々脳味噌が熱を発している(^^;
 身近に師と仰ぐ人を見つけて
 その人たちからの教えを吸収したい!
 そのためにいつも新鮮なスポンジのような心でいて
 「知」をすくい取りたいもの。』

・鮮麗なマリンブルーの海と空(宮古島クリマビーチ)
20111124クリマビーチ講習恒

日本人の色彩感覚は、古来から独特のものがあるように思います。
古式豊かな色名から、その感覚の繊細さが見えてきます。
群青色は、鮮麗な藍青色のことです。マリンブルーに似ています。
宮古の美ら海のマリンブルー色、色彩感覚に磨きがかかりました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。