プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレパス700色セット(家人)

朝のラジオから聞こえてきた「サクラクレパス700色セット」
さっそく検索するとサクラクレパス創業70周年を記念して
1991年に作られたクレパス700色セットとわかりました。
欲しいと心が動いても50万円以上するので安易に買えません。

・これでウミウシ描いて
20090409ハマパラダイス直

・シライトウミウシ
20110619シライトウミウシ

クレパスがこの世に誕生して80年以上たっているそうです。
子供のころからあったのでいくつか年上のクレパスです。
幼稚園のころから人と違うことをやっていた私は
画用紙にクレパスで描く絵の色使いが相当変っていたそうです。

そのころのクレパスは12色、よくあっても24色、だった…
おぼろげな記憶をたどると白・黒・赤・紫・緑・青・黄・茶
肌色、灰色、黄緑色、橙色、桃色もあったような気がしますが
60年も前の記憶ですからわずか8色だったのかも知れません。

・サクラクレパス700色セット
桜クレパス700色

日本の色名には、伝統的な草木染めの材料や植物の名前から
また、顔料などからきた微妙で繊細な名前がありますが
直ちゃんが古式豊かな色名と題しブログ記事を書いていました。
敏感に色彩反応するのも感性ですから養いたいと思っています。

☆☆直美ホームページアドレス☆☆
http://www.eonet.ne.jp/~naomi-t/

スポンサーサイト

ステキな金縛り(家人)

幽霊や悪霊、魔女などが起こす超常的現象と考えられていた金縛り
私は、体験したことありませんが、直ちゃんは、たまにありました。
目が覚めているのに起きられない、何かに押さえつけられている
もがくと余計に圧迫感が強くなって身体が固まってしまうそうです。

・金縛りになった
2008.09.24高野山直美

この金縛り、研究が進み睡眠麻痺という睡眠障害の一つと考えられ
浅い睡眠、睡眠不足、日中の睡眠習慣などが原因と分かっています。
意識は目覚めていても、身体は眠っている状態、これが金縛りです。
変なものが見えたり聞こえたりする幻覚もある金縛りは、厄介です。

・悪夢の絵画(ヨハン・ハインリヒ・フュースリー)
ヨハン・ハインリヒ・フュースリーによる「悪夢」

厄介な金縛りも三谷幸喜がテーマに選んで面白い映画になりました。
あの世に行った人がこの世の法廷で証言できたら裁判の様相が変り
問題の多い殺人事件が裁判員制度の対象から除外できるかも…です。
暖かくてほろ苦い笑いの残像が心に残った映画「ステキな金縛り」

・横で見ていた
直美肖像画写真(京都三十三間堂)

不思議な体験、予感のあった直ちゃんの感想を聞きたいですが
言葉で聞くことができないので、意識の交信をためしてみました。
金縛りにあった話をするとき、興味深く話をしていましたので
『あの世とこの世と相互通行できたらいいな』と声が聞こえました。

月と地球の関係(家人)

金環日食が話題になり、今朝は月と地球の関係を考えました。
地球は、月が存在することで安定した環境が保たれています。
地軸の傾きが固定して、季節がめぐる気候があることも
月の存在がなかったらありえないことは、よく解っています。

・月が大好き
20081220ハーバーランド夜景直美

月の引力が影響して、地球の海に潮の満ち引きが発生します。
潮の満ち引きは、見て身体で感じることの出来る現象です。
ダイビングするとき、潮廻りをチェックしますが
潮流のあるポイントに潜る時、より大切な情報が潮廻りです。

先日、潮だけでなく大地も上下していることを知りました。
月の引力が影響して大地も上下するなんて信じられませんが
30cmぐらい上下しているそうですから驚きです。
身体で感じることの出来ない現象も毎日発生しているのです。

・満月の夜に
いいね

太陽より月が好きと云った直ちゃんの意識を感じます。
太陽より神秘的な月に想いを寄せていた直ちゃんの意識です。
その月が毎年数センチ、地球から遠ざかっていますが
月が地球から離れてしまう前に太陽に飲み込まれる地球です。

青柳いづみこwithクリストフ・ジョヴァニネッティー(家人)

ドビュッシー生誕150年記念のピアノ&ヴァイオリンコンサート
ハーバーランドの神戸新聞「松方ホール」で聴きました。
主演は青柳いずみこさん、共演のクリストフ・ジョバニネッティー
ともにマルセイユ音楽院で学んだ同窓のジョイントコンサートです。

・ドビュッシー生誕150年記念コンサートパンフレット
青柳いづみこピアノパンフ

ピアニストで文筆家の青柳いずみこさん、ドビュッシー研究者です。
演奏の間に曲の説明やドビュッシー考察のおしゃべりがありますが
口を真一文字に結んで演奏される姿とは違った表情が見えてきます。
ドビュッシーの不思議な音色を情熱的に演奏されるのはさすがです。

共演したヴァイオリンのリストフ・ジョバニネッティーさん
彼女とは対照的に表情豊かです。柔和な顔、悲しげでほろ苦い表情
旋律に合わせて刻々と変る表情から想いが伝わってきます。
青柳いずみこさんより一歳下の彼、弟分と呼ばれて笑っていました。

・ハーバーランドの夜景
ハーバーランド夜景直美1

直ちゃんと聴いていた「牧神の午後への前奏曲」の演奏が始まると
突然、グレートバリアーリーフで潜ったときのことを思い出し
ダイビングの映像が次々と浮かんで積み重なって
最後に浮かんだ映像は、スタッフが撮ってくれた二人の写真でした。

・グレートバリアーリーフに潜る(2008.12.08)
20081208いざGBRダイブへ

直ちゃんの意識が交信してくれました。
ドビュッシーのファンだった直ちゃんだから気が付いたのでしょう。

~ドビュッシー生誕150周年シリーズコンサート~
第1回 青柳いづみこwithクリストフ・ジョヴァニネッティ
出演
 青柳いづみこ(ピアノ)
 クリストフ・ジョヴァニネッティ(ヴァイオリン)
曲目
 ピエルネ
  子供のためのアルバムより
  ヴァイオリン・ソナタ
 ドビュッシー:
  前奏曲集第2巻より
  牧神の午後への前奏曲(ハイフェッツ編曲)
  ヴァイオリンとピアノのためのセレナーデ(日本初演)
  ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 ラヴェル
  ツィガーヌ

金子みすゞ展「みんなちがって、みんないい」(家人)

天空の姫路城をあとにして、歴史文学館に車を走らせました。
姫路城の正面を西に走って、北に少し上がると文学館に到着。
美術館前の駐車場から歩いて行けない距離でもありませんが
夏日になった姫路、帰りのことを考えて歩くのをやめました。

・姫路文学館「金子みすゞ展」看板(2012.05.24)
20120524金子みすゞ展看板

姫路文学館の金子みすゞ展「みんなちがって、みんないい」
平日のお昼過ぎでしたが、来館者でごった返していました。
お見受けすると女性、それも妙齢の方が多く男性は少数です。
詩の世界に憧れを持つのは、幾つになっても女性でしょうか。

・姫路文学館(2012.05.24)
20120524金子みすゞ展文学館

著名人が金子みすゞの詩に言葉を添え展示されていたパネル。
多くの著名人が選んだ詩は、誰一人として重複していません。
そんなことはない、事前に調整したのではと不思議でしたが
『そんなことは考えないで』と直ちゃんの声が聞こえました。

・姫路城にて(2006.04.18)
20060418姫路城直美

直ちゃんが好きだといっていた金子みすゞの詩「空の色」

 海は、海は、なぜ青い。
 それはお空が映るから。

 空のくもつてゐるときは、
 海もくもつてみえるもの。

 夕焼、夕焼、なぜあかい。
 それは夕日があかいから。

 だけどお晝のお日さまは、
 青かないのに、なぜ青い。

 空は、空は、なぜ青い。

姫路市立美術館の像のそば、歴史文学館の展示室で漂うように
感じた直ちゃんの意識は、霞がかった空の色に溶け込みました。
サニーテラスのソファーに座ってガラス越しに見ていた空の色
金子みすゞの詩「空の色」を想いながら見ていたのでしょうか。

・サニーテラスのソファーに座って(2010.02)
サニーテラスで今年2月

天空の姫路城(家人)

姫路市立美術館で日本画を鑑賞したあと姫路城に向かいました。
平成の大修理中の姫路城天守閣は、カバーで覆われ見えません。
天守閣は見えませんが、工事中の時期だけ見られる「天空の城」
天守大屋根、瓦を外した屋根、真さに天空の姫路城が見えます。

・姫路城天守の大屋根(2012.05.24)
20120524姫路城大屋根

天空の城を見るには、事前に予約しないと駄目だと前日に解り
予約できるのは、見学する2日前までとなっていました。
ダメもとで受付に行くと「今でしたら余裕があるのでどうぞ」
やったー、探検バクモンで見た天空の城がこの目で見られるぞ!

・瓦を外した姫路城天守の屋根(2012.05.24)
20120524姫路城工事中

下から見上げると見えますが、天守閣に登っても見えません。
いづれにしても天守閣の大屋根を身近で見ることはできません。
天守閣のあるお城巡りが好きな私には、格別で至極の時間です。
屋根で作業していた若い匠に、ガラス越しの声援を送りました。

・姫路城の櫓とカバーで覆われた天守閣(2012.05.24)
20120524姫路城櫓と囲い

直ちゃんと毎年、数回訪れていた姫路市立美術館と姫路城散策。
春の季節には、姫路城を取り巻く満開の桜に心が和みました。
姫路城周辺には、歴史博物館や歴史文学館などもあります。
この日は、金子みすゞ展開催の歴史文学館に足を伸ばしました。

・桜の時期に訪れて(2006.04.18)
姫路城ふたり花見

日本画展「麗しき女性の美」(家人)

かつて姫路に行くときは、直ちゃんが思いたって向かいました。
昨日は、友人から美術館招待券をもらって姫路に向かいました。
もらった招待券は、姫路城の内堀そばにある「姫路市立美術館」
リニューアルオープン記念展日本画「麗しき女性の美」でした。

・姫路市立美術館前で直ちゃん
姫路城見返り直ちゃん

日本画を美術館で鑑賞する機会は、思うほどありません。
洋画を観る機会が多いので、日本画だけの特別展は新鮮でした。
油絵より平面的な日本画から見えてくる可憐な麗しき女性の美。
輪郭を強調した裸婦、油絵よりも妖艶な女性の美を感じました。

・リニューアルされた姫路市立美術館で
20120524姫路美術館恒明

明治期に登場した美人画から分類して展示されていました。
生きる女性、端正な美、モダニズム、エキゾチックなどと続き
描かれた舞子のところで一枚の絵に足が止まりました。
北野恒富の戯れ、目が止まった緑色は、近づくと緑の楓でした。

・北野恒富「戯れ」(国立美術館HP)
北野恒富:戯れ

カメラを手にしてふざけるような仕草の舞子さんでしょうか。
燃えるような緑の楓と舞子さんに自然に映える美を感じました。
直ちゃんの感性で観ようとしましたが、意識を感じられません。
感じたのは、いつも観ていた像「花束を持つ少女」のそばでした。

・姫路市立美術館前の像「花束を持つ少女」
20120524姫路美術館花束を持つ少女像

姫路市立美術館リニューアルオープン記念特別企画展
麗しき女性の美の主な出品作品(姫路市立美術館HPより)
 上村松園「人生の花」1899年 京都市美術館
 池田蕉園「さつき」 東京国立近代美術館
 甲斐庄楠音「青衣の女」 1919年 京都市美術館
 北野恒富「戯れ」1929年 東京国立近代美術館
 菊池契月「散策」1934年 京都市美術館
 中村大三郎「女人像」1934年 京都市美術館
 前田青邨「観画」1936年 京都市美術館
 秋野不矩「朝」1940年 京都市美術館
 広田多津「母子」1945年 京都市美術館
 小松均「舞妓」1975年 京都市美術館

大人の関係(家人)

大人の関係というには、子供の関係もあるのでしょうか。
子供と大人の違いは、いろいろありますが
関係から思いつくものは、他人に対する思いの違いです。
自分を優先する子供、他人の思いを優先できるのが大人。

・お互いの想いを優先
白浜アクアマリンふたり

大人の関係が自然にできるのが夫婦関係だと思いますが
世間の話を聞くと、そうとも言い切れないようです。
お互いを思いやるのは、当たり前のことだと思いますが
子供の関係になる夫婦が意外と多いのも事実のようです。

子供の関係夫婦が若い夫婦より年配の夫婦に多い傾向は
お互いが信頼する深さにあるような気がします。
信じて頼る関係が深海のように深いと圧力が増しますが
年月の経過と共に浅くなり圧力がなくなるのでしょうか。

・大人の友情をだいじに
2010直美・長谷寺微笑

大人の男女が友情で結ばれる大人の関係もあります。
相手の想いを優先して、自分の想いも大切にして
お互いが影響しあって感性と教養を深めるだいじな関係
直ちゃんが『大人の友情をだいじに』と微笑んでいます。

グリーンエコー笠形(家人)

笠形山の中腹に落ちる遍妙の滝は、グリーンエコー笠形の奥まった
キャンプ場の駐車場からコテージを抜けたところに登山口があります。
日曜日の朝8時、開門直後に入場し、記憶を辿って園内を走りました。
キャンプ場の駐車場一番乗り、朝の木漏れ日の独り占めが気持ちいい。

・グリーンエコー笠形キャンプ場の駐車場(2012.05.20)
20120520遍妙の滝駐車場

笠形山に登る遍妙の滝コース、その途中にある「オウネンの滝」
この日は、遍妙の滝より水量が多く、滝見姿を誇っているようでした。
直ちゃんと訪れたときも滝壺に近寄って、しばらく眺めていましたが
目的は「遍妙の滝」です。この日もしばし眺めてコースに戻りました。

・オウネンの滝(2012.05.20)
20120520オウネンの滝

・滝見台より神河町を望む(2012.05.20)
20120520遍妙の滝神河町遠景

落差24m、一段のオウネンの滝。落差65m、二段の遍妙の滝。
笠形山(標高939m)の麓と中腹に流れ落ちる神秘的な名の滝です。
滝見から反転して下界を見ると遠くに神河町の人家が点在しています。
霞色のついた景色、山の緑色が近くほど濃くなって遠近が鮮やかです。

・滝見台よりグリーンエコー笠形を望む(2012.05.20)
20120520遍妙の滝グリーンエコー

カメラを少し下げるとグリーンエコー笠形テニスコートが見えました。
麓に広がる「神埼いこいの村」には、野球場やプールなどもあります。
帰りに立ち寄ったレストランの駐車場、11時を過ぎたころで
バーベキューセットを持った家族連れやカップルが入村していました。

遍妙の滝にオーブ(家人)

直ちゃんがオーブになって「遍妙の滝」に姿を見せてくれました。
いつもの沈んだ灰色オーブと異なる美しく輝く青色オーブでした。
昔、お坊さんが修行した遍妙の滝で不思議な体験をした直ちゃん
茶店のお婆さんと話をしながら目が輝いていたのを覚えています。

・遍妙の滝に美しく輝く青色オーブ(2012.05.20)
20120529遍妙の滝オーブ

昇天2周年記念の15日、雨で行けなかった「遍妙の滝」
直ちゃんと意識の交信を期待しながら登山道を登っていきました。
川のせせらぎ、小鳥のさえずり、木々のざわめき、滝のみずおと
自然界の音が調和して息の上がるわたしを優しく包んでくれます。

・滝見台より遍妙の滝を望む(2012.05.20)
20120520遍妙の滝遠景

・遍妙の滝の滝見台(2012.05.20)
20120520遍妙の滝の滝見台

険しい岩場道を歩き、絶壁にかかる鉄骨階段を登って少し歩くと
笠形山コースへの分岐点から屋根のある滝見台が見えてきました。
好天が続いたためか水量が少なく、豪快な滝落ちが望めませんが
新緑の中に流れ落ちる水音が辺りに響き、自然界と対話できます。

・滝壺付近より遍妙の滝(2012.05.20)
20120520遍妙の滝ズーム

かつて直ちゃんが滝壺付近の岩場で瞑想していたところに戻って
同じ岩に同じようにもたれかかって、心静かに滝音に耳を澄ませ
周りを眺めながら、ときどき目を瞑って30分ほど過ごしました。
直ちゃんと意識の交信は適いませんがオーブを見せてくれました。

仲道郁代ピアノコンサート(家人)

モーツアルトクロスオーバー・仲道郁代ピアノコンサート
第1回「モーツアルトSound World!管楽器的考察」
兵庫芸術文化センター大ホールでモーツアルトを堪能しました。
ピアノソナタ、ピアノと木管のための5重奏曲、ピアノ協奏曲。

・素敵なピアノコンサート
童話経歴写真直美

今年1月の先行予約でゲットした座席は、前から3列目の中央
目の前の舞台で演奏する仲道郁代さんに手が届きそうです。
演奏はもちろん、演奏中の表情やドレスが一段と素敵でした。
ドレスの肩口から指と連動する背中の筋肉の動きまで見えて…。

ピアノと木管のための5重奏を生演奏で聴くのは初めてでした。
ピアノにオーボエ、ファゴット、ホルン、クラリネット
仲道郁代さんの表情がソナタ演奏のときとまた違っていました。
指揮者のような、見守るような、多様な表情が素晴らしいです。

・仲道郁代さん
仲道郁代

モーツアルトクロスオーバーの想いや演奏する曲目の紹介など
ピアノの側に立って話をされる仲道郁代さんの声も音楽でした。

~仲道郁代ピアノ・モーツアルトクロスオーバー~

 ピアノ:仲道郁代
 オーボエ:ハン・スンハー
 ファゴット:クルスティーナ・ヘイブンズ
 ホルン:熊井優
 クラリネット:マイケル・バイアリー
 指揮:手塚幸紀
 管弦楽団:兵庫芸術文化センター管弦楽団
プログラム
 ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲」
 ピアノと木管のための5重奏曲
 ピアノ協奏曲第23番
アンコール
 きらきら星による変奏曲

パンフレットに書かれていた仲道郁代からのメッセージ
『このシリーズでは、モーツアルトを核に管楽器的空気感、当時
 の楽器から呼び覚まされる息遣い、弦楽器の「歌」の向こうに
 透けて見える質感、それらを追求してみたのです』
次回は10月です。200年前の復刻ピアノの演奏が楽しみです。

マイムクラウンパフォーマンス(家人)

2012年春のグリーンフェスティバル第326回は「マイムクラウン」
パントマイムパフォーマンスを街の一角でなく舞台で観ました。
ふくろこうじさんの1時間マイムクラウン、不思議な感動を覚えました。
高村篤さん&田中健太さんのパフォーマンスもとても素敵な演技でした。

・演劇熟で習った
2010直美・芝居小作品

終演後、対談形式のインタビューがありました。
質問コーナーで「マイムクラウンで一番楽しいことは?」と聞くと
「飛躍しているとき、物事を考えているとき」と答えが返ってきました。
舞台全体とパントマイムを考え構成しながら飛躍できるときでしょうか。

ふくろこうじさんの答えを聞いて思ったことは
「人間と物を一体として捉えて真剣に考えているんだ」でした。
音楽(実音と無音)を巧みに使い、道具が出す音も音楽になっています。
長時間、観客の目を舞台にひきつける素晴らしいマイムクラウンでした。

・ふくろこうじさんのクラウン姿
マイムクラウンふくろこうじ

~2012年春のグリーンフェスティバル第326回~

マイムクラウンパフォーマンス
構成・出演=ふくろこうじ // 高村篤&田中健太
プログラム
(1)高村篤&田中健太のパフォーマンス
(2)ふくろこうじの『出口あり』

 ふくろこうじさんのHP http://www.fukurokouji.com/

解説(神戸学院大学HPより)
 2007年に初演された『出口あり』は、モノや道具を巧みに使い、
 マイム技術を駆使しながら、ふくろこうじがサイレントクラウン
 としての新境地を切り開いた画期的な作品です。
 仕事も家もなくし、ひとり路上生活を送る主人公が「段ボール」
 や「ペットボトル」など、日常生活を取り囲むさまざまなモノと
 戯れながら、創意工夫を凝らし、愉しく、したたかに日常を
 生き抜いていくのです。
 その姿は、笑いと共感を誘うとともに、私たちの世界が思いの
 ほか自由に遊べるものだということを発見させてくれるでしょう。

夢の中で(39)女王陛下の部屋:家人

夜中に、直ちゃんが姿を見せてくれた夢を見て目が覚めました。
記念日から数日経って見た夢の舞台は西洋のお城の中でした。
夢の舞台がヨーロッパのお城ではないかと思ったのは
登場人物のひとりが某国に君臨する女王様に似ていたからです。

・沖縄の首里城で(2007.12.14)
20071214首里城直美

わたしたちは、女王陛下の側近になっていました。
お城の部屋には、女王陛下と直ちゃんと私の3人がいました。
言葉を交わしていますが、声が聞こえないので言語が不明です。
真剣な表情から、緊迫した場面であることが伝わってきました。

~夢の中の女王陛下の部屋で~

 女王陛下が部屋の隅から
 わたしたちに向かって
 「……………」(言葉が聞こえません)
 直ちゃんが返事をしました。
 『……………』(言葉が聞こえません)

 真剣な眼差しで私を見た女王陛下は
 身振り手振りをまじえて
 「……………」(言葉が聞こえません)

 声が聞こえないので
 答えようがなく
 私は、両手を軽く挙げて首を傾けました。

 直ちゃんが私をうながして
 部屋を出ようとしました。
 迷っている私に構わず扉を開けた直ちゃん。

 扉の方に向かって声をかけようとして…

目が覚めて我に返りましたが、しばらく夢と現実が交差します。

・和服姿で
2010直美・着物姿

西洋のお城だったのに直ちゃんは、和服を着ていました。
わたしの衣装はわかりませんが、洋服だったような気がします。
女王陛下が誰だったのか、直ちゃんが部屋を出ようとしたのか
女王陛下が直ちゃんの身近な人だったら夢の意味がわかります。

羞恥心(家人)

漫画が良くないと思いませんが、いい歳の人が車内で漫画を読む
この光景に出くわすと、恥ずかしいと思う気持ちがないのか
恥じらいを感じていないのかと思ってしまいます。
しかし、恥じらいを感じたら車内で漫画を読むことはありません。

・恥じらいを
20051201城崎足湯直美

パリとロンドンで地下鉄に乗る機会が何度かありましたが
本や新聞を読む人がいても漫画を読む人はいませんでした。
今は、通信機器をいじる人が増え、漫画を読む人は少ないですが
それでも漫画雑誌などを堂々と読みふけるオトナを見かけます。

羞恥心と題した直ちゃんのブログです。

『公共の乗り物内で漫画を読みふける
 オトナ
 あたりまえのように目にするようになった。

 漫画雑誌だったり、単行本漫画だったり
 中にはなぜこんな場で・・・と、
 こちらが赤面するようなH本だったり。

 彼らはどんなことを考えて
 人前で漫画を読むのだろう?

 この感覚の違い
 恥ずかしいと感じる行為の相違

 大声でケイタイで話す
 酔っぱらって前後不覚に陥る
 優先座席に必要とする人が乗ってきても無視をする
 ・・・・・
 公共の場でのあたりまえのマナーすらできない
 オトナ

 羞恥心とは人によって違うのだ
 そもそも羞恥心があるのかさえ疑わしい

 こんなオトナの群が
 現代社会を汚している。』

・恥ずかしいと感じる心を
20080914比叡山延暦寺ふたり

思う以上に厳しく書いていますが、私も思うところは同じでした。
現代社会を汚しているとまで言い切れるところが羨ましいですが
恥じらいの感情は、その人の複雑で高度な情操が現れる一つです。
複雑で高度な情操の少ない人に恥じらいを云っても始まりません。

狭い時空通路を見つけて(家人)

昇天2周年記念日がなにごともなく通過の一日として過去となり
朝晩の肌寒さが和らいだ五月晴れの3年目が平穏に始まりました。
毎日が過去とつながる区切りの記念日で交信が適いませんでしたが
その想いが未来につながることを強く感じた一日でもありました。

・想いが未来につながる
20090412かすみツーショット

小さな子どもから小学生に読んでほしい絵本「カレー・ばんざい」
大人も対象にした童話の文章は、英訳を見て難しいと気づきました。
絵本「カレー・ばんざい」の文章を易しくする作業をしながら
直ちゃんならどのような易しい言葉を使うかを考え、進めています。

過去の会話を思い出し、直ちゃんの想いにアクセスしながら
言葉を選んでいると創作していた当時の想いに近づけるようです。
近づいてはいますが、寄り添うところまで至らないのは
直ちゃんと交信する時空が狭い通路でつながっているからでしょう。

・時空のつながる砂時計
砂時計

直ちゃんの時空とつながる狭い通路は、まるで砂時計のようです。
砂時計ならひっくり返すと双方向になりますが
ひっくり返せない時空交信は、上から下へ一方通行しかありません。
それでも狭い時空を見つけて交信してくれることを願い作業します。

ドリームコンチェルト(家人)

昨日は、天気が悪く登山道を歩く偏妙の滝に行くのは延期し
絵本「カレー・ばんざい」の文章編集に没頭しましたので
今朝は、若手演奏家によるクラシックコンサートの話しです。
プログラムの最後は、直ちゃんが好きなヴァイオリン協奏曲。

・クラシック音楽大好き
20071220ハーバーランド直美

PACオーケストラとワンコイン・コンサート出演者による
スペシャルコンサート「ドリーム・コンチェルト」
羽ばたく若きアーティストとPAC、夢の競演
兵庫県立芸術文化センター大ホールのクラシックコンサート。

ヴァイオリン協奏曲、クラリネット協奏曲、オペラのアリア
若手4人の熱演、見守るような指揮者とPACオーケストラ
大ホールを埋め尽くした満員の聴衆、すべてが一体となって
何ともいえない素敵な雰囲気のクラシックコンサートでした。

~ドリーム・コンチェルト~

指揮 山下一史
ソプラノ 田邊織恵
バリトン 与那城敬
クラリネット 吉田誠
ヴァイオリン 清水あや
管弦楽団 兵庫芸術文化センター管弦楽団

曲目
1.ロッシーニ:セヴィリアの理髪師より
2.ウェーバー:クラリネット協奏曲第2番
3.プッチーニ:マノン・レスコーより、ラ・ボエームより
4.ビゼー:カルメンより
5.チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

・兵庫県立芸術文化センター大ホール
兵庫芸術文化センター大ホール

山下一史さん指揮の演奏を初めて生で聴きました。
若手演奏家を見守る眼差しでずっと指揮をされていた山下さん。
若さ溢れる演奏を聴く私たち聴衆も、何となく力が入ります。
特に挙げるとしたら与那城さんのバリトン声に聴き惚れました。

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が好きだった直ちゃん。
演奏中に意識を感じさせてくれると期待しましたが
今回は、演奏が終わるまで意識を感じさせてくれませんでした。
どこかに行っていたのかも知れません。どこに行ったのかなー。

あなたの場所で生きる(家人)

直ちゃんが天国に召されて2年目の記念日の朝を迎えました。
いつもと同じ朝が明けましたが、想いの中では特別な朝です。
昨年は、童話「くじらのクー」出版記念パーティーを開催し
生前お世話になった友人、知人らと昇天一周年を祝いました。

・昇天一周年「出版記念パーティー」
20110515出版記念パーティー

2年前の朝、ブログを書く直ちゃんの後姿が見えてきました。
沖縄返還38年目の朝、短い最後のブログです。
『今日は沖縄が返還されて38周年記念日。
 折しも基地の問題がクローズアップされている。
 この時期にわたしは今、沖縄にいる・・・。』

今年は、滝巡りで直ちゃんが神秘性を感じた場所に行き
オゾンを浴びながら、お互いの生きる場所に想いを巡らせ
異次元との交信ができないか試してみることにしています。
麓の店でお婆さんと修験者の話をしていた直ちゃんでした。

直ちゃんが神秘性を感じた滝は、神崎郡神崎町の「扁妙の滝」
滝つぼのそばで岩に寝転び、青空を見ながら過ごした2時間。
しばらく話をしていましたが、その内ふたりとも瞑想に入り
滝の音、小鳥の鳴き声、木々のざわめきに時間を忘れました。

・あなたの場所で生きる
直美肖像画写真(京都三十三間堂)

扁妙の滝で「あなたの場所で生きる」を感じられたら嬉しい。
強い想いを持って交信したら通じるかも知れません。
直ちゃんの呼ぶ声が聞こえる予感がします。
予感のない私に直ちゃんの声が聞こえたら神秘性の奇跡です。

不十分に生きない(家人)

明日であの日から2年です。今朝はある劇作家の言葉を考えました。

劇作家の言葉は「死ぬことより不十分に生きることを恐れよ」です。
誰だったか忘れましたが、心に空しさを感じたときに思う言葉です。
人生の意義、本当の人生のあり方を思うときに考える言葉です。
十分に生きるではなく、不十分に生きない、この違いを考えました。

・不十分に生きない(2010.05.14)
20100514美ら海水族館イルカ

自分は何のため生きているか、誰のため必要とされて生きているか。
その問いかけをすると脳裏に浮かんでくるのが
生きている目的は何か、その目的に向かって生きているかです。
不十分に生きないため「生き甲斐」でなく「死に甲斐」を考えます。

十分に生きるを考えるときの「生き甲斐」
一方、不十分に生きないを考えるときの「死に甲斐」
この違いが、十分に生きると不十分に生きないの違いだとすると
不十分に生きるを恐れよは、死を恐れないことだと解ってきました。

・死を恐れない(2010.05.14)
20100514美ら海水族館にて

不十分に生きることのなかった「直ちゃんの死に甲斐」を想い
あの日から不十分に生きてこなかったかを考えると
十分に生きた「満足」よりも、不十分に生きてこなかった「充足」
満ち足りるでなく、補い満たす生き方、この違いだと解ったのです。

あの日から2年になる明日、不十分に生きない通過点に過ぎません。

残された者の使命(家人)

直ちゃんが天国に召されて、まもなく2年を迎えます。
自分の意思の及ばないところで命を絶たれたその瞬間
死を受け入れる間もなく、遠のいていく意識の中で
何を想ったのか、何か伝えたかったのか、解りません。

・海が美しいと感じて
200607沖縄本部ゴリラチョップ直美

霊感のある友人が教えてくれた直ちゃんのその瞬間は
『マリンブルーの海が美しい』と感じていたそうです。
穏やかな顔で病院のベッドに横たっていた姿から
その瞬間の直ちゃんの想いは、信じるしかありません。

この世に想いを残さない突然の死は、ないと思います。
伝えたいことがいっぱいあったはずです。
その伝えたい想いが何であったか解りませんが
直ちゃんと結婚して過ごした27年5ヶ月から解ります。 

・あるところで
2010直美・ハイキング20050503

伝えたい想いを受け止めることが残された者の使命です。
想いを受け止め続け生きることが残された私の人生です。
5月15日、海を漂っていた10時から11時30分
平行時空に行った直ちゃんと交信できる場所に行きます。

ぶらっと姫路へ(家人)

天守閣のある城が好きな私に付き合い姫路城によく行きました。
自宅から一番近い天守閣のある城が姫路城(白鷺城)です。
現在、平成の大改修で姫路城天守閣は見えなくなっていますが
2001年5月、直ちゃんの「行こうか」で車を走らせました。

・姫路城をうしろに見返り
姫路城見返り直ちゃん

この日は、姫路市立美術館で「現代の造形美術」を鑑賞し
「姫路良さ恋まつり」を見学してから天守閣に登城
姫路城の横にある「千姫のぼたん園」で色とりどりの花を見て
滅多に行かないホテルレストランで食事をして帰ってきました。

ぶらっと姫路へ行ったときの直ちゃんのブログです、

『お昼過ぎてから
 ブラッと姫路へ出かける。

 姫路市立美術館
 「20世紀美術の形と動き展」を鑑賞する。

 現代の造形美術は
 目に見えるものから脱却して
 芸術家の心のなかから生まれてくるものなので
 時にはものすご~く「わけがわからない」
 どこに「美」を感じればいいのか・・・と思うモノもあったが
 オブジェとして飾りたいものや
 楽しい発想に有意義な時間を過ごせた。

 姫路城は築城400年祭で活気があった。
 「姫路良さ恋まつり」が開催されていて
 顔にペインティングを施した
 おばさま方(圧倒的に40~60代が目立っていた)が
 はっぴ姿で粋に歌い踊っていた。

 女性の寿命が長いのは
 こうやって異常に元気な年輩の方々が立証してくれている。
 「好きなことを誰に憚ることなく自由にできる」ことが
 イキイキと人生を謳歌する秘訣なのだと。

 「直ちゃんも長生きするよなぁ・・・きっと」
 家人はボソッと言った。
 「うーん・・・たぶんねぇ」(^0^)
 わはは!

 姫路城「千姫のぼたん園」
 80種2000株のぼたんの花々が色とりどりに・・・』

・姫路城にて
姫路城桜の季節直美

直ちゃんに「長生きするよなぁ・・・きっと」と言ったようです。
記憶にないので寿命の話をしていてボソッと言ったのでしょう。
「うーん…たぶんねぇ」と笑った直ちゃんは、この世にいません。
「絶対」と云わず「たぶんねぇ」が神様に伝わってしまいました。

彼方にあって此処にないもの(家人)

憧れが遥か彼方にあって此処にないもとしたら
距離を感じるのが「憧れ」といえます。
遥か彼方でも、時空間が異なると憧れではなく
適えられない思慕、届かない距離感があります。

・遥か彼方に
20071022直ちゃん笑顔ウェットスーツ

天国に召され、この世にいなくなった直ちゃん。
彼方にあって此処にないものへの強い想いが
届けることができない距離感を感じても
思慕でなく、憧れの対象として存在しています。

思いこがれる、理想として思いを寄せる、また
ある物事に心を奪われることも「憧れ」です。
心を奪われてしまうと物事が見えなくなり
此処にないもから距離感をなくしたくなります。

・此処にいない
20100513くじら岩直美

まもなく、あの日から2年になります。
適えられない思慕に心を奪われていませんが
思慕と憧れが混ざって思考不能になっていると
直ちゃんが『何をしているの』と笑っています。

通信トラブルやっと解消(家人)

先週の土曜日から続いていた通信速度低下トラブルが解消しました。
5日間ネットが出来ない状態が続いたのは初めてです。
朝起きるとブログを書き更新する生活のリズムが狂いましたが
ある面、朝食までいつもよりゆっくり向き合えたのかも知れません。

・向き合う時間が密に
ブリーズベイホテル2新館ロビーふたり

宮古島ダイビングの宿泊先でも、旅行でホテルに泊まっても
パソコンを持参しネット環境のある部屋でブログは毎日更新します。
日常生活の大切な時間、一日が空白時間で始まる体験をしましたが
いいことがありました。向き合う時間が密になり原点に戻れました。

・戻って、2年前に
ブリーズベイホテル新館ロビー直美

通信速度低下トラブルが発生したタイミングが絶妙だったからです。
まもなく迎える2周年、残された者の使命を考えているときでした。
2年前、強制的に変えられたレールの原点から外れかかっていた私。
『戻って、2年前に』の意思を通信速度低下で知らされたのでした。

通信速度低下トラブル(家人)

少し前から前兆がありましたが、一昨日から通信速度が極端に低下し
インターネットにつながりにくくなりました。
メール送受信も同じ状態で、初期の通信環境に戻ったような感じです。
サポートセンターと電話対応で原因特定しますが、時間がかかります。

「モデム」~「光電話アダプター」~「ルーター」~「ハブ」経由で
パソコンと接続してるので、どの機器に異常があるのか
セキュリティーソフトが悪さしていないかの確認もあります。
とりあえず通信速度測定でモデムとハブに問題ないことが解りました。

次は、光電話アダプターとルーターのチェックです。
代替機器の送付もあり、原因を特定するまであと数日かかる予定です。
今日は、モデム直結でブログをアップしましたが
セキュリティー問題もあるので、通信速度トラブル解消まで待ちます。

天使の歌声(家人)

神の御使い「天使」は、人間よりも優れた知恵と能力を持った
肉体を持たたない存在とキリスト教では云われていますが、
その姿は、背中に羽根のある幼い少女のように描かれ
天使の歌声を想像するとカウンターテナーが聴こえてきました。

・天使のように(中ノ島ホール)
20091106中ノ島ホールシルエット

天使の歌声と云われていたスーザン・ボイルの歌を
直ちゃんがUチューブで聴いたとき、何かを感じたのでしょう。
『わたし物語はまだまだ終わらないのです』と書いていたのに
このとき、直ちゃんの物語は、あと一年しかありませんでした。

彼女の歌声を聴いて2009年5月4日ブログに書いたのは

『わたし同い年なのよねぇ~
 背負ってきたものが違うから彼女のような
 劇的な転換は考えられないけど
 世界の人が求める共通の夢のカタチが
 体現化されていて素直に心が動かされたなー♪感動

 年齢はわたしのほんの一部分
 見た目も、境遇も・・・
 あなただけが見つけた
 わたしの部分も
 ほんの一部分
 自分を創作し続けて
 わたし物語はまだまだ終わらないのです(^o^)v

 一瞬で伝わる想いあることは神の編まれた世界の証し』

・わたしの物語はまだまだ(アントニオガウディー)
20100124ガウディー直美シルエット

自分を創作していると考えていた直ちゃんの心
一瞬で伝わる想いあることを信じていた直ちゃんの素直な心
この世の物語が終わって、まもなく2年になりますが
残された者の使命を考えていますが、これで充分はありません。

連休の筋トレ(家人)

2年前、2010年のゴールデンウィーク中のフィットネスコスパ
直ちゃんのブログを読むと運動している人が多いと書いていますが
今年のゴールデンウィークは、運動している人が意外と少ないです。
9連休になって海外旅行や国内で遊んでいる人が多いのでしょうか。

・毎日がゴールデンウィークだった私たち
ブリーズベイホテルプール前ふたり

ひとりになって一日の生活リズムを2時間ほど前倒ししました。
9時台に寝て、起きるのは4時台、夜明けを感じて起きる毎日です。
毎日フィットネスで運動、6時間~7時間睡眠で身体は健康です。
歳と共に寝だめができなくなり、寝過ごすのもほぼなくなりました。

2010年5月、12時間爆睡した直ちゃんのブログです。

『GW中、スポーツジムは意外に人が多い。
 お勤めしている人の休みの日にも休まない意欲に脱帽~
 サウンドオブマッスル75
 大きい筋肉群を鍛えましたよ~2セットずつ特別バージョン75分
 クロストレーナー30分 200kcsl消費
 プールで1500mキック・プル・スイム
 ジャグジーマッサージ、ミストサウナで筋肉を癒す。

 昨日は12時間爆睡した。
 ずーっと12時間も寝続けることなどなかったこと。
 眠くて眠くて~夢見を促されているような感じだった。
 自分自身の意思以外の力が働いたような眠気だった。』

・眠りから覚めなくなって
ブリーズベイホテル前海岸直美

自分自身の意思以外の力が働いたような眠気だったと書いています。
想像以上の眠気に襲われていたのかも知れません。
運動し過ぎたと思ったとき、強い眠気に襲われることはありますが
12時間も寝られません。長時間睡眠できるのは、若いときでした。

連休前半の日曜日、音楽くらぶの合奏練習が休みになったので
午前11時過ぎから夕方17時半までフィットネスで運動しました。
まず、スタジオで筋トレレッスンと体幹を鍛えるレッスン
次に、プールで自主練習とアクアビクス&マスターズ45分
疲労感でよく眠れましたが、12時間も爆睡することはありません。

名作童話(家人)

直ちゃんが童話を創作したのは、今から10年以上前になりますが
2010年5月のブログに世界の名作童話のことを書いていました。
日本はもとより世界各国には、自然や文化になれ親しむ童話があり
その国だけでなく、世界の子供たちに読まれている童話があります。

・人の成長エッセンスが童話の中に
2010直美・長谷寺微笑

2010年5月の直ちゃんのブログから

 ピーター・パンは子どもの心も、大人の心も揺さぶる名作。
 名作童話の作家にイギリス人が多いね。
 『ピーター・パン』のジェームス・マシュー・バリー
 『不思議の国のアリス』のルイス・キャロル
 『クマのプーさん』のA・A・ミルン
 『ピーターラビット』のヘレン・ビアトリクス・ポター
 シェークスピアに始まり
 『ハリー・ポッター』のJ・K・ローリングまで
 世界を魅了する作品がイギリスから多く生まれている。

 共通するのは特定の子どものために書かれた作品で
 たった一人を喜ばそうと生みだされた物語は
 世界中から愛される作品だったこと。
 童話には人の成長に必要なエッセンスがいろいろ含まれている。

ブログを読むと世界の子供たちに読まれているベストセラー童話は
もともと特定なひとりの子供のために書かれた童話だとわかります。
直ちゃんの童話は、特定な子供のために書いたものではありません。
今は確認できませんが、家族を想って書いていたと想像しています。

・今の時代を予感して
2010直美・なるほどね

絵本「カレー・ばんざい」の編集をしながら想像しています。
登場人物の性格がはっきりしていて、教訓的な筋書きや台詞はなく
若者が活躍して世界が仲良しになり、みんなが幸福になる物語。
若者が住みにくくなった世の中を予感して書いていたのでしょうか。

不思議な勘(家人)

直ちゃんに「霊感」はなかったと思いますが「予感」はありました。
本人は「不思議な勘」だといいますが、私は予感と思っていました。
最後のダイビングとなった沖縄本島に器材をゆうパックで送るとき
いつもはひとりの車で行く郵便局、この日は一緒についてきました。

・不思議な勘が働く
2010直美・東北旅行十和田湖

直ちゃんを車に残し、ダイビング器材を送る手続きをしている間に
駐車違反の取締りがあり、無人の車は反則切符を切られていました。
私の車は、直ちゃんが乗っていたので大丈夫。
「不思議な勘が働いたのでついてきた」と笑っていた直ちゃんです。

天国に召される10日前に書いていた直ちゃんのブログ

『わたしの不思議な勘にオットは時々驚くという。
 そう、なんとなく~予感がする。
 ~した方がいいかもと、理由はないけれど
 いつもと違うことでも~した方がいいと感じる。
 わたしは自分の心の秤(はかり)で動いている感じ。

 ふふ、結婚相手を選ぶ時もそうだったと過去を思い出した。
 年齢差の他にもあった諸々の問題を克服し強い意思で
 必ず将来幸せになれると思った。
 運命の神さま~感謝します。』

・強い意思で
2010直美・何を見ているの

直ちゃんの予感に助けられたことは、数え切れないくらいあります。
スピード違反の取り締りなどは、些細なことで
『スピードを緩めて』と直ちゃんが云うと、取り締りがありました。
日程を変える、行き先を変える、直ちゃんの「心の秤」が欲しいな。

青空の記憶(家人)

今朝は、直ちゃんの詩をご紹介します。
物語が見える詩を読むと直ちゃんの想いが感じられ
青空の記憶を膨らませると童話になるような気がして
文才があれば童話が書けるような錯覚に陥りそうです。

・行き逢いの青空
行き逢いの空

『青空の記憶』

 青い空が
 強い風にちぎれて飛ばされ
 地に落ちて
 野原の露草になりました

 大地にしっかり根を掴まれて
 高い空での記憶は
 流れる雲と同じくらいの早さで
 消えてゆきました

 何もかも忘れて
 それでも青の色だけは
 変わることなく鮮やかに染め続け

 夜の
 眠りの中でだけ
 夢をみて
 目覚めれば消える夢をみて・・・

 埋めることのできない
 記憶の破片を
 探し求めて暮らしていました

 夜明け前
 夢から醒める一瞬
 おぼろな記憶の懐かしさが
 躰を満たすとき

 青い露草は
 涙のしずくを
 浮かべるのです

・山の青空と緑の絨毯(鹿が壷「千畳敷」)
鹿が壷千畳敷直美

詩を読みながら童話を創作してみたいと思いました。
創作できる気は錯覚で、自分の文で書けるか疑問です。
直ちゃんの代役を考える間は、書けないと思いますが
童話を書くと直ちゃんの意識と交われるかも知れません。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。