プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家事見習い(家人)

毎日の生活に欠かせない家の仕事「衣」「食」「住」
衣は「洗濯」、食は「料理」、住は「掃除」
これら以外に買い物、観葉植物の手入れなどもあり、
昨年5月までの家事見習いから主夫になって10ヶ月。

直ちゃんの家事を見習うのは、楽しかったのですが、
主夫になってひとりで何もかも家事をこなすのは、
ただこなしているだけで、以前ほど楽しくありません。
もう一度、家事見習いに戻りたいと思っていますが・・・。

・楽しくできるでしょう
母の家でよろしく

冬場の洗濯は、洗濯機を使うのが週一回になりました。
毎日のフィットネスウェアーは、手洗いしています。
洗濯して干すまでが妻、取り込んでたたむのが私でした。
もう一度、この分担で「洗濯」したいです。

料理は、買出しはふたりで、料理は当番制でした。
作り方を教えてもらいながら、作れるメニューが増えて、
主に夕食は妻が、朝食と昼食は私が当番でした。
もう一度、この分担で「料理」を作りたいです。

掃除は、キッチン周りが妻、フローリングワックスは私、
掃除機をかけるのは、ふたりでやっていました。
でも、掃除の主導権は、きれい好きの妻にありました。
もう一度、この分担で「掃除」したいです。

・主夫、がんばって
いいね

もう一度、家事見習いに戻りたいですが、戻れません。
『お客さんに来てもらったら家がきれいになるよ』
ふたりのときも来客の前、念入りに掃除をしていました。
直ちゃんがこちらを見ながらにっこり笑って励ましてくれます。

スポンサーサイト

夢の中で(5)迷路に入り込んで(家人)

二度寝すると必ずといっていいほど夢を見る。
今朝も4時過ぎに目が覚め、少し早いので二度寝した。
直美がそばにいる。これは夢だと夢の中で感じ目が覚めた。
いつもと違うのは、疲れた感じが身体に残っていること。

疲れた感じが残っている理由はわかっている。
行きたいところが見えているのに近づくことができない。
直美もわたしも焦っているのがわかる。
夢の中だとわからなくて困り果てているわたし。

・困ったの
サニーテラスで今年2月

どこかから帰ろうとして航空券を忘れたことに気がついた。
どこに忘れたかがわかっているので帰ろうとするが、
なかなかそこに帰り着かない。
遠くに目的の『塔』が見えているのになかなか近づけない。

最初は、車が混んで前に進めなかった。
次は、お城の中に入って出口がわからない。
その次は、遊園地の迷路に入って出られなくなった。
いったいどうなっているのだろうと不思議でたまらない。

・どうなっているの
花壇でよろしく

困り果てているとそばに直美を感じた。
「なぜ、直美がそばにいるのか」
「これは、きっと夢なんだ」と夢の中で夢を感じた。
その瞬間、目が覚めてしまった。

遠くに目的地の『塔』が見えているのに近づけない。
直美が姿を見せてくれた夢の意味は何だろう。
目的地が『塔』の意味は何だろう。
不思議な感覚より疲れた感じのため考えることができない。

第11回スプリングコンサートのお礼(家人)

青少協地域音楽くらぶ「FRIENDS」スプリングコンサート。
開演時間前からお待ちいただきお聴きいただいた皆様。
プレンティーで買い物途中に立ち止まってお聴きいただいた皆様。
4階ホールで狩場台児童館手話の歌からお聴きいただいた皆様。

連れ立って、ご夫婦で、親子でなどコスパ西神中央仲間の皆さん。
いつもは、プールで泳いだり、スタジオで筋トレする仲間が、
こちらを見て笑顔で手を振っていただけるだけで力になりました。
皆さん、元気を届ける演奏を楽しんでいただけましたでしょうか。

・スプリングコンサート演奏4階ホール(2011.03.27)
スプリングコンサートホール20110327

【地域音楽くらぶFRIENDS】
 ~第11回スプリングコンサート~
 日程:2011年3月27日(日)
 場所:プレンティー1番館(なでしこ広場&プレンティホール)
 主催:青少年育成協議会西神中央支部地域音楽くらぶ
 協賛:㈱神戸ニュータウン開発センター、プレンティー
 
☆出演
 1.プレンティー1号館1階なでしこ広場 11:05~11:40
   FRIENDS(吹奏楽)
 2.プレンティー1号館4階ホール 13:00~15:20
   狩場台児童館手話グループ(手話の歌)
   FRIENDS(吹奏楽)

☆FRIENDS演奏曲
 プレンティー1号館1階なでしこ広場
  ①ラテン・ゴールド
  ②ありがとう
  ③バードランドの子守唄:サックスカルテット
  ④ミッション・イン・ポッシブル:金管&サックス
  ⑤ウィーアー
  ⑥宇宙戦艦ヤマト
  ⑦川の流れのように

 プレンティー1号館4階ホール
  ①ありがとう
  ②学園天国
  ③さくら(森山直太郎)
  ④花(滝廉太郎):フルート二重奏
  ⑤返信:クラリネット独奏
⑥白鳥(動物の謝肉祭より):クラリネット独奏
  ⑦ラテン・ゴールド
  ⑧ペールギュント第一組曲より
   Ⅰ 朝の気分 
   Ⅱ オーゼの死
   Ⅲ アニトラの踊り
   Ⅳ 山の魔王の宮殿にて
  ⑨天城越え
  ⑩恋のバカンス:サックスカルテット
  ⑪ミッション・イン・ポッシブル:金管&サックス
  ⑫ウィーアー
  ⑬ひょっこりひょうたん島
  ⑭銀河鉄道999
  ⑮宇宙戦艦ヤマト
  アンコール 川の流れのように

・フルート二重奏:花
スプリングコンサートフルート二重奏

・クラリネット独奏:返信
スプリングコンサート孝クラリネット独奏

・クラリネット独奏:白鳥
スプリングコンサート工藤クラリネット独奏

・サックスアンサンブル:恋のバカンス
スプリングコンサートサックスアンサンブル

・金管アンサンブル:ミッション・イン・ポッシブル
スプリングコンサート金管アンサンブル

・ドラム
スプリングコンサートドラム20110327

青少協地域音楽くらぶでは、くらぶ員を募集しています。
楽器演奏したことのない方も、一度練習風景を見学に来て下さい。
毎週日曜午前、櫨谷中か西区民センター音楽室で練習しています。
☆西神南のサックスマン、お待ちします(バリトンサックスしませんか)

ただ・・・(家人)

今朝は、原発事故の報道を聞いて感じることを話しました。
基準値を超えているから危険、必ずその後「ただ」と続き、
日常生活に問題ないので、必要以上に心配しないで下さい。
どちらがほんとうなのかわからないことを言います。

「いったい、どっちやねん」と突っ込みたくなり、
思わずテレビに向かって突っ込んでいますが、
直ちゃんも『いったい、どっちなんですか?』と
やわらかい、優しい声でテレビに突っ込んできました。

・どっちですか
2010直美・彦根城桜直美

言い方が難しいのは、わからないではありませんが、
どちらかわからない言い方をされ
万単位や基準の数百倍など恐怖を煽るような数値が並び、
「いったい、どっちやねん」と言いたくなってしまいます。

津波の情報が数10cm~数mで安心していたら
結果は十数mの大津波が襲ったことを考えると、
都合の悪いことば「想定外」で済まされそうな気がします。
想定外のことは、何でも想定外で済まさないで下さい。

・気になるね
2010直美・何を見ているの

これも、あれも、何もかも、政府が信用できないことから
始まっているような気がします。
集団に拘らず、みんなが一致して原発事故に対処しないと、
この危機を乗り切れないと思うのですが、まだ動きません。

奇跡を信じて(家人)

「奇跡は起こると思いますか」と問われたら、
返事に困りますが、
「奇跡を信じますか」と問われたら、
即座に「信じています」と答えるでしょう。

常識で考えては、起こり得ないこと、
不思議な出来事、不思議な現象が奇跡ですが、
神の超自然的な働きによって起こる不思議な現象、
イエス・キリストの奇跡を信じています。

・信じています
自宅マンション前直美

信じるの反対語は「疑う」ですから
無垢な心になって疑わないことが信じることです。
理解するを超越して信じないことには
不思議な現象「奇跡」は起こりません。

直ちゃんが天国に召されましたが、
復活する、生き返ってくる奇跡を信じています。
どのような姿で復活するのかわかりませんが、
奇跡が起こることを信じています。

・信じていて
白浜アクアマリンふたり

すでに奇跡は、起こっているのかも知れません。
街を歩いているとき、電車に乗っているとき
ふたりでよく遊んだところに行ったとき、
辺りを見回して探しますが、まだ見つかりません。

宮古の海の中で後姿を見せてくれたことがあり、
宮古の海の中では、すぐそばに存在を感じます。
奇跡を信じているから、
サンゴ礁横に後姿を見ることができたのでしょう。

・宮古の海の中で
20100120ドライスーツツーショット

童話出版記念パーティーと挿絵原画展が終われば
今年初めて宮古島に帰ります。
直ちゃんが待っている宮古の海の中で、
手をつないでダイビングする奇跡を信じています。

脳をだます(家人)

脳をだますことができると本に書いてありました。
脳をだますことができるなら
直ちゃんは生きていると
私の脳をだますことができるのかも知れません。

どうすれば、私の脳をだませるのでしょう。
ただ単に直ちゃんは生きていると、
脳に言い聞かせたらだませるとは思いません。
直ちゃんのために何かをすればいいのでしょうか。

・生きている
童話経歴写真直美

生きている証明を書き続けています。
過去形の「生きていた証明」ではありません。
未来ある現在形の「生きている証明」としてです。
これで、生きていると脳をだませるのでしょうか。

直ちゃんが創作した童話を本にしました。
まもなく書店に並び童話出版記念会を開催します。
三宮北野坂ギャラリーで挿絵原画展も開催します。
これで、生きていると脳をだませるのでしょうか。

ダイビングするとき、
直ちゃんが使っていた器材を身に着けて、
宮古島シーワールドのコーラルガーデンに潜ると、
私の脳は、生きているとだまされるのでしょうか。

・生きている
ボートコート八重丸直美

もっと単純なことかもしれません。
起きたとき、寝るとき、外出のとき、帰ったとき、
祭壇の写真に向かって言葉をかけますが、
祭壇より空間に言葉をかける方がいいでしょうか。

昨年5月15日以前のように、
それがごく当たり前に、なんでもなかったように、
おはよう、おやすみ、行ってきます、ただいま、
直ちゃんは生きていると脳をだましてみましょう。

童話自費出版(12)編集校了(家人)

童話自費出版(12)編集校了(家人)

直ちゃんが創作した童話自費出版の編集作業が校了しました。
昨年7月、神戸新聞総合出版センターに相談してから8ヶ月。、
校了してしまうと、長いようで短かく感じる8ヶ月間、
挿絵を描いてくれた直ちゃんの友人ノグとの協同作業でした。

昨年12月末、ゲラ刷り原稿が出来上がってから先週まで、
この3ヶ月間は、密度の濃い編集作業となりました。
私たちのこだわりに辛抱強く付き合ってくれた編集担当の方。
今月末に童話本が完成しますので手許に届くのが楽しみです。

・私の童話が本になりました
ビリーズベイホテル新館ロビー直美

直ちゃんの童話の価格は、本体2,300円(税込み2,415円)
一般書店で今のところ4月中旬から販売される予定です。
直ちゃんが天国に召された一周年の日「出版記念パーティー」
西神オリエンタルホテルで開催後に、宮古島でも行ないます。

☆童話出版記念パーティー、
 2011年5月15日(日)午後1時~3時
 西神オリエンタルホテル4階「翔雲の間」

・童話「くじらのクー」のカバーと帯
童話本カバー&帯

神戸三宮・北野坂ギャラリーで開催する「童話挿絵原画展」
この準備もノグと連絡を取り合いながら進めています。
北野坂ギャラリーチラシに童話挿絵原画展が掲載されました。
原画展最終日には「クロージングパーティー」も開催します。

☆童話挿絵原画展
 2011年5月17日(火)~22日(日)
 三宮・北野坂ギャラリー(異人館に向かう道筋)
 クロージングパーティー・5月22日(日)午後2時~4時


・北野坂ギャラリーチラシ(チラシの下右端)
北野坂ギャラリーちらし

だいじな命(家人)

だいじな命が失われました。
失われた命がどんどん増えています。
失われたのかさえ不明な命もありますが、
諦めたらだめです。だいじな命ですから。

16年前も同じ状況でした。
日を追って被害状況が拡大し、
いったいどうなるのかわからないうちに、
だいじな命が失われていきました。

・命はだいじ
2010直美・貝殻細工祭壇

16年前より甚大な被害状況です。
失われただいじな命も、
失われたか不明な命も、
避難されている命もあのときより多いです。

高速道路が横倒しになったことに驚き、
山陽新幹線の橋げたが落ちたことに驚き、
経験したことのない驚きばかりでしたが、
16年前は原発事故がありませんでした。

・本当のことを教えて
綾部山梅林白梅と菜の花直美

目に見えるのも恐ろしいですが、
目に見えないものは、もっと恐ろしいです。
恐ろしいことが将来に長引いたら
恐ろしいでは済まされない事故になります。

必要以上に恐れることはありませんが、
本当のことが知らされているのか不安です。
政府が信用できないから不安になるのです。
必要以上かさえわからない見えない不安です。

地域音楽会「スプリングコンサート」ご案内(家人)

神戸市西区西神中央地域で仲間と一緒に吹奏楽を楽しむ音楽くらぶ。
青少協地域音楽くらぶ「FRIENDS」のスプリングコンサート。
東日本大震災で被災された方に元気を取り戻していただけるよう
関西、神戸の西の果てから私達の元気な演奏を届けたいと思います。

3月27日(日)西神中央プレンティーで開催するコンサートです。
お忙しいとは思いますがみなさまお誘い合わせの上ご来場ください。

今年のスプリングコンサートは2回演奏します。
①11:00~11:30
 プレンティー1号館1階なでしこ広場(センターコート)
②13:30~15:00
 プレンティー1号館4階ホール

・なでしこ広場で演奏(2010.11.07 オータムコンサート)
20101107オータムコンサート上から

【2011年地域音楽くらぶFRIENDS】
 ~第11回スプリングコンサート~
 日程:2011年3月27日(日)
 場所:プレンティー1番館(なでしこ広場&プレンティホール)
 主催:青少年育成協議会西神中央支部地域音楽くらぶ
 協賛:㈱神戸ニュータウン開発センター、プレンティー
 
☆演奏場所、出演、時間
 1.プレンティー1号館1階なでしこ広場 11:00~11:30
   FRIENDS(吹奏楽)
 2.プレンティー1号館4階ホール 13:00~15:00
   狩場台児童館手話グループ(手話の歌)
   FRIENDS(吹奏楽)

☆FRIENDS演奏曲
 プレンティー1号館1階なでしこ広場
  ①ラテン・ゴールド
  ②ありがとう
  ③バードランドの子守唄:サックスカルテット
  ④ミッション・イン・ポッシブル:金管&サックス
  ⑤ウィーアー
  ⑥宇宙戦艦ヤマト
  ⑦川の流れのように

 プレンティー1号館4階ホール
  ①ありがとう
  ②学園天国
  ③さくら(森山直太郎)
  ④花(滝廉太郎):フルート二重奏
  ⑤返信:クラリネット独奏
 ⑥白鳥(動物の謝肉祭より):クラリネット独奏
  ⑦ラテン・ゴールド
  ⑧ペールギュント第一組曲より
   Ⅰ 朝の気分 
   Ⅱ オーゼの死
   Ⅲ アニトラの踊り
   Ⅳ 山の魔王の宮殿にて
  ⑨天城越え
  ⑩恋のバカンス:サックスカルテット
  ⑪ミッション・イン・ポッシブル:金管&サックス
  ⑫ウィーアー
  ⑬ひょっこりひょうたん島
  ⑭銀河鉄道999
  ⑮宇宙戦艦ヤマト
  ⑯川の流れのように

・昨年のスプリングコンサート(2010.03.28)
20100328なでしこ広場ドラム

誰のために(家人)

みんなが心を一つにしようとして懸命に努力しているときに、
自分たちのことしか考えない人の集団がいます。
この人たちは、いったい誰のために働いているのでしょう。
自分たちの思惑と権利のことしか考えない人たちの集団です。

個々の集団でなく、集団が一つになってことに当たらないと、
迅速かつ適切にできないと解っていると思いますが、
自分たちの思惑と権利の呪縛から抜け出せないようです。
そんなことにこだわっている場合ではないと思うのですが。

・ひとつになって下さい
宇治にて直美20020904

任されている集団のリーダーに思惑が見えます。
任されなかった集団のリーダーにも思惑が見えています。
この事態がわかっていても思惑が勝るようです。
「誰のために」が抜け落ちていることに気づかないようです。

気づけない、気づくことすらできないとしたら、
いったいその魔物は「何」でしょう。
思惑や利権以外にあるとしたら「面子」でしょうか。
この事態になってなお、体面や面目を考えてどうするのです。

・悲しいです
ビリーズベイホテル新館ロビー直美

みんなが気持ちが一つにしようとしているとき、
世界の人々の気持ちが一つになろうとしているとき、
集団の立場や名誉を考えている場合でない、
それがわかっていても呪縛から抜け出せないのは悲しいです。

安全でクリーンでエコ(家人)

安全でクリーンでエコ、太陽光発電が頭に浮かびますが、
原子力発電も同じようなプロパガンダをしていました。
東日本大震災による福島原発の事故。
何が真実がわからないため見えない恐怖が襲ってきます。

特定な意図のもとか強調された宣伝を行なっていた原発。
事故の報道を見ながらそう感じています。
太陽光や風力などと同等にプロパガンダしていたため、
「安全よりもエコなんだ」と思わされたかも知れません。

・やっぱり
母の家で直ちゃん

批判することは容易いこと、批判だけなら誰でもできる。
このような時期だからお叱りを受けるかも知れませんが、
このような時期だからこそ安全は見せかけだったのでは、
そう思うことが大事ではないかと思うのです。

エコ発電として世界が見直そうとしていた原発でしたが、
原発事故の惨状、後手になる対応を目の当たりにし、
原発推進方針も転換をはかる国が増えると思われます。
地元新聞にも関連産業の悲観記事が掲載されていました。

・安全第一
来間島港バスタオルふたり

地球温暖化にとても優しい「原子力発電」
ほんとうにそうなのか専門家でない者には解りませんが、
少なくとも安全でないことが今回の事故でわかりました。
一番大事な安全を確保できなかった事実が露呈しました。

電気を余り必要としない昔に戻すことは難しいですが、
電気の使用量を今の4分の3にする、3分の2にする、
これを試してみる良い機会だと捉えれば、大節電となり、
経済至上主義から脱却し復興優先できるかも知れません。

受けとめられない(家人)

突然の死は、わかっていても受けとめることができません。
そばにいなくなった事実があっても、受けとめられません。
受けとめたくない気持ちがあるからだとも思います。
夢であってほしいと、適わぬ願いを持ち続けてしまいます。

行方不明だと、なおさら受けとめられないでしょう。
妻・直美の場合は、航行中のフェリー乗組員が、偶然にも
漂流する妻を発見してくれ、行方不明になりませんでした。
東日本大震災で行方不明の方が多いことに心が痛みます。

・かなわぬ願い
2010直美・何を見ているの

どこへ行ったか解らない状態が続くのは、本当に辛いです。
妻・直美をボートの上で探していたのは、約1時間でした。
東日本大震災は、発生から一週間以上経過しましたが、
一人でも多くの方の生存が確認されることを祈っています。

・祈っています
ブリーズベイホテル前海岸直美

突然の死を、いつになったら受けとめられるのでしょう。
永遠に受けとめられない思いの中に
永遠に受けとめたくない気持ちがあります。
受けとめてしまうと生きる希望を失うことになる想いから。

・生きる希望
20100124ツーショット中ノ島チャネル

生きる希望は、未来に希望があることです。
未来に希望があることは、現在に希望があることです。
現在に希望があることは、過去に希望があったことです。
受けとめてしまうと過去・現在・未来の時系列が崩壊します。

強く生きること(家人)

「生きているのだから、強く生きること」
ひとりになって多くの人から勇気づけられました。
「生きている人のことを考えて」
ひとりになって多くの人から助言をもらいました。

ふたりがひとりになるのが、なぜ自分なのか。
生きているのは、私でなく妻のはずでした。
なぜ、自分ひとりだけが生きているのか。
そのことばかりを考えていた自分がいました。

・生きているのだから
西神中央公園桜祭り直美

自分だけが生きている罪の意識に苛まれます。
自分を責めても仕方がないとわかっていても
自分だけ生きていることに苦しみます。
この苦しみに慣れてしまうことはありません。

東日本巨大震災で生き残った方の気持ち。
自分だけが生きている罪悪感に、
苛まれている方がたくさんいるかも知れません。
なぜ、自分だけ生き残ってしまったのか・・・。

・強く生きること
ブリーズベイマリーナ直ちゃん

「生きているのだから、強く生きること」
多くの人から勇気づけらた言葉を、いま伝えます。
「生きている人のことを考えて」
多くの人からもらった助言を、いま伝えたいです。

生きる勇気(家人)

阪神淡路大震災直後の体験を思い起こしました。
被災直後は、無我夢中でしたが、
時間が経過して気持ちが静まってくると、
突然、これからのことが不安になってきたことです。

先行きが見えにくい状況が続いてくると、
それまで保ってきた生きる勇気が萎えてきます。
それでも立ち直ろうとする気力に支えられますが、
生きる勇気がなくなってしまうような時があります。

・未来の希望に
2010直美・何を見ているの

生きる勇気を支えるのは「未来の希望」です。
未来の希望を物質的に支える役目を担うのは、
国や自治体など公共機関ですが、
民間の力の支えが未来の大きな希望にもなります。

民間企業が生活物資の支援を行なっています。
民間の救援募金も始まりました。
諸外国からの支援も始まっています。
これらが生きる勇気の未来の希望につながります。

・祈り
2010直美・貝殻細工祭壇

生きる勇気を支える「未来の希望」は
物質的なこと以上に精神的なことが支えになります。
祈りの気持ちが行動につながります。
生きる勇気を支える「未来の希望」のため祈ります。

原子力発電所の事故が未来の希望に影を落とします。
本当の内容、どうなっていくのかわからない状況。
真実が伝えられていないのでは、との不安。
でも、未来の希望を信じて今は祈るしかありません。

眠れない夜(家人)

童話編集を終えた昨夜、眠れない夜になりました。
読書を早い目にやめて目を閉じましたが、
いつものように眠りに入る気配が感じられません。
仕方がないので、また本を読むことにしました。

それでも眠気が襲ってきません。
しばらくの間、目をあけたまま天井を見ていると、
焦点の定まらないぼやけた映像の中に、
こちらを向いて微笑んでいる直ちゃんがいました。

・ありがとう
20070415直ちゃん笑顔ドライスーツ

にっこり笑って首をかしげ『ありがとう』
私の大好きな顔をした直ちゃんが嬉しそうです。
でも、心配なことがある顔もしています。
巨大地震の被害、原発事故、とても心配そうです。

ふと枕もとのケースからメガネを取ってかけると、
すっーと直ちゃんの映像が消えました。
これは夢なのかも知れないと意識で思いましたが、
夢でないことが直ぐに意識でわかりました。

・夢の中で
20071022直ちゃん笑顔ウェットスーツ

あのときから10ヶ月が経った日の夜のできごと。
眠れない夜のおかげで直ちゃんに会えました。
こちらを向いて笑っていた直ちゃん。
夢の中で会いたいと思いながら眠りにつきました。

そばにいたい(家人)

妻・直美が天国に召されてから今日で10ヶ月が経ちました。
海上保安庁の捜査が終わり事件は検察庁に委ねられましたが、
妻がこの世にいなくなった現実に変わりはありません。
何故、どうしての想いがなくなることのない10ヶ月でした。

昨日朝、今朝、東日本大震災報道を見ながら想っていたこと。
大津波で大勢の尊い命が奪われた中で、
大津波にのみこまれて無事に生還した人もいました。
助かった人の話しを聞きながら妻・直美のことを想いました。

行方不明のお母さんを懸命に探す少女の悲痛な声。
行方不明の息子を探すお父さん、お母さんの悲痛な声。
あのとき船の上で妻・直美を呼び続けていた声も同じでした。
言いようのない不安な気持ちをどうすることもできない声。

・そばにいたい
ビリーズベイホテル新館ロビーふたり

いつでも、どんなときでもそばにいた妻・直美がいなくなり
「そばにいてほしい」と願っていました。
でも「そばにしていてほしい」は、自分への願いです。
そばにいてほしいではなく、そばにいたいが本当の願いです。

「直ちゃん、どこにいるの!」
こころの中でいくら叫んでもこころの中に返事はありません。
「直ちゃんのそばにいたい」
どうすることのできない願いであるとわかっているのですが。

・そばにいたい
20100121安全停止ツーショット

東日本巨大地震(家人)

マグニチュード8.8から9.0に修正された東日本巨大地震。
大津波の恐ろしい映像をただ見ているだけで無言になっている。
原子力発電の恐ろしさも現実のこととして捉えることができた。
言葉にならず身体に悪寒が走るのは阪神淡路大震災の時と同じ。

・「あの日」を見つめる
2010直美・何を見ているの

2004年1月17日の直美の日記から

『阪神・淡路大震災
 9周目の時が刻まれた

 「あの日」を見つめる
 哀しみのまま動かない
 人・・・人・・・人・・・
 時の外側を生きてきた人たち

 「あの日」から
 動けない人のなんと多いことか

 最愛の人を亡くした日
 大切なものを失った日

 それでも時はどんどん流れて
 ひとくぎりと言われる
 10年目を刻み始めた

 時の渦巻きが
 轟々と唸りながら膨らむ

 忘れたい人

 「あの日」を
 忘れたくない人

 耳を傾けて
 聞き漏らさずにいよう

 唸る音を
 生きる声を』

阪神淡路大震災のときは、大津波はなかった。
東日本巨大地震の大津波で被災した地域は、余りにも広範囲だ。
津波情報の低数値、概ねの表現、いったい何だろうと思う。
危険を感じで直ちに避難する気持ちになる数値と表現がほしい。

東北関東大震災(家人)

東北関東地方を襲った大地震の消失した街、被害の状況。
阪神淡路大震災時、日を追って拡大する被害状況を思う。
数十人が数百人になり、数千人となった驚ろきの数字を。
被災地でしかわからない状況が伝わらないもどかしさ。

・「あの日」から
2010直美・何を見ているの

2003年1月17日、妻・直美の日記

『1月17日震災の朝は不思議と未明に目が覚めます。
 「あの日」から毎年ずっとそうです。
 こみあげてくる苦い記憶で胸がいっぱいになります。
 阪神・淡路大震災から8年が経ちました。

 真緋香さん
 20歳を迎えた新成人の皆さんは
 当時小学生でしたよね・・・
 確かな時の流れを感じるのは
 未来を担う子どもたちの成長を
 目の当たりにしたときです。
 大人の時間は時々凍りついて、
 何も動いていないような錯覚に陥ります。
 でも、子どもたちはちゃんと成長して
 「なすべきこと」を見つけてくれている。
 大学サークルでの活動、
 頼もしく思います。ありがとう・・・と言いたいです!

 記憶にとどめなければならない・・・
 地元の人間として・・・
 そう思いながら、
 時とともに風化していくことへの
 罪悪感とも闘っています。
 神戸から遠く離れた地域の人が忘れていくのと、
 地元の人間として
 震災を体感した者が忘れていくのとでは
 罪の深さが違うように感じます。

 皆さま 神戸にお越しになってお時間があれば
 阪神淡路大震災記念
 人と防災未来センターにもお出かけください
 http://www.dri.ne.jp/

 わたしも昨年9月5日に行っています。日記参照↓
 http://www2.justnet.ne.jp/~naomi.t/nikki02.09.htm#5』

津波の恐ろしさが実感できない。
想像できるはずと思うが、想像もできない。
阪神淡路大震災時、火災で消失した街に探しに行ったが、
地震の大津波で消失した街、自分にできることがあるだろう。

地震(家人)

東北の三陸沖で観測史上最大の巨大地震が発生しました。
今朝は、2010年1月17日の直美ブログ記事
『阪神・淡路大震災15年』を掲載いたします。
この日、命の意味を考えたいと言っていた妻・直美です。

・命の問題だから
2010直美・何を見ているの

『阪神・淡路大震災15年

 15年
 神戸新聞社は語り継ぐ使命を果たし続けてきた。
 阪神・淡路大震災トップページ→☆こちら
 テレビドラマでも『神戸新聞の7日間』を放送。

 あの日から15年の時が流れる。
 時の流れは全てをくるんで
 いずれ歴史の大河へと静かに融合させてしまう。
 消えるのではない・・・
 すべての想いを抱いた流れになる。

 この節目にあらためて・・・生きるということ
 命の意味を考えたい。

 「希望の灯り」 by naomi

 1995年1月17日午前5時46分

 夜明け前
 暗闇のなかでの畏れが
 我々に灯りを求めさせる

 揺らめく小さな炎は
 熱を放ち
 光りを与えてくれた

 風が強く吹けば
 消えてしまう
 小さな灯火(ともしび)

 それは人の命にも似て

 儚(はかな)いけれど
 煌(きら)めいて

 危うげに揺れながら
 ひとつひとつが集まって

 輝く未来の道標となる

 我々は
 阪神・淡路大震災を
 深く記憶し続けなければならない

 いつでも起こりうる
 命の問題だから』

中継される映像を見ていると身が竦み、言葉がでません。
阪神淡路大震災の恐怖が蘇ってきて、言葉になりません。
津波の恐ろしさを体験していませんが、無言になります。

15年前を想い、何ができるのか、何をすればいいのか。
被災地でボランティア活動するのが一番だと思いますが。

束縛のない不自由(家人)

直ちゃんが天国に召されて今日で300日になりました。
今朝は、たまには難しい会話をしようと直ちゃん。
結婚してからでも議論した「自由と束縛」の話しをしました。

束縛を制限というなら、私たちに束縛はありませんでした。
生活環境や文化の違うふたりが生活を共にするのが夫婦です。
意識する意識しないに関わらず制限があるのかも知れません。
この制限があるとするなら束縛は「ある」と言えるでしょう。

ものごとに、ある限界を設けることが「制限」です。
ふたりの存在に制限を設けたら「束縛」を感じるようになる。
こう言えるのかも知れませんが、
ふたりがお互いに制限を設けなかったら束縛はあり得ません。

・ふたり
ビリーズベイホテル新館ロビーふたり

「束縛のない自由は、ほんとうの自由でない」
こんなことを言った人がいましたが、
「束縛のある不自由は、ほんとうの不自由でない」
このように言えるのではないかと思うのです。

直ちゃんが天国に召されて
「束縛のない不自由」に苛まれています。
適うことのない「直ちゃんに束縛される自由」の想いから、
ひとりぼっちの自由に「不自由さ」を感じているのです。

・ふたり
来間島港バスタオルふたり

直ちゃんと私が育った生活環境や文化の違い、
特に宗教観の違いは、精神的な大きさを感じていましたが、
このことは、直ちゃんが制限を取り払ってくれました。
そして、やがてふたり独自の宗教観を持つようになりました。

実際に声を出して話し合うことができなくなり、
お互いの考えを話して議論することも適わなくなりましたが、
これが「束縛のない不自由」の一つだと思います。
直ちゃんと議論し「束縛のある自由」を取り戻したい朝です。

・ふたり
池間島ふたり

夕日ヶ浦温泉「かにツアー」(家人)

フィットネスコスパ仲間と楽しい夕日ヶ浦温泉「かにツアー」
夕日ヶ浦温泉は、2009年3月に行ったので2年ぶりです。
2年前は、もちろん直ちゃんも一緒でしたが、
今回、見た目は私一人ですが気持ちは直ちゃんも一緒でした。

前回は、舞鶴道を走って東側から丹後半島へ。
今回は、山陽道から播但道を走って西側から丹後半島へ。
道中のルートは違っても夕日ヶ浦温泉に近づくと
2年前の記憶が蘇り、見覚えのある景色が見えてきました。

・夕日ヶ浦温泉「かにツアー」出発前(2009.03.17)
カニツアー出発20090317

2年前、直ちゃんのブログの「かにツアー」記事です。

『プール仲間の有志で発足!「うぃきゃんスイムの会」
 (関西弁で「うちら泳げんねんでー」の会・笑)
 親睦を深め&卒業祝いを兼ね、京丹後・夕日ヶ浦温泉へ
 夢ツアーズ主催のカニ三昧ツアーに出かけた♪

 朝7:45に集合・夜19:40に帰着
 片道3時間まる12時間のバスの旅
 後部座席はテーブルのついたゆとりのサロンシートで
 道中パーティ気分で盛り上がっていた。

 社寺建築・瓦葺大屋根が貫禄の「千松」旅館へ
 卒業&就職祝いの添乗員M井さんを真中にピース(^^)v
 ・・て、皆ピースしてねぇー

 温泉で汗を流しさっぱりと宴会場へ!
 夢ツアーズから大きな鯛のプレゼントあり~謝謝
 生きてる!跳ねてる!
 鯛の塩焼きとアラ炊きで美味しく戴く

 カニの天ぷら・焼きガニ・カニしゃぶ・カニ雑炊・・・
 おつくりの船盛り・茶碗むし・名産サツマイモの天ぷら・
 漬物・デザートのコース
 お腹い~っぱい食べまくり幸福な時間を過ごす

 テレビでよく見る食べ方をしてみる
 カニとかの甲殻類って一番初めに食べようとした古代の人
 勇気あるよねぇ~・・・
 グロテスクな形状の硬い殻の内に
 甘い身が詰まっているなんてね。
 宴会は御姐さん方の少しHな余興つき(笑)

 旅館をあとにして海産物店・
 スイートポテト店・はりま焼店・海鮮せんべい店と
 皆手にいっぱいお土産を抱えて帰路についた。

 素敵な仲間と美味しい御馳走を満喫!
 ね、今度はいつ、どこへ行こうか?(^o^)
 先人の見つけし勇気に敬服す 甲殻類の肉の美味しさ』

・テレビでよく見るカニの食べ方(2009.03.17)
カニツアー食べ方20090317

今回もカニのフルコースを堪能しました。
カニを食べ出すとみんなが無口になるのはいつものことです。
もくもくと食べるので大きい殻入れが直ぐに一杯になります。
一息ついて顔を上げると、皆さんにっこりの笑顔ばかりです。

・夕日ヶ浦温泉「かにツアー」宴会場(2011.03.08)
カニツアー部屋の様子20110308

部屋の窓から見える冬の日本海景色。
晴れていた日本海上空に薄く雲がかかり、
見る見る暗くなって、みぞれ混じりの雨が降ってきましたが、
帰るときは雨が上がり、日頃の行いの良さが証明されました。

・宴会場から見える日本海(2011.03.08)
カニツアー日本海20110308

ダイビングプール講習(家人)

ダイビング初級ライセンスを取得するときプール実習がありました。
プールといっても水深4.5mのダイビング専用プールです。
神戸から大阪西田辺プールまで2回往復しました。
ライセンス取得講習は1回、2回目は自主練習を兼ねて遊びました。

何事も慎重に取り組む直ちゃんです。
沖縄でダイビング初級ライセンスを取得することになり
『プールでしっかり実習内容を練習しておきたね』
練習成果があって沖縄本部でライセンスを取得しましたが・・・・・。

・プール講習開始(2006.06.22)
ダイビングこれからプール講習

ダイビング器材は、この段階でウェットスーツと軽器材だけを揃え、
レギュレータ、BCなど重器材は、レンタルすることにしました。
オーダーメードしたボレロ付きウェットスーツと
フィン、マスク、ブーツ、手袋など軽器材を車に積みいざプールへ。

私たちの担当Kちゃんが助手兼カメラマン。
プール実習してくれたYインストラクターのご指導よろしく、
ダイビング器材の取り扱い方から始まり、器材のセットアップ方法、
実習の注意事項など丁寧な説明に耳を集中、真剣に聞きました。

・BC(浮力調整ジャケット)の扱い方(2006.06.22)
ダイビングBCの扱い方

プールに入って直ぐに潜りません。
全身の力を抜いて上向きに浮く練習から始まりました。
ウェットスーツを着ているので簡単に浮いているようですが、
力を抜いてバランスを保つ、けっこう難しいことをやっています。

・ウェットスーツでプールに浮かぶ(2006.06.22)
ダイビングプールに浮かぶ

なぜこの練習から始まったか、いまならわかりますが、
このときは、説明を受けても、ただやっているだけでした。
海中の、どの水深であっても、中世浮力を保って停止できる。
ダイビングの基本を、このときすでに、実習していたのでした。

・レギュレーターを加えて潜りますよ(2006.06.22)
ダイビングレギュレータを加えて

呼吸は、陸上では鼻から吸って、口から吐きますが、
ダイビングは、口から吸って、口から吐きます。
圧縮空気を吸えるようにする器具がレギュレーターですが、
プール横でこの練習をしました。

わたしたちのダイビングは、フィットネスコスパの体験から始まり
ダイビング専用プールの実習を経て、沖縄の海へとつながりました。
楽しいプール実習の想い出です。Yさん、キムちゃん、ありがとう。
そしてこの歳でインストラクター資格を取ろうと考えている朝です。

宮古の海の貝殻(家人)

宮古島シーワールドダイビングの楽しみの一つの「貝殻拾い」
ほとんど直ちゃんが見つけて拾い、私に渡してきました。
渡してもらった貝殻を落とさないようBCのポケットに入れ、
ボートに上がったら直ぐ拾った貝殻を保管ケースに入れます。

潜ることに必死だったダイビング初心者のころは、
貝殻を拾う余裕などありませんでしたが、
少し潜り慣れてくると海底の貝殻が見えるようになり、
美しい模様の貝殻や形の綺麗な貝殻を拾うようになりました。

・ダイビングの楽しみ
20100124ツーショット中ノ島チャネル

直ちゃんは、貝殻を見つける名人でした。
水深の浅いところは見つけやすいのですが、
水深の深い、底まで距離があっても、目ざとく見つけて、
私に取ってきてと合図をしてくることもありました。

拾ってみると重さを感じるときがあります。
貝殻でなく、生きている貝なので取ることはできません。
重さがなくてもボートに上がって匂いを感じると、
生きていることがあるので、海に返してあげます。

・トイレを彩る貝殻
貝殻トイレ

拾ってきた貝殻がたくさん集まりました。
一番先に彩を添えたのは、一階のトイレでした。
鏡の下の細い棚に順番を考えて貝殻を飾っています。
大きな貝殻に小さな貝殻を幾つも入れたのもあります。

・フェルメールの前の貝殻
貝殻フェルメールの絵の前

二階の天井の高い直ちゃんの部屋の本棚には、
フェルメールの絵の前に貝殻を並べていました。
その一部を祭壇の前に並べましたので、
以前は、この写真よりもっと多くの貝殻が飾られていました。

ひとりになってからダイビングを続けていますが、
貝殻がまったく増えていません。
貝殻を見つける能力の伝授を受けていませんでした。
もう一度、一緒に潜って貝殻拾いのコツを教えてほしいです。

・もう一度
20090412かすみツーショット

世界で一番好きな人(家人)

『世界で一番好きな人は誰?』
直ちゃんは、ときどきこんなことを聞いてきました。
サニーテラスのソファーに並んで腰をかけ、
観葉植物の息遣いを感じながら夕焼けをみているときに。

椅子に並んで座り、テレビを見ているときもありました。
手をつないで歩いているときもありましたが、
家にいるとき聞いてくることが多かったように思います。
ふと、私の眼を見て『世界で一番好きな人は誰?』

・世界で一番好きな人
サニーテラスで今年2月

『もちろん、直ちゃんだよ!』
『ほんと? 一番は、自分じゃないの』
『違うよ、じゃ、直ちゃんは、世界で一番誰が好き?』
『それは、恒さんに決まっている!』

その後に決まって聞くのは『どれくらい好き?』
私は『これくらい』と大きく手を広げて
『世界の果てぐらい、宇宙の果ての、また果てぐらい』
直ちゃんは『ほんとに!』と言って笑っていました。

・ほんとに
ビリーズベイホテル新館ロビー直美

阪神淡路大震災の瞬間、直ちゃんに覆いかぶさって、
揺れがおさまるのを待ったことで信頼が深まりました。
よほど嬉しかったのでしょう。
『ほんとに』のあとに『地震のときに証明してくれたね』

こんな他愛ない会話を思い出すと、
直ちゃんのことがたまらなく愛しくなります。
もう『世界で一番好きな人は誰?』と聞いてくれません。
『世界で一番誰が好き?』と聞くことがもうできません。

・聞いているよ
2010直美・貝殻細工写真

母と一緒に生野銀山へ(家人)

寒の戻りで寒い日が続く今朝、暑さを凌いだ話しになりました。
5年前の残暑にさしかかる時期に近隣散策を楽しんだ話しです。

猛暑の峠を越え、8月末日が近づいた残暑の厳しい日、
直ちゃんの母さんと私たち3人で「生野銀山」に向かいました。
坑道に入ると夏でも涼しいのが思っていた以上に寒くて、
薄着の上にビニール製カッパを羽織って防寒したくらいでした。

以前にふたりで来ていたのでわかっているつもりでしたが、
あいまいな記憶のお陰で風邪をひくところでした。
でも、外に出てくるとムッとした熱気に思わず足が怯み、
もう一度寒い坑道に戻りたい衝動に駆られたのを覚えています。

・生野銀山入り口で
2010直美・生野銀山母と直美

2006年8月28日の直ちゃんのブログに
『28日(月)生野銀山
 兵庫県朝来市生野町の「生野銀山」へ出かける。
 年間を通して13度の坑道内は天然の冷蔵庫。
 観光客500万人達成の幟が何本もはためいて
 祝いムードが愉快!

 生野銀山の観光坑道は約1kmあり、
 ゆっくり歩いて往復約45分。
 未公開坑道まで含めると総延長350Km、
 地下880mの深さまで達している。
 室町時代に発見され、信長・秀吉の直轄時代を経て
 江戸時代家康が銀山奉行を設置。
 明治元年、政府直轄鉱山となった生野銀山に
 フランス人技師が着任し近代化を成し遂げる。
 明治22年に宮内省御料局の所管に移され皇室財産に。
 次いで明治29年には三菱合資会社に払い下げられる。
 以後国内有数の大鉱山として稼行。
 昭和48年に閉山。
 1200年の長い歴史に幕を閉じる。』

・小さな滝のそばで
2010直美・生野銀山母と直美2

ブログの記事は続きます。
『坑道内に置かれている人形たちが妙にリアル。
 江戸時代の様子では偉い人役には
 欧米人顔のちょんまげマネキン人形で
 重労働に従事している役は
 日本人や黒人顔というのは意図的か?(笑)

 休憩所のレストラン内に100歳で有名になった双子
 「きんさん、ぎんさん」の写真が飾られていた。
 「遠いここまで来られたのねぇ~」
 銀山だからぎんさんなのね・・・こういう洒落スキ(^^) 』

・生野銀山の裏手に回って
2010直美・生野銀山母と直美3

この日、生野銀山裏手に回り昔の坑道跡にも足を伸ばしました。
お母さんと一緒に写真におさまる直ちゃん。
どの写真を見ても、とても嬉しそうに笑っています。
まだまだいろんなところに行けたのに、もう一緒に行けません。

綾部山梅林(家人)

雛祭り寒波の日に綾部山梅林に行ってきました。
姫路から龍野にさしかかるころ空に雲が覆いかぶさり、
駐車場に車を停めて歩き出すと
舞い散る粉雪に霞む綾部山梅林が目に映っていました。

近隣にある日本有数の梅林「綾部山梅林」
「ひとめ二万本 海の見える梅林」
瀬戸内海の向こうにぼんやり四国や淡路島が見えます。
雪が降ったり止んだり、時折陽光もさす風情ある梅林。

・一緒に観たね(2006.03.12)  
綾部山梅林ふたり

一時間半ほどかけてゆっくり綾部山を歩きました。
早咲きの白梅、紅梅などが満開近くに咲き誇り
顔を近づけるとほのかな香りで気持ちが緩みます。
ゆっくり、ゆったり、止まったり、亀さん歩きです。

直ちゃんと一緒のときは、もっと時間をかけました。
ゆっくり、ゆったりは同じですが、
止まったりが長く、じっくり写真も撮ります。
梅林に溶け込む姿写真を撮るのも楽しみの一つでした。

・白梅の下で
綾部山梅林白梅直美

海を眺められる売店で甘酒をご馳走してもらいました。
入場券についている甘酒券。
時折、雪の舞う梅林を登ってきての暖かい甘酒
直ちゃんときたときも甘酒をご馳走してもらいました。

・白梅と菜の花に囲まれて
綾部山梅林白梅と菜の花直美

ダイビングを始めた2006年に来たのが最後でした。
5年前の直ちゃんの姿を、梅林の中に追っていました。
太陽より月、金閣寺より銀閣寺、桜より梅。
輝きより落ち着きを好む直ちゃんの感性が好きでした。

・直ちゃんアングル(2011.03.03)
綾部山梅林20110303

直ちゃんならこのアングルで撮るだろう。
綾部山遠景に枝先の白梅を接写モードで撮りました。
紅梅をバックにおどけた姿でもう一枚。
バランスの悪さにそばで直ちゃんが笑っていました。

・斜面でバランス(2011.03.03)
綾部山梅林20110303恒明

ホームページ開設:2000年8月1日(家人)

妻・直美のWeb日記を読み返しています。
ホームページを立ち上げ、同時にWeb日記を始めた直ちゃん。
私は、ソフト(ホームページビルダー)だけ選んで
一切口出しせず直ちゃんが独学で立ち上げたホームページです。

2000年元旦、お互いが今年の目標を話し合ったとき、
ホームページを立ち上げると話していました。
友人からアドバイスを受けていたようですが、
マニュアルの精読を苦にしない性格が良かったと思っています。

・でも、苦労したよ
自宅マンション前直美

☆直ちゃんのホームページはリンクからご覧ください

記念すべき2000年8月1日のWeb日記

『日記は公表するものじゃないとずーっと思っていた。
 中学の時、担任が生徒の心を知りたいからと、
 特別な宿題を出した。
 ノートを全員に自費で配って、
 夏休み日記を付けなさい・・・と。
 そんな宿題を真面目にやった者などいなかったな。
 小学生じゃあるまいし、
 思春期がそんなことするわけないじゃない。
 この年齢になって自分を出してもいいかな~と思えてきた。
 知ってもらいたいと思うへんな自分がいる。

 ミレニアムに実行しようと、年頭に誓ったことのひとつ。
 ホームページを持つことが叶う。とても嬉しい!!!
 心強い友人のアドバイスを
 電話で受けながら・・・黙々と作業を続けた。
 ガイドブックにかじりつきながら。
 持つべき者は信頼できる友人・知人、
 好きなことを勝手にやらせてくれる家族の存在。
 多くの人に支えてもらいながら、
 今ある自分がいるのだとしみじみ思う。

 ありがとうございます!』

・ありがとうございます
三宮交差点

好きなことを勝手にやらせてくれる家族の存在と書いていますが、
やると決めたら必ずやり抜く努力にいつも感心していました。 
単なるソフトを使うだけでなく開発言語も勉強したのに驚き、
真面目な性格に粘り強さが加わって完成したホームページでした。

Webで日記を綴り始めたのは2000年8月。
Web日記が2005年1月からブログに移行し、
2010年5月15日、天国に召されるまで続きました。

日記を読み返しながらエッセイ集にまとめたいと思っています。
童話の出版が終われば、この日記を編集し自費出版する計画です。

簡単なことができない国(家人)

最近のニュースを見ているとこんなことを考えてしまいます。
直ちゃんも同じようなことを思っているようで、
『簡単なことを複雑に考え、何も決められない国になったね』
私も同じようなことを考えていたので話しが弾みました。

大学受験の携帯電話問題。
ネット時代を反映してたかだかカンニングに大騒ぎしている。
真相はわかりませんが、右往左往する関係者を見ていると
簡単な携帯電話持ち込み禁止を何故しないのかわかりません。

・わからないわね
童話経歴写真直美

政権与党の大物の扱い方問題。
悪者のイメージは別として、お金問題は疑惑だけで充分です。
党員が国民のことをまったく考えていないこともわかります。
簡単な辞めさせることを何故しないのかわかりません。

政権与党の党員のゴタゴタ問題。
これも悪者イメージの人が関わっているでしょう。
国会の新入生がこの人の指図なしで行動するとは思えません。
簡単なみんな辞めさせることを何故しないのかわかりません。

・わからないわね
2010直美・なるほどね

大相撲の八百長問題(暗闇との関連を別にして)
人間味のある、情に左右されてもいいように、
「相撲道」を返上して「相撲芸」にすればいいと思うのです。
簡単な公益法人をやめることを何故しないのかわかりません。

ジャズコンサート(家人)

三宮「Satin Doll」で行なわれたジャスコンサート。
地元バンド「Twinkle Jazz Orchestra」の
ライブコンサートを楽しんできました。
FRIENDSで一緒に活動するTbのTさんが出演しています。

ジャズといえば、大阪ブルーノートで直ちゃんと楽しみました。
その中でも一番印象に残っているのは、
ダイナミックに演奏する寺井尚子さんのジャズバイオリンです。
直ちゃんがそのときの感想をブログに書いています。

・大阪ブルーノートで
ブルーノート直美

『寺井尚子のジャズバイオリンを聴きに行った。
 ブルーノートの大人の雰囲気は実にステキ。
 聴衆は年配者が圧倒的な割合で占めるが
 今日は寺井尚子ということで
 30代前半とおぼしき女性も多かった。
 愛と情熱のスタンダードを歌い上げたアルバム
 「ドリームダンシング」から演奏がなされ、
 タイトル通り踊りながら夢のように
 バイオリンを奏でていた。
 アンコールはなんとディズニーの曲。
 星に願いをと美女と野獣からで
 ジャズというジャンルの自由さと楽しさを満喫した。
 音楽を聴きながら食事をして飲んで・・・
 クラシック会場じゃ考えられない
 そこには音楽を形式ばらないで遊べる楽しみ方がある。』

・Satin Dollの雰囲気
ジャズコンサート1

Twinkle Jazz Orchestraの演奏は20曲。
約1時間のワンステージ10曲演奏が2ステージ。
2ステージ最後は、大人ムードのディズニーメドレー。
プロドラマーにボーカルも加わり楽しいジャスコンサートでした。

寺井尚子さんのジャズバイオリンは、私も感想を書いていました。
「昨年4月、寺井尚子さんが「大阪ブルーノート」で演奏すると
 聞き、すぐに予約を入れました。
 当日は、早くから並んで良い席を確保しました。
 実は、寺井尚子さんの生演奏を聴くのは、この日が初めてです。
 今までテレビの映像だけでしたから、
 ダイナミックな演奏に感激しました。

 ジャズ・バイオリンの魅力は
 クラシックのバイオリンとは違った
 「ダイナミックかつ繊細な音色」です。
 そして彼女の場合
 「躍動感溢れる演奏スタイル」にもあると思います。

 更に、演奏中の彼女の容姿にも魅力があるのです。
 躍動感溢れるのは、
 彼女の魅力的なボディーに深い関わりがあるでしょう。
 ジャズ・バイオリンに欠かせない容姿だと思っています。」

上司ご夫婦に誘われ、大阪ブルーノートに行ったこともあります。
上司の奥様と仲良く話しをしていた直ちゃんを思い出します。
後日、用があって上司の家に行ったとき、奥様から言われたこと。
「楽しくお話しができて、とても可愛い奥さまね」
家に帰ってから直ちゃんに伝えると嬉しそうに笑っていました。

・嬉しい(綾部山梅林)
綾部山梅林にて直美

今、戦争を考える(家人)

沖縄本島に行ったとき空港からホテルまで、送迎バスの中は
運転手さんと私たち三人だけでした。
直ちゃんが運転手さんに声をかけたのがきっかけで、
高速道路に入ると戦争(第二次世界大戦)の話になりました。

沖縄本島の海で天国に召された直ちゃん。
第二次世界大戦、沖縄本島の海で自ら命を絶った沖縄の女性。
このとき直ちゃんは、死を予感していなかったと思いますが、
断崖から海に向かって身を投じた人のことを考えていました。

・戦争の傷跡の地で
2010直美・沖縄慰霊碑

米軍基地の話しから、中国の領海侵犯の話しまで、
高速道路を走り続ける間、話しがつきませんでした。
直ちゃんと運転手さんの話が中心で、
時おり私が話しを展開させる役目を担って話しが続きました。

今朝、戦争を話をしたのは何故でしょう。
岩波書店図書3月号に載っていた座談会「今、戦争を考える」
これを読んだからだと思いますが、
悲しい過去の実話に涙した直ちゃんが今朝も泣いていました。

・戦争は悲しい
2010直美・天橋立船の直美

直ちゃんは、戦争を知りません。
団塊の世代一期生の私も、第二次世界大戦直後の生まれです。
戦争を体験していませんが、話しを聞いて想像はできます。
想像することできたら思うことができ考えることができます。

アフリカで民主化の嵐が巻き起こり、
ニュース映像を見ていると戦争状態であることがわかります。
革命の英雄が民主化で追われる姿を見ていると、
権利欲に目のくらんだかつての英雄が悪あがきをしています。

日本の現状を見ると、独裁も共和制もありかと思いますが、
指導者に哲学がないと同じことだとわかります。
『自然を破壊し続ける人間を何とかしないとね』
直ちゃんとノアの箱舟の話しをして今朝の会話を終えました。

・何ができるの(首里城守礼門にて)
沖縄守禮の門

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。