プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U島コーチ・ラストレッスン

今日はU島コーチのラストレッスン

水中ウォーク30分

バタフライレッスン30分

マスターズ初級30分
UP    25×4   40”
SKPS   50×4  1'10”
P-Fr   50×4  1'10”
S-IM   25×8   40” 12,5(IM順+Fr)
S-IM   25×8   40” 往IM順+復Fr
Down   100×1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
計 1000m+ 自由練習1000m  

マスターズレッスンの後
「せーの」 と太郎ちゃんの掛け声を合図に
(「ウエジー」 チャチャチャ手拍子)×3回
みんなでプールの飛沫を思いっきりたてて
隣同士で手をつなぎ高々と揚げ
ありがとうございました!

じわーっと熱いものが心に満ちてきたな。
別れって、幾つになっても寂しいよねぇ~。
もう、泳ぎ見てもらえないって・・・
もっと上手になったとこ見てほしかったよ。


U島コーチのほうから
「リレー一緒に泳いで金メダルとれてイイ思い出ですよねぇ♪」と。
女子100mフリーリレー120歳区分(1:00・59)
ほんとにそう!
一緒に泳いで記念になる思い出を作れて嬉しかった(^-^)v

じーん。。。

その大事なシーンのときにね・・・

そばにいた某女史がKYで困ったわ。
あの大会の金メダルは格が劣ると話し始めた。
そりゃ、貴方様はいっぱい他でも獲得なさってるでしょうけど
今はコーチとの思い出話してたのよぉ~(ーー;
苦笑いしつつ
大人の対処でその場をやり過ごしたが、ホントなんとかしてぇ~。

ま、そんなこんなで自由人の大人の世界も
喜怒哀楽、悲喜交々。。。

U島コーチ☆ありがとう!ueji,tn


スポンサーサイト

意志を持つエネルギー体

両手の間にスッポリおさまっていますよね。
甘えるように写りこみました。amaeruoubu1-2.jpg

「どう? こんな形で、ぴったりサイズで表出できるのよ~」
変幻自在に写りこめることを誇示しているようでもあります。
前頁の写真では前面の壁に大きく出ていたり、
空いた席にきちんと座っていたり・・・。

オーブが最初に宴会場でこんな風に登場したら
わたしはカメラレンズの汚れや光の混入または
本体機器の異常などと考えたかもしれません。
(もちろん、レンズがきれいなのを確認していますし異常はありませんが・・・)
神社をめぐることも、パワースポットを訪ねることもしなかったでしょう。
高野山という特異な場所でのファーストコンタクトは意味深いことでした。



劇的な遭遇をした高野山。
shinnmonn02.jpg


導かれた出雲・多部神社。a20081014tabe01.jpg


噂の10月14日満月オーブ。 aubumoon20081014-1.jpg


石の宝殿の巨大丸オーブ。aPA280578_20081028222210.jpg


沖縄離島の海亀と亀甲紋。oobu_kannons.jpg


戦争を問う靖国正面の青。
aPb180093-1.jpg


原爆壁画「明日の神話」。 aPb180118-1.jpg


そして冒頭の日常世界の宴会亀甲紋。



写らない枚数のほうが圧倒的で、同じ条件下でも出ないことがほとんどです。
今まではわたしに思考させるように「時と場所」を選んで顕れてきたのが
日常ど真ん中の世界にも堂々と表出してきました。
友人の超常現象研究者はこれからも写りこんでくると言います。

わたしのブログではこれ以上の深追いは止めようかと考えています。
一般の概念からは大きく逸脱しているので共感されることも少なく
友人知人が減るのは困るから~というのが理由です^^;

正体不明の未知なるエネルギー体として
専門サイトで情報発信をしていこうかと思います。

(なにかご意見がありましたらコメントでお願いいたします)

忘年会&送別会

水泳マスターズチームの忘年会
今月退職されるU島コーチの送別会

皆さま、お疲れさまでした!
40名を超えるメンバーが集い
たっぷり飲んで食べて楽しめましたね(^o^)v

指導してくださったコーチとのお別れは寂しいですが
新たな旅立ちとしてみんなで送れたこと良かったです。
今日これなかったメンバーを含め後日
もう一回送別会しちゃいますヨ!
人気のU島コーチでーす♪aPb240459.jpg
aPb240481-1.jpg


どの写真もみんな笑顔満開でステキです。
わたしが写すと不思議亀甲紋もいっぱいです(謎)
いろんな角度から撮影したけど・・・生物のように浮かんでますねぇ。
皆さま
決して不気味な存在じゃないので気にしないで・・・幸福の印なんです!
亀甲紋は縁起いいですから^^;
aPb240478.jpg
aPb240479.jpg
子どもが子どもを抱えてる?笑aPb240452.jpg
幹事の太郎ちゃんハイテンション♪aPb240403

あぶない!?きゃぁ~~モザイクかけとこaPb240430
aPb240431


ふたりの間にやっぱり亀甲紋aPb240372

フェルメールの窓

フェルメール展を観にいって
人はそれぞれ感じ方が違うのだという
あたりまえのことを改めて思いました。
驚くほどの多くの人が絵と向き合い
それぞれの心の中に何かを感じ取っていくのです。

わたしは絵の中のあの静謐な空気感が心地いいです。
光の粒子が飛び交う眩しさと涼やかな翳り。
絶妙のバランスで存在する美しい瞬間。

そういう美しいものを追っていきたいと思っています。
aPb200354.jpg

Takさんのサイトでフェルメールのステンドグラスを知りました。
BLUE HEAVEN http://www.icnet.ne.jp/~take/index.html
Takさんの探求心に感動し
その造詣の深さから並々ならぬものを
感じて多くを学ばさせていただきました。

ステンドグラス作家の芸術魂にも触れました。
鎌倉ステンドグラス http://www.glass.to/
若い頃入手した大切なアンティークガラスに似合う
ふさわしい作品を待っていたのだと
自身でも楽しんで制作してくださいました。

アルミ建具屋さんの職人技にも感謝です。
大事なステンドグラスを守る窓枠にはガラスの重みに耐えるよう
アルミの中に頑丈なステンレスを芯に入れた二重構造の枠で
すべて手作りの窓を作ってくださいました。

『フェルメールの窓』
わたしのこの夢にご尽力くださった
それぞれのお心に深く感謝しています。





最近、不思議な話としてオーブなど載せていますが・・・
わたしの中ではあの存在も美しいものに感じられるのです。
まだ正体はわからないのですが、禍々しさなど微塵も感じられない。
わたしには大事な道標に思えるのです。
オーブもある瞬間にしか顕れない。
まるで暗号のように色と形を変えて写りこんでくる。
目に見えない不思議世界のあることも
芸術に感じ入る心で探っていこうと考えています。

皆様 これからもどうぞよろしくお願いいたします♪

東京ディズニーランド

1983年から
今年は25年の記念aPb200352.jpg
東京ディズニーランドが誕生した年に結婚した♪aPb190153.jpg

祝25周年aPb190152.jpg
誕生した年に訪れて25年振り・・・光陰矢のごとし!
これだけ長い期間訪問しなかったのは
10年ほど前にWOWOWの貸切ツアーに当選し
あの感動で充分満ち足りていたのだ(^o^)
本場アメリカのディズニーランドとユニバーサルスタジオが
5000名様だけに夜間貸切られて遊び放題だった♪
あれ以上の感激はないだろうと思っていたが・・・

25年を記念したランド内を歩いていると
まるで自分たちが祝福されていると思える(^o^)v
楽しい♪
結婚記念日がクリスマスイヴでこれも毎年
世界中から祝福されていると思っていたので
ほんとシアワセ者だ(*^-^*)aPb190158.jpg


若いカップル達と写真の撮りあいっこaPb190154.jpg
20代の彼らと変わらないよねぇ~(笑)

昨日は2万歩近く歩いていたが
今日はもっと歩いて3万3千歩超えだ!!!
ファストパスを使うと優越感があるねぇ(笑)aPb190334.jpg
ETCを初期の頃使用したのと似てる、スイスイだよ♪

アトラクション
ウエストランドで、ビッグサンダー・マウンテン、
トムソーヤ島いかだaPb190245.jpg

アドベンチャーランドで、ウエスタンリバー鉄道、魅惑のチキルーム、スキッパーズ・ギャレー
ファンタジーランドで、ミッキーマウス・レビュー、ピノキオの冒険旅行、キャッスルカルーセル、イッツア・スモール・ワールド、
アリスのティーパーティaPb190327.jpg
トゥーンタウンでぶらぶら、トゥーンポップ
トゥモローランドで、スペース・マウンテン、ミクロアドベンチャー、スタージェット、
トゥモローランド・テラスでハンバーガー
ワールドバザールで、コンフェクショナリー、ガラスの靴で買物
フードワゴンで買い食い(^o^)
スペシャルプログラムは、シュビレーション:aPb190193.jpg
ディズニー映画のワンシーンのパレード

ジョリースノータイム:
シンデレラ城前のミュージカルaPb190262.jpg

東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ:aPb190276.jpg
aPb190277.jpg
幻想的な光のパレードXマスバージョン
ニモは海でもTDLでも人気モノaPb190299.jpg

昼と夜のパレードは場所確保に時間を使うけど
並んで待つというのも楽しい思い出だね♪
天気は良かったけど日が暮れると風が出てきて寒い。
防寒用タイツを持参して正解! 途中でトイレで着替えポカポカ。

閉園時間22時まで目一杯遊んで、帰りは神戸まで高速バスを利用!
3列シートで座席はゆったりリクライニング。
飛行機のビジネスクラス級の心地よさで朝まで熟睡して帰宅。
新幹線より安くて、時間も気にせず遊べてお得。
まるまる最後まで遊んで、ディズニーランド出発の夜行バスで
ぐっすり寝て帰るのも便利でお勧め!
楽しい東京旅行だった♪

東京2008

久しぶりの東京行!
何年ぶりかなぁ・・・ええっ、うそ、もう6年!?
ネットのオフ会を兼ねて行ったきり・・・はぁ~
縁ある土地とそうでない所の違いかしらね。

昨夜、記してから2002年を思い出しオフ会リンク直しました。
(みんなゴメンね)

上野公園東京都美術館も6年ぶりぃ~しみじみ
うわぁ~わたし、細くて若いよ、いいねぇ(*^o^*)
おおぉ~つねさん、オールバックで太ってる(笑)
押してネ→東京の休日(最終日)


最新N700系の新幹線は快適であっという間に東京へ!
上野の東京都美術館 フェルメール展
ステンドグラスの描かれている絵をじっくり見にGO♪
入場60分待ち・・・
ディズニーランドは待ってる間も楽しいのに
絵画展では退屈だわねぇ(^^;

『フェルメール展』
光の天才画家とデルフトの巨匠たち

展示出品は39作品で見やすい。
フェルメールと同時期の絵を見比べ
彼の魅力をあらためて見つめ直しながら鑑賞する。
ほんとに・・・いったいどこに惹かれるのだろう・・・
あの絵の世界に溶け込みたいと感じる
不思議な魅力。
フェルメールに恋して創った自宅
光の世界と繋がるステンド窓aPb200354.jpg


初めて出逢ったのは
ウィーンで「絵画芸術」
大阪で「聖女プラクセデス」「天秤を持つ女」「リュートを調弦する女」「地理学者」
「真珠の耳飾りの少女」
東京で「恋文」
神戸で「絵画芸術」「恋文」
今回の東京で「マルタとマリアの家のキリスト」「ディアナとニンフたち」「小路」
「ワイングラスを持つ娘」「リュートを調弦する女」「ヴァージナルの前に座る若い女」
「手紙を書く婦人と召使」
15枚のうち3枚は重複しているので
フェルメール全36作品中12枚見たことになる。

いつかデルフトの空の下を歩いてみたいなぁ。

紅葉の上野の森aPb180062.jpg東京都美術館前aPb180054.jpg




靖国神社
戦争・信念・希望など思うとき靖国信仰を考えてみたかった。
日本の神社でマスコミ向けの注意書きはここだけだろう。
aPb180067.jpg


不思議な話①
なにか強い信念のある場所で必ず写りこむようになった
斜めから写した靖国神社本殿正面に青いオーブ↓撮影直美
aPb180093.jpg
青いオーブ拡大aPb180093-1.jpg


戦争は何だったのか?aPb180108.jpg

原爆が炸裂する悲劇の瞬間を描いた
岡本太郎氏の巨大壁画作品を観に渋谷に向かった。
『明日の神話』aPb180123.jpg
aPb180128.jpg
中心の燃える骸骨は浮き出ていたaPb180135.jpg



不思議な話②
↓ここでは被写体になったわたしの周りに亀甲紋が写りこむ
aPb180118-1.jpg
(自分の顔が怖かったので^^;フォーカスかけました)

巨大壁画のインパクトは大きい
強烈なメッセージに圧倒された。
フェルメールの印象が・・・薄れてしまったよぉ~(^^;


渋谷で待ち合わせなら
ハチ公よりモアイ像のほうがいいなぁ(笑)
笑いで癒されて、明日のTDLに備える♪
aPb180137.jpg



不思議な話③
宿泊ホテルの部屋にも亀甲紋↓撮影直美
うーん・・・いったい何?aPb180141.jpg
aPb180141-1.jpg

再生

今日は暖かな日となった。
青空もうれしい。
朝、髪を洗って心身スッキリと誕生日を迎える。

わたしは正午頃に生まれた。
今日はその時刻(11:30から12:30)に
気功レッスンを受講していた。

新鮮な気を自分にとりこむ呼吸法で
全身の内側から生まれ変わる気持でいた。
両手を合わすと掌は軽く痺れるような感覚で
ふっくらと厚みを増し
熱を放出していく・・・見えない気体があふれ出てくる。
気功レッスンは自分自身が癒されていくのが自覚できる。

誰かと競うことなく、自分のペースで
ただひたすら、自分の内と外
宇宙空間を意識して繋がっていくのだ。

この感覚、何かに似ていると思ったら
そうだ!
静かな海の中だ。

気功の呼吸法でゆったり空に浮かぶような感覚と
海中を中性浮力で散策するリズムが似ている。

ああぁ・・・こうして、あらゆることは繋がっていくのだ。

いい誕生日となった。

今日11月17日から公開
岡本太郎氏の巨大壁画作品
「明日の神話」 okamototaro shinwa

《明日の神話》について
長らく行方がわからなくなっていた岡本太郎作の巨大壁画『明日の神話』がメキシコシティ郊外で発見されました。描かれているのは原爆が炸裂する悲劇の瞬間です。しかしこの作品は単なる被害者の絵ではありません。人は残酷な惨劇さえも誇らかに乗り越えることができる、そしてその先にこそ「明日の神話」が生まれるのだ、という岡本太郎の強いメッセージが込められているのです。『太陽の塔』と同時期に制作され、“塔と対をなす”といわれるこの作品は、岡本太郎の最高傑作のひとつであり、岡本芸術の系譜のなかでも欠くべからざる極めて重要な作品です。

完成後35年もの間所蔵不明となっていましたが、2003年にメキシコで発見され、大掛かりな修復の後、2006年の夏に東京・汐留で、2007年~2008年にかけて東京都現代美術館で展示されていました。

11月17日から、東京・渋谷駅マークシティ連絡通路に恒久設置される。
明日から東京へ行くので見てこよう
フェルメールに逢い
結婚記念と同じ25周年祝いの
TDLで羽をのばしてくる♪
ミッキーマウスは明日が誕生日(^o^)v

沢入国際サーカス学校公演

神戸学院大学 GreenFestival
沢入国際サーカス学校公演
「マールイ・サーカスの一日  サーカス、それは生きること!」

GreenFestival芸能パフォーマンス分野担当
I先生の10年越しの企画が実った「サーカス」公演を観た。

案内より
~マールイは、ロシア語で“小さい”という意味。群馬県の山奥にある小さなサーカス学校で、日々、サーカスの技を身につけるため、練習に明け暮れています。そんな環境の中で、夢を抱き、もがき、励んでいる人々のサーカスを披露します。~

サーカスといえば、
移動するテント小屋が舞台でライオンやゾウ・猛獣使いがいて
花形スターは空中ブランコ乗り、ピエロがおどけてまわり
特殊な身体能力を持った人たちが芸をする・・・
いつのまにかすりこまれているこんなイメージがある。
子どものころ、絵本で見たのか?
映画やアニメの影響なのだろうか?
実際のサーカスを見たことがないというのに・・・。
中国雑技団やミュージカル、バレエなど
体の柔軟性を要求される芸能は数多く見てきた。
大道芸も単発で見ているが
サーカスとして芸を見るのは今回が初めてだ。
近年、「シルク・ドゥ・ソレイユ」というサーカス団が
ディズニーリゾートで常設劇場を持つまで人気を得た。
今までの概念を覆すスタイルのサーカスを広めたのだ。
照明・音楽・衣装・ストーリー・演出など総合芸術として
高度なサーカス技を披露する方向に変化してきた。

沢入国際サーカス学校公演(←ホームページ)
この近代サーカスの潮流のなかピチピチ跳ねる若人らが
日々鍛錬し完成された舞台芸術作品を披露してくれた♪


サーカス関係者のブログ日記に記されていた。

2008年11月13日(木) 晴 出発

 今夜10時、明石に向かって出発。すでに準備は終えた。後は、明後日のショーを成功させることだ。ショーの構成はそれなりに出来たと思う。観客がどんな反応を示してくれるか、それが楽しみだ。


今日も開演1時間前から並んで最前列席中央を確保した。
椅子の下をふと見たら、なにやら白い紙が落ちていた。
A4紙4枚がホッチキスでとめられている「構成台本」のコピーだ。
配られたままのまっさら状態で重要ではなさそうだ。

芝居の台詞のないト書きだけの台本のよう。
すごく気になっていた舞台構成。

わたしは時々、自分の欲しいものがするっと手に落ちてくることがある。
公演直前に構成の秘密を教えてくれたのも・・・神様かなぁ~(^o^)v

サイトを見て日本でのサーカス文化のありようなど知ることができた。
またひとつ、新しい芸術に触れた嬉しい日となった。

200811yuyake.jpg
誰が描いたのか

誰が設計したのか

この美しさ20081113moon.jpgこの完璧さ


願わずにはいられない

祈らずにはいられない

我々はあなたの世界に
ただ在るのです

宮古島ダイビング2008年11月(その4)

2008年11月10日(月)
天候:雨
風:北東
気温:21~24℃  
水温:27℃
海況:波4m  
潮汐流:中潮
インストラクター:モリケンさん・ミキさん
メンバー:つねさん・直美

今回最後のポイントでは
産休復帰したミキさんと
初ダイビング(^^)v☆細やかな気配りガイドで楽しかった。
つねさんとのツーショット写真を撮ってもらう♪aPb100079.jpg
 


87本目
来間島
『クリマホール』
地形系は楽しい♪aPb100020.jpg
ウコンハネガイaPb100031.jpg
ライトを当てると光るaPb100035.jpg

透明度:17.8m
透視度:15m    
最大水深:17.8m
潜降時間 9:42 浮上時間 10:31
潜水時間:49分
ウエイト:4kg


88本目
来間島
『クリマアーチ』
淡い色のハナビラクマノミaPb100069.jpg
宮古に棲息するクマノミ6種類で
カクレクマノミ(ニモ)は人気ナンバーワンだが
わたしはこの可憐なハナビラクマノミとイソギンチャクも好き♪

新幹線?顔のホヤ 超可愛い(^o^)aPb100076.jpg

透明度:19.2m
透視度:15m    
最大水深:19.2m
潜降時間 11:39 浮上時間 12:24
潜水時間:45分
ウエイト:4kg


89本目
来間島
『コーラルガーデン』
ミキさんと初ダイビング
大きなほら貝でニッコリaPb100126.jpg
aPb100100.jpg

透明度:6.8m
透視度:25m    
最大水深:6.8m
潜降時間 14:11 浮上時間 15:07
潜水時間:56分
ウエイト:4kg

あともうちょっと潜っていたら8日のコーラルで更新した
モリケンさんとの58分ダイブを上回り新記録だったよ(残念)
次回はコーラルガーデンで1時間超目指そう(^o^)v



------------------------------------------------------

不思議な話
aPb100077.jpg

今回、亀との遭遇は神秘的でした。yokosoryuguues.jpg
前夜に夢見で知らされ、出港する前に船長やガイドさんたちに
「亀に会いたい」と宣言し、その通りになったので皆に驚かれました。
予知夢なのか・・・神様の誘いなのでしょうか?
ポイントまで小一時間ほど船に揺られ離島に向かうのですが、
この間船上から7匹の亀を目撃し、海底からは遥か上を泳ぐ亀を見て、
水深20m超では接近し甲羅の柄まで激写! 計9匹ですね。
わたしが被写体になったときoobu_kannons.jpg
はじめフラッシュが光って亀甲の印が乙女の大事な場所に@@

この島最高の御嶽(ウタキ)の神様は蛇で
伝説では毎夜毎夜、女性の家に通う男がいつも夜になると帰るので、
不思議に思って着物の襟に糸を縫い付けその後を追ってみると、
このウタキに戻って行ったと言い伝えられているとのこと。
蛇は土地を守る神様の代名詞で、千年に一度天昇し龍になるとも。

最近、この由緒あるウタキが修復される際、
古い大きなガジュマルの樹が切られたとのことで、
ガイドの霊感の強い人から、いまのわたしは
このウタキに近づかないほうがいいとアドバイスされ
それに従いましたが・・・何度もこの島に通っているうちに
いろんな霊的影響を受けているもかもしれません。

この六角形オーブはなにを知らせているのか?
子宮口に亀甲紋
ナニカの誕生・変革を変わらず指し示しているのでしょうか?



というわけで、宮古島ダイビング強化合宿
12本無事潜り終え

謎は続く~(^o^)/
わたしの冒険もまだまだ続く♪

ありがとうございました!

宮古島ダイビング2008年11月(その3)

2008年11月9日(日)
天候:曇りのち雨
風:北
気温:23~25℃  
水温:28℃
海況:波3m  
潮汐流:中潮
インストラクター:モリケンさん
メンバー:つねさん・直美

ショートケーブに寝かせておいた泡盛が
神隠しにあってしまい
モリケンさんが用意してくれたaPb090005.jpg
「多良川」を秘密の新洞窟へ再び隠しに行く♪


84本目
⑦来間島
『ダイアナ』ケーブコース

さて、ここはどこでしょう?(笑)aPb090037.jpg
見つけてもそっとしておいてね!

透明度:15.9m
透視度:20m    
最大水深:15.9m
潜降時間 9:39 浮上時間 10:25
潜水時間:46分
ウエイト:4kg


85本目
⑧来間島
『ダイアナ』ウミガメコース
そしてこの日は
夢で見た大きな海亀と遭遇☆aPb090074.jpg
aPb090075.jpg


aPb090116.jpg

ウミウシ3匹のエッチ写真(^o^)→sebirairoumiushi_convert_20081113103406.jpg
撮影モリケンさん:セビウライロウミウシ三交配>


透明度:18.8m
透視度:20m    
最大水深:18.8m
潜降時間 12:09 浮上時間 12:54
潜水時間:45分
ウエイト:4kg


86本目
⑨宮古島
『シギラビーチ』
aPb090089.jpg
aPb090135.jpg

横に広がるリーフの壁を指して
与那国の遺跡もこんな感じaPb090144.jpg

思っていた以上に楽しめるビーチ♪
透明度:4.1m
透視度:20m    
最大水深:4.1m
潜降時間 14:26 浮上時間 15:05
潜水時間:42分
ウエイト:4kg

宮古島ダイビング2008年11月(その2)

2008年11月8日(土)
天候:曇り
風:南
気温:25~29℃  
水温:28℃
海況:波2m  
潮汐流:若潮
インストラクター:モリケンさん
メンバー:つねさん・直美

いい天気に思えたが天候が変わるとのことで
近海でまったりロングコース。
休憩時間もシュノーケルでプカプカ遊びaPb080074.jpg
日焼けが気になるのでボート陰で浮きながら瞑想
いつものポイントも新ルートで巡ると新鮮!


81本目
④来間島
『ハマパラダイス』
aPb080047.jpg
 
透明度:5.9m
透視度:20m    
最大水深:5.9m
潜降時間 10:13 浮上時間 11:07
潜水時間:54分
ウエイト:4kg


82本目
⑤来間島
『クリマビーチ』
ハウルの動く城・バージ船aPb070082.jpg
バージ船のアンカーは巨大aPb080092.jpg
オオモンカエルアンコウaPb080078.jpg

透明度:5.7m
透視度:15m    
最大水深:5.7m
潜降時間 11:32 浮上時間 12:37
潜水時間:64分
ウエイト:4kg


83本目
⑥来間島
『コーラルガーデン』新ルートaPb080158.jpg
珊瑚の白い墓場aPb080167.jpg
アオヒトデと岩の抱擁aPb080171.jpg離さないaPb080168.jpg

aPb080191.jpg

透明度:7.3m
透視度:15m    
最大水深:7.3m
潜降時間 14:51 浮上時間 15:49
潜水時間:50分
ウエイト:4kg

宮古島ダイビング2008年11月(その1)

ダイビング12本無事潜リ終えたので
日記を記しま~す!


来月グレート・バリア・リーフで結婚25周年と
ダイビング100本記念を祝う計画をたて
通算潜水本数を調整するため
今回の宮古島は12本潜る必要があり
いつもより気合充分☆


初日は快晴で天候も申し分なかったが
2日目から海況予報が厳しくなり
来間近海でのダイビング三昧!(潜る・食べる・寝る・笑)
結果的に近海でのロングタイムダイビングは
GBRに向けてのいい訓練になった感じ。
砂場での静かで優雅な「タッチ&ゴー」
フィン先を軽く着けて砂を巻き上げずフワリと移動する!
モリケン教官のもと訓練を頑張る・・・なーんて(笑)



2008年11月7日(金)
天候:晴れ
風:南東
気温:25~29℃  
水温:28℃
海況:波1.5m  
潮汐流:長潮
インストラクター:モリケンさん
メンバー:つねさん・直美


宮古島は朝から強い陽射しだ
亀に出会うシーンを夢で見た。
きっと大きな亀に逢えると信じていたら
3日目のダイアナで近距離遭遇(^o^)嬉しかった♪

幻の宮殿のような朝焼けaPb070002.jpg


今日の風向きは南東
伊良部島へ向かう
途中ボートの上から海亀を7匹見た(^o^)感動♪
どこかで海亀決起大会でもあるのかしらね(笑)
Wアーチ・ポイントではアーチを横切っていく海亀を
わたしだけ見ていたパチリ→aPb070114.jpg

この日は夢のお告げ通り亀8匹見るが
夢見の遭遇シーンはこのあと劇的に現実に!

78本目
①伊良部島
『L字アーチ&ワープホール』aPb070048.jpg
透明度:35m
透視度:25m    
最大水深:35.1m
潜降時間 10:43 浮上時間 11:23
潜水時間:40分
ウエイト:4kg
aPb070037.jpg


79本目
②伊良部島
『Wアーチ』 
つねさんとモリケンさんaPb070107.jpg

透明度:17m
透視度:30m    
最大水深:17.2m
潜降時間 12:17 浮上時間 13:05
潜水時間:48分
ウエイト:4kg
aPb070084.jpg
ハダカハオコゼ→aPb070125.jpg
ミドリリュウグウウミウシaPb070095.jpg


80本目
③来間島
『コーラルガーデン』
このポイントに超狭いアーチが・・・挑戦してみて♪
あなたは通り抜けられるか?(笑)aPb070180.jpgaPb070181.jpg


透明度:6.4m
透視度:15m    
最大水深:6.4m
潜降時間 15:34 浮上時間 16:24
潜水時間:50分
ウエイト:4kg

真夏の気温30℃

2008年11月6日(木)

朝、14℃の晩秋の神戸を出て
昼、30℃の真夏の宮古島に着いた。
この滑走路の向こうからaPb060021.jpg


11月に30℃を超える真夏日は沖縄で21年ぶりという!
空港まで迎えに来てくれたカツオ隊長
「お二人が来たら一気にアツくなりましたヨ(^o^)」
いいダイビングできそう♪

暑さに那覇空港で夏服に着替える。
素足にサンダル♪aPb060028.jpg

過ぎたはずの
「夏」を再び体感でき嬉しい!

細長い日本の国の不思議。

通算7回目の滞在となるブリーズベイ
ホテルから沖縄菓子の詰め合わせが届く♪
いただきますaPb060024.jpg

明日からダイビング三昧♪楽しみ~(^o^)v

晩秋の神戸

aPb050037.jpg
車をとめて振り向くと
夕陽に映える並木道を自転車に乗った
少年ふたりが過ぎ去っていく光景に出会った
自宅裏の瞬間の美をみた

 現実は芸術の一部であり
  感情はこれを完全なものにする 


コローの言葉がよみがえったaPb050013.jpg
aPb050007.jpg
この季節、しっとり心を潤わせるにふさわしい作品群
詳細はまた後日に・・・もう一度じっくり鑑賞します。

コローはさまざまな変奏の秘密も知っている。
彼が魔法の杖をふれば、
ひとつの同じ風景が
きらめく歓喜の色に包まれもするし、
ほの暗いメランコリーのヴェールをまといもするのである。
               エティエンヌ・モロー=ネラトン







街は冬支度aPb050029.jpg

ルミナリエの準備が始まるaPb050020.jpg

クリスマスツリーが飾られaPb050028.jpg
aPb050023.jpg

秋の雲が優雅に漂い
動かない観覧車はaPb050033.jpg
華やかな時を待ちわび
静かに夢を見る

ダイビング合宿準備

明日は三宮の美容院で
髪をカット&カラーリング
神戸市立美術館特別展 
『コロー 光と追憶の変奏曲』
鑑賞
(本当は火曜の予定だったのに・・・
美術館振替休館日に気づいて明日に)
ハーバーランドで買い物&食事
夜、元気だったらプールに泳ぎに行く☆

↑という、上記のスケジュールで
出発前日はめっちゃ忙しいので
今日、旅行準備しているのです(≧▽≦)♪

宮古島5泊6日12本
ボートダイビング強化合宿~♪
宿泊:ホテルブリーズベイマリーナ
ダイビングサービス:シーワールド

いつもと同じダイビングだけど
今回は3本×4日というハードさで
ダイビング強化を目標におき
来月のGBRクルージングに備え頑張るp(^-^)q

体力的余裕があれば
宮古から更新します!

では~♪

aPb040001.jpg
ペディキュアをさくら貝色に染めて
早くも気持ちは海~♪♪♪

日記

日記はブログが一般的になる前は
ホームページで頁を作成して記事を書き
リンクを貼って・・・と、何かと手間はかかったけれど
毎日書き続けて楽しかった(^^)
(直美の過去日記→参照) 
写真はほとんどなく文章だけの日記。

あの頃は書きたいことがいっぱいあった

きっと、今よりずっと

こころが

若かったんだろうなぁ

ふぅ。。。。

見た目の老いはイヤだけど

それより、もっとずっと

こころの

老化はおそろしい



しっかり眠って

いい夢見して癒されよう

チェロ・リサイタル

今日から11月!
クラシック音楽のリサイタルで幕開け♪

今月は宮古島でダイビング三昧(強化合宿だぁ~)
GFでサーカス公演を観て
誕生日を迎えて
大好きなフェルメールを観に東京へ行き
結婚記念と同じ25周年のTDLで遊んで
早くも忘年会がひとつ・・・と、
行事盛りだくさんの11月☆

来月は銀婚式の大イベント旅行
あこがれのGBRでクルージングダイブ
クラシックコンサート
クリスマスに年末・・・
その他もろもろの楽しみでいっぱい!!!
元気でいよう♪

20081101.jpg
秋津智承 チェロ・リサイタル
ピアノ/岡原慎也
秋津智承(公式サイトcellist akitu chisyo
岡原慎也(公式サイトpianist okahara shinya

今日のお二人は休日のお父さんという衣装で
カジュアルなスタイルだった(笑)
50代のおじさま達のトークは楽しく会場を沸かし
和やかな雰囲気で一気に聴衆の心を掴んだ。
チェロの秋津さんは僧侶の資格を持ち実家のお寺で
お経も唱えられるという。


曲目
☆J.S.バッハ… ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ 
                          第1番 ト長調 BWV.1027 (約14分)

☆シューベルト… アルペッジョーネ・ソナタ イ短調 D.821       (約25分)


--------------- 休憩・インタビュー -----------------

☆メシアン… イエズスの永遠性への賛歌  =生誕100年記念=
                   (《世の終りのための四重奏曲》第5楽章) (約7分)

☆フランク… チェロとピアノのためのソナタ イ長調              (約28分)

☆アンコール/クライスラー 愛の喜び


地味な服装のおじさま二人が舞台に立った時
「うわぁ~ジミ~(--;)」と少々意気消沈(笑)
しかし、人は見かけによらない! 
さすがベテランプロ奏者は楽器を弾き始めると
繊細で美しく、男性の包容力を感じさせる音楽だ。
軽く奏でているのに豊かに響く。
一言で表現するなら実に軽やかで心地良いぃ~♪

ピアノ伴奏者にとって、相手する弦楽器は高額の
名器だとやはり合わせやすいとのこと。
ピアノに劣らない音色が遠くまで響くそう。
声楽家は声が大きいだけではダメだが(笑)。

インタビューでチェロの質を聴衆から問われた秋津氏は
「中の上・・いや、上の下・・・くらいの値段です・笑」と
苦笑いしつつ誠実にお答えくださる。
ナポリで制作された高音域を得意とする名器だ。

最近、音楽好き素人の「おじさま演奏」を
聴くことが多かった(家人のクラブを含む)。

見た目は普通のおじさま!
演奏するとカッコいいプロの音楽家! を聴くことができ
いい耳の保養ができたわ♪(^o^)

~案内より~
この春まで大阪フィルハーモニー交響楽団の首席をつとめておられましたから、秋津さんをご存じの方は多いでしょう。日本音楽コンクールやチャイコフスキー国際コンクールでの受賞歴がありますが、大阪フィル以外のオーケストラでも首席を歴任され、広島を本拠にコンサートやセミナーの主宰を多く手がけておられます。プログラムはチェロの名曲が並びましたが、トリをつとめるフランクにご注目ください。原曲はヴァイオリンなのですが、「あれはチェロのための曲」とおっしゃるチェリストも多いのです。ヘルマン・プライやテーオ・アダムと共演しておられるピアノのヴェテラン岡原氏とのコンビも大いに期待できます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。