プロフィール

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

年末に掃除をしていると
古いアルバムが出てきてつい見入ってしまった。
「こんな時代もあったのね♪」
フィルム写真はネガとプリントで束ねてある。
アルバムに貼っていない写真も多く
無造作に箱に詰められていた。
この際、ベストショットだけ残し保存しよう。
要らない写真は指先一本の削除はできないから
破り捨てるか・・・燃やすかだ。

昔のX'masカード・古い賀状、葉書、手紙・・・
記憶の破片を失うようで
捨てるのをためらっていたモノも多かったが
これでスッキリできる。

ほんとうに大切なものはなにか
歳を重ねるごとに見えてくる。
大事なものがなにか理解できてくる。


2000年から書いている公開日記で
8回の年末を記してきたが
気分的に・・・今年が一番静かな
年の暮れの感がする。

昨日までプールで泳ぎ
年明けは3日から初泳ぎ!
4日間だけ運動不足に気をつけなくっちゃ(^o^)v



皆さま 

どうぞお健やかに

良い年をお迎え下さいませ。

2007年

ありがとうございました♪


2007年12月31日 
直美
スポンサーサイト

暖かい日

昨日今日と小春日和♪
こはる・ひより
小春と日和
こういう名の女の子がいた
優しい音がする

陽だまりにいると
身も心も内から温まり
シアワセを感じる

布団を天日に干す
シアワセの温もりは
夜具にたっぷり吸収され
夢の中まで晴れるだろう

街の各家々も布団干し
年末は天気が崩れるという予報
今年最後の天日干しか

もうすぐそこに新しい年

自然や時間は何も変わらないが
人には気持ちを切り替える
タイミングが必要で重要なのだ

ゆっくり今年を振り返り
新しい年を穏やかに迎えたい!!!

記念日

祝☆結婚24周年♪
20071224-02.jpg


結婚年数を言うと大概ビックリされる。
数年前ハワイの入国審査時に
「ハネムーン?(^^)」と訊かれたときには
こっちが驚いたけれど(笑)
もう年金生活者なのにね(^o^)
あ、そうそう...年の離れた夫婦の場合
加給年金の支給期間が年の差の分だけ長くなって
お得なんですよ! (制度が変わらなければね)

ホント24年も経ったなんて信じられないなぁ。
一年の体感時間が近年ますます短くなってきている感じ(老化?)

これからも健康で仲良く楽しく暮らしていきましょう♪
MerryChristmas&結婚24周年記念に乾杯☆20071224-01.jpg


年数   名 称
1年目  紙婚式
2年目  綿婚式
3年目  革婚式
4年目  花婚式
5年目  木婚式
6年目  鉄婚式
7年目  銅婚式
8年目  青銅婚式
9年目  鉛婚式
10年目 錫婚式
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35年目 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
45年目 サファイア婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイヤモンド婚式
75年目 プラチナ婚式

KOBEの夜景

MerryChristmas2007
20071220-01.jpg


青いツリー20071220-02.jpg


海面に揺れる夜景 ゆらぐ光20071220-03.jpg



夜の遊園地20071220-05.jpg

観覧車と月20071220-04.jpg





ノーマイカーデーの20日は
神戸市営地下鉄500円乗り放題
三宮・元町・ハーバーランドと
クリスマスシーズンの神戸を楽しむ♪

イベント花壇(クリスマスバージョン)20071220-07.jpg




久しぶりに髪型を変えて20071220-06.jpg

パーマヘアーでイメチェンを試みる(*^o^*)
髪をまた長くしてみようと計画♪


ステキなクリスマスを♪20071220-10.jpg

興味は尽きぬ

海岸に打ち寄せられた貝がら♪
波打つシルエットtakaragai01.jpg

海には
美しいカタチをしたものがいっぱい♪




ダイビングから戻ると器材類を
もう一度念入りに真水に浸けてbc1215-1.jpg

海の塩を洗い流す。bc1215-2.jpg

道具はこんど海に行くまでちゃんと保管しておく。






一週間振りにプールで泳いだ。
身体はゆっくりと普段の生活に戻そう。

精神はいま琉球王国に興味している。
王国を支えた神女制度
神女組織の頂点に聞得大君(きこえおおぎみ)
美ら島物語
まだまだ知りたいこと
興味することがあって楽しい(*^o^*)

宮古島・冬(6)

帰路、那覇空港から
ゆいレールにyuireru.jpg
30分揺られ
首里城へ立ち寄った。

首里城は国王家族の生活の空間でもあり
聖なる祈りの空間でもあった。
syuri01.jpg

syuri02.jpg

syuri04.jpg

syuri03.jpg


いたるところに存在する
龍のシンボルに心ときめき
古の琉球王朝へ想いをとばした


*****************************

龍神さまのご加護のもと

天候・海況に恵まれ

下地島・伊良部島・宮古島南岸

多彩なダイビングポイントで潜ることができ
安全快適な海を満喫できました♪

お世話くださった方々も
良い人ばかりで
いろんな意味で守られているのだと
つくづく感じることができ
感謝しています。

無事、神戸に戻りました♪
ありがとうございます!!!

宮古島・冬(5)

宮古島ダイビングも今日が最終日。

本日記念すべき 
50・DIVES達成

シーワールドのモリケンさんから
海中でプレゼントmiyako1213-10.jpg

ハート型メッセージmiyako1213-11.jpg


エヌズのキムちゃんからmiyako1213-12.jpg

お祝いチョコケーキmiyako1213-13.jpg



ありがとうございます♪
サプライズに感動しました(*^-^*)
これからも安全に楽しく次は100本を目指します!!!


モリケンさんは他にも楽しい企画を考案!
モリケンシール3枚集めたお祝いにmiyako1213-01.jpg

「多良川」焼酎を海の中の洞窟内に置いて寝かせ
まろやかな味にしましょう!(^o^)ということで
ガラス瓶ごと洞窟内に隠して
こんど宮古島に来たときに潜って取りに行く♪

なんてすばらしい! 計画
次回に繋がる楽しいアイデア☆



⑧ショートケーブ

2007年12月13日(木)
☆通算潜水回数 49本目
インストラクター:モリケンさん ・船長:カンチさん
天候:曇り
風:北
気温:20~23℃  
水温:24.7℃
海況:波1.5~3m  
潮汐流:中潮 
透明度:22m以上
透視度:25m    
最大水深:22m
潜降時間 10:12 浮上時間 10:45
潜水時間:33分
ウエイト:7㎏

面白いポイントだ。
這うように前進する狭い洞窟内。
暗く狭く・・・実に楽しい♪miyako1213-02.jpg


「多良川」焼酎を置く場所を決めたmiyako1213-03.jpg


「たぶん台風でも平気だと思う」miyako1213-05.jpg


秘密の洞窟(^o^)miyako1213-04.jpg

miyako1213-06.jpg
miyako1213-07.jpg
miyako1213-09.jpg


紫の色が綺麗なタカラガイmiyako1213-08.jpg

ハナビラクマノミmiyako1213-14.jpg

セジロクマノミmiyako1213-15.jpg





⑨牛さんこわいよ

海岸にダイバーが山だてするのに利用している牛の像があり
暗い洞窟から出て思わず「牛さんこわいよ」と言ったのが由来。

2007年12月13日(木)
☆通算潜水回数 50本目
インストラクター:モリケンさん ・船長:カンチさん
天候:曇り
風:北
気温:20~23℃  
水温:24.7℃
海況:波1.5~3m  
潮汐流:中潮 
透明度:23m以上
透視度:25m    
最大水深:23.7m
潜降時間 11:38 浮上時間 12:06
潜水時間:28分
ウエイト:7㎏

根の間の細いクレパスに入り穴の中へmiyako1213-16.jpg

miyako1213-17.jpg
miyako1213-18.jpg


蒼い色
透きとおり
輝く美しさ
宮古の海は神秘的

宮古島・冬(4)

南からの風が吹き
冬にはめったに行かないポイント
伊良部島へ向かった。

ポイント地図→irabumap.jpg


船首でmiyako1212-01.jpg

つねさんが赤色を着る理由はクリスマス! 
・・・ではなく(笑)
還暦だから(^o^)
赤色は魔よけになるのです♪

マスミさん・船長サカイさん・モリケンさんmiyako1212-02.jpg


miyako1212-03.jpg


伊良部島miyako1212-04.jpg



⑥Wアーチ

2007年12月12日(水)
☆通算潜水回数 47本目
インストラクター:モリケンさん ・船長:サカイさん
天候:曇り 時々晴れ
風:南東~北
気温:21~26℃  
水温:24.5℃
海況:波1.5m  
潮汐流:中潮 
透明度:17m以上
透視度:25m    
最大水深:17m
潜降時間 10:15 浮上時間 10:53
潜水時間:38分
ウエイト:6㎏

ハート型の穴miyako1212-05.jpg

リーフがわずかにつながったアーチ

根と根の間を通っていくmiyako1212-06.jpg
miyako1212-07.jpg


綺麗な色のサザナミヤッコmiyako1212-08.jpg


水深が浅くなったとき、浮上してしまった(^^:
船長サカイさんが
「思わずマンタかと思った(笑)」
トホホ・・・マンタにもう一度会いたかったのに
わたしがプカーッと浮いてマンタ状態になってしまうとは。
モリケンさんにまたまた救出される(感謝)
「なおちゃん微妙なところだけどウエイト増やしましょう」
というわけで6キロから7キロに戻された。



⑦スネークホール

2007年12月12日(水)
☆通算潜水回数 48本目
インストラクター:モリケンさん ・船長:サカイさん
天候:曇り 時々晴れ
風:南東~北
気温:21~26℃  
水温:24.5℃
海況:波1.5m  
潮汐流:中潮 
透明度:20m以上
透視度:25m    
最大水深:20.9m
潜降時間 11:37 浮上時間 12:13
潜水時間:36分
ウエイト:7㎏


この岩礁下から潜降miyako1212-09.jpg


miyako1212-10.jpg


水深8mの壁に穴が空いているのがスネークホール
エアードームの中ではmiyako1212-11.jpg

空気内の圧力の変化により霧が発生している。

穴から外へmiyako1212-12.jpg


熱帯ミノカサゴmiyako1212-14.jpg


ログ付け(^^)miyako1212-13.jpg


宮古島・冬(3)

快晴の爽やかな天気
気温は26度の夏日
来間大橋を渡るとmiyako1211-01.jpg

赤屋根青壁のシーワールドが見える。

青い空・青い海・青い水平線
雲は柔らかく浮かび
風は優しく暖かい
紺碧の深い海の下miyako1211-02.jpg

見えない世界は広い


④ミニ通り池

2007年12月11日(火)
☆通算潜水回数 45本目
インストラクター:モリケンさん ・船長:カンチさん
天候:晴
風:南東~東
気温:21~26℃  
水温:24.6℃
海況:波1.5m  
潮汐流:大潮 
透明度:15.6m以上
透視度:25m    
最大水深:15.6m
潜降時間 10:08  浮上時間 10:42 
潜水時間:42分
ウエイト:7㎏ (更に1キロ減らす)

☆初めてのポイント
miyako1211-03.jpg
miyako1211-04.jpg
miyako1211-05.jpg

水面から顔を出すとポッカリと穴が空いて
爽やかな空が見える・・・はずが、
真っ先に目に映った物体は
なんと!

珍獣ボデゴン!!!

神聖な場所だといわれる観光名所の池の中で
女性が下着姿(スリップ・ブラジャー・パンティ)
相方の男性はトランクス一丁にボッテリお腹の様で
海底から浮上する我々目の前に浮かんでいた(@@)

水に濡れて肌にピッタリと下着がくっつき
透けて見える・・・
太った中年カップルのセミヌードにビックリ!
滅多に見ることのできない珍獣だったよぉ!!!

これが妙齢の見目麗しい人なら
目の保養だったでしょう(ね、モリケンさん・つねさん)

誰も来ないと思って半裸で水に浸かったところに
池の底から我々が顔を出したものだから
慌てて逃げていった。
「怪しげな新興宗教の儀式かも」と、つねさん談。


池の上には柵が設置され
観光者が見下ろしているmiyako1211-06.jpg

miyako1211-07.jpg


すれ違いにシーワールドのサカイさん(ピース)miyako1211-08.jpg

珍獣はもう消えましたよ~

miyako1211-09.jpg
miyako1211-10.jpg
miyako1211-11.jpg
miyako1211-12.jpg
miyako1211-13.jpg
miyako1211-14.jpg

ホワイトロード(砂地の水路)を超え戻る
miyako1211-24.jpg




⑤中の島ホール

☆初めてのポイント
2007年12月11日(火)
☆通算潜水回数 46本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:南東~東
気温:21~26℃  
水温:24.6℃
海況:波1.5m  
潮汐流:大潮 
透明度:28m以上
透視度:25m    
最大水深:28.2m
潜降時間 11:30 浮上時間 12:00 
潜水時間:30分
ウエイト:6㎏ (合計3キロ減らす)

中の島湾の北側にあるmiyako1211-15.jpg

突き出た海岸の沖に穴が空いている

ホールの入り口miyako1211-16.jpg


穴の中へ潜降していくmiyako1211-17.jpg


miyako1211-18.jpg
miyako1211-19.jpg
miyako1211-20.jpg
miyako1211-21.jpg
miyako1211-22.jpg


今回2回目の急浮上となるつねさんを
救出に向かうモリケンさん(^^;miyako1211-23.jpg


わたしは安全停止で待機している間
下半身の空気を巧く排気できず逆立ち状態となる。
これまたモリケンさんに救出される。
夫婦共々お世話をおかけしますね(^^;

宮古島・冬(2)

冬の宮古島ダイビング
宮古島は半袖シャツ・半パン・ビーチサンダルで過ごせる
まだまだ夏の香り♪

モリケンさんと2ショット(^-^)vmiyako1210-01.jpg


①中の島チャネル
miyako1210-02.jpg

前回の逆ルートで潜る

2007年12月10日(月)
☆通算潜水回数 42本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:東~南東
気温:19~24℃  
水温:24.4℃
海況:波2.0m  
潮汐流:大潮 
透明度:16m以上
透視度:25m    
最大水深:16.2m
潜降時間 10:18  浮上時間 11:00 
潜水時間:42分
ウエイト:9㎏
ドライスーツでアルミタンクということで
重めのウエイトで試してみる。


細い通路を潜り抜けて行くmiyako1210-04.jpg
miyako1210-05.jpg
miyako1210-06.jpg


miyako1210-10.jpg



生きている太陽の砂miyako1210-07.jpg

拡大→miyako1210-08.jpg


根の上を渡るmiyako1210-09.jpg




②ハニーホール

初めてのポイント☆
このポイントで船上からマンタを発見!!!
船長さんが目ざとく
波間に漂う黒いマンタを見つけ教えてくれた。

初マンタ(わかる?)→manta02.jpg


拡大→manta01.jpg


ハニーホールのポイントは
モリケンさんも初めてだったらしい。
戻ってから緊張したとのコメント。
エアー残量90にまでなったとのこと。
(ごめん、勘違いでしたモリケンさんの名誉のため訂正すると
はじめのエアー量が我々よりかなり少なかったのです・汗)
わたしが80だったから・・・
エアーの消費は精神的なものが影響するのね。
途中で一度水面に出るポイントで
崖の向こう側にある池で休憩。


2007年12月10日(月)
☆通算潜水回数 43本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:東~南東
気温:19~24℃  
水温:24.4℃
海況:波2.0m  
潮汐流:大潮 
透明度:15m以上
透視度:25m    
最大水深:14.7m
潜降時間 11:54  浮上時間 12:29
潜水時間:35分
ウエイト:8㎏ (1キロ減らす)

崖下の穴から入るmiyako1210-11.jpg
miyako1210-12.jpg
miyako1210-13.jpg


一度浮上miyako1210-14.jpg
miyako1210-15.jpg
miyako1210-16.jpg
miyako1210-17.jpg
miyako1210-18.jpg


③コーラルガーデン

来間島・竜宮城展望台下付近のポイントmiyako1210-19.jpg

最長潜水時間更新48分

2007年12月10日(月)
☆通算潜水回数 44本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:東~南東
気温:19~24℃  
水温:24.4℃
海況:波2.0m  
潮汐流:大潮 
透明度:15m以上
透視度:25m    
最大水深:6.8m
潜降時間 3:08 浮上時間 3:56
潜水時間:48分
ウエイト:8㎏

お魚パラダイスmiyako1210-21.jpg


魚招き寄せ魔術師miyako1210-20.jpg

魚とダンスしているみたい(*^^*)

miyako1210-22.jpg


背中を真上から見るとmiyako1210-23.jpg
白いハート型

ハリセンボンの変身miyako1210-24.jpg
miyako1210-25.jpg

宮古島・冬(1)

(ホテルのネットより)

神戸空港にはクリスマスツリーが
航空会社ごとに飾られて華やか☆
子供向けのポケモンツリーmiyako1209-01.jpg


玄関ロビーには数個のツリーmiyako1209-02.jpg



那覇では気づかなかったなぁ~
飛行機から降りたらいつも
瑞々しい蘭の花が出迎えてくれる♪

宮古空港のクリスマスツリーmiyakoxmas.jpg

miyako-kuko.jpg

思わず「ただいま!」とつぶやいてみた(^o^)


ホテルロビーにも
吹き抜け天井いっぱいに
巨大な青いツリーがドーン! miyako1209-03.jpg


miyako1209-04.jpg

部屋から見える屋外プールには
サンタのボートmiyako1209-05.jpg

miyako1209-06.jpg

暗くなるとイルミネーションでキラキラ☆
miyako1209-07.jpg



宮古空港にはモリケンさんが
出迎えに来てくださった(^-^)

「お世話になりま~す」
「今回ゲストはお二人だけですよ~
行きたいポイントどこかありますか?」

「まだ潜っていない
ポイントに連れて行ってぇ」

リクエスト
☆牛さんありがとう
☆牛さんこわいよー
☆七又アーチ
☆通り池
☆悪魔の館
☆中の島ホール
☆サンゴホール・・・etc

風向き、波次第だなぁ
5月以来のドライスーツでのダイビング!
半年振りだからチョット緊張~~~


大浴場でゆっくりくつろぎ
夕食も済ませ
ネットも楽しみ
まるで自宅にいるような
リラックスモードで過ごしているわ(^o^)v

ぐっすり眠って
明日から
ダイビング9本いってみよう!!!

龍神さまのご加護を!

20071208213129.jpg


3度目の宮古島♪

今回は9本潜る予定

龍神さまのご加護を祈って
行ってきます


宿泊:ホテルブリーズベイマリーナ
ダイビングサービス:シーワールド

↑お世話になります。ヨロシク☆(*^o^*)/

失われた文明

神戸市立博物館特別展
失われた文明
インカ・マヤ・アステカ展
inca01.jpg

inca02.jpg


天空都市マチュピチュをはじめ謎の繁栄を遂げた文明『インカ』

2000年にもわたり繁栄した密林の文明『マヤ』

湖上に20万人を超える巨大都市を築いた文明『アステカ』

16世紀初め大航海時代のなか
黄金郷を求めたスペイン人により征服され
これらの文明は次々と失われていった。

征服され滅亡していった文明の
神と信仰に焦点があてられ
死生観・精神世界を感じていく展覧会は
かなり刺激的だった。

生贄

神の自己犠牲で自然世界は秩序が保たれており
神の犠牲に報いるために人もまた
最も大事な「命」を捧げることで
安寧が約束されるという。

国が戦いをするのは
領土を広げ資源を確保するという物質的なことではなく
神に捧げる「生贄」となる捕虜を確保するためであった。
王の役割も凄まじい。
王や王妃は自らの身体に傷をつけ
(王は性器に王妃は舌に穴をあけ)
血を滴らせ神に捧げる儀式を行なう。
痛さの余り失神寸前の意識の中で
神と交信し神託を授かるという。
黒魔術のようないかがわしさ
狂気世界のようにも思える。
インカの「ミイラ信仰」も奇妙。
子どもが生贄となり
ミイラにされ山に捧げられた。





神々
信仰

さまざまな
文明に根ざし

多くの血を吸い

艶やかな国を築き

密やかに
滅びの花を咲かせ

乱れ

消えゆく


神は何処に・・・・・・




展示品で一番気に入ったのは等身大の土製品
アニメ科学忍者隊ガッチャマンに似ている(^o^)
『ワシの戦士像』 inca03.jpeg

神戸ルミナリエ2007

今日は暖かい穏やかな天気だった(^-^)/
午後から三宮へ出かけた。

神戸市立博物館特別展
失われた文明
『インカ・マヤ・アステカ展』を観た後(詳細は後日に)

ルミナリエの点灯待ちで
アーチの下に並ぶこと1時間10分。
観光ツアー客もずいぶん増え
わたしのすぐ側に並んだ九州オバタリアン軍団の
会話が無茶苦茶面白くて(笑)
あっという間に時間が経った。
「男と女」についての説は参考になったわ(^o^)

2007年のテーマは「光の紀元」
公式サイト→神戸ルミナリエ
12月6日(木)~12月17日(月)開催

12月の華やかな街にluminarie2007-04.jpg


ゆっくりと夜の帳が下りluminarie2007-05.jpg


祈りの歌が流れ始める

時が来て

厳かな鐘の音が鳴り響くと

ルミナリエの光が輝き目覚める♪luminarie2007-06.jpg



luminarie2007-01.jpg

luminarie2007-03.jpg

luminarie2007-02.jpg

開催初日点灯の瞬間に立ち会った
2007年ルミナリエ♪luminarie2007-07.jpg

冷え込む

寒くなりました!
神戸は気温5℃-12℃
10℃切ってるし~
部屋の中も寒い
ガスストーブを点火させ
快適温度に保つ。

宮古島は20℃-24℃とのことで
ここの冷え込みを考えると
やっぱり楽園だ♪

持って行く衣類とかも悩むなぁ~
現地のモリケンさんからのメールは微妙(^^;
>宮古の暑さにもある程度なれるし
>寒くなるとやっぱり寒いもので・・・
20℃でも寒いらしい。
うーむ・・・・。

明日からKOBEルミナリエ開催☆
神戸市立博物館特別展
失われた文明
インカ・マヤ・アステカ展も観て来よう!

ダイエット

pic.jpeg

2回目インボディー計測
ひと月で体重
2キロ落せた♪(^o^)/


と、喜んでいたのに
ほとんど筋肉量が落ちていた(TT)


運動方法を根本的に見直さなければ!!!
水泳だけでなく陸トレも積極的に(はぁ~)
腰痛にならないよう注意して
バーベル系もやろうかなぁ。
先月は食生活も失敗。
すき焼き・焼肉などこってり系も多かったものね(反省)

でも

あれだけ食べて2キロ減はエライぞ(勝手な自己満足・苦笑)

*****************************
水泳
バタフライ強化週間

12/2 カメコーチ 
UP 25×4  45s
  50×2 1.30s
K 25×4  
  50×2 
P 25×4  
  50×2 
S 25×6
---------------------------------- 
   750m    その他計2200m+アクア30分



12/3 タッキーコーチ 
UP 50×2
  25×4  
K 25×4 板 
  50×2グライド 
S 25×4 片手往右復左 
  50×2 
S 50×1
----------------------------------
  650m     その他計2200m+すい平30分 

3大Bの午後

神戸学院大学
2007年(秋季)Green Festival
仲道郁代(ピアノ)nakamichi.jpeg


長谷川陽子(チェロ)hasegawa.jpeg

 デュオの午後
----陽子が選ぶソナタ集第6回(最終回)【3大Bの午後】----

曲目
*J.S.バッハ
 無伴奏チェロのための組曲 第6番 ニ長調 BWV.1012 (約25分)
*ベートーヴェン
 チェロとピアノのためのソナタ 第3番 イ長調 作品69 (約27分)
----------休憩-----------
*ブラームス
 チェロとピアノのためのソナタ第2番 ヘ長調 作品99 (約30分)

アンコール曲
チェロ     *J.S.バッハ  無伴奏組曲 第3番 前奏曲
ピアノ     *ショパン   夜想曲作品48-2
チェロ&ピアノ *サンサーンス 白鳥(動物の謝肉祭より)


クラシック史上重要な3人の作曲家の頭文字をとって
“3大B”と呼ばれている。
♪Bach (バッハ) 1685年~1750年
♪Beethoven (ベートーヴェン) 1770年~1827年
♪Brahms (ブラームス) 1833年~1897年

贅沢なコンサートだ。
仲道郁代さんと長谷川陽子さん二人揃っての共演。
いつもより早めに出かけた。
会場1時間前からロビーに並んで待つ。
補助席が前に2列並んでいた。今回最前列と2列目は補助椅子だ。
すわり心地を考えて、3列目中央席を選んだ。
満員の会場内は暖房が効きすぎムーッとしていたので
主催者側がエアコンを切る。
この時期、温度調整には神経を使う。

曲目はもちろんのこと
衣装も豪華なコンサートだった!
仲道さんは益々美しかったわ♪
ワインレッドのビスチェドレスが白い肌に似合って
「うわぁ~キレイ」と思わずため息。
肩紐がなく、首から指先まで素肌を露出するビスチェは
アームラインを長く細く美しく見せる。
デコルテ(首から胸元にかけての空き)が広いため
肌の白さが際立ち、揺れる長い髪をそのままおろしても優雅。
長谷川さんは天使のような白のドレス。
ウェディングドレスの豪華さで開いた胸元に
天女の羽衣のようなショールが揺れキレイ。
女性演奏家の衣装は見ごたえがある。

3大Bの中でベートーヴェンがやはり印象的だった。
劇的で情熱的!
ベートーヴェン37歳の時の作曲でこの時期は
第5交響曲・第6交響曲(田園)・第5ピアノ協奏曲(皇帝)など
「傑作の森」と呼ばれる作品群が生み出された頃にあたるとのこと。
バッハは、わたし的には退屈で
ブラームスもベートーヴェンほどの迫力を感じられなかったな。

ベートーヴェン・・・ああ・・・感動♪

なのに、なのに・・・
わたしの目の前のおば様がコックリコックリと眠っていた。
隣の人にもう少しで頭が寄りかかる程傾いていた。
わたしがいつも最前列に座るのは
こういう雑念に囚われたくないからなのよねぇ(苦笑)

U先生がパンフレットに「ごあいさつ」として
コメントを載せておられた。
定年退職を迎えられたがボランティアでこのまま続けるとのこと。

U先生のファンとしては安堵です(^o^)/
これからもヨロシクお導きくださいませ!!!


追記:パンフにクイズが載っていた。

Q.下記の順列の数字は何を意味しているのでしょう?

21 36 55 60 67 68 92 93 125

??どなたか教えてくださ~い!

2008年「フェルメール展」

来年夏にフェルメールの作品がどーーんと東京にやって来る!
国立新美術館の「牛乳を注ぐ女」も行きたかったけど
1点だけだったから・・・あきらめたんだけど
一挙に6点(もしくはそれ以上の数)なんて
もう絶対行く!!!
なにがなんでも行く!!!


我が家のステンドグラスが生まれるキッカケになった
BLUE HEAVEN さんの
弐代目・青い日記帳を拝見するともう早速掲載されていた。
どこよりも詳しい情報が得られますヨ♪


「ワイングラスを持つ娘」
窓のステンドグラスが気になるわ(^o^)
wineglass.jpg

glassmado-hikari02.jpg


フェルメールに恋して
描かれたステンドグラス窓が欲しくなり
フェルメールの思い入れと
ステンドグラス作家の思い入れと
わたしの思い入れが
幾重にも重なりあい
我が家の窓は絵画を超えたと思っている(*^-^*)

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。