プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島2007ダイビング4

下地島の端っこにある
憧れていたダイビングポイント
⑦魔王の宮殿⑧アントニオ・ガウディmiyakomap.jpg


運良くこの人気ポイントに潜ることができた!
一番初め、ダイビングショップで学科講習を受けた時
担当者が熱心に聞かせてくれたダイビングの魅力。
その中で魔王の宮殿の話がとても印象的だった。
たった1年で憧れのポイントに連れて来てもらえるなんて!

40本目の記念ダイビングで超ラッキー♪


⑦魔王の宮殿  神秘の蒼miyako200710-54.jpg


2007年10月24日(水)
☆通算潜水回数 40本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:東~北東
気温:23~27℃  
水温:26.9℃
海況:波3.0m  
潮汐流:大潮 
透明度:25m
透視度:30m    
最大水深:25m
潜降時間 10:15 浮上時間 10:44 
潜水時間:29分
ウエイト:5㎏

LogBooklog2007.10-07.jpg


魔王の宮殿 入り口miyako200710-52.jpg


リーフ上にポッカリ口を開けた入り口から一気に潜降する。
真っ暗な空間。
ライトの光が唯一の頼み。
狭いアーチを潜り抜けると
巨大な竪穴広間へとつながった。

静寂
暗がり
蒼い光

「魔王の宮殿」は名にふさわしくあろうと
厳粛な雰囲気をただよわせていた。
miyako200710-53.jpg
静寂
暗がり
蒼い光miyako200710-54.jpg


奥までたどり着いた後はエアの関係から
来たコースを戻らず
一気に天井へ浮上し宮殿を抜ける。
浮上中みんなのダイコンが
ピピピピ鳴り賑やかだった♪(^^;

流れがあるので岩肌にしがみつきながら移動
miyako200710-55.jpg

miyako200710-56.jpg

安全停止でじっと我慢のつねさん(^o^)miyako200710-57.jpg


ハート型の窓が開いているような崖
miyako200710-58.jpg


ボート上で休憩
モリケンさんつねさん男同士の会話?
miyako200710-59.jpg




⑧アントニオ・ガウディmiyako200710-60.jpg

アーチ型の芸術的な自然の造形美からスペインを代表する
建築家アントニオ・ガウディの名前が付いたといわれる。

2007年10月24日(水)
☆通算潜水回数 41本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:東~北東
気温:23~27℃  
水温:26.9℃
海況:波3.0m  
潮汐流:大潮 
透明度:35m以上
透視度:30m    
最大水深:35.5m
潜降時間 11:26  浮上時間 11:56 
潜水時間:30分
ウエイト:5㎏

Log絵図 log2007.10-08.jpg
深く潜っていたことにダイコンを見て気づく


miyako200710-61.jpg

miyako200710-62.jpg

miyako200710-63.jpg

miyako200710-64.jpg



つねさんに軽い窒素酔いの症状がでた。
モリケンさん曰く
「カメラをイジリ回していましたね」
(さすが、ちゃんと状態をみていてくださる)
つねさん談
「カメラのレンズの向きがわからなくなり焦った」

ガウディのコース半ば頃から
つねさんの頭痛が始まり夜になっても続いた。

恐るべし窒素酔い!!!

最終日、2本だけにしてよかったなぁ~。
連日ダイビングだったから疲れがでたのかもね。還暦過ぎてるし...(^^;

こんどからは1日2本というスケジュールで
潜ることにしましょう!

次回はおまけ画像♪(^o^)v
スポンサーサイト

宮古島2007ダイビング3

miyakomap.jpg


2日目は
下地島ポイント

④中の島チャネル⑤一の瀬ドロップ(42.5m最大水深更新)
⑥ハマパラダイス来間島へGO!

今日からモリケンチームに東京のシンちゃんが参加。
なんと! シンちゃんはココのブログを以前からご覧になっていたとかで
「あれっ? ひょっとしてブログ書いてますか?」
と、顔合わせの時に驚嘆の声で話しかけてこられた。
こういう出合い方はとても嬉しい♪(*^o^*)
今日明日の2日間どうぞヨロシク☆

下地島が見える。ボート上は清々しく気持ちいい♪
40分ほど揺られてきたが船酔いなど一切しないから楽チン。
miyako200710-21.jpg


④中の島チャネルmiyako200710-22.jpg


2007年10月23日(火)
☆通算潜水回数 37本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:北東
気温:22~27℃  
水温:26.9℃
海況:波2.0~2.2m  
潮汐流:中潮 
透明度:15m
透視度:30m    
最大水深:15m
潜降時間 10:30 浮上時間 11:09 
潜水時間:39分
ウエイト:5㎏

log2007.10-04.jpg

↑ポイント絵図
エントリーして根を降りて行き
クレパスやアーチを潜り抜けながら進む。
ダイビングの楽しみ方はいろいろあるが
わたしは地形系が好き! ワクワクドキドキ!!!
似たような崖にみえる根はホント迷子になってしまうな。
コンパスの見方等ナビゲーションもちゃんと学ばないと・・・(遠い目)

miyako200710-35.jpg

miyako200710-36.jpg


miyako200710-22.jpg
見上げると割れ目から青い光の海

miyako200710-23.jpg


miyako200710-24.jpg
崖だけ写していても比較対照がないと大きさがイマイチだなぁ。
で、つねさん・モリケンさん・シンちゃんをパチリ☆
ストロボが届いた手前左上の岩肌は色が出ている。
海の中は実際の色が消えて見えるから
時々ライトを当てて観察しよう!
うつぼが顔を出している。miyako200710-25.jpg


水路なった根を巡る楽しいポイントだ。
miyako200710-26.jpg

miyako200710-27.jpg

miyako200710-28.jpg

miyako200710-29.jpg

miyako200710-30.jpg

miyako200710-31.jpg

(@@)うみへび出現!miyako200710-32.jpg
 
船底miyako200710-33.jpg

miyako200710-34.jpg
ボートの上でしばし休憩


⑤一の瀬ドロップ水深42.5mに着地miyako200710-40.jpg


2007年10月23日(火)
☆通算潜水回数 38本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:北東
気温:22~27℃  
水温:26.9℃
海況:波2.0~2.2m  
潮汐流:中潮 
透明度:42.5m
透視度:30m    
最大水深:42.5m  ☆最大水深更新
潜降時間 11:53 浮上時間 12:21
潜水時間:28分
ウエイト:5㎏

絵図↓ 根の上を横切り一挙にダイブ!
log2007.10-05.jpg

大きな根がそびえ立つ迫力あるダイナミックな地形。
リーフの上は水深6mと浅く明るい。
すぐに水深40mを超えるドロップオフの地形で
高層ビルのような高い壁を降り海底に着地42.5m。
上を見上げると高くそそり立つ根の壁は雄大で見事!
Deepの水深で最も深く潜ったことになる。
忘れられない感動を味わった!!!
miyako200710-37.jpg

miyako200710-38.jpg

miyako200710-39.jpg



⑥ハマパラダイス

2007年10月23日(火)
☆通算潜水回数 39本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴くもり
風:北東
気温:22~27℃  
水温:26.9℃
海況:波2.0~2.2m  
潮汐流:中潮 
透明度:7.0m
透視度:15m    
最大水深:6.7m  
潜降時間 15:20 浮上時間 16:02
潜水時間:42分
ウエイト:5㎏


通り雨がさーっと降る。
滞在中唯一のにわか雨。
モリケンさんの操縦でお魚パラダイスへ行く。
miyako200710-41.jpg

象徴的な珊瑚の天然芸術
miyako200710-42.jpg

周囲をぐるり回遊miyako200710-43.jpg

miyako200710-44.jpg

ハマクマノミのパラダイスmiyako200710-45.jpg

ズームアップ
miyako200710-46.jpg

miyako200710-47.jpg

ハタタテハゼ 頭の上にアンテナ♪miyako200710-48.jpg

プロと素人ダイバーの違い(笑)わかる?
モリケンさんはいつも中性浮力で浮いていたわmiyako200710-49.jpg

何気ないポーズも決まってる(*^^*)miyako200710-50.jpg


ダイバーとしての課題はいっぱいあるけど
カッコよくフィンキック
余裕の中性浮力だな☆

明日もがんばりましょう♪(*^o^*)/ miyako200710-51.jpg

宮古島2007ダイビング2

ダイビングテーマは

『がんがん潜る宮古島』

miyakomap.jpg

今回のダイビングポイント(クッリクで拡大)


①ムイガードロップ南岸miyako200710-05.jpg

2007年10月22日(月)
☆通算潜水回数 34本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:北東
気温:22~25℃  
水温:27.1℃
海況:波2.2~2.5m  
潮汐流:中潮 
透明度:32m
透視度:30m    
最大水深:32.2m
潜降時間 10:19 浮上時間 10:47 
潜水時間:28分
ウエイト:5㎏
(タンクの種類がアルミなのでウエイトを増やす)

LogBooklog2007.10-01.jpg
シール3枚集めるといいことあるらしい♪
絵図は今回のダイビングコース

ムイガードロップ南岸はSD講習時と同じポイント!
あの時の最大水深は15.6mで今回は倍の32.2m。
SD講習の記録
一年経って同じポイントからの潜水は
思い出が入り混じり感慨深いものがある(^^)
自分自身の成長も実感できた♪
miyako200710-10.jpg


miyako200710-11.jpg

↑偶然同じボートでご一緒になったカワイさん
カンチさんとのボート講習をすれ違い様にパチリ☆
ココ見てくださってるかなぁ?
SD取得おめでとうございます!
翌朝、帰阪される際にご挨拶に来てくださり
ありがとうございました。
またいつか海でお会いできたらいいですね(^-^)/


②ガオーmiyako200710-06.jpg

2007年10月22日(月)
☆通算潜水回数 35本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:北東
気温:22~25℃  
水温:27.1℃
海況:波2.2~2.5m  
潮汐流:中潮 
透明度:23m以上
透視度:30m    
最大水深:22.7m
潜降時間 11:37 浮上時間 12:11 
潜水時間:34分
ウエイト:5㎏

LogBooklog2007.10-02.jpg
迷路のような狭いクレパスを潜り抜ける

miyako200710-08.jpg

ポイント名の由来は前の崖にある亀裂が「ガオー」と叫んでいる動物の口のように見えることから。
クレパスが続いているポイント!
ひとりがやっと通れる狭い穴を潜り抜ける。
冒険している感じでとても面白い。
モリケンさん一押しポイントで次回もぜひ潜りたい☆
高所恐怖症・暗所恐怖症・閉所恐怖症でなくて幸せだ(^o^)
miyako200710-07.jpg


miyako200710-12.jpg

お昼ごはんを食べにシーワールドへいったん戻る。
ボート上から眺める来間大橋(全長1690m)

③コーラルガーデンmiyako200710-09.jpg

2007年10月22日(月)
☆通算潜水回数 36本目
インストラクター:モリケンさん
天候:晴
風:北東
気温:22~25℃  
水温:27.1℃
海況:波2.2~2.5m  
潮汐流:中潮 
透明度:7m以上
透視度:15m    
最大水深:7.2m
潜降時間 15:04浮上時間 15:50 
潜水時間:46分 ☆最長潜水時間更新
ウエイト:5㎏

LogBooklog2007.10-03.jpg


コーラルガーデンはお魚天国!
明るい海中をマッタリ潜ること46分
今までの最長潜水時間だった。
宮古の海は浅瀬も美しく楽しい。

初日の3本で宮古島にいるクマノミ6種
ぜんぶ観ることに成功(^o^)/ わぁ~い♪
miyako200710-04.jpg

☆セジロクマノミ
☆クマノミ
☆ハマクマノミ
☆ハナビラクマノミ
☆カクレクマノミ
☆トウアカクマノミ

背中部分を真上からみると白いハート型に見える
トウアカクマノミと貝殻に産んだ卵(卵の中にトウアカの目も見える♪)
miyako200710-19.jpg

miyako200710-20.jpg



miyako200710-13.jpg


miyako200710-15.jpg


miyako200710-16.jpg
珊瑚に魚がビッシリ

miyako200710-18.jpg
水色デバスズメ

miyako200710-17.jpg
お守りになるといわれるスイジガイ

miyako200710-14.jpg

↑モリケンさん撮影によるツーショット(*^o^*) 

明日に続く

山西省京劇院訪日公演

kyogeki_p.jpeg

kyogeki.jpeg


神戸学院大学GreenFestival
「山西省京劇院訪日公演」を最前列中央で観劇した(^^)/
中国芸能「越劇と宝塚」についてのレクチャーを2005年に
また2002年には「京劇と狂言」(題目を押すと記録に飛びます)
北京に旅行した時は現地で京劇を鑑賞している。

言葉や文化が異なっていても
仕草や表情など分かりやすい。
はじめに鑑賞の手引きに目を通しておくと
俳優の役どころや小道具の表す意味など
京劇ならではの約束事を理解でき充分に楽しめた♪
今回の公演では舞台の上手・下手に電光掲示板が置かれ
見やすい字幕が映し出されたので台詞の一つ一つを楽しめ
随所で笑いが沸き起こっていた。
外国の芝居を観ているという感覚は全く起きない。
演目も日本人に馴染み深い「孫悟空」だし
面白いこと間違いなしの公演内容だった。

『鉄弓縁(てっきゅうえん)』
美しいうえに武芸に秀でている女性はカッコイイ♪
世界共通のヒロイン像。
ちゃっかりした面は笑いを誘う。(名を騙った当人と鉢合わせする場面の表情など可愛い)

『痴夢(ちむ)』
この演目では年配の女性客からの笑いが目だった。
日本では熟年離婚が流行の昨今。
他人事ではないのかも(笑)
出世の見込みのない夫に見切りをつけ
強引に離婚し別の男性と再婚した女が
元夫の出世を知り復縁を夢見る話。

『火雲洞(かうんどう)』
お馴染み「西遊記」の一説。
孫悟空役の表情はユニークで顔を動かすたびに会場は爆笑!
三蔵法師・沙悟浄・猪八戒のキャラクターもイメージどおりで愉快。
天竺へ向う一行の適役・紅孩児は
誰よりも人間らしい姿に描かれ(化粧も服装も奇抜でない)
ハンカチ王子のような清々しさで登場。
クルクルと回転する技にどよめきが起こった。
のちに南海観世音菩薩によって天界の善財童子となるのだから
清く美しいのねぇ。

京劇は舞台装置はシンプルだけれど
役者の扮装は色鮮やかで華やか。
集団で舞台狭しと飛び跳ねる技は調和がとれて芸術的!

笑いがあり難しいことの何一つない
元気の出る演目で楽しい舞台を観ることができ
謝謝(*^-^*)

宮古島2007ダイビング1

天候・海況ともに恵まれた宮古島から戻って翌日
神戸は冷たい雨で肌寒く
素足夏服で過ごした数日間が夢幻のよう。

1年前SD講習でお世話になったモリケンさんに再会
「ありがとうございました♪」
miyako200710-03.jpg


透明な深い海(限界を超える水深43mまで潜水)
地形のダイナミックスさに圧倒され
海の神秘にひたすら感動の連続!
miyako200710-02.jpg

miyako200710-01.jpg

「魔王の宮殿」「アントニオ・ガウディ」など

人気の宮古島ダイビングポイントを潜りまくる贅沢さ(*^o^*)
一の瀬ドロップではDEEP水深を更新し43m
コーラルガーデンでは潜水時間を更新し46分と
中級ダイバーになった気分♪



********************************************
今日は旅行の片付けや洗濯などをしたり
中国山西省京劇院訪日公演を鑑賞し
多忙のため・・・(^^;
8本潜った各ポイントの写真など記事は次回へ☆

シーワールド宮古島 森さん

秋も深まり肌寒く感じると
酷暑に悩まされた夏が懐かしくなってくる
暑ければモンクを言い
寒ければ寒いでグチをこぼす
人というのはワガママな生き物だ

夏よ! 再びよみがえれぇ♪
・・・ということで(笑)
計画していた宮古島ダイビングに
明日出発します!!!

4泊5日 8ボート

潜りを堪能してきま~す(^o^)/

SD講習でお世話になり
初ボートを指導してくださった
インストラクターとの交信で
宮古島行きがますます楽しみになっている♪

シーワールド宮古島 森さんこと
モリケンさんと過ごした1年前
宮古島ダイビング1
宮古島ダイビング2
宮古島ダイビング3

戴いたメールは
インストラクターのかがみのような
安心と信頼・楽しさと満足を与えてくれるものだったので
ご紹介しておきます!!!


             ☆
お久しぶりです
シーワールド宮古島 森です

覚えていますとも!!
何時来島のお知らせが来るかと日々お待ちしておりました。
実はもう来ないのかな~と思っていたくらいでしたので
このメールは凄く嬉しく思います。

今回は長い滞在ですね、
ゆっくり宮古島の海、陸、食、人を楽しんで下さい。
合計8ボートは凄いですね!!
目茶目茶ダイビングにハマっているようで良かったです。
初のボートを担当した関係でその後のダイビング人生に
少なからず影響を与えると思っていたので安心しました。

着々とスキルアップしてるようですね
地形&ディープと言えば宮古島と言う位に宮古島には
沢山の地形が待っています。
しかも結構深く平均25~30mが当たり前!!
ディープさえあれば更なる未知の世界にいけるので
楽しいこと間違いありません。

僕も田中ご夫妻と一緒にダイビング出来る事を
楽しみにお待ちしております。

それでは来島まで身体を大事に体調を整えて下さい(僕も頑張ります)

来島をスタッフ一同心よりお待ちしております。


             ☆
シーワールド宮古島 森です

とうとう宮古島ダイビングが決定しましたね
3週間あっという間に過ぎていくことでしょう

空港へは当ショップよりお迎えにあがります。
僕が行けるかは解りませんが何れお会い出来るのは確かです。

ご夫婦で同じ趣味にはまっていただいてとても嬉しく思います。
僕の思うインストラクターとしての仕事が出来ている様なので
本望です。

まだまだお元気なので多くのポイントへ・・・は
たまに行って沢山宮古島に潜りに来て下さい。
そのたびに一緒に感動を分かちあいましょう!

そうですね
間を空けてしまうとせっかく覚え身についたスキルが
消えてしまうので余裕がある限り海に潜っているのが一番!
それが上手くなる方法ですね
50~100本潜れば今まで以上に宮古に限らず
他の海も楽しめるでしょうから
『余裕を持って安全快適なダイビング』で潜り倒して下さい。

それでは再会を楽しみにお待ちしております。


             ☆
こんにちはシーワールド宮古島 森です。

そうですね
とうとう宮古島来島日が迫ってきましたね!!

今日の宮古は気温25度~29度で
日中は半そででも全然平気ですよ。
夜は少し冷えますがそれでも半そでで問題ありませんね

スーツはウエットで充分だと思います
水温も28度あるのでドライだと
水中、陸上ともに暑すぎると思いますよ
船の移動中ですが、僕でも裸で寒くないので
平気だと思いますが、日焼け対策として
薄手の上着があるといいかもしれませんね。

ライトですが・・・
宮古島は洞窟が多いのであると便利かもしれません
それに深場での色はライトが無いと
楽しめないので持って来ましょう!!(SD講習でもやりましたね)

あとは・・・
酔い止めですかね~確か以前も飲んでいたような?
それから申込本数全部潜るだけの体力!!!
それが一番ですね

それでは一週間楽しみに待っております。


            ☆
こんにちはシーワールド宮古島 森です。

とうとうあと4日になりましたね
僕も段々緊張してきました!!
エアーをガバガバ吸いそうで心配ですよ

メールの内容からすると
直ちゃん(すみません)は酔い止め必要ですね
田中さんは酔い止めは要らないかもしれませんね。
飲むと逆に副作用が怖いですね

体力は僕よりもありそうですね(汗)
水泳ではそんなに泳げないかもしれないですね

もう一年が経つのですね早いもので・・・
僕も楽しみにしております


             ☆
つねさん&なおちゃん(笑)

今晩はシーワールド宮古島 森です。

そうですね
宮古島は最近冷え込んできています。
気温は高いのですが、風が何時も吹いているので
体感温度はだいぶ下がるので
風邪など引かないように注意してくださいね。

僕も最近連日ダイビングでちょっと疲れ気味です・・・
でもお二人が来るまでに体力回復しときますね。
つねさん達も宮古の美味しい食材食べて
元気になってくださいね

お二人と宮古の洞窟を楽しむために
最近ライトを購入したので
一緒に洞窟を楽しみましょうね!

麗しの空間

2007.10.18-1.jpg

2007.10.18-2.jpg


今日は久しぶりの本降りで
冷たい雨が秋を深めた

街路樹は季節色に染まり
ふさわしい装いで
秋を称えている

晴れた日は
夏とは異なる角度の陽射しが
窓を彩る

光と影が描く 美
麗しの空間



完成までの楽しい時

cospafly.jpg

バタフライレッスン修了証書を受け取った。
水に濡れても平気なように
ちゃんとラミネート加工されている
立派な証書に感激しちゃったぁ(^o^)
コーチからの親切なアドバイスもあり
なんていうか・・・うん・・・感動。

急激に変化することなんてそうあるもんじゃない。
繰り返し続けているうちに
いつもと違う気づきがあり変化が始まる。
完成するまでの途中が「楽しい時」ともいえる。

昨日今日と続けて別々の人から
「泳ぎ方変わったね」と言われた。
見ていてくれる人がいる。

頑張ろう!(^o^)/

明石フィルハーモニー管弦楽団

akashi.gif

神戸学院大学
2007年(秋季)Green Festival
明石フィルハーモニー管弦楽団 コンサート
指揮/斎田好男(ロッシーニ・シューベルト)
   松井隆司(チャイコフスキー)
コンサートミストレス/谷口紀子
ナレーション/辻本愛可・神戸学院大学学生放送局(チャイコフスキー)

秋のGreen Festivalが始まった♪
10月から12月の3ヶ月間に7公演開催される。
詳細はこちら

公演初回日は学長さんの挨拶から始まる。
「ちょうど256回目のコンサートで・・・」
なにがちょうどなの? と
軽い突っ込みを(心の中で)入れながらも・・・
20年という長い年月開かれた大学として
地域住民を受け入れてくれる姿勢にひたすら感服!
U先生もご健勝で毎回こうしてお招きくださり感謝感謝!!!
ありがとうございます。
秋晴れの澄んだ空気のなかで
気持ちのいいコンサートを聴けた。

明石フィルハーモニー管弦楽団は
2006年10月に発足した誕生1年目の楽団だ。
愛称「たこフィル」(明石名産に因む)。
出演者の笑顔が新鮮だったなぁ~♪
老舗楽団の人って無愛想な感じが多いから
この笑顔を忘れないでいて...。

曲目
*ロッシーニ・・・歌劇≪ウィリアム・テル≫序曲 (約12分)
*シューベルト・・・交響曲第7番 ロ短調「未完成」 D.759(約23分)
----------休憩-----------
*チャイコフスキー・・・バレエ≪胡桃割人形≫作品71(抜萃)(約45分)

アンコール曲
*チャイコフスキー・・・バレエ≪眠れる森の美女≫よりワルツ



プログラムでU先生が書いておられたが
≪ウィリアム・テル≫序曲を演奏すると
楽員に病人などのトラブルが出るという迷信
かって日本のオーケストラ界にはびこっていたという。
プログラムに乗ることも皆無に近かったというから
凄い浸透力ある迷信だったのだ。
へぇ~・・・面白いなぁ~。
封印されていた曲
なんだかそそられる♪
「夜明け」「嵐」「牧歌」「スイス軍隊の行進」

シューベルトの「未完成」も有名曲!
第3楽章の冒頭で途切れる謎の曲。
未完という完成のカタチがあってもいい。
人生はいつだって未完のままだもの・・・
流れの中でふっと途切れてしまう。

チャイコフスキーのバレエ曲は
女の子なら少女時代にうっとりハマル曲でしょう。
ロマンチックで劇的で美しく華やか☆

指揮者松井氏の発案でナレーションが入った。
通常8曲から成る組曲版に3曲加え11曲となり
各曲の冒頭にバレエの場面説明ナレーションが組み込まれた。

うーん・・・。
個人的にはこのナレーションは邪魔だったなぁ。
音楽と歌なら人の肉声も調和するのだが
ナレーションという説明語りでは
音の流れが寸断された気分となった。
大学生の声はきれいで流暢だったけど・・・
少しでもイントネーションが狂うと耳障りになる。
説明は文字で静かに頭の中へ入れておきたいもの。

でも、こういう新しい試みに出会えたことは嬉しい(^-^)/
試行錯誤しながら流れていくコンサートは
新鮮で楽しい喜びを与えてくれる。

ステキなコンサート日和だった♪

秋は夕暮れ

yuyake2007.10.jpg

秋は夕暮れ
と清少納言は言っていた


秋晴れの輝く空が
夕暮れになると
夜恋しいとばかりに
一気に加速し
夕闇を迎える

うかうかしていると
見逃してしまう勢いで
陽が沈む

夜へ転換する名場面を
飽きずに眺めていられるのも
秋だから・・・

テラスにテーブルを出し
夕闇に覆われるまでの
早い晩餐
デザート果実には
夕焼色の柿などいかが?

素朴なパズル

pazuru1.jpg
pazuru2.jpg
pazuru3.jpg
pazuru4.jpg
pazuru5.jpg
pazuru6.jpg
pazuru7.jpg
pazuru8.jpg

指定されたシルエット型に
6枚を組み合わせる素朴なパズル。

引き出しからひょっこり出てきたのだが...
作り始めるとハマル!

あ~更けゆく秋の夜~♪

イメージ

dance.gif

フィットネスジムのプログラムで
社交ダンスを週1回習い
丸1年が経った(^o^)

鏡に向って立つ先生のすぐ側で
先生の指示通りにステップを踏む。
音楽を聴き
柔らかく優雅に
リズムをつかむ。

ふっ...と思う。

このレッスンは
体育会系じゃなく文科系だなぁ~と。

しなやかに動く肉体は必要だけれど
体力よりも
イメージする力が大事で
妄想力があればとことん楽しめる♪

最近、衣装に凝る人も増えてきて
わたしもこんなの着て踊ってます(*^o^*)
dance2007.10.jpg

スカートは膝丈のミニで
くるぶしまである透け素材のヒラヒラが8枚
動くたびに揺れるデザイン♪



体育の日は
久しぶりに陸トレのみ。
クロストレーナーをレベル10で1時間。
水中運動より疲労感があるなぁ~。
湯船にじっくり浸り筋肉をほぐす。

何処かへ・・・

海が恋しい

そう思うようになったことが
不思議でしょうがない

泳げなかった頃・・・
水に浮かぶことすら難しく
海は
とても遠い存在だった

そんなわたしが
水泳を習い
毎日泳ぎ
水をコントロールする
術を得とくし
深い海へ潜れるようになった



夢中になっていると
いつのまにか
流れるように
導かれていることに
気がづく

心のアンテナを
素直に掲げていれば
今の自分が知らない
魅力的な
何処かへと
誘ってくれる

ほんの少しの勇気で
今と違う場所へ行けることを
忘れないでいよう!!!

祝☆還暦

2007.10.04-1.jpg

10月4日は恒さんのお誕生日♪

なんとカンレキ! 還暦!!!

と~っても若い(^o^)60歳です。
(ロウソクをフーって吹き消してカワイイ♪)
2007.10.04-02.jpg

食感の違う2層の味で好物のチョコケーキを
手作りして喜んでもらえた(*^-^*)

プレゼントはフィットネス通いに便利な
赤のバック!
赤色は魔除けになるとも言われているので
風習に従ってこだわってみる。
それと水着3着!!!
神戸ハーバーランドで食事して
海を眺めながら
ゆったり記念日を過ごせシアワセ☆

それにしても還暦だなんてホント驚きだ。
(年齢の離れた夫婦なのでわたしはまだずっと先だけど^o^;)
普通なら定年とともに迎えるのだろうけど
早期リタイヤでたっぷり助走をつけ
大きくジャンプし人生のステージを
楽々と乗り換えることができた。

今年、還暦を迎える人は多い。
さすが団塊の世代!!!
こんな人もいる→還暦・長寿データ集


これからも楽しいこと見つけながら
一緒に歩んでいきましょう(^o^)/

恒さん お誕生日おめでとう♪



彼のブログ
還暦の感想や今後の抱負などが語られています(^-^)/

光る海

umi2007.10.jpg


一気に冷え込み
やっと季節が動いた

ボッテリした雲は
刷毛でなぞったような薄衣となり
空の蒼さが清々しい

夕刻、西の空
雲間より真っ直ぐ
降り注ぐ光が
明石の海を照らしていた

一条の光る海

まぶしく輝き
新しい月が始まった


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。