プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪フィルハーモニー交響楽団 コンサート

Green Festival

大阪フィルハーモニー交響楽団 コンサート
指揮/現田茂夫  
独奏/小野眞優美(ヴィオラ) 近藤浩志(チェロ)

オーケストラ演奏はGreenFestivalの演目の中でも
際立って人気が高い。
入場できない落選者が150名を超えたとのこと。
実演で聴くことの珍しい曲が披露され
インタビューでは演奏者の話が楽しい
GreenFestivalならではのコンサート。

曲目
*ヴォーン=ウィリアムズ… グリーンスリーヴズによる幻想曲
*エルガー… チェロ協奏曲 ホ短調 作品85
*ベルリオーズ… 交響曲 「イタリアのハロルド」 作品16

アンコール:エルガー「愛の挨拶」

インタビューで指揮者の現田茂夫氏が
指揮者と演奏者の関係は
機織の縦糸と横糸のようだと喩えられた。
赤や黄色それぞれ個性ある楽器が横に並び
縦糸の指揮者が表へ紡ぎ出し
極彩色の作品が完成する。

コンチェルトは協奏曲の字を当てているが

かっては競奏曲と書いた。

打打発止(ちょうちょうはっし)互いに奏であいながら
最高のものを創り上げてゆく。
コンチェルトの醍醐味はそこにある。

エルガーのチェロ協奏曲作品85では
楽章の間に汗を拭う姿
指揮者にペコリと合図を送る仕草など・・・
ユーモラスな笑いを誘いながらも
チェロの近藤さんの熱演ぶり
卓越した技に魅了された。
第2楽章の16分音符の細かい速い音など
チェロの技巧を存分に味わえる作品だった。

ベルリオーズの交響曲
「イタリアのハロルド」を初めて聴いた。
1803年生まれのベルリオーズ(1803-1869)は
ベートーヴェン(1770-1827)と
同時代を生きた音楽家だが、
その作風はとても現代的で200年前の曲とは思えない
柔軟性と創造性を持っている。
詩人バイロンの「チャイルド・ハロルドの巡礼」の主人公を
独奏ヴィオラで表現し物語りを綴っていく。

今回の楽器編成
首席コンサートマスター:長原幸太
第1ヴァイオリン:11
第2ヴァイオリン:10
ヴィオラ:8
チェロ:6
コントラバス:4
フルート(ピッコロ持替):2
オーボエ(イングリッシュ・ホルン持替):2
クラリネット:2
ファゴット:4
ホルン:4
トランペット:4
コルネット:2
トロンボーン:3
チューバ:1
ハープ:1
ティンパニ:1
タンバリン:1
シンバル:1
トライアングル:1
スポンサーサイト

夏の風

terrace01.jpg


週の始まり月曜に
のんびり昼寝する
贅沢

空は爽やか
風は涼しい
誰もなにも
邪魔はできない

どの国の王様よりも
しあわせ

バタフライの訓練

夜の水泳レッスンは穴場!
はじめて背泳ぎ30分の時間でも
慣れている人ばかりだったので
上級者向けの腕の使い方
キャッチの感覚など
個人別に細やかなフォームチェックをしてもらえた。
わたしは水中での掻きはできているが
入水時のキャッチのとき
タイミングが早いので
もう少し伸びを意識して掴むことを指摘。

バタフライ30分は
徹底的にキックの練習だった。
骨盤を前後に動かし

背骨をうねらす感覚を学ぶ。
コースロープをバレエのバーに見立てて
片足キックで前後に動かす。
膝の柔軟性を要求される。

水泳レッスンの前後に自主練習(1km)で泳いで
水中ウォーク30分でストレッチをしてメニュー終了。

バタフライうねり訓練の

効果的な陸トレを教えてもらう。

heya01.jpg

1.バランスボールを利用する。
骨盤を動かし体幹部を鍛える。

heya02.jpg

2.プールのコースロープで練習したキックを
自宅階段の段差を利用して
脚を浮かし揺らしながら
繰り返し動きを身に着ける。

頑張ろう!
しなやかなうねりのために!!!

ブログに拍手機能

記事の右下についているマーク
w-green.gif

面白い・感動した・非常に興味深い等の記事に、
拍手を送れるようになりました。
拍手を送るには、記事の一番下にある拍手ボタンをクリックするだけです。
どうして拍手を送ったか、短いコメントを添えることも出来ます。

よろしければ押してみてください(*^o^*)
***************************************
と、一度は書いたものの
よーく考えてみるとこの機能
本当に必要なのか疑問点もでてきたし・・・
やっぱり拍手のおねだりは止めにします。
今までどおり静かに見て貰えれば
それだけで幸せですもの♪




今日の運動
フリーで30分泳いで
水中ウォーク30分(暑くなったから3コース使用する人気ぶり)
マスターズ初級30分(クロール)
バタフライ30分
ミストサウナ15分
ジャグジー15分

体調管理

肌寒いかと思ったら
一挙に夏日になったり
季節はユラユラ揺れながら
変化してゆくもの

今月は海に行く予定が狂ってしまった。
4月末に注文していたダイブコンピューターは
6月15日入荷という連絡を受け
ディープライセンス取得が来月以降に伸びた。
女性特有の体調は予定通りの日程で回復したので
ダイビング計画を立て直している。
最近みたいな夏日だと
もうウエットスーツかなぁ。



食べると体調にいい
お好み焼き
okomoni01.jpg


1.キャベツ・青ねぎ・ちくわ・小麦粉・卵・昆布だし・紅しょうが
2.豚肉・イカ・エビ
3.醤油・お好み焼きソース・花かつお

1を一度に混ぜ合わせ
2をトッピングして焼く
わたしは醤油派。夫はソース派。

醤油は珍しいと思っていたけど
亡き義父も醤油派だった(^^)v

月に2回は食べているお好み焼き☆

ベンジャミンの実

5月初旬頃に
観葉植物の鉢を大きくしたり
剪定をして手入れをした。
ベンジャミンが伸び放題に
育っていたので
枝を切り落とした。

捨てるには惜しいくらい
緑の葉が鮮やかなので
花器に活けて飾っていたら
benjamin1.jpg


花瓶の水だけで成長
新芽をどんどん出し
先端にをつけた(@@)
benjamin2.jpg

生命の強さに驚きだ!

緑色の丸いのが

ベンジャミンの実

花托(花びらが付く軸)が生長したもので
花托がつぼの様に変形して、その内側に花が咲く
隠頭花序(いんとうかじょ)の一種とのこと。

仲道郁代 ピアノ協奏曲の午後

Green Festival

仲道郁代 ピアノ協奏曲の午後
指揮/ゲルハルト・ボッセ 
管弦楽/神戸市室内合奏団
ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲連続演奏 第4回(最終回)

神戸学院大学Green Festivalは
長い年月(発足19年)にわたり地域住民に対して無償で
音楽・芸術の素晴らしさを紹介し続けてくれている。
地域へ芸術を発信し、鑑賞する心を教示くださる
上村先生にはいつもいつも感謝でいっぱい!!!

仲道郁代さんがGreen Festivalで
ベートーヴェン・ソナタ連続演奏を完結なさったのが2001年7月7日。
完聴記念のサイン色紙を頂戴し握手をしていただいた
あの手の温もりを思い出す。(当時の感動日記はこちら
わたしのなかでベートーヴェンを弾くピアニストといえば仲道さんだ

2007年5月19日(土)のこの日は
ベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲連続演奏の最終回。

Green FestivalのHPより
2004年にスタートしたベートーヴェンのピアノ協奏曲(全8曲)の連続演奏もおかげさまで最終回を迎えます。ベートーヴェンのピアノ協奏曲と言うと全5曲と考えるのが通例で、CDのセット物でもそうなっているのが多いのですが、同じやるならベートーヴェンの作であることが確実な編曲ものや習作的なものも入れるということで郁代さんと意見が一致して、実演ではめったに耳にできないものもご紹介できたのはうれしいことでした。



プログラム
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)

ピアノと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 WoO.6 (約10分)

交響曲 第8番 ヘ長調 作品93(約26分)

***************休憩***************

インタビュー
ゲルハルト・ボッセ (通訳:ボッセ婦人)
仲道郁代

ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」(約40分)


皇帝という副題は後世の人が曲の持っているイメージから
ピアノ協奏曲の中の皇帝的な位置にあるという意で命名。
豪壮で力強く華麗な曲だ。
曲の流れを楽しんでいると
40分という時間があっという間に流れた。


神戸市室内合奏団は
1981年、神戸市によって設立された自治体初の弦楽合奏団。
今回の楽器編成
第1ヴァイオリン:8
第2ヴァイオリン:6
ヴィオラ:5
チェロ:4
コントラバス:2
フルート:2
オーボエ:2
クラリネット:2
ファゴット:2
ホルン:2
トランペット:2
ティンパニ:1

指揮者のゲルハルト・ボッセ氏は85歳というご高齢だがバリバリの現役!
日常の食事は和食で玄米を食し、脂肪分や砂糖を控え健康に留意されている。
インタビューでは通訳の奥様を介されて、おしゃべりを楽しまれているのがよくわかる。
質問されたことに真摯に答えられる姿にも感動!

仲道さんはあこがれの女性像を体現してくれている♪
才色兼備で、優しくユーモアがあり
堂々としてカッコイイ!!!
この日のドレスは若草色で
初夏の爽やかな風のようだった。


高齢でありながら力強い指揮者
華奢な女性でありながらダイナミックなピアニスト
若いのに緻密で精度の高いアンサンブルの合奏団

心にたっぷりと贅沢を味わった♪

夏みかん

プールの友人A野さんから無農薬、無ワックス処理の
自然のままの夏みかんを戴いた(^o^)
果肉だけ冷やしておくと好きな時につまめて便利♪
大きい目のタッパーに果肉をためて
marmalade02.jpg

剥き終わった皮を眺めていたら
marmalade01.jpg

マーマレードを作りたくなった。
砂糖は通常レシピの4分の1の量にした。
手作りすると甘さを加減できるから安心。
口の中で夏みかんの清涼感が
そのまま生きている初夏の味!
marmalade03.jpg

marmalade05.jpg

marmalade07.jpg

marmalade10.jpg

進歩

毎日、泳いでいます♪

水泳のこと書かないから
「やめたの?」 
なんて思わないでね(笑)

水泳以外に、水中運動として
アクアビクス(水中のエアロビクスという意味の造語)
水中ウォークを続けていて
股関節や肩甲骨を伸ばしていく感覚や
身体で水を捕らえる(キャッチする)感覚など
体感できてきた気がする。

以前通っていたスイミングスクールでは
60分間に1200m~1700m泳ぐレッスン(有料)だけだった。
現在通っているフィットネスジムでは
30分間のレッスンを組み合わせて無料で習うことができる。
初歩的なことからマスターズコースまで
泳法によってレッスン内容が分かれているのも嬉しい。

今日は
30分水中ウォークレッスン
30分マスターズ初級(平泳ぎ)550m
30分バタフライ基本・スタート練習200m
その他自主トレ1000m
泳ぐ距離は短くなったけど
フォームチェックなど意識できる内容で
少しずつ自分が変化しているのがわかる。

平泳ぎが4泳法の中で一番苦手だった。
もう巧く泳げないかと思っていたけど
昨年に比べてフォームもスピードも良くなってきた。
25mストローク7回~8回(前は12~13回)
25mタイム27秒(前は35秒)
25mビート板キック33秒(前は45秒)

しつこいくらい初歩レッスンを重ねて
どこが悪いのか・・・自分でも理解でき
対処してゆく方法を見つけたのが
ダメダメ泳ぎからの脱却のカギとなった。
4泳法で一番苦手意識を持っていた平泳ぎが
今現在一番面白く感じる泳ぎになった。
これからも基礎レッスンを重ねて
美しい泳ぎを得とくできるよう
プールで練習しよう(~~)/

成長

強烈な雨音で
目覚めた
夕べから雨は途切れることなく
しとしと・・・物語をつづけたのか

駅へと急ぐ人々の傘の輪が
縦ならびに見える
雨は東へ旅たって
昼前には晴れ間がのぞいた

大地は水分をたっぷり吸い込んで
深呼吸を繰り返し
緑の木々に力を与える

窓を開けて
力を授かるように
新鮮な風を招き入れた

部屋の植物たちが
新緑の季節に呼応して
鮮やかなに緑色を咲かせている

room070517.jpg


room060925-2.jpg


小さな植物園の変化はこちら
緑のゲスト

夜雨

yorunoame01.jpg

夜の雨
部屋の窓から
ひとり眺める

雨音が切ない
暗闇から銀の粒
ガラスをつたう
涙の軌跡

雫が語るのは
誰の想い

窓に映るのは
誰の面影

心の襞を
濡らしながら

静かな夜へと
結ばれてゆく

平和

yakisoba01.jpg

フィットネスが休館日の火曜は
ランチをゆっくり味わえる(笑)
鉄板で炒める焼きそばは
野菜多目でヘルシーに♪


快晴の五月
街家が眼下に遠く並ぶ
鯉のぼりが悠然と泳ぎ
布団や洗濯物がベランダに揃う
安らぎに包まれたひととき
人の暮らしが愛しく
こんな生活を
平和というのだろう

Green Festival

250px-French_horn_front.png

風薫る5月!
街中にいても
通りを駆け抜ける風が
じつに爽やかで
街路樹が歌い踊り
サワサワと揺れるのが心地いい
長雨と灼熱の太陽が
襲ってくるまでの
束の間のやすらぎ
穏やかな季節

心待ちにしていた
春のGreen Festivalが始まった♪
Green Festival詳細はこちら神戸学院大学HP

四方恭子(ヴァイオリン)
水野信行(ホルン)
水野紀子(ピアノ)
トリオの午後

ヴァイオリンの四方さんは、
1987年ケルン放送交響楽団に入り
1990年、同楽団の第1コンサートミストレスに就任。
2003年、22年ぶりに帰国し、京都市立芸術大学の助教授に就任。
2005年、兵庫芸術文化センター管弦楽団のコンサートミストレスに就任。
東京芸術大学非常勤講師。「アフィニス夏の音楽祭」音楽監督。


ホルンの水野信行さんは、
日本人でバンベルクの首席を18年務め
副首席から数えると23年もバンベルクの
ホルン奏者として活躍されていた。
2003年、33年間のドイツ生活から帰国され東京を拠点に
東京音楽大学教授、東京芸術大学、沖縄県立芸術大学で指導。
ピアノの水野紀子さんとはご夫婦。
紀子さんはチェリスト青木十良氏の娘さんで
GF3回目(1994.1996年)の出演。

プログラム

☆モーツァルト~ナウマン編曲
三重奏曲 変ホ長調 K.407

☆チャイコフスキー
なつかしい土地の想い出 作品42(ヴァイオリンとピアノ)

☆クロール
ラウダツィオ(ホルン・ソロ)

☆デュカス
ヴィラネル(ホルンとピアノ)

休憩

☆ブラームス
三重奏曲 変ホ長調 作品40


アンコール曲
☆ビゼー
歌劇「カルメン」より ミカエラのアリア

室内楽の名品を良い環境で聴かせてもらえた(^^)/
開場1時間前から並んで(おかげで短編小説を読了)
最前列中央席を確保!!!
ドイツから帰国した話題の演奏者四方さん。
水野さんのホルンとともに聴けるなんて最高!
ブラームスの三重奏は約30分の濃密な曲。
ブラームスらしい重厚で綿密
ほどよい緊張感を醸しながら
丁寧に築き上げられた作品を
巧みな演奏者の手で美しく再現されていた♪

今回のプログラムは
ホルン楽器の技巧を存分に聴かせてくれる内容で
クロールのソロ、デュカスも興味深かった。

休憩のインタビューでは
四方さんのキャラクターに
興味津々!!!
天才肌の人が周りに振りまく印象というのは
天才の分野以外ではとてもおおらかなものだ。
のんびりマイペースな口調と雰囲気が
とても可愛らしい女性だった。また逢いたいなぁ♪

夏日

日本列島各地で
暑い1日となった日。

海が恋しい~♪

先輩ダイバーさんたちは
5月までドライスーツ
6月からウエットスーツに切り替えるらしい。
ディープダイビングすると
水圧でギュッと締め付けられるから
やっぱりウエットの方が楽なんだろうなぁ~。
ディープ講習は6月がいいのかなぁ・・・うーむ。
梅雨に入る前に潜りたいし

daikon.jpg


4月末に申し込んだダイコンスキューバープロ/アラジン

GWにかかってまだ納品されないので・・・
スケジュールが微妙に変化。
女性特有の体調など考慮しつつ
週間天気予報をにらみながら
あれこれ検討中。

早く潜りたいよぉ!!!

天気のいい日

花粉の飛び交う季節を超え
迷惑な黄砂も近辺には届かなくなり
やっとテラスにテーブルを出して
涼やかな風にあたりながら
食事できるようになったこの頃。
お好み焼き・たこ焼きなど関西の定番
粉もんをジュージュー焼いて食べる。
煙や匂いを気にせずに
鉄板料理ができるので
これからの季節には
鍋ものに代わる頻度で
登場することになるだろうな(笑)
takoyaki1.jpg

森時計

moridokei-5.jpg


物書きの瀬戸みゆうさんから
同人誌『森時計』第5号が送付されてきた。
彼女との出逢いは10年ほど前になる。
新聞社主催の集まりで偶然隣あわせたのが縁だ。
当時わたしも創作することに
情熱を持っていた。
あの頃の・・・
強い想いや
知り合ったおおぜいの顔が
瞬時に脳裏をかすめてゆく。

心を平静にして
ゆっくり彼女らの文章世界を楽しもうと思う。
今月末の合評会に間に合うように
読んだ感想を送ろう。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。