プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツダイバー学科テスト

diving-book5.jpg

とんとん拍子に宮古島行きが決まった。
スポーツダイバーライセンスを取得しに行く♪
30m水域を限界とした、オープンウォーターダイブを楽しめる資格だ。
ボートダイビング・ナイトダイビング・ディープダイビング・
水中写真撮影
などができるので興味は一層深まる!

㈱エヌズのインストラクター・キムちゃんと三宮店で待ち合わせる。
ライセンスの学科テストを受けた。
60問をテキストとヒント(答えともいえる・笑)を見ながら解く。
ヒントの中にはあらかじめ間違いが2問仕組まれていて
慎重に解かないと100点満点はとれないらしい。
テキスト本を開きながら「ひっかけ問題」を見極めた(^o^)v
堂々の100点!
「このテストで真面目にテキスト本を読んだ人いないですよ」と
言った言葉にこちらが驚いた。

真面目さは性格なのです(^^;


その後、旅行に必要な飛行機のクーポン券をもらい
注文していたナイトダイビングで使用する
水中ライトとストラップを受け取る。
暗いところでも目立つ黄色にした。
最近のライトは持ち運びに便利なコンパクトサイズで嬉しい。

旅行の日程表を見ながら
ネットで宿泊先周辺をチェックしたり
フリータイムの過ごし方を思案したり
ライセンス取得後の
次の段階のことを思ってみたり・・・

小さな石が投げ込まれ水面に波紋が広がるように
静かな歓びが連鎖して心を満たしてくれる。
スポンサーサイト

老いてなお

『潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ』
1993年 アメリカ映画
WRESTLING.jpeg


孤独な老人の織り成す人生の終章。
楽園のようなフロリダの街が舞台。
正反対の性格をもつ老人男性ふたりが知り合い
少年のような無邪気さで友情を育んでいく姿が微笑ましい。
観ている側も孤独を分かち合える仲間を見つけた
安堵感に満たされる。

芸達者な役者がそろっていた。
サンドラ・ブロックが初々しく好演していた。




老いてなお、豊かな人生をつかめるのだ。
心をひらく・・・自分の枠を超えてみる。
子どものような好奇心と遊び心を忘れずにいたら
いつまでも若々しいのだろう。


*************
社交ダンスレッスンで新しいステップ3つと
ワルツのボックスステップを習う。

ワルツは曲のリズムを聞き取ってそれに乗る。
講師の先生が
「曲のふんわりした部分を聞いていると乱れるから
しっかり、ズン・チャッ・チャッの部分を聞き取ってくださいね♪」

笑えた(^o^) 楽しい!!!

ダンスのレッスンは年配の人が多い。
老いてなお、色っぽくてステキ(*^-^*)

簡単ラスク

友人から手作りラスクをプレゼントされた(*^o^*)
とても美味しかったから作り方を教えてもらって
さっそく試してみた♪

写真の18枚分
材料:フランスパン半本(5ミリの厚さに切る)
   マーガリン約50g・粉砂糖(ヨーグルトに添付された砂糖16g)

1.あらかじめ熱したオーブン160度で10分焼く
2.焼いたパンにマーガリンと粉砂糖を混ぜ合わせ片面に塗る
3.再び160度で15分焼く

焦げ目がつき過ぎないように温度に注意する。
オーブントースターでもできるがサクサク感が若干乏しい。

rasuku3.jpg

風味を増すためオリーブマーガリンを使ってみた。

rasuku2.jpg

160度で15分焼く。

rasuku1.jpg

サクサクと香ばしい♪ 

一度お試しあれ(*^o^*)




地上波で「亡国のイージス」が早くも放映された。
工作員恐るべし!!!という印象の映画だ。
北朝鮮に対する恐怖感が増す。
このタイミング・・・政府の陰謀?

守るべきものは「命」
命を守るために、命をかけるのか?
人類は言葉と知恵を持っている。
愚かな生物ではないはず・・・。

睡眠

眠りは食欲より強い欲求だ。
昨夜は久しぶりに夜9時前に就寝。
10時間眠り続けていた。

夢を見ていた。
電車の中・・・長距離だった・・・JR、近鉄・・・銀河鉄道(笑)

聞き慣れない駅名
乗降する人の気配
目を閉じて俯いて座っている
ガタンゴトンの揺れが心地よく
人のざわめきが子守唄
噂話が聞こえたり
誰かの本心がささやかれたり

ガタンゴトン、ガタンゴトン...
夢電車の中でひたすら眠り続け
朝目が覚めたらスッキリしていた。

眠りたかったのね、わたし。

楽しい計画

日々のフィットネス通いはもちろんのこと
11月は旅行やダイビング
コンサート、芝居鑑賞とてんこ盛り計画だ!

夏に取得したダイビングライセンスより
ランク上の資格を取得しに宮古島へ行く。
ボートに乗って沖に出て水深30mまで潜れる資格。
水中カメラの写し方やナイトダイビング、洞窟探検など
楽しみ方も増える(*^^*)

晩夏の宮古島から戻って4日後には
初冬北海道さいはて宗谷岬へ旅行する。
南から北へ
日本の端を訪れる旅。

旅行前の空想する時期も楽しみのひとつ。
宮古島で宿泊するリゾートホテルはオーシャンビューの部屋。
神戸空港発着に決まり便利で嬉しい!

いろいろ楽しいことばかり考えている(^o^)

ペアで踊る♪

!cid_003f01c6f77b$50a73010$0b01a8c0@pc1.gif


先着順の社交ダンスレッスンは相変わらず並ぶ。
並ぶ時間が回を重ねるごとに長くなる。
評判が評判を呼び・・・当分は仕方がないわね。

講師の姿が見える立ち位置を確保。
身体を使う習い事は、見なければ覚えられない。
見ていてもその通りにできないことばかりだけど(笑)
足のステップは理解できるが全身の優雅な動き
特に手の使い方、指先までの華麗な動きは
オリジナルで研究するものらしい。
密かに自宅鏡の前で踊ってます♪(^o^)

10のステップ
*スタンダード
*V字ステップ
*ニューヨーク
*横
*縦
*Y字ステップ
*8の字回転
*回転
*ツイスト
*ジャンプ

後半、ペアになって手を取り合い
スタンダード・ニューヨーク・横ステップ。
フォークダンスのように並んで
相手が1人ずつずれて変わりながら踊る。

60名参加で男性はたったの3名!!!
男性モテモテの世界(嘘)(^o^)

冬の幽霊たち

fuyunoyurei.jpeg

雪深い冬を迎えた夕張の街。
駐在所に「街角に幽霊がいる」という奇妙な通報が入る。
半信半疑で駆け付けた巡査たちが見たのは、まさしく幽霊だった。
誰の目にも見える所在なさげな幽霊たちの姿に、
初めは戸惑った住民たちだが、しだいに幽霊である彼らとの交流が深まっていく。
心温まる日々はいつまでも続くかに見えたが…。

柴田理恵、久本雅美らが所属する劇団・WAHAHA本舗の
結成20周年を記念し、主宰・喰始が指揮を取り、
愛する夕張の街を舞台にWAHAHA本舗のメンバーが勢ぞろいした
ハートウォーミングなストーリーに仕上がっている。
2004年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭「ファンタランド大賞」受賞。
******映画案内より


幽霊の概念を覆された。
人間の持っている温もり、ユーモアが
冬を舞台にした雪世界の中で
じんわりとにじみ出てくる映画。



映画の後、
いつものようにネット世界を巡回していたら
厳しい現実社会で生きていけない・・・
闇をみて死んでしまう人たちの
痛みを綴ったブログに出会った。

ユーモアと生真面目さがせめぎあう。
わたしの中の感性も呼応する。

奇妙な夢をみた。

わたしが霊媒師・巫女のような存在になって
あちこちに出没する霊と遭遇し
生きている人を苦しめる霊を
成仏させていく・・・

そ、テレビでやっていたら怖くて決して見ない分野
(夏にお決まりの心霊写真系などの)
を見てしまった。

除霊では掌から気を放出させて(カメカメ波みたい)
以前受講した「気功」のレッスンの感じで
夢の中で気を高めていた。

眠る前に見た刺激が夢見にあらわれる。

どうせなら、ロマンチックな夢見をしたい♪(*^o^*)

日ごとに秋深く

朝晩、冷え込む季節になった。

プールで泳いだり
フィットネスで汗をかき、
タンクトップ姿で飛び跳ねている
元気いっぱいの人々に囲まれていると
季節感が混乱する(笑)

来週は11月なのだ。

そうそう、自動車運転免許更新
ハガキが来ていたっけ。
誕生日までに更新センターに行かないと!

5年間持ち続ける身分証だし
それなりに写ってないとね(^^;
朝起きて、化粧ノリが良い日にしよう♪(笑)

直美理髪師による
家人の散髪、カラーリングをする。
朝風呂に入り
天気が良かったのでテラスで食事。

のーんびり気分の一日。

えへへ・・・いつものんびりしているけどね。
気持ちがのんびりした日!

丹波の黒大豆の枝豆

丹波黒大豆の成長過程で黒大豆になる前の
青い若さやが、丹波黒大豆の枝豆。

一般に出回っている大豆の枝豆と比べると
コク・甘味・粒の大きさが一味違う。
賞味出来る期間はごく短い期間に限られ
丹波の秋の味覚として珍重されている。

実家で作っている無農薬の枝豆を
フィットネスの友人から戴いた(^o^)/
最近、いろんな人から頂き物をする♪幸せモノです!
(自家製茄子の甘辛漬物も珍味だった)

この枝豆、黒豆になるんだなぁ~。
黒味がかった薄皮ごと食べるんだけど
剥いたら鮮やかな薄緑・・・何色かな? GreenYellow?

edamame1.jpg

edamame2.jpg


良質のたんぱく質を食べて
軽く一杯、ほろ酔い気味。


季節の味に感謝!

長谷川陽子 チェロ・リサイタル

神戸学院大学 秋のグリーンフェスティバルが始まった!
地域住民に対し無償で芸術を紹介する開かれた大学。
大学の宝と称される上村先生
音楽に対する深い造詣・幅広い人脈・熱心さ・誠実さなくして
これほど豊かな企画は続かない。
神戸西区に暮らしていることを
全国の友人知人に自慢したいと思うほど
素晴らしいグリーンフェスティバル♪

242回目は
長谷川陽子チェロ・リサイタル
ピアノ/仲道祐子


hasegawa.jpeg
↑長谷川陽子さん
yuko-nakamichi.jpeg
↑仲道祐子さん
写真でも美人だとわかるお二人。

昨日から神戸に宿泊され、リサイタルの朝
隣同士のお部屋で「おはよー♪」とケータイメールする仲良し(^^)/
共に男児の母親であり、ヤングミセス音楽家。
長谷川さんが青色、仲道さんが白色のドレスで
清潔な美しさで輝いていた。
来年6回目の最終回は「3大B」でピアノは祐子さんのお姉さま
仲道郁代さんの登場! ワクワク企画だ。


陽子が選ぶソナタ集 第5回目 
「知られざる名ソナタ」

チェロ 長谷川陽子
ピアノ 仲道裕子

プログラム
★セルゲイ・ワシリェヴィチ・ラフマニノフ(1873-1943)
      2つの小品 作品2(約11分)
★ユーリ・アレクサンドロヴィチ・シャポーリン(1887-1966)
      エレジー (約3分)
★ニコライ・ヤコヴレヴィチ・ミヤスコフスキー(1881-1950)
      チェロとピアノのためのソナタ 第2番 イ短調 作品81 (約22分)
    
**************** 休憩 &インタビュー****************

★  ギョーム・ルクー(1870-1894)
      チェロとピアノのためのソナタ ヘ長調 (約40分)

**************** アンコール曲 浜辺の歌&「純情きらり」のテーマ****************

前半はロシアの作曲家3名。
ラフマニノフは演奏する側も好きな人が多い。
前奏曲と東洋風舞曲 印象的でさすが。

初めて知った曲を生演奏で聴けるというのは幸運だ。
開演1時間半前から並んで最前列中央に座り
目のすぐ前で音が生まれていくのを聴く。
演奏者の心の襞までもが見えるよう。

後半のルクーはベルギー人。
ルクーの作品は確かな情報が得られないので定かではないが
「関西初演」ではないかと主催者。
珍しい曲であることは確かだ。
なんといっても今回のテーマは『知られざる名ソナタ』♪

ルクーは24歳という若さで生涯を終えた作曲家。
この作品は最初から最後まで通して弾くだけで約50分かかる。
演奏面からも毎小節ごとに調性も拍子も変わり
「今回のプログラムは集中力との耐久レースです」と
長谷川さんのブログで告白されている。

作曲家が若くそのため作品として未熟な部分もあり
全く同じ繰り返しが続いたりするので
冗長を避けるためリピートをやめ短く演奏された。

4つの楽章から成り
冒頭にはそれぞれ文学作品からの引用が記されている。

第1楽章(約20分)
ボードレールの詩「悪の華」から
「死をめぐる幾多の想いが詰まった私の心」

第2楽章(約7分)
ボードレールの詩「悪の華」から
「冬の夜々、心の臓腑の拍動のように燃えつつ煙を吐き出す暖炉の火の傍らで、いにしえの遠い思い出どもが、霧の中で奏でられる鐘の音とともに、ゆるゆると立ちのぼるのを聴く、それは苦々しくもありつつ甘美なもの」
3部形式のスケルツォで、鐘の音のようにピアノ。

第3楽章
トマス・ド・クィンシー「阿片常用者の告白」より
「悲嘆のあまり底知れぬため息をつかれる母君」
物悲しく切れ目なく終楽章へ続く。

第4楽章
ルクー自身の詩
「そなたは、わたしを昼の栄光より夜の苦しみを好むようにされた」
手書きの楽譜の最後ページが失われているため
ヴァンサン・ダンディによって加筆された箇所の演奏はなされずに終わる。

途中で切れるので「へぇ?」って感じだ。
長谷川さんが「ここまでです」とでもいうように
お茶目な表情でスッと立ち上がった。

時計を見たらきっかり40分の演奏時間だった。
お疲れ様です!

パンフレットに書かれた案内に導かれ
初めて聴いた曲も充分に楽しめた(^^)/

身体の神秘

ときどき、今日が何日だとか何曜日だとか
忘れることがあるf^_^;

脳は数字を忘れているのに
身体の奥深い場所では正確に数を刻んで
命を繋いでいるのだ。

28日周期でやってくる月経もホント神秘だね。
旅行やイベントを計画するとき
日にちを計算してその日のコンディションを考えるのだが
カレンダーに予定の印をつけておくと
ドンピシャ! 当たる。有難いこと(笑)

11歳の誕生日前に初潮が始まって以来、
毎月繰り返し神秘の周期で女のリズムを刻んできた。

健康診断で軽い子宮筋腫が見つかった。
ほっておいても大丈夫だけど
閉経が平均年齢より遅れる・・・
55歳くらいまであるかもしれない
と婦人科医に脅かされた。

終わった先輩たちは
煩わしさがなくなったとスッキリ元気そう。
プールで泳げなくなる日があったり気が滅入る
「あの日」「アレ」とはお別れしたいけど
その日はまだまだ遠いな。

身体の神秘を思いながら
現実問題として・・・ああ、めんどくさ(^o^;
安静中。筋肉休養日。

虎の尾

from-aaya20061020.jpg

「PCの横に置いてね♪」と
友人が育て増やした「虎の尾」を届けてくれた。

虎の尾:学名サンスベリア・ 科名リュウゼツラン科 
常緑多年性多肉植物 ・ 原産地 熱帯アフリカ

人体に良いマイナスイオンを出す植物といわれている。

届けられた子はこれからわたしのPCの横で暮らす。

ようこそ(^^)/

贈り主の心を感じる
ありがとう♪

言葉の罠

歌手の槇原敬之が
松本零士の漫画「銀河鉄道999」のフレーズから盗作したという騒動。

「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」
新曲「約束の場所」

「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」
「銀河鉄道999」

言葉は変幻自在。
優れた作品には独自の世界があり
他を圧倒する力がある。

このふたつのフレーズ。
この部分だけ読まされると
わたしの心にすっと溶け込んだのは松本氏の言葉の方だった。
「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」

何がそう思わせるのかなぁ?
言葉が入れ替わっているだけのようにも思うけど
感じる何かが違う・・・。
何だろう? 

考え込んだら頭が痛くなってきた(^^;
はあぁ~感性がだんだん鈍ってきてるわぁ(哀)

フィールバランス

「お腹・えぐる・えぐる・えぐる!」
インストラクターの声が耳に残っている(笑)
フィールバランスはお気に入りの
スタジオプログラム!
 
より身体を綺麗に見せるには、
普段からの姿勢が肝心です。
そんな、姿勢を整えるのが
フィールバランス
体幹部を集中的に鍛えることで、
身体の歪みを改善し、
日常生活に不可欠な身体の芯(コア)の
筋力やバランスを高めてきます。

という、おすすめ内容だ。

最近、インストラクターのすぐそばで
レッスンを受けているので
「やる気」を感じてもらえたのか
丁寧に指導してくれるので嬉しい(^o^)v
正しいフォームで行なわないと
効果がでないから
しっかり身体で覚えよう♪

フィールバランス30分
クロスウォークマシン30分(消費カロリー250kcal)
引き締め上半身でチューブを使ったトレーニング15分
スタジオでエアロビクス30分
サウナ30分


プールで4泳法自主トレ2000m(60分)
すいすい平泳ぎレッスン30分。
アクアビクス30分。

今日はよく身体を動かした日。

おんなごころ

2006kosumosu2.jpg

顔に光が届かずチョット残念(^^;
兵庫県三木の道の駅
30万本のコスモス畑

昨年は10月26日に出かけていた。↓
http://imoan.blog3.fc2.com/blog-date-20051026.html

今年はコスモス畑の看板もなくひっそりと・・・
それでも満開に愛らしく咲き誇っていた。

花と一緒に写りこんだ写真がスキ(*^o^*)
結構いろんなとこで写してるかも(笑)

元気な黄色の菜花
舞い散る淡い桜花
可憐に咲き揃うチューリップ
気品漂うゴージャスな蘭
妖艶な真白い月下美人
威風堂々大輪の菊花

花の持つ魅力の一部が
わたしの中にも芽生えるように♪



beautypack.jpg


いま、フィットネスのサウナで流行している
スーパービューティパック(^o^)
遠赤パウダー混入抗菌発汗マスク

人体の熱エネルギーを利用した遠赤外線の働きにより
発汗作用を促して、顔痩せ・ひきしめ・同時に
乾燥しやすい目尻や口元の肌に潤いを与えるetc...

このマスクをしたご婦人たちが
サウナの中でひしめく姿は圧巻(^o^)

幾つになっても
美しくありたいと思う女心は
愛らしくてステキだと思うなぁ。
みんなで頑張ろうね!
アンチエイジング!

同様の効果があるという
身体に巻くセラミックシートも購入した(笑)

無駄?
あはは。。。

劇団どろ『小市民の結婚式』

Image-432CC29A1EA611DB.jpeg

劇団どろ 第89回公演
ブレヒト没後50年 劇団どろ創立40周年記念公演vol.2
『小市民の結婚式』
作/ベルトルト・ブレヒト
演出/合田幸平


前日に観た『雪の日の』で、大学生が若い感性でコメディを演じたの対し、
『小市民の結婚式』で古典的な茶番劇を演じようとしたのが
劇団どろの作品だ。

両公演とも上演1時間少々、1幕で構成される作品。
かたや「コメディ」、かたや「茶番劇」とパンフに銘打たれ
双方は全く違う角度から人間を見つめた内容となっていた。

どろの作品は文学解析から入る。
パンフレットには硬い文体の論文が掲載され
戯曲が書かれた当時の歴史的背景が重要なのだと論説する。

わたしには芝居を観て自分が感じたことだけしか書けない。
観客には舞台で起きることがすべてで
奥深いことを理解させるのは演出の技だと思っている。


舞台は、新居での結婚披露パーティーだ。
近親者の集まりで和やかに祝宴が始まる。
新郎自慢の手作り家具(中央に置かれたテーブル、九脚の肘掛け椅子、寝椅子、戸棚、ベッド)のある幸せな新居。
正装した人々が仲睦まじげに
美味しそうな料理を囲む。

これらすべてがことごとく
崩壊していく様を観ていく芝居だ。

新婦の父が下品な会話で食事を台無しにし
皮肉と嫌味で人々は刺々しくなり
手作りの家具は片っ端から壊れ
友人の一張羅のズボンに鉤裂きをつくり
新郎はベストに染みがつき上着を脱いで
正装を解いてしまう。

新婦が妊娠していることを皮肉る友人の歌などは
音程がはずれていたのか(?)わざとはずしているのか
聞き取りにくかったのが残念だ。
訳語が難解だったのかも・・・大事な場面なのでもう少し工夫が欲しい。

新婦が妊娠しているこをほのめかし
追求する招待客の女との言葉の応酬は面白かった。
『ガラス張りの家に住む者は、人に石を投げてはいけないのよ。』
うーむ・・・すごい女の戦いだった。

招待客が帰ったあとの新郎新婦のやり取りは見応えがあった。
新郎役の八木氏とは、どろんこ塾の同期生なので
彼の芝居はいつも身内意識で観てしまうが良かった。
椅子の上に立ち上がり新婦に「新婚初夜」を口説くときの
目がエロティックだったなぁ(笑)
ワイシャツのボタンを引きちぎり裸になるシーンも男らしかったヨ(^o^)v

ラストで新婚の二人は笑いあいながら寝所へ駆け込む。
暗転。
ベッドが大音響で壊れる。


破局に向っているのに見て見ぬふりをする愚鈍さか?
取り繕っても際限なくぼろが出る小市民の卑小さか?
生活が不安定で崩壊してもくじけずにいる根強さか?

ブレヒトという優れた作家の作品を
分析して理解を深めて行く作業は楽しいが、
芝居で表現し現代に生かすには
もう少し脚色が必要なのかもしれない。
時代にそぐわない感覚に違和感を感じることがある。

普遍的な漫画「サザエさん」をテレビで観ていて
時々古めかしさを感じる「笑えない笑い」があるのに似ているかも(笑)

『小市民』
この言葉は流行歌にもなった。
嘉門達夫(かもんたつお)が「小市民の歌」をヒットさせ
小市民であることに仲間意識が芽生え
安心感すらもったものだ。

こんな現代に挑戦するように
問題提起を続ける劇団どろの姿勢に激励を送りたい!!!

doro2006.10.jpg

↑ロビーにて
キャストの女(かごめちゃん)と新婦(リエちゃん)と新郎(同期の八木くん)と一緒にパチリ♪
(中央に小さく映っている髪のない人は女の夫:中山氏)

劇団EXCLAMATION【!】

exclamation-2006.10.jpg

劇団EXCLAMATION【!】10月公演
『雪の日の』
作/後藤雄一 脚色/曽根真梨子
演出/岩本苑子&二星奈津子
会場/神戸学院大学第2文化体育館5階 51会議室

内容
ある冬の日、一人暮らしの拓の家に、兄の妻、友絵が転がり込んできた。
そしてそれに引き寄せられるかのように、
怪しいセールスマン片桐、友絵の父(元ボクサー)の健三郎、
友絵の友人で不倫願望の強い茜など、珍客が続々襲来!
前代未聞の大雪の夜に、
脱出不能の拓の下宿で繰り広げられる秀作ラブコメディ!
(原作者の劇団「はいてっくくねくね」HPより)

小さな会場だった。
20名も入れば満席で役者と観客が同じ並びに立つ。
終盤から繊細な間合いが頻繁にとられ
やや冗長気味な感じ。

若い感性が現代を捉え、軽い会話でぽんぽん進み
ナンセンスで非現実的展開がアニメ的。
個性的なキャラクターたちが主人公拓の周りに出現し
ハチャメチャな騒動が繰り広げられるあたり
ふっと、高橋留美子の漫画「うる星やつら」を連想した(笑)
主人公に絡む友絵がチャーミングだ。ラムちゃんのよう(^o^)

狭い空間に寄り添うように集った人々。
愛と呼ぶには軽薄だけれど
人とのつながりを感じた作品だ。
ラストに登場した友絵の夫克彦が
個性的なキャラクターの中でひとり真面目な印象で
非常識な世界から目覚めるのにふさわしい
バリトン声で効果的だった。

皇太子殿下をお出迎え

第6回全国障害者スポーツ大会
「のじぎく兵庫大会」の開会式に皇太子さまが来られた。
昼の休憩をとるのに我家から歩いて5分のホテルに
立ち寄られるという情報を聞き
お出迎えの様子を観察しに出かけてみた。

面白い光景を見た。

兵庫県警の腕章をつけた制服・私服の人間がわんさかいた。
「日の丸」の小旗が手渡されテレビでよく見る世界が
あっという間にできあがった。

予定を過ぎてもまだ到着しない。
県警のおまわりさんは言葉巧みに
集まった人々を笑わしてくれる。

3の数字が貼られたパトカーが通り
殿下ご到着まであと3分。
次に1の数字。到着まで1分。
白バイに先導され
お待ちかねの殿下が
いつもテレビで見るお姿そのままに
手を優雅にフリフリ目の前を通り過ぎた。

テレビだといつもアップでわからなかったけど
皇太子さまってホント華奢で小さいのねぇ。
政治家(兵庫県知事・市長・その他)を乗せた車が
先に通っていったけど車窓から見えた大きさが違った。
政治家は厚顔だしね(笑)

1時間待って通過1分・・・
集まった日本人を観察しているのも
それなりに楽しかったな♪

************************************

水泳レッスンをして
夜、新開地KAVCホールでの
劇団どろを観劇した。

詳細は後日。

書くことが溜まってきたなぁ。
ここのところ日常が面白すぎ(笑)

過密スケジュール

秋晴れ。
大学の演劇部の芝居を観て
三木道の駅のコスモス畑までドライブをして
知り合いに注文していた
ビューティーパック&セラミックシートを
受け取りに待ち合わせして
夜、フィットネスで水泳レッスンを受けるという
過密スケジュール。

詳細はあとで・・・
芝居のこと
コスモスの写真
ビュティーパックとはなにか?
水泳レッスンの成果などなど。


筋肉

テレビ番組の筋肉番付SASUKEを見た。
過酷なゲームに挑む男たち。
鍛え上げられた筋肉美の最高峰たち。
人間業とは思えない・・・
「サスケ」という
タイトルにもなっているけど
忍者はあんなことできたのかぁ。
クノイチという女性版も先月見たけど
体育5の成績で子どもの頃から
運動好きの天才たちなんだろうな。



水泳が上達するようにと、はじめた筋トレ。
腹筋や背筋や胸筋やetc...片っ端から鍛えないと
プニプニのムチムチでは
コーチの言う泳ぎ方が全然できない。

今日、素っ裸で入浴しているときに
「痩せたねぇ~」と声をかけられた。
後から入ってきた人も声を揃えて
「あんたみたいに運動は続けなあかんねぇ。立派やで!」
と、妙な激励を受けた(笑)
「何キロ痩せたん?」とか
「この部分が締まった」と触れられたり。
体重では驚くほどの減少はないけれど
締まってきたのはわかる。

健康診断の結果にも顕著にあらわれていた。
コレステロールや中性脂肪値がみごとに減って
骨密度も平均値以上という結果だ。
ジムで計ってもらったら血管年齢もプラスAという
最上段階で喜んだ。


普通の生活をしていたら
栄養過多で体内は急速に衰えていく。
便利な生活は身体を鈍らせる。

疲れた・・・というくらい
身体を動かさないとダメなんだろうな。

関西のオバちゃんは天才

「素人にしておくにはもったいない」
笑いのテクニックを持ったオバちゃんが
他県に比べ高い確率で棲息しているのが
関西だ!

わたしの周りにも
ダントツで面白いKさんがいる。

今日も帰り際に遭遇したとき
「もう帰るんちゃうやろなぁ」とつっこんでくる。
否定語で迫られると一瞬あたふたする(笑)
言葉のキャッチボールで
いろんな変化球を飛ばすのが
Kさんだ。
Kさんとの会話は大好き♪
必ず笑わせてくれる。
彼女は
「口から勝手にしゃべってるだけやでぇ」
と言うが、笑いにセンスがあって奥深い。

Kさんは、ある瀟洒な家から
娘さんと遊びに来てと招待を受けた。
あまり乗り気じゃなかったらしいKさんは
「娘を呼ぶと、もれなくウチのキタナイ孫までついてくるでぇ。
男の子で腕白盛りやから家の中をほたえまわるで。
ええもん置いとったら壊すしなぁ。それでも・・・かまへん?」
当然相手は「いやぁ~それは・・・困るわぁ」と
お呼ばれ話は流れた(笑)

孫は可愛いという先入観をぶち壊し
ウチのキタナイ孫という言葉で
笑いをとって穏やかな断り方をしている。

天才Kさん!

彼女の語録で笑いの研究をしてみようかな(^o^)

いい気分♪

kabosu.jpg

みかんじゃないです、カボス!
半分に切ると香りが空気の粒に染み込んで
吸い込んだ鼻腔から浄化されていく感じ

焼酎に搾って飲むといける♪
氷を浮かべてカボス酎ハイをグビリと飲む
焼魚にも
豆腐にも
最後の一滴までギュギュッと搾る
掌からポタリと落ちる黄金の一滴

友人から10個もらって
昨日も1個使ったし
今日もまた1個

こういう贈り物ってなんか幸せだわ(^o^)
ありがとう☆

値打ち

社交ダンスは超人気プログラム。
今日も45分間のレッスンに1時間半前から並び
最前列の講師近くに立った。
鏡に自分の全身が映り、講師のステップが理解できる場所。
待つ時間も厭わない!!!
並んでも値打ちのあるレッスン☆
習い始めは基礎が大事だから
しばらくは並ぶことになるわねぇ(^^;

家人と朝からステップの練習をしたおかげで
講師の動きに間違わずについていけた。
ステップは同じで曲を変えて踊るのもまた楽しい♪

前回習ったステップを繰り返し
今日は新しい回転がひとつ加わった。

マンボの8つのステップを習う。
*スタンダード
*V字ステップ
*ニューヨーク
*横
*縦
*Y字ステップ
*8の字回転
*回転

宴会

フィットネスクラブ・コスパ水泳大会の有志で
飲み会をした。
名目は「メダリストのお祝い&来年に向けて!」だった。
メンバーの一部はメダル持参で参加していたのでビックリ。
(持参は聞いてないよぉ~)
わたしの記念撮影ではメダルを借りて写してもらった(笑)

参加者はコーチ陣から
水泳指導してくれているKヤマコーチ
空手試合のあと駆けつけた(元競泳選手が空手だよ@@)タッキーコーチの2名。
「僕、寂しがり屋やから声だけでも参加させて!」と
都合で参加できなかったリーダーのI上コーチ
ケータイで順番にみんなと会話して参加。(謝謝)

メンバーは
幹事のさんと
来年のホープT淵さん、
金メダリストのT野さん夫妻、
銀メダリストのH本さん、
同じく銀のK林さん、
銅のK都さん、
家人ことタロウちゃん(笑)と
銀&銅の直美の有志9名。

ジムを出たら目の前に居酒屋があり
気軽に立ち寄れる会場だ。
筋肉を使い汗を流してきたあとだけに
生ビールが美味い!
焼酎やカクテル、ウーロン茶etc...
メニューの中から手当たりしだいの料理三昧で
お腹もいっぱいになった。
貸切の掘りごたつ座敷はくつろげる。

こういう飲み会のコミュニケーションは
大人には必要なのだなぁ~としみじみ思う。
集うたびに気持ちが親しくなっていく!

次は忘年会だわね(^o^)
近年にない派手な忘年会を楽しめそうだ!!!
カレンダーには秋冬の行事予定、旅行予定がビッシリとあり
楽しい忙しさで幸せを感じている(*^^*)

疲労回復の素

最近は積極的にプール以外のトレーニングも行なっている。
エアロビクス系のスタジオプログラムにも挑戦。

陸と水の運動を一日で行なうと疲労感が増す。
プログラムの関係から
水から陸へ移動するときは
一旦ドライヤーで髪を乾かし着替えるので面倒でもある。
陸から水はクールダウンのつもりでいる分にはいいけど
頑張って泳ぐつもりだと身体が思うように動いてくれない。
筋力トレーニングのやりすぎはダメね。
プールで溺れちゃうよ。

プールの疲れは全身にくる。
筋トレみたいに身体の一部が疲労するのではない。
水泳が全身運動といわれる所以だわねぇ。

たんぱく質をとって
しっかり眠り
明日に備えよう!

バナナジュース
牛乳+プロテイン+氷
冷たいシェイクのような飲み物
↓わたしの元気の素♪
bananaj1.jpg

bananaj2.jpg

bananaj3.jpg

仲秋の名月

鮮やかな夕景だった。2006.10.6yukei.jpg

街が黄金色に覆われたひととき。


月を愛でる時刻になると
雲に覆われはじめ
雨まで降りだした。
降る直前・・・タイミングよく名月を見た(*^o^*)v

夜空で輝く満月の光は2006.10.6cyusyumeigetu.jpg

夕焼けの陽の光と同じくらい感動する。

流れる雲に見え隠れする
まん丸お月さまを楽しめた夜。

香水雨

kousui.jpg


冷たい雨が降るたびに
夏の名残は流されて
きれいさっぱりに


干した洗濯物に
甘い香水を
ひとふり
空気を撫でるようにかける

秋には
甘さも許される

熟した果実のように
女も色づき

それゆえ
秋は美しい

Happy☆

10月4日は
パートナー☆家人のお誕生日♪
おめでとうございます!!!

フィットネスで汗をかき
プールで頑張って泳ぎ
サウナでさっぱりしてから

自宅で夕食にプラスして
スパークリングワインと
モロゾフチーズケーキ(本人の希望)で
(わたしの手作りケーキも美味しいのですけどぉ)
お祝いをした(*^-^*)
健康に気をつけながら
これからも楽しく暮らしていきましょうネ☆




今日は巷で流行のフラダンスレッスンを受けた。
骨盤を自在に動かせるように
これまた特訓が必要だわぁ(TT)
フラダンス、あの腰使いはあなどれません!

dancehall.jpg

↑我が家のダンスホール☆(笑)

ふたりで今はまっているのが社交ダンス
自宅リビングを模様替えして広めのスペースを確保!
初心者のわたしはステップを家人に教わりながら練習中。

今後の楽しい計画は
ふたりの誕生日が10月と11月で
結婚記念日が12月なので
来月は北海道旅行をして
12月に沖縄渡嘉敷島ダイビングに行く予定。
お互いの記念日プレゼントということで(*^o^*)vRunRun

ロダンの系譜

rodan.jpeg

すがすがしい秋晴れの日。
部屋の掃除をすませ
床をスプレーワックスで磨きあげ
ひと段落ついたところで
午後から
ロダンの系譜展を観に
姫路市立美術館に出かけた。

わたしはこの美術館が好きだ。
ドライブがてらにふらっと立ち寄れる場所。
車で小1時間ほどの距離にあり
姫路城を背景にした瀟洒な建物は
いつ訪れても静かな世界を見せてくれる。
himeji2006.10.3.jpg


「ロダンの系譜」
タイトルがいい。
彫刻を知らなくても理解できるように工夫されている。

ロダンの魅力のひとつである「近代性」に着目し
後世の芸術家にどう継承されていったかを
ロダン、ブールデル、マイヨール、ブランクーシ、
ザッキン、カルダー、シーガルなどの作品
67点によりその展開をたどっていく構成。


序 章 「ロダンへの讃歌」
第1章 「人間のドラマとしての彫刻」
第2章 「彫刻の中の動き」
第3章 「トルソ―切り取られた身体」
第4章 「アッサンブラージュ ―新しい空間の創出」


光と影が艶かしく絡まりあい
硬い彫刻の内部から滲み出てくるエロスに
圧倒された。

ロダンの「接吻」「永遠の青春」「天使の墜落」
あのカタチ!
男女が互いの身体をねじるように抱擁しあう
あのカタチはリアルだとかなりきつそう。
美しいカタチは
関節のギリギリ、筋肉のギリギリまで
動かして現されるものなのかもね。
彫刻に柔らかさを感じるのは
ギリギリで現される優美なラインによるものだ。


作品を真似て
ちょっと身体をねじってみた。

「美しくある」ことは
とっても厳しいわぁ~~(^o^;

芸術の秋を楽しんだ日。

社交ダンス

今日からフィットネスクラブ・コスパのプログラムに
社交ダンスが加わった(*^o^*)
以前から習ってみたいと思っていたので
グッドタイミング♪

先着順に60名だけがスタジオに入室できるので
レッスン開始1時間前には早くも行列ができはじめる。
開始45分前に定員となり参加できなかった人達が多数出た。

早くから並んだわたしは
最前列で初日のレッスンを受けた♪
(前じゃないと講師のステップを見ることができない)

講師からは
「前の人は後ろの人のためにも間違わないようにしてくださいね(笑)」

「このプレッシャーで上達も早くなりますよ(笑顔)」

フィットネスクラブに不釣合いなスーツ姿(上着は脱いでいる)で
背筋のシャキッとしたハンサムな講師は
オバサマ相手に上手にジョークを交えながら
初歩のステップからレッスンを始めた。

マンボの7つのステップを習う。
*スタンダード
*V字ステップ
*ニューヨーク
*横
*縦
*Y字ステップ
*8の字回転

リビングのテーブルを移動させて
自宅で練習できるスペースを作ろう!
家人は二十歳前後の頃に社交ダンスを習っていて
一通りマスターしたらしい。
社交ダンスの先輩だから教えてもらおう(^o^)v
(水泳ではわたしが先輩だからいい関係だわね♪)

フィットネスクラブ・コスパは
筋力トレーニングや水泳ばかりじゃなく
優雅なダンスも教えてくれるので有難い☆

ロングドレス姿でタキシードの紳士と
パーティー会場で踊る♪

そんな時が訪れるかは別として(笑)
新しいことを習うということは
ほんとうに楽しいこと!



おしゃれ心で
華麗なひとときを
夢見るのに
ふさわしい季節

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。