プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C情報に劇団どろ!

この記事のカテゴリーに悩んだけど
C情報
わたしの芸術鑑賞における貴重な情報源なので
「芸術鑑賞記」に入れておくことに。

毎月20日に駅や公共場に配布されているC情報は
ネット版も充実して益々興味深い記事が満載。

今月7月号の「アートを探しに出かけよう」(←クリックして)のコーナーに
劇団どろのことが掲載されていた(^^)/
代表の合田さん
写真中央でしっかりカメラ目線で写っておられる(^o^)
きゃぁっ! すごい☆

大好きなC情報に
どろの合田さんが載っていたので
今月号は永久保存版にしよう!

記事を読めば「アマチュア」にこだわる劇団
初心者のための演劇講座「どろんこ塾」
現在まで100人近い卒業生・・・と、
わたしにとって縁のある懐かしい内容で嬉しく拝見した。

どろんこ塾での日々が書き込まれている日記もどうぞ!
真摯に演劇と向き合っていた懐かしい日々
「直美の女優への道」どろんこ塾講義記録
芝居稽古での合田さんと直美
doro-gouda.jpeg

スポンサーサイト

W杯ドイツ大会

初戦で最後9分間の3失点でオーストラリアに敗れ
第2戦のクロアチア戦が引き分け
ブラジル戦では圧倒的な力の差を見せつけられ敗退。

第3戦だけは早朝のため
リアルタイムで見なかったけど
日本が敗れ去ったことで
2006年W杯は終わった感じ。
あとは世界の芸術的神業をハイライトで見よう。

4年後のW杯南アフリカ大会に向け
オシム氏が新しい代表監督候補に浮上。
現在65歳で4年後には69歳(!)
思わず健康を祈ってしまう・・・大丈夫ですかねぇ?(不安)

サッカーって見てるだけでも疲れちゃうのよね。

4年前の日記では結構W杯に触れていたのに
今年は今日まで一言も書いていないことに気が付いたので
ちょっとだけ書き込んでおこう。

ダイビング・プール講習

ダイビングプール講習
diving-shoppool.jpeg

エヌズゲーム・ダイビング専用プールのある大阪西田辺。
三宮店から8人乗りの車で現地まで送迎してくれるので楽チン☆

学科講習した器材の取り扱いを現物を使って学ぶ。
diving-poola1.jpg

diving-poola2.jpg


真新しいウエットスーツは気泡が大きく浮きやすい。
プワーンと簡単に浮いている。
diving-poola4.jpg


器材を装着して、潜る前のレクチャー。
diving-poola3.jpg

diving-poola5.jpg

diving-poola6.jpg


ダイビングプールは左右に3.5mと4mの深さのプールがある。
真ん中の浅いところで説明を受け
1回目は水深3.5mで30分ほど水中レッスン。

ふたりで一緒にレッスンしたのだが
練習内容が微妙に違うなぁ~と
思うシーンがたびたびあった(笑)

途中で水面まで浮上し、耳抜きしながらはしごを
再び降りてきたり・・・は特別だった。
家人曰く「勝手に浮き上がってしまった」らしい(笑)

わたしがひとりきりで水底に残ったとき
バブルリングを作ってみた。

マスククリアやレギュレーター脱着は必須のテクニック。
今日学習したことの復習もかねて
レギュレーターを口から離す。
POと発音しながらバブルリングを作る。

銀色のキレイな輪ができた。
1mのプールと違って深いプールでは
輪がどんどん大きく広がり水面まで達したとき
さざ波が起きて消えていった。
3つ連続で輪を作ったら大中小と重なるように
プールの底から見えて幻想的だった。

海へ行くのが楽しみ☆


次回は27日にダイビングプール講習。

究極の個人情報

divng-ws4.jpg

自宅でウエットスーツの着心地を確かめた。
さすが自分サイズのフルオーダー(^^)

全身の採寸箇所
1. 身長
2. 体重
3. 総丈
4. ウエスト丈
5. 股下
6. 股上
7. 新背丈
8. 首囲
9. 上胸囲
10 胸囲
11 腹囲
12 下腹囲
13 尻囲
14 太腿最大囲
15 太腿中間囲
16 膝上囲
17 膝下囲
18 ふくらはぎ囲
19 足首囲
20 すね長
21 肩幅
22 裄丈
23 袖丈
24 腕付根囲
25 上大腕囲
26 大腕囲
27 肘囲
28 肘下囲
29 手首
30 頭囲
31 足長
(女性)
33 アンダーバスト
34 乳下がり
35 乳頭間

究極の個人情報だわねぇ(笑)
言えないけど。
ぜったいに太れない


水泳のこと。
ジムでは週に3回マスターズ初級プログラムがある。
ほぼ欠かさずに参加している。
他にも各30分クラスで
クロール・背泳・平泳・バタフライの
プログラムにも参加(^^)
先週からメニューが充実しだした。

9月に系列の水泳大会が「大阪なみはやプール」で開催される。
マスターズ登録して参加してくださいとお誘いを受けた。
ここの営業所でチーム登録をしたらしい。
他所で登録している人は移籍が必要とのこと。
競泳は肌に合わない・・・スピードだして泳ぐのはよそう
と思っていたけど、ここでだと無理せずに自分のペースで
レッスンできる気もするなぁ。

☆マスターズ初級30分 井上コーチ 5名
メニュー 
UP-IM 25×4 100
P-Fr  50×4 200
K-Fr  50×4 200
S-Fr  50×1 50
S-Fr  100×1 100
S-Fr  25×1 ダッシュ 25
down  25×1 25
-------------------------------------
700m

そのほか
アクアビクス45分プログラムで脂肪燃焼!
ミストサウナのスチームで肌艶15分!

ダイビング学科テスト

学科講習の2回目を6月5日に受講し
約2週間後の20日に学科テストを受けた。

テキスト本
BritishSub-AquaClub(BSAC)のダイビングマニュアルで学ぶ
diving-book1.jpg

水中の世界への対応では水圧やボイルの法則など学習
diving-book2.jpg

身体のつくり・代謝のプロセスなど知識を深める
diving-book4.jpg

器材の仕組みも学習
diving-book3.jpg

カラフルなテキストで楽しく学べた。

テストは50問中47問正解の94点で楽々合格! 
75点が合格ラインなので余裕♪
ちなみに家人は88点だったので、わたしの勝利(^o^)/

ウエットスーツや軽器材が届いた☆
ピンクとネイビーブルーの色合いは爽やかでいい感じ。
家人はライトブルーとネイビー色で膝下に名前を入れている。

35箇所の採寸を経て出来上がったスーツは
5ミリの厚さで身体をしっかり保護してくれそうだ(^o^)
diving-ws1.jpg

diving-ws2.jpg

diving-ws3.jpg


ダイビング記録を本サイトでちゃんと作ろうと計画!
創作に通じる夢世界が未知なるで待っているものね(*^o^*)

コパカバーナ

copakabana-hoshi.jpg

コパカバーナ
宝塚歌劇星組 梅田芸術劇場公演を観た。
2006年6月3日~19日

コパカバーナは1994年にロンドンで初演されて以来
各地で上演されているミュージカルで
今回が日本初公演となる。

アメリカン・ポップスを代表するシンガーソングライターである
バリー・マニロウが自身の大ヒット曲
「コパカバーナ」をベースに作り上げたミュージカル。
1947年のニューヨークのナイトクラブが舞台。
芽の出ないソングライター・トニーと
スターを夢みるダンサー志望のローラの恋を描いた
軽快なミュージカルコメディー。

作家の夢想する世界が劇中劇として展開していく内容で
創作の人物たちが現実へリンクしていく結びも面白い。

19日は千秋楽ということで「特別」な空気を感じた。
今秋退団する星組のトップスター湖月わたるの舞台挨拶など
6回ものカーテンコールがあった。
上演中はアドリブの連発。
熱烈なファン層にはたまらないサービスだろうな。
会場は爆笑の渦となる。
タカラヅカファンは観客としてホント親切だから
しょーもないギャグでも大笑いして会場が沸くのだ(^o^)

梅田芸術劇場にはオーケストラBOXがないので
宝塚歌劇になくてはならない「ナマ音楽」は舞台上で演奏された。
ナイトクラブが舞台なのでオーケストラ自体が
生きた舞台道具となって豪華な印象だ。

後半で指揮者が「上下真っ赤」な衣装をつけ
中央で役者並みに目立っていたのが気になったなぁ(笑)。

オーケストラが舞台真ん中で演奏するので狭くなるように思うが、
透けた間仕切りカーテンやオーケストラを囲む階段など
段差を利用した作りで舞台空間を上手に生かしていた。
なくてはならない大階段は中央にこじんまりと小階段が作られて
トップのみが階段から降りてくるエンディング。

タカラヅカを観るときはいつも
ストーリー、ダンス、歌、衣装などに惹きつけられたが
今回は照明の芸術性に感心したり
裏方のオーケストラ演奏をじっくり眺めることができたり
いつもと違う感覚でタカラヅカを楽しめた。

劇団ヴァダー

vada-2006.jpeg

劇団ヴァダー第14回 創立10周年公演
無邪気
作/横内謙介
演出/ハヤマアキコ

神戸C情報よりプレゼントされたチケットで
神戸アートヴィレッジセンターKAVCホールにて観劇した。
C情報にはホントお世話になっているなぁ。
神戸にある劇団公演をいくつもを紹介してくれたタウン誌だ。
劇団どろはわたしの故郷(笑)
劇団ふぉるむ劇団道化座劇団四紀会劇団自由人会...(他にも多数)。
世の中にこんなにも多くの劇団が存在するのかという驚きを与えてくれる。
公演会場はKAVC(KAVCについての日記はこちら)
活気ある新開地商店街アーケードを通り抜けた先にKAVCがある。
神戸地下鉄湊川駅で下車して5番出口から商店街へ入るわけだが
この『新開地』には、神戸の洗礼された、洒落た、小綺麗なetc.
表向きの、よそゆきの、上品さの奥に秘められた
下町の人間味あふれるヒミツの部分がある。
商店街を歩くたびにキョロキョロとしてしまう。
面白探検をしている気分(^o^)♪
わたしは大阪の十三というところで7年間暮らしたことがある。
ここと共通する匂いのある街・・・独特の怪しさ、ある種のいかがわしさ。
古い歴史ある街が育んできた文化、風俗を考えると
江戸の二大悪所と呼ばれる遊里と芝居を愛した江戸庶民の感性を思い出す。
(2006.4.22日記参照)

混沌とした中から生み出されるものの魅力。
清いだけの中では育たない文化芸術の極意。
新開地にくるといつもそんなことを思ってしまうのだ。

劇団ヴァダーはお初である。
公式サイトはこちら
毎回新しい劇団を知るたびに感じるのは
世の中にはなんて多くの優れた芝居人が居るのか! という驚きだ。
プロとアマの境目がぼやける。
巧いのだ! プロより感動することも多い。
芝居を親切な安い値段で提供してくれるのがアマチュア劇団かもね。
プロとアマの定義を知りたいものだ。

◇劇団ヴァダー 第14回公演◇
◇創立10周年記念公演◇
~神戸市芸術文化活動助成対象事業~

むじゃき
無邪鬼
作:横内謙介
演出:ハマヤアキコ


夢の中にいた
なんでも叶う ひとりぼっちの王国
ずっとこのまま 子どものまま

ボクは無邪鬼 恐がりの天邪鬼(あまのじゃく)

それでもいつかは大人になる
大切な誰かに思いを伝えるため
ほんとうの夢を叶えるため


尻尾を持つ無邪鬼・ヨロズは、尻尾を切るという試練を経て大人への一歩を踏み出さなければならない。昔の恋人、元・無邪鬼の先輩、魔法職人といった人たちの愛を受け、ヨロズは果たして変わることができるのか!? ---公演パンフレットより---

脚本が面白い。
ミヒャエル・エンデ作「モモ」
時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語の
時間が動くシーンを髣髴させてくれた。
魔法職人たちが魔法を作り出すシーンは最高に楽しい。
棟梁を筆頭に「職人技」として誇りをもって
無邪気の願望を叶えてきたというユニークな発想!

オトナになるための通過儀礼としての
尻尾切りまでは発想できるが
そこに絡んでくる魔法職人たちのキャラクターには脱帽だ。
職人たちが各人トライアングル、カスタネット、鈴、笛、小太鼓など
楽器を打ち鳴らし賑やかに踊りまくるダンスシーンの見事さに圧倒!
1時間40分休憩なしの芝居は
歌あり、ダンスありの芝居だった(^o^)
個人的にはミュージカル大作をロングラン公演している
某劇団の「マンマ~」より
驚きと感動が大きかった気がする。

棟梁役はダンスが抜群に巧く(みごとに脚があがっていたよぉ~)
「べらんめぇ~」口調の職人気質とダンス
渋さと見た目のハンサムなルックスがぴったりはまっていた。
上演後観客席から「棟梁に惚れちゃったわぁ(love)」という
声まで聞こえて女性客の心を鷲掴みにしたことはマチガイないよう(笑)
わたしも「棟梁カッコイイ」と心の中で叫んじゃった(*^^*)

子どもの観客も多くいて、大人も子どもも楽しめる
上質の芝居を見せてもらった。

ヴァダーのスタッフも素晴らしい。
開場30分前に整理券を配って来館者順に並び自由な席に
座るシステムは整然として気持ちいい。
整理券を発行するほど来訪者が多いということで
初日の雨の中、ほぼ満席の賑わいだった。
開演45分前に着いて整理券番号15番・・・
最前列の真正面席が空いていてラッキー☆
そこから役者の表情を
間近に見ながら夢空間に酔いしれたひととき。

演劇は総合芸術という言葉にふさわしい
劇団ヴァダー「無邪気」作品を観た。

ユーモアのセンス

letter-syuukosan.jpg


ユーモアのセンスある人を久しぶりに見つけた(^o^)

先日、宅配便が届いた。
中に入っていたのは

いま興味ある作家の藤沢周平氏に関する特集本
(過去の特集本なので貴重品)

大好きなチョコレートの個人的好みによる
世界でひとつの詰め合わせ
(袋入りでいっぱい)

「直美さんに似ていると思う」
その理由で切り抜かれたファッション誌の写真

添えられた手紙のユーモア溢れる文章

並みの主婦ではありえないセンスの持ち主!

その名はしゅうこさん!!!

プレゼントをありがとうございました。
本を読み、美味しく戴いておりますぅ(*^-^*)

切り抜き写真は「似ている」とか
そういうあつかましい感想の前に
客観的に自分を見つめ直しましたヨ(笑)。


今までも
「いいなぁ...このユーモアのセンス」と
人間的な魅力に惹かれた人はいる。

神戸学院大学のU先生こと上村先生。
機械嫌いの飛行機嫌い、大の虎キチ。
いつだって極太万年筆の手書きの文章で
旧仮名遣いの味のある筆跡にも
温かい人柄がにじみ出ている。
「ブラームスは便秘症」という見解は楽しい思い出。

ネットの友人へーベルマンさん。
フェルメールのステンドグラスを依頼した
鎌倉ステンドグラス店にも立ち寄ってくださった。
わたしのことをいつも遠くから見守り
励ましてくださる女性。


しゅうこさんもまた
隠れブログファンでいてくださる人。

家人ともども感謝申し上げます☆

わたしのなかの よからぬものを

6月にはいってしばらく晴天が続いたけど
季節はきちんと帳尻合わせをしてくる。

深夜から降り始め
今日はまるまる一日雨の日だ。

低気圧の影響か
昨夜に突然嘔吐を伴う頭痛に悩まされた。
久しぶりの症状に驚いた。
健康だと過信しすぎたのかなぁ。
季節外れのインフルエンザが流行しているらしい
知人も高熱がでたと話していた...
油断大敵だ! 

風邪薬を処方して
午前中ぐっすり眠ったら気力が戻ってきた。


もう少し
この雨を眺めていようかな。

わたしのなかの よからぬものを
ジョジョビジョバァ... ♪と
清めましょう(^o^) 

興味深い採寸

最近、忙しいけど楽しい。

ダイビングのウエットスーツ

全身35箇所採寸し
NAOMIとネームをいれ
フルオーダーで注文した!

20日頃出来上がるのでそれを着用して
プール実習を受講する。

ダイビング講習の学科を先に終えた。
あと学科テスト受けて
大阪でプール実習
7月に沖縄海洋実習へ行く計画。

嵐でない限り雨でも潜れるから
この際天候にはこだわらない。
わたしの念力を天候ではなくて
安全に一点集中させるつもり(^o^)

各項目の詳細記事は必ずUPさせま~す(^^;
35箇所の採寸場所も興味深いかもよぉ(笑)

ジムでは真面目に鍛えている!
かなり早い時期からインストラクターにも
周囲にも顔を覚えてもらっているみたいで
先日、プール初レッスンの家人と一緒に
「はじめて平泳ぎコース」にはいって
苦手な平泳ぎキックを初歩から復習しようとしたら
おばさまたちの一部に
「あの人上手な人やで~・・・ご主人のつきそいかなぁ?」
と囁かれてしまった(^^;
マスターズコーチが平泳ぎのキックは
「はじめてレッスン」で集中的に教えるので
参加してみるのも勉強になるからと勧めてくれた。
苦手意識の項目は初心にかえり
正しく身体に覚えこますのが
上達への近道になるように思う。

自主トレで
1分15秒サークルで板付きバタ足キック500m(50m×10)
後半になるほどタイムが縮んでくるから嬉しい(^^)
750mフリー
プログラム30分のアクアビクスに参加
500mフリー/250mバック/100mブレ/100mバッタ
400m個人メドレー/200mダウン
マスターズ初級レッスン
平泳ぎ強化日 400m フォームチェックとターン練習


人形劇団「かわせみ座」公演

20060604233046.jpeg


Silent Poems 2006
4年ぶりにかわせみ座の芸術を堪能した。
前回公演の日記2002年6月27日←押して

かわせみ座からのメッセージ
日本では、人形がきちんと批評され、
芸術として評価されるということは残念ながらありません。
しかし、私たちは子供のものという人形劇の枠を超え、
大人も楽しめる芸術としての舞台空間を目指し続けたいと思います。


日本では欧米ほどオリジナリティが
正当な評価を得ているとは言いがたい。
最近のニュースでは恥知らずな絵画の盗作事件がある。
考古学界ではかって「神の手」といわれた人の
発掘捏造事件があった。
捏造よりはるかに今回の芸術の盗作は許しがたいように思う。

かわせみ座の芸術性は今まで一度も見たことのない世界へ
誘ってくれる。
完成度のとびきり高いファンタジーだ。
台詞や説明がないので
どの国の人が見ても
どの年齢層がみても
充分に理解できる工夫がなされている。

インスピレーションを多く受けた。

子供のものという童話の枠を超え
大人も楽しめる芸術としての物語空間を創る


わたしが忘れてはいけない最大の夢
・・・究極の自己表現・・・

かわせみ座公演を観て
久しぶりにファンタージー世界を楽しめ
嬉しかった(^o^)


Silent Poems 2006
作・美術/山本由也
構成・演出/山本由也・益村泉
出演/山本由也・益村泉

プログラム
☆プロローグ---クイーピー
☆ミトコンドリア
☆夢を追う・・・
☆仔犬のシープの曲芸
☆風の精エアリエルの馬
☆花とプラテーロ
☆クイーピー&グイッピー
☆ヒドラダンス
☆海のヤムー
☆ティンク&仔熊のニーシカ
☆エピローグ---クイーピー&グイッピー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。