プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメールのステンドグラス計画 完成

glassmado-hikari02.jpg

(写真はクリックすると大きくなります)
2006年3月28日
念願のステンドグラス窓が完成した(^-^)/

開く窓の動画ページを作ったので参照下さいませ☆
http://www.eonet.ne.jp/~naomi-t/glassmado20060328.htm

フェルメールの絵にステンドグラス窓が描かれている
fsg3.jpeg


フェルメールの世界から放たれた
美しい光
時空を超えて
自宅に降り注ぐ・・・
ロマンチックなイメージを
日々の暮らしの中で
感じることのできる窓を手に入れた(^o^)


ステンドグラスを制作していただいたのは
鎌倉ステンドグラス様

フェルメールについてご教示くださったのは
BLUE HEAVEN 様
ありがとうございました

スポンサーサイト

鴨居玲展-私の話を聞いてくれ-

koisobijyutukan.jpg

神戸市東灘区・六甲アイランドにある
神戸市立小磯記念美術館に出かけた。
「特別展没後20年 鴨居玲展 ―私の話を聞いてくれ―」
自己の内面を抉り出すように描かれた鴨居作品
代表的な110点余りで彼の人生を辿るように鑑賞していく。

kamoi-watashi.jpeg

この絵は石川県立美術館所蔵の『1982年私』
181.6×259.0の大きな絵だ。
白いキャンバスの前で呆けた表情でこっちを見ている自画像

kamoi-doukeshi.jpeg

1984年制作『出を待つ(道化師)』116.7×72.7
道化師の格好をしている自画像 強烈な赤色が印象的
ポケットに手を入れてお腹を突き出すような立ち姿が特徴の鴨居
1985年の肖像には顔を仮面のようにはがし
のっぺらぼうの自画像を描いているのが意味深い。

創作する者の持つ鋭く豊かな感受性は
生きることを厳しく見つめてしまう宿命なのか
苦しいほどの孤独や不安が通奏低音のように響いて
独特の深く重い作品を創りあげている。

窓や扉のない空飛ぶ教会の絵が
目に焼きついている。
神と人間、信仰という複雑なテーマも
生涯彼を悩ませていたのか。

絵を鑑賞したというより物語に触れたような気がする。
鴨居玲の魂の伝言を感じた。

WBCチャンピオン

おめでとう!!!

WBC決勝戦
日本が10-6でキューバを破り
初代チャンピオンになったv(^o^)v

4時間近い長い戦だった。
ひとりのエラーを
ひとりのファインプレーが助ける。
目の離せないゲーム展開で
ハラハラドキドキを何度も何度も繰り返した。

チームプレイゲームの醍醐味を味わえた
面白い試合内容だった。
野球がまた好きになった。

勝負に対する強いこだわり
闘争心を持つ激しさ
国を思う心など

ぬるま湯に浸かり
平和ボケして眠っていた心を
目覚めさせてくれたWBCだったな。

綾部山梅林2006

ayabebairin2006-1.jpg

ayabebairin2006-2.jpg


快晴
満開の梅を観に綾部山を訪れた。
一昨年はひと月早く
(2004年の綾部山梅林の頁はこちら。若い直美もどうぞ・笑)
梅のほとんどは蕾のままだったが
今年は観梅期間の最終週
一面に咲き誇る梅を堪能した。

広大な綾部山丘陵に2万本の梅。
入山した途端、上品な香りが漂い
視覚より先に嗅覚が梅を喜んだ。

梅の樹は低木で
真下に座ると梅花の天蓋に覆われる。

梅の香気のオーラが全山を包み込み
鼻腔から全身へエネルギーを注入した心地がする。

来月初旬は奈良吉野の桜を観に出かける。
桜の舞う優美さにまた見惚れることだろう。

人間以外で生まれ変わるなら
山に咲く 梅か桜か 

花を咲かせることを

奢りもせず

精一杯生きていたい

イチローの心

今日は終日大雨で、一時ケーブルテレビの回線も切れた。

「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」を見ていて
トリノ五輪の悔しかった記憶が甦った。
国別の対抗戦はわたしの「愛国心」に火をつけてくる。

イチローの熱い心にもグッときた。

「僕の野球人生の中で、もっとも屈辱的な日です」
関連記事にリンク

こうなると・・・ゴジラはどう感じているんだろう? と
松井が裏切り者みたいに思えてくるから恐いなぁ。
「愛国心」はこんな風に些細な感情から煽られるものなのかな。

積み重ね

水泳を覚え始めた頃のような
妙な熱心さで毎日泳いでいる。
14日連続でプールに通っているとは驚きだ(笑)
体調がいいときは水に馴染んでいようと思う。
水中エアロ(アクアビクス)45分
水中ウォーク30分なども
泳ぎの合間に取り入れているので
水をキャッチする感覚が増している気がする。
アクア45分は泳ぐよりしんどいかもしれない。

今日の水泳教室
2006.3.14 レッスン⑤
H コーチ  コース4名
【水泳メニュー】
Up    200 50×4  1.20s
K/S-BaBr 800(K25×4+S50×2)×4 3セットBa/1セットBr 
P/S-IM  450    
  Fr P25×4+S50×1
  Ba P25×3+S50×1
  Br P25×2+S50×1
  Bt P25×1+S50×1
S-Fr   300 (50+25)×4  60s

Down   50 50×1
フリー   200 200×1
-----------------------------------------------------
1750m 250 2000m 

好きな種目でと指示があると
それぞれ異なってくる。
コンビネーションとプル・キックが
必ずしも同じとは限らない。

好きな順に
コンビネーション(泳ぎ)では
クロール/バタフライ/背泳/平泳

キック(足だけ)では
クロール/背泳/バタフライ/平泳

プル(手だけ)では
クロール/背泳/平泳/バタフライ

一番好きなのは
クロールというのは揺るがないけど
速くないからなんとも虚しい(T_T)

最近、4泳法プルメニューが多く
頑張って練習しているという実感。
体力や技術力が少しずつアップしているような
感じが嬉しい。(自分に甘・笑)

近頃の日記は面白くなくてごめんなさい(^_^;
いま、夢中になってのめりこんでいることだから
・・・しばらくご容赦くださいませ。

理解への道のり

スイミングスクールのあと
夜にまた別のクラブで泳ぐようになった。
指導者が異なると同じことへのアドバイスも
まったく違う角度から見ることができる。

初心者なら混乱することもあるだろうけど
両方のアドバイスをじっくり検討し
自分のなかで消化していく作業は面白いと思う。

例えば先日は
前方に伸ばした腕の位置が揃っていないことへのアドバイス。
右手が左手より若干高い位置にある。
今までのコーチは「右手を深く」
新しいコーチは「左手を浅く」

深くするという意識で
わたしはバランスを崩していた。
妙なねじりがはいってテンポがずれていた。

ほんの数センチ浅い方へ合わす事で
泳ぎが何倍も楽に感じられるようになった。
すると身体全部の動きを意識する余裕ができて
キャッチして掻いてフィニッシュ、リカバリー・・・と
動きがどうなっているのか感じるゆとりが生まれた。

これで身体が馴染めばキャッチの位置を深めていけると思う。
わたしの場合、左右のバランスを合わすことが
最優先課題だった。
スイミングスクールでは深い位置という
一歩先のアドバイスが先行したので
わたしはギクシャクしたようだ。

バタフライも毎回いるかジャンプから練習している。
バタフライ特有の
指先から手肩腰脚・・・と続く優美なラインを意識して
柔らかな動きを目指している。
次の段階で柔らかく、しなやかな力強い泳ぎとなる。
硬い泳ぎではしなやかな力強さはでない。

あたりまえのことがやっと・・・理解できるようになった。

泳ぐことがより一層楽しくなっている(*^o^*)v


2006.3.10 レッスン④
M コーチ  コース4名
【水泳メニュー】
Up   200  25×8  45s
K-IM  200  200×1  
P-IM  300  100×3  リバース
S-IM  300  75×4  フォーム50/ダッシュ25
S    50  50×1 
S-Fr  200  25×8  60s HHEHHEHH
S-IM  100  100×1
-----------------------------------------------------
1350m  飛び込み練習

今日のMコーチは満足げだった(笑)
コーチの考える練習になったようだ。
「しんどいと感じるくらいまで自分をもっていくことが大事」


フィットネス
3/10 マスターズ初級 Fr/Br

3/11 バタフライ
   すいすい背泳ぎ

今日の夕方はマスターズ初級を受講する前に
筋力トレーニングも少ししておこう(^o^)

フェルメールのステンドグラス計画12

fsg2.jpg


tanakasamapanel04.jpg


アンティークガラスは落ち着いた色調で
手作りの個性がある。
機械ガラスのもつ華やかさはないが
やさしい温もりを感じることができる。

ステンドグラス製法が確立した昔と
同じ手法で作られている。

そう思うと・・・
時の彼方からの光が届くようで
心が不思議と安らいでくる。

パネルが出来上がり
割れないようたっぷりの緩衝材に包まれて
大きな梱包で届けられた。
【174㎝の家人と比較写真(笑)↓】
glasskonpou.jpg


月末まで乾燥させた後
窓枠へはめ込み工事を行なう。

手前に引くフェルメールの絵のような窓が間もなく完成!

フィットネス記録

20060307220957.jpg

↑(エクセルで作った表/クリックで拡大します)
3月に入ってからフィットネスクラブで
いつでも好きな時間に泳げる環境になった。
水泳は30分プログラムで4泳法を受講することで
基礎から学びなおしている。
ついてしまった癖を改善し
習得できていないテクニックを教えてもらう。
今の水泳教室では距離を泳ぎながら泳法を学んでいるが
フィットネスでは基本を復習している感じだ。
大事な基本は初歩の段階にあることを再認識。

エクセルで運動量のデーターを付け始めた。

毎日の記録を月間、年間と集計しながら
未来のメリハリボディを夢見ているの☆(^o^)



2006.3.3 レッスン①
M コーチ  コース8名
【水泳メニュー】
Up   200  25×8  45s
K-Fr  100  50×2  1.30s
P-Fr  200  50×4  1.30s
S-Fr  200  25×8  50s HHEHHEHH
S-Ba  200  25×8  50s HHEHHEHH
S-IM  100  25×4
-----------------------------------------------------
1000m  飛び込み練習  フリー200m 計1200m



2006.3.6 レッスン②
H コーチ  コース8名
【水泳メニュー】
Up  200 25×8  45s
K-Fr 200 25×8  45s
K-Fr 100 25×4  50s グライド
P-Fr 200 25×8  50s
S-Fr 300 50×6  1.30s・1.20s・1.10s
S   50 50×1
K-Ba 100 25×4  50s
S-Ba 150 25×6 
Down 50 50×1
-----------------------------------------------------
1350m  フリー950m  計2300m



2006.3.7 レッスン③
H コーチ  コース4名
【水泳メニュー】
Up  200 50×4  1.20s
K-Fr 200 25×8   45s 
S-Fr 200 25×8   45s
P-Fr 200 25×8   45s
S-Fr 200 50×4   1.30s
S   50 50×1  
P/S-IM400 50×8   1.15s
S-Fr 100 50×2  1.30s
Down 50 50×1
-----------------------------------------------------
1600m  

フェルメールのステンドグラス計画11

ステンドグラス制作工程

★アンティークガラスのカット
tanakasamapanel01.jpg


★鉛線の組立
lead01.jpg

使用している鉛線は精度の良い日本製で芯の部分に真鍮が入れてあり、曲がりに強いタイプ。
コメントに『姉歯さんのこともあるし、これからは言ってあげた方が皆さん安心するかも分かりませんね』とあった。
写真の鉛線の中心部分が金色に光っていて細くて平べったい真鍮板が縦に入っているのがわかる。

lead02.jpg

今回のデザインはステンドを組む際に難しいとされている三点接点が多く、結構大変とのこと。
コメントに『この部分は、上から半田をかけて見えなくなってしまうのですが、なんかもったいないですね。まぁ、見えないところに手間暇かけるのがシブイところなんですが、、、』
見えないところにこだわるのは真の職人芸だわぁ~、感謝(^o^)

tanakasamapanel02.jpg


★パネル乾燥中
パネル取り付け施工は3月下旬
パテ詰め後1ヶ月はしっかり固めるために乾燥させる。
コメントに『パネルの仕上げは乾燥後アンティークパティナで仕上げますので「こげ茶」になります。硫酸銅を薄めたモノで仕上げるのですが、このパネルにはこの色が一番合うと思います(これまた手間は真っ黒の使様よりも3倍かかります)』とあった。
手間隙かかる作業で仕上げてくださって嬉しいな(^o^)

あと1ヶ月で春の陽光を浴びた
フェルメールのステンドグラスが窓を彩る☆

スポーツクラブOPEN

kosupa2.jpeg

本日OPENのスポーツクラブ
家人とふたりで行って来た(^o^)
自宅から徒歩6分という近場で
駅前を通らず行くとかなり近い。
化粧気のない顔で歩くから人通りの少ない
裏ルートを見つけて喜んでいる(笑)

OPEN初日はあいにくの雨。
この天候のせいかプールは空いていて
泳ぐのは20年ぶりという家人と1コースを独占できた。
6年間習ってきた水泳の成果を見てもらえ
ひたすら感心された(笑)
おかげさまでこれだけ泳げるようになりました(^o^)

午後から知り合いが続々プールにやってきて楽しくなった。
メニューにあるマスターズ初級を受講。
今日のコーチは箕面店から特別応援に来ている人で
年に1度大阪なみはやプールでグループ主催の
マスターズ大会があることなど話してくださった。
「へぇ~・・・すごい」
初心者でも参加OKということで
わたしのなかでは競泳はもういいかなと思っていたけど
目標として掲げておこう!

レッスン内容は30分で500mくらい。
4泳法の基本をゆっくりのびのび教えてもらう。
フォームも見てもらえるようなので
フリーで泳ぎが乱れてもちょっと安心かなぁ。

マスターズ初級のあと45分のアクアビクスを受講。
水中エクササイズは面白いし、いい運動になる。
水の掴み方など水泳にも役だちそう(^o^)

プールで1500mほど泳いで
予約していた「はじめてジム」という
マシーン利用方法の説明を受ける。

バイク・ウォークや筋力トレーニングを60分ほど行なう。
陸トレは初心者でモタモタと操作していたら
マスターズ初級のコーチが
「先ほどプールにいた方ですね」と声をかけてくれた。
早くも覚えていてくださったのには驚き。
わたしはぜんぜん覚えていなかったのに(^o^;
プールでは帽子をかぶってゴーグルしているし別人だよ、誰でもね(笑)
さすが優秀なトレーナーは顔を覚えるのも早いんだなぁと感心した。

想像していたより混雑も少なく
大きなお風呂で温泉気分を楽しみつつ疲れを癒した。

新しいテーマパークに遊びに行った感じだった。
面白かったな(^o^)
飽きるまで毎日遊びに行こうかなぁ(笑)

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。