プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スケート靴のない旅をしたい」
金メダリスト荒川さんは
どんな夢を見ているのかなぁ(^-^)
おかえりなさい、
どうぞゆっくり休養してください。

今月も数えると3日に1回ペースの
スイミングになってしまった(~-~;
寒い日が続いたしねぇ(言い訳)
明日から
新しくOPENするスポーツクラブにも通うので
(現在の水泳教室はそのまま在籍)
単純に考えてもフィットネスのメニューが増える分
運動量が大幅にアップすることになる。

この夏には盆旧盆(ボンキュッボンの誤変換・笑)と
メリハリのある魅惑的な体型を目標に
自己変革を計画中(^o^)オー!!!


2006.2.28 レッスン⑧
H コーチ  
【水泳メニュー】
Up    200 50×4  1.20s
KPS-IM  900 50×18  1.30s BtBa/BaBr/BrFr50m2本3セットKPS
S     50 50×1
S-IM   300 25×3×4 50s 2本フォーム/1本ダッシュ
Down   50 50×1
-----------------------------------------------------
1500m  
スポンサーサイト

金メダリスト荒川静香と同名でテレビ出演した知人(^o^)

20060227132224.jpg

日曜の朝、何気なくTVをつけたら
知り合いの荒川さん一家が出てきてビックリした(@@)
家人がすぐに電話をしたら
「一番初めに電話をしてきた」と喜んでもらった(笑)

金メダリストの荒川静香選手と同じ名前の男性ということで
テレビ局から取材があり
土曜日の「めざましどようび」と
日曜日の「サンデー・ジャポン」に出たとのこと。
めざましてれびでは上の写真を
ご本人の荒川選手が見て「同じ名前の男性なの?」と
驚いている映像が流れたとのこと。

うふふ・・・香しい色気はないけど同じ名前(^o^)
香りのない男の荒川静さん。

明るいご家族と幸運の名前を喜ばれている様子が
ほほえましかった。


そういえば、こんなふうに何気なくテレビを見ていて
知人が出演している場面に遭遇することが増えてきた。
ニュースがどんどん身近になってきている。
情報網がどんどん細かくなってきているなぁ。

確かなもの

オリンピックは参加することに意義がある。
大舞台で挑戦するから素晴らしい。
こういった
どこか甘い姿勢が多く見られた五輪だった。
成功率のきわめて低い技を本舞台で試すことが
はたして挑戦というのか疑問が残る。

前半でジャンプのベテラン原田選手が
200g体重が少なく失格となったことは論外。
スノーボード・ハーフパイプの今井・成田兄妹は
はったりが大きくてかえって格好悪い結果になった。
アメリカ選手の桁違いの凄い実力に唖然とした。

自身の実力以上の大言壮語には辟易する。
スポーツの世界に限らない現代の風潮なのかな。
有言実行できる実力は誰にもあるものではない。
本物の確かさがなければただのハッタリ。

豪華なマンションは基礎が骨抜きで見せかけ。
粉飾だらけで大きくなった企業幹部は牢屋のなか。
国会の場で平然と偽情報を流した党の功罪。

確かなもの。
信じられるものが希薄な世界。

このうんざり感のなかで
フィギュアスケートの女子シングル
荒川静香選手は
ほんものの美しさを体現し結果をだしてくれた。
彼女の獲得した金メダルはいろんな意味で重く
その美しさは光り輝いている。

母自慢

母とはあまり似ていない。
わたしの容姿は父方の遺伝子だと思う。

母は小柄で顔も羨ましいくらい小さい。
目鼻立ちも小ぶりで、大人しい顔立ちだ。
実際、母とふたりで海外旅行したおりツアー客から
「お嫁さんですか?」と訊かれたことがある。
母の初海外だったので実の娘がお嫁さんのように
細やかに優しく気遣っていた証だともいえるかなぁ(笑)

母は京都で暮らしている。
神戸から近い関西圏内だけど
68歳になるいまでも仕事をもっているので
年に数回会うくらいだ。
母は仕事を終えてから毎夜自宅近くのプールで泳いでいる。
海辺育ちだから泳げてはいたけれど
本格的に水泳を習ったのは55歳を過ぎてからだと言っていた。
今日FAXで毎年恒例の
長距離通信マスターズ記録が送られてきた。

母の通っているスポーツクラブでは
長距離通信マスターズというのに登録していて
クラブで計測会を行なうシステムだ。

年齢68歳 800m自由形 タイム16分21秒04
50mごとのラップタイムは見事に一定の1分を刻み
750mで鐘の音を聞いて
ラスト50mを53秒02で泳いでいる。
スタミナに脱帽だ。
おまけに去年の記録を更新させている。
老いてくると去年の自分に勝つことが困難になるものだ。
僅かでも去年の記録を抜くことはアスリートの念願だろう。
今後は現状維持を心がけると母は言っている。
70歳を過ぎてもさらに年齢を重ねても・・・
なんて素晴らしい夢!

わたしが水泳をしていなかったら
この記録の立派さに気が付かなかったかもしれない。

母の勧めで水泳を始めたわたしは
記録の上でもまだまだ母には及ばない。
長距離にエントリーする意気地すらない。

年齢を重ねるごとに
親の偉大さを知ることができて
幸運な親子関係だと感じている。


2006.2.22 レッスン⑦ コース8名
I コーチ  
【水泳メニュー】
Up   250  25×10 45s 
K-Bt  200  25×8 50s  
D-Bt  200  25×8 50s 片手
S-Bt  100  25×4 60s 
S-Bt&IM 200  25×8 50s 往Bt/復IM順
S-IM  200  50×4 1.30s 
-----------------------------------------------------
1150m  フリー1000m

水泳教室

2006.2.3 レッスン①
M コーチ
-----------------------------------------------------
1200m  


2006.2.7 レッスン②
H コーチ  
【水泳メニュー】
Up  200 50×4  1.20s
P-IM 300 25×4×3  50s
S-IM 400 25×4×4  45s
KS  400 50×8   1.30s
S   50 50×1
S-Fr 200 25×8   45s 
Down 50 50×1
-----------------------------------------------------
1600m  


2006.2.10 レッスン③
M コーチ  
【水泳メニュー】
Up   200  25×8  
K-IM  200  200×1  
P-IM  300  25×4×3
S-IM  300  25×4×3 手はグー
S-IM  300  100×3
-----------------------------------------------------
1300m  


2006.2.13 レッスン④
H コーチ  コース7名
【水泳メニュー】
Up    200 25×8  45s
K-Ba   200 25×8  50s
S-Ba/IM 400 25×16  45s 往Ba/復IM順
KS-Fr/Ba 300 75×4  K25-50s/S50-1.40s
S-IM   300 25×12  45s 
-----------------------------------------------------
1400m  


2006.2.14 レッスン⑤
H コーチ  コース4名
【水泳メニュー】
Up  200 50×4  1.20s
KS-IM 300 75×4  K25-45s/S50-1.30s
PS-IM 300 75×4  P25-45s/S50-1.30s
S-Fr 400 100×4  2.40s
P-Fr 150 25×6   45s
S-Fr 150 25×6   45s
S-Fr 100 50×2   1.15s HE
-----------------------------------------------------
1600m  


2006.2.17 レッスン⑥
M コーチ  コース6名
【水泳メニュー】
Up   200  25×8  
SK-Bt  200  25×8 50s S2/K2/S4 
SK-Ba  200  25×8 50s S2/K2/S4
SK-Br  200  25×8 50s S2/K2/S4
SK-Fr  200  25×8 50s S2/K2/S4
S-Fr  150  25×6 60s ダッシュ         
-----------------------------------------------------
1150m  


壁を蹴ってスタート(ターン)する際に
初めの速度を落とさず
泳ぎへ繋げるため抵抗を少なくする。
キックを鋭く使うこと。

身体を水上に浮かすようなフォームが必要。
頭が沈みやすいので意識して持ち上げる。
ヘッドアップはきつい(TT)
クロールはもっと深い位置でキャッチする。
頭を上げて手を沈める・・・かなりきつい(TT)

背泳の際プッシュが早いと指摘を受ける。
もっと水を押し込むように。

バタフライのリカバリーは腕に力が入ってしまう。
もっとやわらかく。
手のひらを下に向けて水面を滑らせる感覚。
手のひらをたてて親指が水面にかかる形だと
腕に余計な力がかかるので泳ぎが硬くなると指摘。

しなやかさ
力強さ
やわらかさ
鋭さ
美しさ
スピード
水泳は限りなく奥が深くて・・・おぼれそう(^-^;

神戸空港開港

神戸市が設置し、管理する空港として
神戸空港マリンエアが今日開港した。

神戸市民のひとりとしては
関西空港、伊丹空港がともに半径25km内に在るのに
いまさら新空港なんて必要ないと思ってきた。
震災復興の希望の星と位置づけて
新空港に莫大なお金を使うなら
もっと地上にある多くの市民の生活に密着した
復興を期待していたが
多くの市民の反対意見をあっさり無視するようにして
開港の日を迎えた。

できちゃたのねぇ。

どんな形で市民にツケがまわってくるのか怖い。
繁盛してもらわないと困る。
見通しの悪い天候は未来の暗示か。
芽吹きの雨か。

いい方向へ飛ぶように祈るしかないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

団塊世代のリタイアが増加する今後
この団塊女性層をターゲットにした
各サービスが諸々考えられている。

バスツアーで知り合ったT内さんがまさにこの対象年代で
案内がきたということでお誘いを受けた。
『ツアーコンダクターが語るイタリアの魅力』
イタリア旅行を考えていたのでグッドタイミング(^^)
三井住某銀行が主催する無料のライフスタイルセミナーに参加してみた。
自宅から歩いてすぐのオリエンタルホテル『翔雲の間』に
ゆったりと席が設けられていて
各テーブルにはキャンドルが灯され雰囲気は限りなく優雅だ。
大手旅行会社の人気ツアーコンダクターが講師。
【第一部】「イタリアのご紹介」
【第二部】「イタリア人気の4都市について」
◆ミラノ◆ヴェネチア(ベニス)◆フィレンツェ◆ローマ
【第三部】「イタリア最新買い物・美食情報」
聞き逃せないツアコンによるオリジナル情報は嬉しい。

セミナーの内容は商業的な売込みなど一切なく、
わかりやすい紹介でスライド写真を見ながら
小粋な旅行をしたような気分だった。

第二部の途中でホテル特性ケーキと
コーヒー・紅茶を頂く。
ツアコンとのツーショット写真は後日送付され、
雑誌や音楽CDなどお土産に用意されていた。

これからの世の中
人生を楽しむために生きたいと思う人
そのゆとりのある人が増加してくる。

お金を上手に使って人生楽しむ術を学び
健康で美しいライフスタイルを目指す。

うーん・・・わたしの今まで通りの生活だわぁ(*^o^*)

ビューティーコロシアム

自分自身の顔に悩んできた人が
テレビ番組の力を借り
徹底的に美容整形をして
短期間に「美」を身につける内容の番組を観た。

メイクや髪型
ファッションやダイエットで
かなり変身できるものだけど
骨を削って骨格から変えてしまうのは
やっぱり凄い勇気だと思う。

自分を好きになれたなら
幸福なことだ。

厳しい目を自分に向けて
それに応えられる自分でありたい。

自分自身を好きでいたい。

仙女の錦

劇団四紀会第122回公演 家族劇場
西区民センター
『彦市ばなし』
原作/木下順二
演出/岸本敏朗
『仙女の錦』
作/桜井敏
演出/岸本敏朗

一本目の『彦市ばなし』では
観客の子どもたちから笑い声が聞こえ
楽しげな作風に仕上がっていた。
子どもの天狗が「かくれみの」を
嘘つき彦市に騙されて取り上げられ
泣いたり悔しがったりする場面が受けていた。
芝居では子天狗を可愛い女性が生き生きと演じていて良かった。
子どもたちは、子どものような存在が登場する場面が好きだ。
感情移入しやすいからだろう。
わたしの童話では『くじらのクー』が一番人気があった。
優等生でないもの。
自分と同じような立場のもの。
大人になるとだんだんこういうキャラクター作りが難しくなる。

この作品、わたしは途中から「狂言」で演じたら
さぞ面白いだろうなぁ・・・と、勝手に狂言風に想像しながら
楽しんでいた(^o^)

『仙女の錦』
これは古典の名作だ。
わたしも小学低学年の頃、学校行事の一環で
アニメ映画版で鑑賞している。
映画では誤って針で刺した指先から赤い血がこぼれ落ち
美しい錦に一滴染み込んでしまう。
その血痕が太陽となり輝くような錦の世界が広がる
幻想的な場面を鮮やかに記憶している。

舞台装置は工夫がなされていて
錦織物の艶やかさを絵で作り上げていた。
仙女のもとへ行くための艱難辛苦も
火の海、激流を絵を使い
歌や振り付けで表現されていて興味深かった。
ただ役者たちの言葉が早口の流れに合わず
聞き取りにくく残念だった。
個人的には好きな内容なのだけれど
観客にはいまひとつ難解で退屈なようだった。
観客席の反応を見ているとよくわかる。
家族劇場と銘打つなら
せめて誰もが内容を理解できるような
言葉遣いが必要だ。
内容が伝わらなければ、演じ手側の
ただの自己満足で終わってしまう。
『仙女の錦』は役者の技量や
太極拳風の振り付けの完成度も要求され
まだまだ素晴らしい作品になる可能性を感じた。


夜はテレビ地上波で
『CASSHERN/キャシャーン』を観た。
紀里谷和明監督が宇多田ヒカルの夫ということでも
公開当時話題になった。
キャシャーンはアニメを知っている者にとって
「うっひゃぁ(@@)」である。
原作の匂いも何もかもが消えている。
映画の色調は今までにない不思議な魅力で
雰囲気は感じるんだけど
なにしろ物語の内容が・・・わかりづらい。

一緒に観ていた家人なんか原作を知らないから
はじめから「?」の連発で途中から寝てた(^^;


監督が答えている質問の回答から映画の真髄を推し量ろうと思う。

「新造人間キャシャーン」は、70年代前半の社会情勢をビビットに反映だったと思いますが、これを現代において実写でリメイクすることの意味は?

歴史上で争いがなかったのは三日だったと聞いた事があります。今もどこかで誰かが戦っていて、争いが絶えませんが、何で争いが起こるのか誰にもわかりません。そこにたいして自分なりの考えや思いを出したかったんです。
 意味としては、普遍的な事をやりたかったということです。この作品はシェイクスピアの「ハムレット」をベースにしていますが、形は違えど、テーマは語り継がれていきますし、「何故ひとは戦うのか」といった事をテーマにしています。

自分流ネイルアート

nail-2.jpg


nail-4.jpg

マニキュアがたまってしまい
使わずにいると液が濃くなってきていた。
薄めたり捨てるのももったいないから
春らしい桃色と白色を選んで
自分流ネイルアートを試みた(*^o^*)
専用の道具やペイント用品(ネイル用アクリル絵具)がなくても
小さな点をポンポン乗せるだけだから
綿棒を利用したりマニキュアの筆をカットして細筆にしてできる(笑)
仕上げにトップコートをたっぷり塗り保護して
可愛い春の紅白梅の指先が完成した☆
新しい遊びを発見!

法と道徳

『村八分』
チャンネルNECO名画theNIPPONで観た。
1953年・近代映画協会=現代ぷろだくしょん・95分・モノクロ
監督:今泉善珠
出演:中原早苗 山村聡 乙羽信子 日高澄子 菅井一郎 藤原釜足 英百合子 殿山泰司 山田巳之助 御橋公

参議院補欠選挙の発表日、一人の少女から新聞社へ替玉投票の事実を訴えた投書が舞い込んだ。このことが報道されると、少女の一家は因習的な村人たちから村八分の扱いを受けてしまう。当時話題になった事件を映画化した問題作。 -プログラムより-

村八分とは「火事」と「葬式」のふたつ以外は村から疎外される因習のこと。
モノクロ映画なので暗さがかえって印象的。
昔の映画はものごとをきちんと描いていたのだと感動した。
映画の中で少女の通う高校の校長が、少女を諭す場面があった。
この校長は正義が必ずしも正しいとは限らないと言って
少女の行動を好ましく思っていないのだが台詞が印象的だった。

法とは行動の加減を示し

道徳は行動の上下を示す



村の平和を脅かした少女の一家は村から憎まれる。
村八分を受けていることが再び新聞記事になると
日本全国から励まし文が届き、
学校でも真剣な話し合いがもたれる。

正義が通らなければ真の平和など永遠に得られない。

半世紀が経っても変わらない世の中だが
正しい勇気が閉塞状態に風穴をあけることを信じていたい!

バタ足キック1000m

久しぶりにフリー時間で自主練習をした。
ビート板バタ足キックを1000m試みた。
よそ様の水泳ブログで1000mキックのことが書いてあって
できるのかどうかやってみたかった。
フリータイムなので前がつかえたりすることもあったけど
30分近くかかってクリア。
50m70秒を目安にしていたけど
維持し続けるのはまったく無理だった。
でも達成感で自己満足(^o^)
苦しくなってきたら
これは美容体操よ!と自分に言い聞かせた。
ヒップアップを意識して
はい、キックキックキック!
うしろ腿をあげる感覚で
お尻を引き締めて
それ、キックキックキック!

ふっ...と、巧い具合に水を蹴れて
グイーンと進むことがあった。
この感覚を常時保てればいいのになぁ。

2006.2.6
【フリーメニュー】
K-Fr 1000
K-Ba  200
S-Ba  100
K-Bt  100
K-Br  100
S-Br  100
S-Fr  800
S-IM  200
Down  100
--------------------------------------------
2700m

窓の外のみぞれまじりの氷雨を
プールの中から眺めていた。
「やむまで泳がないとなぁ~(^^;」と、頑張る。
帰る頃にはすっかりあがって
濡れることなく帰宅できてラッキー☆
今年は幸運期だわね、やっぱり(*^o^*)

知覧のさくら

劇団自由人会創立10周年記念・神戸新劇人合同公演
赤羽礼子・石井宏著「ホタル帰る」より
『知覧のさくら』
作/清水巌
演出/ふるかわ照
chiran2006.jpeg

兵庫県立芸術文化センター中ホール
2006年2月5日(日)16:00開演 1回のみの公演
10分休憩の2部構成 上演時間2時間50分

兵庫県立芸術文化センターは2005年10月にOPENしたばかりの新しい文化発信基地だ。
神戸学院大学で2003年2月15日(日記参照)に水戸市にある芸術館の試みを学んだとき
西宮に新設されるこの芸術文化センターの担当者が来ていたことが思い出される。
西宮駅前周辺は久しく来なかったのでまずその変貌振りに驚かされた。
駅すぐのコナミスポーツクラブも開業がこの2月11日ということで
内覧説明会をしていたので覗いてみた。
(50mプールだわぁ! いいなぁ・・・大きいよぉ!)
スポーツクラブ横を通ってすぐに
木のフローリングが温かい芸術センターに繋がっている。
会館ホール内は「木」の材質を使うことで
伝統を感じさせる印象を与えている。

『知覧のさくら』は反戦を静かに強く訴えてくる作品だ。
特攻隊の物語はそれ自体がすでに完成された反戦テーマなので
これをどんな角度から見せてくれるのか期待していた。

芝居の後半はずっと涙がこぼれてしかたがなかった。
演者ひとりひとりが役になりきったとき
舞台に奇跡がおきる。
観客は芝居を観ているのではなくて
あの哀しい歴史の証人として
歴史の現場を目撃しているような錯覚に陥る。

無神論者の隊員が出撃前に虚しさを拭い切れず
仲間の信仰者に問う場面。
「神はどこにいる」
「自然の恩恵の向こうに存在するもの」
知覧の母は
「ただ手を合わすだけでいい」と教える。

優秀な学徒たちが何を思って死んでいったのか・・・
いまさらながらに知ったことが多くて驚いた。

許婚との最初で最後の夜
葛藤する心情が切ない。

部下への責任から自らも死を望む上官。
妻子は自殺をし、老親が遺骨を持って見送りきた場面。
父と母、男と女の心。

学んできたことは来世で結ぶと
最後まで学徒であることを誇りとして
ホタルになって戻ると言い残す場面。

どの場面にも魂の叫びである台詞が散りばめられている。

丁寧に描かれたひとりひとりの心情は
わかりやすい言葉で語られ
ストレートに胸に迫ってきた。

役者は実に自然で、大げさな身振りも手振りもなく
静かに深く心に浸透してくる演じ方だった。


余談だが前日にテレビ朝日で
「夫婦」というドラマスペシャルを見ていた。
熟年離婚がヒットしたので、二匹目のドジョウを狙い
渡哲也が夫役で、妻に竹下景子というキャスティング。
ところが竹下景子の演技が下手に感じて仕方がなかった。
全体から浮いて感じたのだ。
なにが悪いのかと考えていたが
竹下景子の演技がリアルらしくあろうと
演じているのが目に付くのだ。

今日の知覧のさくらのキャストたちからは
自然な一体感で心を揺さぶられた。
台詞が生きていて、聞きほれるくらいだった。

演技について考察するのは難しいが
とても興味深いことのひとつ。

久しぶりに大感動した!!!

春節祭2006

春節祭とは
旧暦で節句を祝う中国では、旧暦のお正月を「春節」として盛大に祝います。この時期の中国は、爆竹が鳴り響き、祝い事には欠かせない龍や獅子が舞い踊り、たいそう賑やかです。
南京町でも旧暦のお正月に合わせて「春節」をアレンジし、「春節祭」として1987年から毎年開催しています。昭和天皇崩御の年と阪神淡路大震災の年の2回中止しており、2006年は20年目18回目にあたります。
また、1997年には神戸市の地域無形民族文化財に指定されました。
-春節祭プログラムより-

全長47mの金龍ロンロン
syunsetu2006-1.jpg

神戸南京町春節祭(1/29~2/5開催)の最終日
日曜日ということもあり人が多く大賑わいだった。
syunsetu2006-2.jpg

南京町のシンボル関聖帝君(関帝=三国志の英雄・関羽)を祀る祭壇。
参拝指南役に西遊記の孫悟空・猪八戒・三蔵法師たちがいた。
syunsetu2006-4.jpg

syunsetu2006-3.jpg

美味しいお祭り春節祭は食べ歩きも楽しい(^o^)

立春

hina-2006.jpg

雛人形を飾った。
一年の大半を箱の中で眠っているお雛さまも
やっと訪れた出番を喜んでいるよう(^o^)

日本列島は節分寒波であちこちで大雪が降った模様。
わたしのところは快晴で朝からふとんを干したりして
穏やかな陽射しの恩恵を受けていた。

近所に元旦の朝からふとんを干す潔癖な家がある。
少しでも晴れていたら欠かさずふとんがベランダにでている。
冬の天気はあやしくて晴れていても一気に雲が覆うときがあるし
冷たい空気の中でさらされたふとんは暖かいのかしら?
今日みたいな快晴日は陽の匂いで満ちて快適だけどね。


クリスマスから活けている生花が
42日目を過ぎてもまだ褪せることなく
つぼみを開きながら呼吸をしている。
はじめの水揚げがうまくいったのが長持ちの秘訣かな。
命は美しくて強い
タイミングのいいお手入れで
美しさも若さも保つことが可能なのだと
入念に肌パックをしてみたりの毎日(笑)
hana-47nichi.jpg

幸運期

今年はわたしにとって12年に1度巡って来る貴重な
幸運期らしい。
ひと月が過ぎたところでラッキーなペアチケット当選が2つ。

2/5(日) 劇団自由人会『知覧のさくら』
      兵庫県立芸術文化センター
鹿児島県知覧の特攻基地近くで食堂を営み
「知覧の母さん」として学徒に慕われていた浜田ふく。
ふくに手を振り出撃していく若者たち。
命が無残に散っていった歴史を見つめる芝居。

2/12(日) 劇団四紀会『仙女の錦』『彦市ばなし』
      神戸市西区民センター
中国民話の名作と木下順二のクラシック作品。
児童文学を見つめ直し
感動し楽しめる作品を研究するうえでも
ぜひ観てみたい。

まめにC情報をチェックして
ひとつでも多く
心に沁みる作品と出逢いたいな(*^^*)

炊飯器ケーキ(2)

純銅ステンレス7層圧釜の超音波炊飯器を使っている。
cake2-1.jpg

お米を炊くために優れた性能を発揮してくれるが
簡単ケーキを作るためにはどうなんだろう?
炊飯器ケーキのブログを見ていると
ちゃんと膨らまない種類の炊飯器もあるらしい。
昨日のチョコケーキがイマイチふっくらしなかったから
今日、再びチャレンジしてみた。
こんどはホットケーキミックスを使ったら
もっともっとお手軽に作れた。

美味しそうな焦げ目はフライパンで仕上げる(^o^)
cake2-2.jpg


cake2-3.jpg


炊飯器はご飯を炊くだけにあらずだわ!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。