プロフィール

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっけなく・・・

日本一の頂上に届くことなく
あまりにもあっけなく
終わったわねぇ(はふぅ~。。。。深いため息)
周りでは誰も何も・・・話題にしない
家人がユニークな童話で
けじめをつけてくれた(笑)
<秋の童話>
-ちょいといじくられた トラ君の気-
(←押してね)

****************************************************
10月最後の水泳レッスン

2005.10.28⑫
Mヘッドコーチ 昼 コース8名
【水泳メニュー】
Up    200  25×8     45s
K-Fr   200  50×4    1.45s
K-Fr   100  25×4     60s (ダッシュ)
P-Fr   200  50×4    1.45s
P-Fr    50  25×2     60s(ダッシュ)
S-Fr   200  50×4    1.45s
S-Fr   100  25×4     60s (ダッシュ)
-----------------------------------------------------
1050m 特別飛び込みレッスン

今日は競技用メニューだ。
自分のMAX最高速度で泳ぐことで
身体の筋肉に『速い時の動き』を覚えこます必要を
ヘッドコーチは実にわかりやすく説いてくださった。
オトナだから難しいし、
成長期のコドモのようにできないだろうけど
でも、諦めてはいけない!と激励の言葉を添えて。

Mヘッドコーチには
以前通っていたプールから教えてもらっているけど
教え方が変わったように感じる。
うーん。。。
変わったのはコーチかな?
わたしかな?
わたしの聴く耳がやっと育ってきたのかなぁ。
レッスンはすごく理解しやすいし
適度に『やる気』を刺激してくれるし
無理をしないという健康に留意する指導も怠らない。
良いコーチだと思う(*^o^*)
スポンサーサイト

絵を描く

yuyake2005-1mini.jpg

『2005秋の夕焼け』
何年ぶりだろう?
パレットに水彩絵の具を溶かして
筆に含ませて・・・
新しいスケッチブックに
色を乗せてみた。
鉛筆の下書きなしで
ひつじ雲が夕焼けに溶け込んでいく
秋の空を描いた。

くふふぅ(笑)下手ぁ~(^o^)
スケッチブックはまだいっぱい頁があるから
そのうちに絵が描けるでしょうか?

絵を描くって癒しになるのねぇ。
無心で・・・小一時間・・・
夢中の世界

今日のいいこと②

へーベルマンさん
ありがとうございます!

6666カウント記念の絵本が届きました。
前回はエミリィのレシピ本を戴いておりますね。
高い確率で記念の番号をGETすることに
不思議なご縁を感じます。

今日は
先月受けた健診のマンモグラフィ検査
乳房に不審な影が写っていたので
精密検査を受けてきました。

問題はないという診断がくだされて
ホッと安心しました。
結果が出るまで
不安の増していく時を過ごしていて
晴れて病院から「安心」を保障してもらい
ニコニコ笑顔で帰宅したら

郵便受けに記念の絵本が入っていました。
なおさらにすごーく嬉しかったです(*^o^*)

健康であることは生涯の願いですが
そのためには定期的なメンテナンスが
必要であることを実感しています。
へーベルマンさんも
いつまでも元気で若くいらしてくださいね☆



武井武雄氏の絵はほんと素晴らしいです。
ジョーカーにだけ色がないことで
別次元の存在としてアピールしていますね。
昔、わたしが小学5年生のとき
図工の時間で「飛び出す絵本」を
手作りするという課題がありました。
そのときわたしが題材に選んだのが「かさ地蔵」
雪の降る夜にお地蔵さんに傘をかぶせてあげたおじいさん。
お地蔵さんにだけこの絵本と同じように
色をつけずに作品にしたのです。
先生は色を付けないのはおかしいよと。
「その方が雰囲気が出ると思いました」と
答えたのを今でも鮮明に覚えています。

絵本を読んで、懐かしい子どもの頃の記憶まで蘇って
嬉しいタイムトリップまでしました。


病院から帰宅の途中で
30万本のコスモス畑という看板を見つけました。
今回はUFOは写っていません(^o^)

秋も深まり・・・しっとり静かな空気が満ちてきています。
ステキな秋を見つけたいです☆

感謝を込めて・・・

2005.10.26
直美

『満開のコスモスはこちら』の看板に引き寄せられて☆
kosumosu05-2.jpg

30万本のコスモス畑で笑顔☆(クリックすると大きくなります)
コスモスは手を添えているだけですよ(^o^)
kosumosu05.jpg

10月の水泳⑩⑪

swimcap.jpeg

2日連続Hコーチのレッスン。
今週からコーチも水泳キャップ着用になった。
女性のコーチは前からきちんとかぶっていたけど
男性コーチはかぶっていなかったから
妙に・・・キャップ姿が珍しく(可笑しく)
(あんまりしげしげ見ちゃ、失礼よね)と思いつつ
つい「コーチも帽子かぶるようになったんですねぇ」
と、言ってしまった(^o^;
「笑いたいときは笑っていいですからね」と
子ども水泳教室ではさんざん笑われたみたい。
(子どもって正直で残酷だ)
スイミング帽って似合う人とそうでない人といるなぁ~。
わたしもぜんぜん似合わないタイプ(TT)シクシク


2005.10.24⑩
Hコーチ 昼 コース7名
【水泳メニュー】
Up    200  25×8     45s
K-IM   450  25×(4+2)×3 50s(4回Bt/2回BaBrFr)
S-IM   300  25×12     50s (往BaBrFr/復Bt)
スカーリング 100  25×4      60s
S-Fr   150  25×6     40s
--------------------------
1200m  フリー水泳1300 
     Fr700/IM400/Down200


2005.10.25⑪
Hコーチ 昼 コース6名
【水泳メニュー】
Up     200  50×4   1.20s
K&S     400 (K25×2+S25×2)×4 IM順 50s
D&S     400 (片手25×2+S25×2)×4 IM順 50s Brプル
S      100  100×1
P      200  50×4   1.30s
S      200  50×4   1.30s
DownW    50
--------------------------
1500m  

あいかわらずスカーリングプルは苦手。
進まない~。
コーチ曰く
「上手な人は何をしても上手、できないのは問題があるからです」
と、いうことらしいです。
水を捉える感覚はテクニックなんだろうけど。
メゲナイ!!!
ぜったい上手になって
「進んじゃうよぉ~(^o^)」と、
余裕の笑顔でコーチを見返すのだ!

縁という繋がり

ここ最近
自分と他人との関わりを考えていると
偶然とはいえない確かさで
動いているように感じる。

霊的なものを感知する能力
五感を超えた感覚など
わたしには皆無だと思っていたが
今までの人生を振り返った時
誕生した土地からすでに不思議な
「縁」で結ばれていたり
伴侶となる人に繋がっていたことを思うと
しみじみと感じるものがある。

出逢うべき人とは必ず出逢える。
成すべきことは自ずとその方向へ
導かれてゆく。

生きることへの焦りも後悔もなく
大きな流れの中で
生かされているのだと思える。

このまま、悟りたいなぁ~ 
はあぁ?~~欲のなくならないうちはムリムリ!
あれこれあれこれ達成させたく・・・日々過ぎていくわ(^-^;

今日のいいこと

ネットの友人へーベルマンさんのサイト
アマトス訪問記、1986年
ー詩人エミリィ・ディキンスンの生地を訪ねてー


へーベルマンさんは詩人エミリィをわたしに紹介してくれた人。
わたしの書いた詩をエミリィになぞらえてコメントくださったり
2004年3月7日記 「雪幻影」
劇団の卒業公演で上演した
『ガラスの動物園』の作者T.ウィリアムズも
エミリィのことを高く評価している文章を見つけて嬉しかったものだ。

なにか見えない優しい繋がりが張り巡らされていて
縁のある人とは結ばれているのだと感じる(*^-^*)
さて、今日はその彼女のサイトのキリバンをGETした☆
20051023223649.gif

プレゼント本☆
present6666.jpg

ラッキーな日(^o^)わぁーい!!!
へーベルマンさん ありがとうございます

10月の水泳⑧⑨

2005.10.21⑧
Mヘッドコーチ 昼 コース8名
【水泳メニュー】
Up    200  25×8   45s
K-IM   200  50×4  1.45s 
S-Fr   200  25×8   50s
S-Bt   100  25×4   60s
S-Ba   200  25×8   50s
S-Br   200  25×8   50s
S-Fr   200  50×4  1.45s
--------------------------
1300m  Down200


2005.10.23⑨
Tコーチ 昼 コース7名
【水泳メニュー】
Up    150  25×6   45s
K-IM   400  50×2×4 1.45s(板なしキック)
S     50
S-Ba/Br/Fr200  50×2×2 1.45s
P-Bt   100  25×4   60s     
S-Bt   100  25×4   60s
S     50
S-Fr   100  25×4   60s (ダッシュ)
Down-W  50
--------------------------
1200m  


Mヘッドコーチより
平泳ぎと背泳ぎスタートの
泳法変更説明を受ける。
ひと掻きひと蹴り前のドルフィンキック☆
ちょっとでも前半に進む距離が伸びるわぁ(^o^)

スクールに救命道具の
AED(自動体外式除細動器)が2台取り付けられた。
心臓停止した人に電気ショックを与える装置。
「ハートスタート」
プール内では僕が皆さんを救いますから
「安心して泳いでください!」とコーチの弁。
Mコーチは経営者としても優秀かも(^o^)

フェルメールのステンドグラス計画3(図案1)

静謐な空気
窓から差し込む光
ステンドグラスのある小部屋

フェルメールの作品には
似た部屋がよく登場し
そこには同じステンドグラスが描かれている。

☆絵のタイトルをクリックすると
BLUE HEAVENさんのフェルメール作品解説にリンクします。
管理人Takさんのご厚意で
フェルメールをより深く知ることができます。感謝(*^-^*)/

『紳士とワインを飲む女』The Glass of Wine(ベルリン国立絵画館)
wine.jpeg

『二人の紳士と女』The girl with Two Men(ヘルツォーグ・アルトン・ウルリッヒ美術館)
20051021231401.jpeg

『音楽のレッスン』The music lesson(英国王室コレクション)
20051021231651.jpeg

『水差しを持つ女』Woman with water Jug(メトロポリタン美術館)
waterjug.jpeg

『手紙を書く女と召使』Lady Writing a Letter with Her Maid(アイルランド国立美術館)
LadyWritingWithMaid.jpeg


窓部分のみ拡大
『紳士とワインを飲む女』The Glass of Wineより
fsg2.jpg

『二人の紳士と女』The girl with Two Menより
fsg1.jpeg


FAXで送られてきた原案(クリックすると拡大)
zuan1.jpg

タテ64cm×ヨコ43cm
☆102ピース
できればアンティーク(手作りガラス)にしたいな。

ガラスの色は
これから思案を繰り返すことになりそう!!!

探訪兵庫(鹿ヶ壺)

shikagatubo1.jpg

2005.10.20日
兵庫県宍粟郡安富町
秋晴れの鹿ヶ壺へ出かけた。
県指定名勝で天然記念物が多数あり、
自然探索やアウトドアレジャーの拠点エリアとなっている。
数年前に来たときはキャニオリングという遊びを見た。
一枚岩の天然の滑り台をウォータースライダーのように
滑り降りて楽しむ格好の場所がこの鹿ヶ壺。
あの時見た渓谷の景色は
昨年襲った台風23号で変わっていた。
木々が倒され、滝壺周辺は天然木の天幕を失い空が見え
まるでよくできたイミテーションの滝壺のような風情。
山荘のおじさんは「元通りになるには10年はかかるなぁ~」と。

鹿ヶ壺山荘-鹿ヶ壺-千畳平(標高600m)を歩いた。
途中は倒木が散乱して台風の傷跡が生々しく
崖崩れ修復工事で通行止めのため山頂で折り返した。
別ルートで三ヶ谷の滝を見に行った。
滝周辺は修復工事で近寄れず、遠見の滝となる。
migadaninotaki.jpg


前回は空っぽの七種滝
今回は遠見の三ヶ滝
こんどはちゃんと滝を満喫したい☆
紅葉狩りを楽しみながらどこを探訪しようかな(^-^)/

10869歩

気楽に泳ぐ

自分自身で思っていた以上に
泳ぐことが好きになったのは喜びだ。
選手になるわけでなし
強靭で柔軟な肉体改造を
強要されているわけでなし
心地よい安らぎを泳ぎに求めればいい。
続けているうちに
自然により速く・・・という
向上心も湧いてくる。
適度な負荷も必要なことが理解できれば
楽しくレッスンが続けられる(^-^)/

気持ちを楽にして泳いでいたら
婦人クラスのK井先輩に
「泳ぎうまなったなぁ~」と言われた(*^o^*)
気楽にと思っていたので
少し脱力できていたのは自分でわかった。
そんな状態だったから
褒められたことがすごーく嬉しかった!!!

クロールはひと掻きの伸びが大きくなった。
背泳ぎは左手のプッシュができた。
平泳ぎはキャッチをもっと意識。
バタフライはセカンドキックのタイミングを変えてみた。

第3週平泳ぎ強化週間
2005.10.18⑦
Hコーチ 昼 コース5名
【水泳メニュー】
Up     200  50×4   1.20s
K-Br&IM   400  (50+25×2)×4 50-Br1.30s/25-IM45s 
S-Br&IM   400  (50+25×2)×4 50-Br1.30s/25-IM45s
D&S-IM   300  25×12  12.5mグライドK/12.5mS/25mS 45s
S-Fr    200  50×4   1.10s
--------------------------
1500m  Down200

マンモス・ハンター 上中下

eira5.jpeg

eyra6.jpeg

eyra7.jpeg

本は新長田・兵庫・東灘3箇所の図書館から貸し出されてきた。
わたしの通う図書館ではweb検索(H13年より)はできても、
web予約システムの導入は検討中。
パソコンで予約可能になれば利用率も倍以上増加する予測が出ており
図書館管理課は慎重に準備を進めているという。

エイラ地上の旅人 
第3巻 
『マンモス・ハンター』上・中・下巻
『The Mammoth Hunters』(原題)
ジーン・アウル作 白石 朗 訳

エイラの献身的な介護で一命をとりとめたジョンダラー。
互いに深く愛し合うようになる。
ある日、二人はすぐ戻る予定で短い旅に出る。
その途中でエイラにとってジョンダラー以外で
初めて出逢う異人の集団に招かれる。

さてここからがマンモス・ハンターの始まり(*^-^*)
シリーズはこれから3冊構成になってくるので
読み応えたっぷり。

エイラのけた外れの才能は、すべての人を圧倒する。
薬師としての技は氏族で教え込まれ
会った人たちの言葉をごく短期間で覚えていく。
動物と心を通わす能力。瞬時にひらめき発明する能力。
聖なるものとして崇められる遠見の技や精神世界にも通じている。
容姿端麗才色兼備!
このシリーズで、エイラの並外れた能力が発揮され
読んでいて気持ちがいい。
ジョンダラーとのお互いの誤解から生じていく
すれ違いははがゆくもあり切ない。

読んでいるうちにこれはいつの時代の物語なのかと
不思議に思えてくる。
今から3万5千年前の暮らしぶりが豊かで美しく感じる。
薬草を扱い、ハーブティーを楽しみ
味付けに工夫をこらした料理を食べ
見事な工芸品・・・芸術作品を作り上げ
衣類や装身具でお洒落をすることに気を配り
サウナで身を清潔にすることまで・・・
うーん、超ロハス的暮らし方☆

さ、ここまできたら次のシリーズも読むわ(^o^)

フェルメールのステンドグラス2

image4.gif

Photo & Poem『みつけて』 (←クリックしてね)
このテーブルに淡い光の色がついたら
ステキだろうな(*^^*)
フェルメールを追い求めた美の探訪者
TAKさんのBLUE HEAVEN
『フェルメールのステンドグラスを自宅に!』
ロマンチックさに魅せられた先月末。(9/28日記)
鎌倉ステンドグラス(家人の従兄弟の経営するお店)へ相談。
飾る場所をあれこれ思案してたら
サンプルのステンドグラスを送ってきてくれた(感謝)
「試して」ということであちこち動かしてみた。
sglass1.jpg

光の入り方がよく印象的に過ごせる場所の
この三角窓に決めた。
写した時間帯は夕刻で、反対側から西日がさしている。
この窓は東にあって午前中に『みつけて』のような光を届けてくれる。
これからデザインなどいろいろと打ち合わせだわぁ(*^^*)
フェルメールを意識するだけで
それだけで・・・あの不思議な光の世界が広がる気がして
透き通る美を吸い込める。

UFOと米軍の謎

image1s.jpeg

日記にだけアクセス解析をつけている。
(右端っこでウインクしているハムスターがそれ)
国(組織)別の解析で
米国営利組織やネットワーク組織などは
気にしなくて大丈夫らしい。

でもでも、
本日ついに噂の

米軍

が、覗きにきた!!!
米軍って? あのアメリカ軍隊のこと?

UFO関連はチェックされているらしい。
この噂の信憑性が強まったわ。

コスモスを撮影しようとして
偶然写りこんだUFO映像を投稿公開した。
米軍と解析される部門から訪問者があったのは
その後だから
UFOが原因であることは確か。

ねぇ、、この米軍ってなんなのぉ??
(不気味~)

林 泉 弦楽四重奏団

神戸学院大学GreenFestival
林 泉 弦楽四重奏団 コンサート
第1ヴァイオリン/林 泉
第2ヴァイオリン/宮下 和子
ヴィオラ/財津 進
チェロ/林口 眞也
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全曲連続演奏 第4回

プログラム
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
★弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18-5 (約28分)
休憩
インタビュー
★弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 作品132 (約44分)
アンコール 第15番 第4楽章

神戸学院大学GreenFestival 秋の演奏会が開幕した。
秋の天気は目まぐるしく変化する。
冷たい雨の一日。雨の日は客足も鈍ってしまう。
無料のコンサートなので聴衆も行く気を消失させちゃうんだろうな。
この日も最前列席を狙って、開演1時間以上前から受付前で並ぶ。
本を持参するから少しも気にならない。
図書館への返却期間が迫ってきている
「エイラ/マンモスハンター」を読み続ける。
本が重いので立読みが苦しくなってくるけど
のめり込んだらあっと間に時間が過ぎた。
U先生に「先生、こんにちは!」と会場入り口でご挨拶。
先生は恥ずかしそうに目をそらしながら違う方を向いて
「ようこそ、おいでくださいました」
誰かはわかってもらえていないんだろうなぁ(笑)
先生のこのシャイぶりが大好きなのよねぇ(*^-^*)えへへ。
大学から離れた場所に駐車となるため、わたしだけ家人より早く会場入りする。
今回から演奏録音をするため、最前列中央に見慣れない大きなマイクが置かれてあった。
それを避けてチェリストの手元が見える席を選んで座る。

***************
ベートーヴェンの後期の作品は、演奏者に強いるものがあって
それを表現すると
「100メートル全力疾走した直後に、正座して習字を書く」
難しい切り替えを要求されるらしい。
それを嫌って林さんは長い間15番を避けておられた。
ある日、教え子がこの曲が大好きで・・・これを演奏するのが夢なのだと
語るのを聞いて自分もじっくり聴いたみた。
毎夜聴き続けるうちに
「まぎれもない名曲だ!」と気付かれ、
思い入れのある大好きな曲になったとのこと。
思い入れのある作品を渾身の力で演奏してくれる
これは聴くほうにとって幸せなことだ!

15番は約44分という演奏時間、交響曲並みの重厚さで
楽章がひとつ増えて5楽章というスケール。
終楽章はそもそも「第9交響曲」の終楽章に使うつもりであったという楽想で、
ファンの多い四重奏曲だ。
我が家にもスメタナ四重奏団のCDがあって
コンサートを聴いたあと当分は鳴り響く。
今も感想書きながら聴いている♪♪♪♪♪♪♪

繋がりを感じる人々

cover.jpeg

クプカのあけみ様 おさむ様

お久しぶりです(^-^)/
と、言っても
いつもクプカのサイトは拝見させていただいていますから
わたしの方はずっと一緒に過ごしてきている感じなのですヨ(*^^*)

おさむさんのカレンダーは2年続けて一緒に暮らして
2006年分もほしいなぁ~と思っていましたので
販売されると知って嬉しかったです。

カレンダーは昨日届きました。
やはり東京近郊の方たちがちょっと早く入手できたみたいですね。
振込み用紙に「4」という数字が入っていたので
4番目に注文したんだと思っていたけど

>直美さんが、申し込みの第一号だったようです♪
うふふ(*^^*) やったぁ!!!

カレンダー『樹景』(←クリックしてね☆)
一枚一枚拝見しました。
本物の絵を想像しながら・・・
小さなスケッチブックを開いている感じで。
おさむさんの画集ですね。
その月の絵について・・・
来年毎月画家のおさむさんから
コメントやエピソードを聞けたら
(テラスにでも書いていただいたら)
カレンダーに添付して記念の画集に変身させちゃいます!
カレンダーの役目を終えても残る宝物にしますわ!

義父へのお心遣いにも感謝します。
「小さな町の物語」
ネットで本をまるまる一冊公開しようとしていますが
まだ完成できていません(^^;
根気がいる作業なので・・・ゆっくりペースです。

離れていても
声が聞けなくても
一緒だと感じることのできる人はいますよね。

クプカはそんな人が多くて
だからいつまでも存続させていてくださいね。

では、また☆

直美
(2005.10.7送付メールより)

********************************************
追記

村田収さんのブログ
絵に関する想いなど綴られています。
『水彩画の光・・・村田收作品集・・・』
掲示板テラスとまた違って、柔らかい口調で魅力的です(*^-^*)

関西人の条件

takoyaki1.jpg

takoyaki2.jpg

以前テレビ番組で調査していた。
「家にあります!」と関西人は
驚くほどの確率で答えた
『たこ焼き機』
月に一度は必ず使ってる。
たこ焼きといっても、うちは「蛸」は入れないの(^o^; オホホ
こんにゃく/青ねぎ/ちくわ/紅生姜/天かす/小麦粉(他)
他は微妙な味付けね。
我が家のばあい紅生姜をたっぷり混ぜ込んでいる。
冷めても美味。
キャベツを入れてみたり(プチお好み焼きだ)
いろいろ試行錯誤しながら
関西人を楽しんでいる!

2005.10.14⑥
Mヘッドコーチ 昼 コース9名
【水泳メニュー】
W-Up    200  25×8   45s
K-Fr    100  100×1   
S-Fr    200  25×8   40s/30s   
S-Bt    100  25×4   50s 頭を沈めすぎないように
S-Ba    200  25×8   50s キックをしっかり蹴る
S-Br    200  25×8   50s 素早くリカバリー、重心前
S-IM    100  25×4   ダッシュ
--------------------------
1100m  Down200

ヘッドコーチ46歳
ベテランでトークも上手だ。
そうだよねぇ・・・Iコーチは新人22歳でこれからの人だよね。
わたしが自分のダメさ加減に辟易していたから
この前はコーチがダメダメに感じたんだなぁ。
ベテランコーチの教え方を観察していて
「おばさん」に対するテクニックは
時とともに取得する技なんだと思った。
笑わすことで緊張や力みを取り除いてくれている。
そーだ、若いコーチには
笑いの余裕が足りないのだわ(^o^)

水彩画

朝から快晴で
空が思いっきり高く
風も心地よく
一気に夏物お片づけ日和(^o^)

秋といえば
太らないようにしよう
そう、なんでも当てはまっちゃうわねぇ~
やりたいことが。

enogu.jpg

今年は水彩画も描いてみたいな(*^-^*)
クプカの収さんの来年のカレンダーを眺めながら・・・
ずっと昔・・・お優しかった(故)謝先生を偲びながら・・・
先生に勧められた絵の具・・・もう固まってしまったけれど捨てられない。

新しいチューブ絵の具と筆とパレット
そして真っ白なスケッチブックを購入した。

何が描けるのだろうか?

コーチの資質

2005.10.12⑤
Iコーチ 夜 コース1名
【水泳メニュー】
W-Up    250  25×10   45s
K-Ba    200  25×8   45s (両手下/片手上)
D-Ba    200  25×8   50s (両手回/片手回)
S-Ba    200  50×4   1.20s
S-Bt    100  25×4   1.10s (下位クラス同時練習)
Down    50
--------------------------
1000m  Fr500

背泳ぎ強化日。
独りで泳ぎやすかったけど練習量が少なかった。
全然燃えないよ・・・50分で1000m(TT)
レッスン後Downも含めて10分ちょっとで500m泳いだ。
コーチはひとりで5レーンを受け持っているため
待機時間が長くなる。(ありえない)
Iコーチのレッスンは
ひとつのメニューを終えた後、長く待たされる。(これは問題だ!)
(以下伏字)
コーチの資質を問いたくなる。

コ「背泳は苦手ですか?」
直「キックの方が得意です。腕は肩が回りきれていないみたいです」
コ「ちょっと、肩をこうしてみて(ストレッチの形)」
直:言われたとおり実行
コ「硬い。肩関節が硬いとクロールも背泳ぎも難しいからね」
直「・・・・・」

このあとなんのアドバイスもなく
やる気を喪失させられただけだった。
そんなコーチならいらない!
Sコーチなら決してそんな言い方はしなかった。
ストレッチの方法や、明日に繋がる言葉かけをしてくれた。
Iコーチと話すのはもう嫌だなぁ。
なんの指導も、次へ繋がるヒントも与えてくれない。
与えてくれないだけならまだしも
やる気をなくさせるってどういうことヨ?!(怒)

夜にレッスンへ通うのは今までは
婦人クラスより成人クラスの方が内容が濃かったからだ。
こんなダラダラと泳がされたら
ますます下手になっていく。
実際Sコーチのやめられたあと5月以降から
ぜんぜん進歩の兆しもない。
後退している。タイムも落ちている。

良い指導者と巡り合うのも「運」だとしたら
水泳に関して幸運は去ってしまったのかも。

今後、Iコーチの言葉で頭にきたら
自分の中で語彙を変換させてしまおう。
Sコーチの言葉を想像しながら
こう言ったであろう言葉を考えながら
Sコーチの教えてくれた練習メニューを
アレンジしつつ自主トレに力をいれてみよう。

それにしてもIコーチは進化するのかな?
どうりで独り・・・誰も居ないはず・・・
いつものメンバーは
あきらかにコーチのレッスンを避けている。

Iコーチよ、コーチの自覚を持ってください!!!(お願い)

理髪師直美

sanpatu.jpg

家人の散髪を始めてかれこれ7年ほどが過ぎる。
虎刈りが夫婦喧嘩の火種になったり(笑)
紆余曲折の中ひと月に一回のペースで
散髪は続いている。毛染め付き(^o^)
(画像初公開、本人は嫌だろうけど記念でーす)
鏡を程よい角度に調性するのに広辞苑を使って・・・
いや、ほんと我が家の理髪師はエライ(自画自賛)

晴れたり曇ったりの猫の目の空。
神戸市市長選挙の期日前投票に出かけようかな。

(昨日の日記にどろの掲示板へ書いたコメントを追記編集しました)

劇団どろ公演 セチュアンの善人

setyuan.jpg
 
劇団どろ創立40周年記念 第88回公演
『セチュアンの善人』
作/ベルトルト・ブレヒト 
演出/合田幸平
会場/神戸アートビレッジセンター(KAVC)

10月10日の楽日を観劇した。
劇団どろの芝居は観劇後いつだって考え込まされる。
観て気晴らしできる娯楽劇ではない。
深く思考することを求めてくる芝居だ。
受付で配られるパンフレットに記載された
嶋田邦雄氏の随想も格調高く
「ご存知のように、ブレヒトがこの戯曲にかかわっていた時期は・・・」
と、説明を受けて(ご存知でなかったわたしは)大いに勉強させていただいた。

観客席をコの字型に設け、役者が客席まで飛び出し
会場の端から端までを舞台にしたことで大きな空間が生まれた。
主人公のシェン・テが「あんた達は・・・」とセチュアンの住人に向かって
叫ぶ嘆きの言葉は客席に向けて発せられる。
観客は舞台の中に取り込まれ、なりゆきを眺めているだけの
無力な住人になっている。
この舞台設営は見事で素晴らしかった。

役者が目の前を・・・すぐ横を動くのはドキドキして嬉しい(*^^*)
知り合いでも芝居をしていると別次元の知らない人になって
輝きのオーラを発しているから生舞台は魅力的なのだ。
どろんこ塾で同期だった八木進さんは水売りのワン役で
神様を敬虔な心で信じる善良で朴訥な青年を好演していた。
リアルの彼自身を髣髴させる役どころだなぁ。
ほんと「いいひと」なのよね。

神様役の大ベテラン3人は絶妙な味をだしていて
彼らの登場シーンが唯一笑える場面だった。
神様は現代のサラリーマンの格好で
「善人探し」という
地上界への長期出張のお仕事で疲れ果てている風体。
神様役のおひとり菊池照一氏はどろんこ塾の講師で
第2・第3講義(←押してね)で教わったセンセ。
いやぁ~とぼけた口調の好々爺でいい感じでした(*^^*)

シェン・テ/シュイ・タ役の清水あきよさん
今回どろはキャストをオーディションというかたちで選出。
神戸を中心に幅広く活躍している彼女の演技は
柔軟な身のこなしがとても印象的だった。
どろの芝居であれだけ大きく柔らかく動くのは珍しい。
あの膨大な台詞も驚きだが、二役という難しい役を魅力的に
演じきった。顔上半分の仮面をつけたことにより
表情が見えなくなり冷酷な雰囲気を巧みにだしている。
天真爛漫な笑顔の愛らしい女と
仮面をつけ仕草口調で男を演じ分け魅了された。

芝居は「ミュージカル」要素もあり感動!
(ミュージカル大好き☆)
電子ピアノとクラリネットの生演奏で音楽を奏で効果音を出している。
(すごい贅沢な舞台☆)
役者が朗々と歌い上げるシーンがあった。
失業飛行士ヤン・スン役の木村太郎さんは歌がうまかった。
長身で見栄えもよくシェン・テが恋してしまう相手として納得。
彼女の行方が知れず、身篭っていることを知ったときの
驚くシーンの微妙な揺れ加減もよかった。

どろんこ塾の塾生も卒業後順調に役者道を歩んでいて
「その後」を観てきているわたしはやっぱり勝手に
「身内意識」を持って半ば緊張感を持ちながら
頑張っている姿に声援をおくって観ていた。

劇場すべてが舞台という設営だから逃げも隠れもできない
前後左右上下(2階からシェン・テは登場した)と繰り広げられた
大きな芝居は連日満員の観客を考え込ませ感動させ
心を振るわせる作品に仕上がっていた。

今年観てきた舞台で・・・プロも含めて
最もわたしの琴線にふれてくる内容の芝居だった。

これからも「セチュアンの善人」を
わたしなりに考察してみたいと思う。


************************
(どろの掲示板へ)

合田さん 劇団どろの皆様
「セチュアンの善人」公演成功をおめでとうございます!
わたしは楽日に拝見しました。
帰りの電車の中でも思い返し、その晩は興奮からなかなか眠れず、
ずっとセチュアンの世界を彷徨っています。

「そもそもこの劇は『寓話劇』で、様々な暗喩が埋め込まれていて、
光線の当て具合によっていろいろな意味を引き出すことができる
仕掛けになっている」と、合田さんの言葉にあります。
その通りで感想を書こうとするたび、あらたな気づきが生まれてきて
書いたり消したりしているうちに、自分自身で混乱しています(笑)
どろの芝居に惹かれる最大の魅力は、いつも観劇後に生じる
この日常の揺れですね。

神の存在を云々する劇中の台詞は今までどろが公演してきた
芝居の中にも多くありましたが、登場人物としての神の存在の
あのパロディ化は興味深かったです。
受けた感動を言葉に置き換えることはホント難しく思います。
わたしは最近とみに、「感動」の振幅が少なくなっていることに
焦りを感じていたのでこの公演から受けた刺激は嬉しいものでした。

合田さんが40年ずっと求め続けた芝居の魅力
作品の中の隠された意味を解き明かす作業は
一朝一夕で決してできるものではありません。
当然一回の公演を観ただけですべてが理解できるはずもないのですが
素人にわかりやすく見せてくれるのが演出家の手腕なのですね。
以前教えてくださった言葉の中に(岸田作品のとき)
http://www.eonet.ne.jp/~naomi-t/nikki01.08.htm#4
「面白い脚本を、頭のいい素人が、熱心にやって、
大勢に、安く見せる芝居です。
職業俳優にはできない芝居をやるんです」
作者が込めた複雑なメッセージの暗号を演出家が解読して
役者が鍛え上げた表現力を使って観客へと伝えるという
面白い芝居を上演し続けるどろの基本理念を貫き通してください。
固まっていく感情がゆるゆると氷解するように
さわやかな混乱状態にある、観劇後の今です(^^)

すばらしい感動をありがとうございました。
そして大作に挑まれた劇団の皆様 お疲れ様でした。

10月の水泳④

2005.10.9④
Hコーチ 成人 コース6名
【水泳メニュー】
W-Up    200  25×8   45s
K-IM/Ba   400  50×8   1.30s  
S      500  (25+50+75+100)×2 40s基準 
          50.100Ba 25.75自由
P-スカーリング150  25×6   50s
S-Fr    100  25×4   50s
--------------------------
1350m  Down300

第2週は背泳強化週間。

板を足に挟んでスカーリング。
Hコーチは最近このメニューを加えてくる。
これで何をつかんだらいいのかなぁ?
何を理解すればいいのか・・・わからない(TT)

***********************************
★今日はダイエー5%OFFの日と一の市。
混雑に巻き込まれないよう開店すぐに車で出かける。
徒歩5分ほどの場所だけど荷物が多くなるから。

★図書館で予約してしていた本
エイラシリーズ第3部
「マンモスハンター」上中下を借りる。
ハリーポッター並みの分厚さで全シリーズ16冊に及ぶ
1冊2400円もするし、置き場所にも困るから
図書館を利用するに限る(^o^)v

Jazz Concert

lcjazz1.jpg

lcjazz2.jpg

『エルシーふれあいJazz Concert』
午後3時。
晴れていたら桜の小路を通り抜けて広がる中庭星の広場で
ジャズコンサートが開催されたが
あいにくの雨。。。
場所をコミュニティホールへ移して室内演奏になった。
マンション住人には外国人が結構多く暮らしている。
尺八を奏でているのは英国人!
ジャズにはどんな楽器も似合ってしまう。
桃栗3年竹15年(笑)
TAKE5(テイクファイブ)というグループで尺八を始めて15年という。(尺八は竹TAKEで吹く穴が5つ空いている)
こんなステキな人たちと同じマンションで
暮らしていることはとても嬉しい!
枯葉・シャレード・TAKE5・イエスタデー・ラブレター等
知っている曲ばかりの楽しい演奏会だった。


****今日のフリー水泳****
30分で1200m泳ぐ。
ゆったり大きくのびのびと泳げた気がする(^o^)
気持ちよかったぁ~!

懸賞当選品

tropikana.jpg

朝早く、大きくて軽い荷物を
宅配のお兄さんがニコニコ顔で持ってきた。
ニコニコ顔の理由は
送り状にデカデカとプレゼントと書かれてあるからね。
すっかり忘れていました(^^;
トロピカーナ? なんだったけ?
オレンジシュースに付いているポイント券を送ったんだっけ!
ハガキ一枚ぶんだけ。

オレンジ色の牛革キャリーバック☆
ああぁ~わたしに旅行しろというお告げかしら(^o^)

七種滝

nagusa1.jpg

七種山(なぐさやま)は播磨風土記に「奈具佐山」と、登場する山。
兵庫県観光100選のひとつに選ばれている七種滝(別名観音滝)は
48変化といわれる風情を見せ、虹にも勝る美しさといわれている。
四季それぞれに美しいといわれる姿を求めて訪ねてみた。

前日久しぶりに雨が降ったので滝の水量を期待して出かけた。
七種滝は落差72mのスケール。

秋桜が青空に揺れて「ふはぁ~秋よねぇ~」
と、中央に奇妙な物体が映っている! 
スカイフィッシュ? 謎の未確認飛行生物UFC? 
なんかわかんないけど初めてよぉ(*^o^*)ちょっと嬉しい!
uma051006.jpg


山門を通り、七種川を渡ると雌滝・夫婦滝・弁慶ののこぎり岩に出逢う。
古い鳥居を過ぎると本格的な山道が始まる。
太鼓橋の上が虹滝で、さらに急な坂。
石段を登っていくと七種神社に到着。
境内に滝見ポイントがあり眺望を楽しめる。
nagusa3.jpg

七種滝(雄滝)
「水量がたっぷりなら、豪快な眺めなんだろうなぁ~」
(ガイドブックの写真と比べてため息)
昨日の雨は山肌にすべてを吸い取られ、滝はほんの幾筋程度。。。
流れ落ちる滝なら決して滝壺まで降りれないだろうけど
この日は真下に行って・・・幻の滝を想像して楽しんだ。
nagusa2.jpg


トレッキング:10404歩
秋晴れの清々しい1日になった。

10月の水泳②③

2005.10.4②
Hコーチ 昼 コース5名
【水泳メニュー】
W-Up    200  50×4   1.20s
P-IM    700  {100+(25×4)}×3+100 2.40s/50s 
          Fr100/Bt,Ba,Br25
K&S-Fr   400   (K50+S50)×4   1.20s
S-Fr    200  25×8   45s
--------------------------
1500m

2005.10.5③
Iコーチ 昼 コース9名
【水泳メニュー】
W-Up    200  25×8   45s
K-Fr    200  25×8   50s
D-Fr    200  25×8   50s (前で揃える、揃える寸前)
D-Fr    200  25×8   50s (肘から抜く、腕をまっすぐ)
S-Fr    200  50×4   50s
S-IM    200  25×8   50s
Down    50
--------------------------
1250m  Down600


泳ぎのバランスが悪い理由のひとつに
プルの弱さがある。
キック力に比べてプルが弱い。
呼吸が下手なためリズムを崩しやすい。
背泳ぎは比較的バランスよく泳げているように感じる。
クロールは肘から引き上げるリカバリー方法か
まっすぐ大きく腕を回す方が合っているのか
研究課題のひとつ。

新しく完成したジャグジー風呂で
身体をマッサージした(*^o^*)
競泳水着で勢いのある水圧を楽しんでいたら
水着がよれてくるかも・・・どうなんでしょう?

アールグレイケーキ

earlgrey.jpg

今日は家人の誕生日(^-^)/
おめでとう☆

オトナなので・・・甘さをおさえた
手作りアールグレイケーキでお祝い!
香り豊かな味わいで
ジャムを添えても美味しい~
彼の好物ばかりのディナーで
ささやかだけど豪華にいただく(^o^)
どこのシェフより我が家が一番!!!

来月はわたしの誕生日だわ!
どこに連れて行ってもらおうかなぁ?
(オイッ! 我が家が一番じゃないのかい?)

KOBE観光の日

poster.jpeg

10月3日は「KOBE観光の日」←公式HP
神戸の施設が一部無料開放日になっているので
異人館界隈に出かけてみた。
神戸北野美術館、風見鶏の館など散策して
観光客に混じり地元の良さを再認識してみる。
異人館周辺は急な坂道ばかりだから
ミュールやハイヒールでの観光はちょっときついですよ。
kobe051003-1.jpg

さりげなくステンドグラスが飾られてやはり憧れの街☆神戸
kobe051003-2.jpg

神戸北野美術館はイラストレーターで絵本作家、
永田萌の原画中心に常設展示されているので刺激を受けた。
彼女のイラストで物語が絵本になるのは憧れ!

この日は20079歩も歩いた(^o^)
東急ハンズでラジオも聞ける万歩計を購入。

10月の水泳①

はぁ~~もう10月!
虫の音を聴きながら
新月の夜気にあたっている。

身体のリズムが少々狂い
あるべき月のものが先月吹っ飛んで
行動予定がたてづらく
イライラする気分を
冷気で鎮める。

新しく着任された水泳のTコーチは
ぽってり体型なのに驚くほど柔軟な身体をした人だ。
誰かに似ている・・・と、懐かしさを感じさせる容貌。
誰に似てるのかなぁ~お笑い芸人かな? はて?

教え方は教室の大先輩諸氏も
「いい感じだね、期待できるヨ」とご満悦だった。
必ず手本の泳ぎを見せて説明するし
言葉もわかりやすくて頷けた。
バタフライのキックのとき
第一と第二キックの強弱あるドリル練習。
「腿からキック」という陳腐なアドバイスじゃなくて
膝の使い方を教えてくれた(^o^)

2005.10.2①
Tコーチ 昼 コース4名
【水泳メニュー】
W-Up    150  25×6   45s
K-IM    400 (K50+K25×2)×4 1.30s/45s
S(Ba.Br.Fr)150  50×3   1.30s
       50
K-Bt    100  25×4   60s
S-Bt    100  25×4   60s
S-IM    300  25×12   60s
--------------------------
1250m  Down300

sanpo0510.jpeg

陸:7キロ13328歩ウォーキング
水:1550mスイミング

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。