プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空の見えるテラス

terrace0406-1.jpg

青空がほんとうに
青かった日

お気に入りの椅子で
思っていた


心や躰の隅々まで
搾ってみたい

言葉を求めて

焦りではないけれど

可能性の
ちいさな欠片でもいいから
まだあるのだと
信じていたいと...





今日は一日中冷たい雨が降った日。
花散しの雨は桜の舞台の幕を下ろす役目か。
地面に落ちた花びらが
風に寄せられピンクの塊をつくり濡れてあはれ。
青空が恋しい。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「家の中でお気に入りの場所は?」です。 自分の家は落ち着くものですが、その中でもここが落ち着く…ここが一番安らぐ…そんな場所ありますか?吉久は自分の家の「寝床」です。布団に入ると、一番落ち着いて、なんだか幸せを感じます・・・・小さいこと�...
トラックバックテーマ 第941回「家の中でお気に入りの場所は?」

スポンサーサイト

もういいかい?

もういいかい?

まぁ~だだよ。

もういいかい?

まぁ~だだよ。

もういいかい?


もういいかい?


あっちでこっちで
うろうろゆらゆら

もうすぐ
もうすぐ

もういいよぉ~♪

時の差配

sunadokei_20100222134430.jpg

人生で必要なことは
その時々に与えられている
運命だと感じたりしながら
その成り行きに納得している

いまここにいるもの
いまこうしているのも
時の差配による不思議

親密だった人との繋がりが
ふと自然消滅するように疎遠になる
ふと突然に新たな人との出逢いがあり
別の大きな視界が広がる

振り返ればいつもそうして
時の流れを生きてきた気がする






今日は平成22年2月22日

晴れの月曜、気温も上がってきて暖かくなる。
静か~。

昨日まで消防点検があって、火災報知機が鳴り響いていた。
自宅に置いてあった古い消火器が気になっていて点検の際、
「爆発事故のこともあるので処分したい」と相談したら
マンション管理室に申し出てくださいと。
ここの管理人さんは親切で、我が家の消火器を引き取ってくれた!
「まだ、使えそうですからね」と。
そういえば、古い扇風機、掃除機も引き受けてくれたことがあり
なんだかとてもお世話になっている(^^)v有り難い誠実な人。

見えずとも名月









雲が隠し
雨に降られても
目に見えなくても
天空高くに
月は輝いている
それに気づいた
中秋の月夜

夢物語

Ⅰ:少年とひまわり

『時のポイント』を
見つける任務をわたしは担っています
依頼者の過去に遡り分岐点まで同行し、
成し遂げることのできなかった道を開く役目です

時を遡るのでずっと場面が流れています
馬で駆けていたり、ひたすら走っていました
「早く、早く!」と常に言っています


少年と荒野を駆けています
「このあたりだよ」と少年が叫んだ途端
みるみる緑が一面に広がり、ニョキニョキ育ち
背丈を越す鬱蒼とした・・・ひまわり畑が現れたのです
遠くから少年を呼ぶ女性の声が聞こえています
「あ、お母さんだ!」と、
少年は声のする方へ駆け去って行きました



Ⅱ:塔の娘

わたしの役目はすぐ変わり

塔の上からロングドレスの裾を縛った娘が
飛び降りようとしています
「ここから抜け出したいの」
娘は必死でした
わたしは白い馬で塔の真下に待機して叫びました
「そのままゆっくり壁を蹴るように飛び出しなさい」
風を孕んだ彼女のスカートはバルーンのようになり急降下を抑え
わたしは腕の中で娘をしっかりと受け止めました



Ⅲ:巫女

次の夢ではわたしは巫女でした

目と口が不自由で
耳だけは誰よりもよく聞き分ける能力があります
必要な情報は信頼できる神官の見た世界を感応して知り
話せないので頷くか頭を横に振るかの動作で過ごしています
人の声の微妙なトーンまでわかるので
真実を話しているか聞き分けることができました
そうやって神託を受けていました





昨夜の夢を鮮明に覚えていた
印象的なオムニバス映像で記憶された夢
わたしは何処に行っていたのだろうか?
物語を書きたがっているのか
鮮やかな映像美で刺激的な夢だった

ある過去世の記憶のような・・・夢の話

目覚めると真っ白な雪景色
半日で消えてしまう雪世界

心は洗われたように清々しく
俗物的なものは清められ
浮かれた欲望の熱を冷まし
落着きを取り戻していく

雪による浄化が
おこなわれたのかもしれない
預言の日を過ぎ越す


続きを読む »

200811yuyake.jpg
誰が描いたのか

誰が設計したのか

この美しさ20081113moon.jpgこの完璧さ


願わずにはいられない

祈らずにはいられない

我々はあなたの世界に
ただ在るのです

秋色

aPa180544.jpg
テーブルクロスを変えただけで
秋らしくなった

今年の秋はのんびりしている
遅れたことにはっと気づいて
照れて赤く染まるのも
もうすぐでしょう
綺麗な秋色に染めてください

浮かんでいよう

浮かんでいよう

すぐには沈まない
身体も
心も
少しの波くらい
へっちゃら...

人は
しなやかに
生きる術を
誰から
学ぶのか

せっぱ詰まって
息抜きもできずに
人生の海で
溺れゆく子たち

ゆっくりと泳げばいい
疲れたら
全身の力を抜いて
浮かんでいるだけでいい

空をみて!
星をみて!

命の
鼓動を
思い出そう
ぽっかり浮かんでいた
母の胎内

みんなそうやって
浮かんでいた
同じ重みの
命を持って
生まれてきたことを
忘れないで

疲れたら
ぷかっと浮かんで
過ごしていよう

あせらなくても
人生の海は
かならず
渡りきれるから

泳ぐのに疲れたら
ぽっかり...浮かんで
ひとやすみしよう


2004年6月4日(金)
直美の日記上の詩より

続きを読む »

初雪

                 yuki01.gif


                     yuki01.gif
             
       yuki01.gif



                      yuki01.gif


冬の神に
羽衣をさずけられた雨雫
雪となって
音もなく舞い降りた

初雪の日

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。