プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濾胞性甲状腺腺腫

甲状腺良性腫瘍
濾胞性(ろほうせい)甲状腺腺腫

わたしの病名。
甲状腺専門病院のココの病院に通っている。
どんな病気か・・・は、
上記病院サイトに書かれているのと同じことを言われているけど
検査のたびに甲状腺全摘術を勧められる。

血液検査と超音波検査(細胞診は初回時だけ)
検査日:2010年4月15日
FT4         0.97
FT3         2.86
TSH        3.892
サイログロブリン 2974.0

超音波診断 
甲状腺結節 多発
Border 長径:82mm 短径:42mm 奥行:55mm 形状:整 性状:平滑 明瞭性:ヤヤ不明
AG   長径:15mm 短径: 9mm 奥行:11mm 形状:整 性状:平滑 明瞭性:明

頚部リンパ節 腫大:なし
コメント:尾側鎖骨窩へ迷入。TRシフト大。一部Cystic。
(タテは短冊使用。参考値です。)

PCからプリントアウトしてデータを渡してくれるので有り難い。
問診時に質問してみた。

Q放置していて悪性に変わることはありませんか?
Aありません。

Q数値の変化がないので、このまま当分経過観察でいいですか?
A高齢になればリスクも大きくなりますよ。

Q将来、医学の飛躍的発展で手術しないという、新たな治療方法ができませんか?
Aそれは、ないです(きっぱり)。


うーん、「ない」ってきっぱり断定はできないでしょう~(笑)
近い将来、凄い科学力を持つ宇宙人が
正式なファーストコンタクトしてきたら有り得るよ~と、
心の奥の奥でそっとつぶやいてみた。(^^;


手術によるデメリットは大きい・・・(思っていた以上にね)
今回の超音波はきつめに押さえたと説明された。
(押さえた分だけ腫瘍の厚みが薄くなって平たく伸びた感じ)
なんで毎回同じ感じで測定しないんだろう?(謎)
結局、数値は前回とほとんど変わりない・・・ということ。
無理をしなければ充分楽しく過ごせた1年だったから、
とうぶん経過観察で頑張ろうかなぁ・・・。

この病気のことではずいぶんナーバスになる。
初めて全摘手術と診断された2007年2月
日記をまったく書けなかった。
それを思うと今はかなり冷静に対処できそうな気がする。
いや、違うかな、ひょっとしたら現実逃避なんだろうか?

ああぁあ、とにかく!
免疫力を高めるために
ストレスをためないことと
自分らしくあり続けることで頑張っていこう!!!
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。