プロフィール

直美

  • Author:直美

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大原三千院(2)

京都大原三千院(1)

8:15神戸駅南側に集合しホリデー観光のバス2台で出発!
777のナンバープレートでラッキー♪
自分が乗るバスの番号として覚えやすいもの。
aPc010018.jpg
現地でここがまだ西宮だと知って笑った~。
西宮にあるオパールミュージアム見学90分
aPc010005.jpg
可愛い海亀が蓋になる卵の宝石箱を記念に♪
aPc010118.jpgaPc010112.jpg
海亀の甲羅も開いたよー!金のチビ亀を入れるaPc030007.jpg


80分程バスに乗りお昼~鮎家の郷で60分
鮎の炊き込みご飯&
ワカサギのから揚げ食べ放題aPc010011.jpg

40分バスに揺られて~京都大原三千院80分
三千院公式サイトhttp://www.sanzenin.or.jp/top.html
紅葉も見おさめ時期なので
人も少なくゆったり静かな時間を過ごせた。
どこも絵になる風情でさすが京都。
落ち葉の筏aPc010032.jpg

オパールのように輝く不思議な青いオーブが紅葉の木立の中に@@
aPc010036.jpg
拡大→aPc0100362.jpg

赤い毛氈に座り苔の大海原と紅葉を眺めるひととき♪
aPc010038.jpg
わらべ地蔵が愛らしい笑顔で大地に寝そべっていた
わらべ地蔵aPc010054.jpg
気品高く弁天様が見つめるaPc010057.jpg

aPc010072.jpgaPc010079.jpg
紅葉に染まったような池の鯉
aPc010046.jpg

往生極楽院国宝の阿弥陀三尊
「大和座り」という前屈に跪く・・・
今にも素早く動きそうな姿勢は
困った人を救済しようという慈悲に満ちているよう。
↓(この角度では一般人は写せません。展示室ポスターを撮影)
aPc010081.jpg
40分程バス移動~
平安神宮へaPc010089.jpg
最後は京漬物「大安」に寄って終了~。
aPc010025.jpg

丸い月に照らされながら帰路につき
綾小路きみまろのDVDで笑いながら60分。
6時過ぎに神戸駅前着。
渋滞もなく小春日和の晩秋の風情を堪能♪

楽しい日帰りバス旅行京都編でした。
スポンサーサイト

京都大原三千院(1)

12月初日
神戸阪急で当選した日帰りバスツアーご招待の
晩秋・京都大原三千院を楽しんできました♪
当選報告記事は→こちら

晴れ女を証明するような旅行日和☆
一人参加の一回り以上年下の女性と
座席が隣り合い旅の間、ずーっと仲良くでき
楽しさも倍増だったよ(^^)v
トモちゃん、ありがとうー♪
(メールに添付して写真送ったからねー!)


写真などはまた追記します~
紅葉の時期は少し過ぎていましたが
混雑することなく秋の名残りを楽しめました。

京都大原三千院往生極楽院
三千院往生極楽院01


風情ある庭園【聚碧園】聚碧園



京都大原三千院(2)へ

ラフティングツアー小歩危コース(2)笑顔

掲載が遅くなったけど
先月のラフティングの模様をどうぞー。
aP1270438.jpg

いきなりの飛び込みで勇気を試そう(笑)aP1270447.jpg

リバーガイドのタッちゃんが、
「カメラポイントでは余裕の笑顔で写ってくださいね!」
と、言ったのでわたしは心の中で誓った。
「OK!!!笑顔とピースで写るよ~」
足をしっかり固定して腹筋に力を入れるのがコツだよ♪

いざ!激流へaP1270458.jpg
aP1270459.jpg

ふぎゃぁまだピースしてますaP1270460.jpg
むぎゅっまだまだピースしてますaP1270461.jpg
笑ってるのはガイドとなおちゃんaP1270462.jpg
やったぁ! 楽しかったね♪aP1270463.jpg



さて次なる撮影ポイントでは

サファリでも初めてのポーズを決めた我らがチーム。
みんなでアイデアを出し合った。
水面に向けてブリッジするように低い体勢を保ち
パドルを垂直に掲げて堂々と進行する。

美しい~と評価を戴いたが・・・

aP1270490.jpgaP1270494.jpg



なんと致命的な欠点がひとつあった!






鼻の穴しか写ってなかった(大笑)aP1270491.jpg

aP1270500.jpg

こんな優しい笑顔でずっと日々を過ごしていたいね(^-^)v
egao.jpg

ラフティングツアー小歩危コース(1)へ

ラフティングツアー小歩危コース(1)

aP6210003.jpg
四国・吉野川小歩危コースでラフティングしてきましたぁ♪
(前回の写真満載ブログはこちら→大歩危コース
(タリー川ラフティングはこちら→オーストラリア旅行
上記写真↑リバーガイドは右端のタッちゃん。
同船者はラフティングを経験しているツワモノ揃いだけど
年配者も多かったので船は転覆などさせず
安全第一の真面目~なガイドぶり! ありがとうございました(^^)v
去年、崖からの飛び込みを恐怖でできなかった人が
今年は低いところからだけど勇気を出して飛び込みして目標達成!
他人事ながら・・・カンドー!!!☆良かったね、おめでとー♪

今日の写真のディスクが届いたらまたUPしますね。
撮影ポイントの激流の中でカメラ目線でちゃんとVサインをし笑っている
わたしの勇士をご期待ください!!!(笑)
詳細はそのときに~。

あ、そうそう今回はサファリさんで楽しませていただきました。
公式HP
ありがとうございました!
次回は1人で激流に挑戦し全身で体感する水遊び 究極のラフティング
ハイドロスピードしたいなぁ!!!


ご一緒した皆さん
お疲れさまでしたぁ~ありがとねー♪

爆笑写真満載のラフティングツアー小歩危コース(2)へ

うぃきゃんスイムの会

「うぃきゃんスイムの会」
プール仲間の有志で発足!aP3170061.jpg
(関西弁で「うちら泳げんねんでー」の会・笑)
親睦を深め&卒業祝いを兼ね
京丹後・夕日ヶ浦温泉へ
夢ツアーズ主催のカニ三昧ツアーに出かけた♪

朝7:45に集合・夜19:40に帰着
片道3時間まる12時間のバスの旅
後部座席はテーブルのついたゆとりのサロンシートで
道中パーティ気分で盛り上がっていた。
aP3170064.jpg

社寺建築・瓦葺大屋根が貫禄の「千松」旅館へ
卒業&就職祝いの添乗員M井さんを真中にピース(^^)v
・・・て、皆ピースしてねぇーaP3170029.jpg

温泉で汗を流しさっぱりと宴会場へ!
夢ツアーズから大きな鯛のプレゼントあり~謝謝
生きてる!跳ねてる!aP3170041.jpg

鯛の塩焼きとアラ炊きで美味しく戴く
aP3170037.jpg
カニの天ぷら・焼きガニ・カニしゃぶ・カニ雑炊・・・
おつくりの船盛り・茶碗むし・名産サツマイモの天ぷら・
漬物・デザートのコース
お腹い~っぱい食べまくり幸福な時間を過ごす
aP3170050.jpgテレビでよく見る食べ方をしてみる
カニとかの甲殻類って一番初めに食べようとした古代の人
勇気あるよねぇ~・・・
グロテスクな形状の硬い殻の内に甘い身が詰まっているなんてね。
宴会は御姐さん方の少しHな余興つき(笑)aP3170059.jpg

旅館をあとにしてaP3170068.jpg

海産物店・スイートポテト店・はりま焼店・海鮮せんべい店と
皆手にいっぱいお土産を抱えて帰路についた。

素敵な仲間と美味しい御馳走を満喫!
ね、今度はいつ、どこへ行こうか?(^o^)

先人の見つけし勇気に敬服す 甲殻類の肉の美味しさ

高野山

世界遺産・高野山
奥の院めぐりと金剛峰寺参拝

日帰りバスツアーに参加した。
お彼岸供養の彼岸会の時。
9月は亡くなった身内も多く
故人を偲びながら奥の院を歩こうと思った。

わたしは27年前に訪れている。
家人は生まれて初めての高野山だ。
aP9240189.jpg

そういえば、2007年1月にこれもまたバスツアーで
四国の1番から6番の札所参りをした。
おお、思いっきり飛んでお礼参りの高野山!(^^;

「あなたの街から出発します」というコピー通り
歩いてすぐの駅前から送迎してくれるので楽ちん♪
精進料理を賞味する昼食つきでナント3980円!

往復7時間はバスに揺られているが
天候に恵まれたまぶしい光の中の
通り過ぎる車窓景色は見ごたえがあった。
稲刈り時期の田んぼの畦道に
真っ赤な曼珠沙華aP9240160.jpg
彼岸花には妖しげな魅力がある。

格安ツアーの精進料理を写そうと思っていたのに
すっかり忘れていた(^^;
ごま豆腐と高野豆腐のしっかり入った精進弁当(^o^)
ダイエットには最適♪
ツアー参加のおばさまは添乗員さんに
「量的にもう少しボリュームが欲しい!」と
感想を述べながら帰路たこ焼きや饅頭を買って食べていた(笑)
精進料理は美しくダイエットするにはいいのにね♪

昼食を済ませ、いよいよ奥の院へ!aP9240171.jpg

あれほどの数のお墓めぐりをするとは思わなかった。
一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、
20万基を超えるといわれる諸大名の墓石や、
祈念碑、慰霊碑の数々が杉木立の中に立ち並んでいる。
ガイドさんと1時間半ほどかけて歴史的有名人や戦国大名、
民間企業の慰霊碑や犬など動物供養碑や
長い年月を経て無縁仏になったピラミッド型の無縁塚etc・・・
生きとし生けるものあらゆる宗派を超えて
弘法大師さまのお側に集まった感のある霊園を歩いた。

想像していた静謐なイメージとは違った。
雰囲気が賑やかなのだ。
騒音がするとかそういう賑やかさでなく
団体行動だからという騒がしさでもなく・・・
何だろう?
奥には弘法大師入定の地である
御影堂を中心とした聖域がある。
さすがに御廟橋の結界を超えると
ひんやりとした静けさがあった。
弘法大師は835年3月21日、62歳の時
生身のまま五穀を絶って即神仏となり
高野山で永遠に生き続けているという。

この時期にここへ導かれたのも
なにかしら意味があるのだろうなぁ~と
思いながら厳粛な気分になる。
9月に逝ったお義母さん、お義姉さん、お父さん・・・
故人になった方々の冥福を祈り、そして
今を生きる愛する人々の幸福を祈願した。


時間がなく中まで入れなかったので外から眺めた
金剛峰寺で不思議な
オーブを撮影した!高野山オーブ2
拡大写真→高野山オーブ

他の写真でもこんな白いものはない(@@)
謎ですよ!
こういうのに詳しい友人に送って調査中。

空海についてもネットで調べていたら
いろいろ不思議な人でその超人ぶりに興味津々となった。

なかなか興味深い高野山バスツアーだった(^^)/

≪摩訶不思議世界の追記≫
帰路のバスの中で強い睡魔に襲われ
帰ってくるなり寝床で爆睡し夢を見た。
元横綱・若ノ花に似たお坊様が夢に顕れた。
懐に白と金の光りもの(布にくるまっているような何か)を抱えて現れ、
おごそかに「まもなくお生まれになるぞ」と。
(謎だわ@@)
その御坊とは空海・弘法大師であり、
お生まれになるものとは弥勒菩薩であろうと直感したと友人。
(不思議ワールドだ)
シンクロなどサインを見落とさないように暮らさねば♪

≪再追記≫黒梵字オーブ
不思議サイトでもこのオーブ写真が掲載され
見落としていた丸い黒梵字オーブも見つかった。
仏具の文様かと思ったが違う。
格子のところにある黒っぽい丸aP9240204.jpg

託されたメッセージを解読するには仲間が必要
これからもよろしくお願いします!

ラフティングツアー大歩危コース(2)

rafting200811.jpg
コスパ西神中央店と御影店の合同企画
「ラフティングツアー大歩危コース」
定員を超えた36名が集い
大型バスで一路rafting200815.jpg
高知県大歩危吉野川を目指した。


行程
 8:30 コスパ西神中央店出発(先に御影店経由)
 8:55 淡路SA
11:50 大歩危峡レストラン「まんなか」昼食rafting200817.jpg

13:20 ラフティングサービス「ビックスマイル」到着
      着替え、説明、スタート地点にバスで移動
      川辺で安全講習を受け「ラフティング」スタート
      約1.5時間、大歩危コースを楽しむ
      エンド地点よりバスで移動
      着替え、写真スライドショー、解散
17:00 ビックスマイル出発
18:15 吉野川SA「お風呂と夕食」
19:45 吉野川SA出発
21:40 淡路SA
22:20 コスパ西神中央店帰着(この後御影店へ)

明石大橋を渡り淡路島
鳴門大橋から渦潮を眺め四国へrafting200816.jpg

四国の真ん中に位置する大歩危渓谷は、
吉野川が四国山脈を横断し悠久の歳月の間に
岩を水蝕して刻んだ景勝地rafting200818.jpg
吉野川は周りの濃い緑を映しこんだ美しい清流だ。

この渓流でラフティング!
夏も終わりのこの時期水温15℃(コスパの水風呂20℃より低いよ)
ウエットスーツとジャケットを貸してくれるので大丈夫☆
わたしはさらに、長袖ラッシュとグローブ&ブーツを持参したので全然平気!
肉脂肪もたんまりあるしね(^o^;(おほほ)

大自然に抱かれ童心に戻ったオトナが歓声をあげて楽しんだ♪


川辺で安全講習rafting200813.jpg

いざ!ボートへrafting200803.jpg
rafting200804.jpgrafting200819.jpg

順番に飛込みだぁrafting200811.jpg
つねさんジャンプ☆rafting200810.jpg

ボートの淵に立って「キャァ~」rafting200814.jpg
このあと右端から順々に落っこちた!

ああ、お尻が重い(^^; 後ろの人過激に引き上げrafting200805.jpg

チームワークの演技を披露rafting200806.jpg
華麗に脚を上げシンクロrafting200807.jpg

一時間半の川遊びも終点へrafting200812.jpg

思いっきり楽しかったね♪rafting200808.jpg



ラフティングツアー大歩危コース(1)へ

ラフティングツアー大歩危コース(1)

rafting2008082301.jpg
↑ここからスタート
四国の真ん中
高知県吉野川大歩危でラフティングを初体験♪
ビッグスマイルさんのブログ(← 押して)に
今日の写真がすでに公開されていてビックリ!
lax080823op.jpg
ラフトボートに同乗した仲間
ひろちゃん・なおみ・やよいさん・つねさん・たのっち・さとるさん・DQさん

ガイドはフィリピン人のラックスさん
raftingcospa0.jpg


今日は雨降りを覚悟していたのに
ラフティング中一滴も降らず
帰路、高速道路を走行中に雷雨だったけど
バスを降りたらあがっているという強運!
晴れ女のパワーだとつねさんも驚いていた(^o^)v


詳細は明日以降に・・・お楽しみに♪
ラフティングツアー大歩危コース(2)へ

2007年の目標(*^^*)

新年あけましておめでとうございます!

大晦日から元旦は
京都の実家で過ごし
弟の子どもたちとも久しぶりに会い
お年玉をあげてきました(^-^)v
結婚して23年・・・はじめて自宅以外の場所で
お正月を迎えたことに気づいてビックリ!
毎年欠かさずおせち料理を作って過ごしていたけれど
はじめてお正月準備という枷から解放され
ひたすらのんびり過ごせました。
2007.1.1-1.jpg




2日の日は日帰りバスツアーで
四国の1番から6番の札所参りをしました。
近くの駅前からバスで出発して
明石大橋・鳴門大橋を渡り
徳島の6箇寺を巡り
先達さんに遍路の作法など
説明を受けながらの旅でした。
お弁当とお茶、遍路の手引書・土産の讃岐うどんまでついて
驚き価格の3千円バスツアー♪

四国八十八ヶ所めぐりの遍路は
徒歩で40日~50日かかるといわれる道を
昨今は車で10日ほどで巡ることができるそう。
6箇寺ともお正月ということもあり混雑して
人の多さにビックリ☆

龍の絵や印をたくさん見ました。
年末に読んだ本(竜の柩)の影響もあり
ちょっと興奮(^o^)

仏教やキリスト教の説く教えも
比べてみると興味深い。
似ていることが多くあり
宗教が派生していく段階で
時代の政治や文化に応じて
変化していったのだと思えます。

清めの雨の降る中・・・
1200年の長命杉の霊気を浴びたり
2007.1.2-1.jpg

2007.1.2-4.jpg


黄金井の霊水が湧き出たという井戸で顔を映してきました。
水に映れば長生きするとのこと。
鏡のようにくっきり(笑)
2007.1.2-3.jpg






3日からフィットネスジムで運動はじめ!

4日は長田にあるハマデ水着のバーゲンで買い物。
30%offプラス10%の商品券還元でお買い得!
Dscn2267.jpg

水泳好きの母にも花柄水着を贈りました。


2007年は家人の還暦(@@)
2008年は母の古希
そしてわたしたちの
銀婚式と慶事が重なるので
3人で祝うイベントを計画中☆☆☆

2007年はダイビングを月1回ペースで潜って
年内に50本達成させたい!
春夏秋冬いろんな海に潜りたい!

第一目標を掲げておきます(笑)

ブログも1月7日で開設2周年記念を迎えました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!!

『びっくり! 吉野千本桜』 日帰りバスツアー

yoshino-sekaiisan.jpg

晴天
吉野山の桜を観に行くバスツアーに早々と申し込んでいた。
この時期は天候が一番気になる。
とにかく晴れて欲しかった。
わたしの念力を「晴天」に一点集中した(笑)
前日の雨が嘘のような青空の1日となった。
晴れ女の面目躍如であった(^o^)

が、

桜が・・・咲いてない。

ふもとのしだれ桜は満開
yoshino-shidaresakura.jpg


テレビで放映されたという珍しい『うすみどり桜』
yoshino-usumidorisakura.jpg


奥千本:4月中旬
上千本:4月上旬~4月中旬
中千本:4月上旬
下千本:4月上旬までというが
一週間訪れるのが早かったかぁ(残念!)
yoshinoyama.jpg


菜種梅雨で天気が落ち着かない4月。
北海道では大寒波に見舞われ
22年ぶりに春の大雪となったらしい。
そういえば、このあたりも花の開花が遅れている。
先日の綾部山梅林も一週間観梅期間を延長していたなぁ。

各地から来る観光バスの多さには驚いたが、
満開の時期にはこの混雑の比ではないらしい。
トイレに並ぶのに30分はみる必要がある。
日本随一の桜の名所にしては・・・施設が乏しいけど
ここは我慢というわけ。
満開の頃には地元の常連さんや、
自家用車で来る人やら
観光バスも大幅増量となって
吉野の山は桜より人が多くなりそうだ。

「ひと目千本」
それでも春ならではの桜を観に
出かけたいというのが人情かも!
綾部山の梅も一回目は満開時期を外したので
吉野山の桜も次回に期待をかけて・・・
めぐる桜の季節を楽しみにしよう☆

今回のバスツアーも近場から出発して
朝・昼・夜3食付!4980円の格安旅行☆
朝食はクロワッサン一個とオレンジシュース(撮影し忘れ)
昼食は桜大福入りお花見弁当
yoshinobentou.jpg

夕食はおにぎり弁当
yoshinobentou-yuu.jpg


今回は食べ放題の企画なしツアーだ。(笑)
申し込み順でバス席が決められるが
一番早かったから一号車の運転手の真後ろ席だった。
この席は大好き(^o^)
大型バスのフロントガラスからの眺めは最高だし、
トイレ休憩も一番先に降りて行けるし
待つこと知らずに行動できる。

バスツアーの極意を少しずつ会得しているかも(笑)

今回はお土産さんとの提携も少なく
柿の葉すし屋さんに寄っただけ。
柿の葉すしは先日スーパーの地方名産販売で買って食べたが
家人が好きじゃないことがわかった。
この本舗では鯖とさけの2種類しかなかったしなおさらダメ。
これが本場だ本物だといわれても、嫌なものは嫌だもんね。

あとは吉野の土産物屋さん。
吉野葛と葛菓子を自宅用と知り合いに購入。
20060407180110.jpg


吉野山は遠かったなぁ。
道中に車窓から眺める桜のほうが盛大で美しかったかも(^o^)
万博公園の桜も満開で太陽の塔が金色に輝くなか
青空に映える桜花の見事なコントラストが目に焼きついている。
あのアングルは高速道路からでないと眺められないね。
日本各地いたるところに
桜が植えられていることがこの時期に知れる。
優しい桜色が街を彩り春を喜んでいる。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。